« エクソダス 神と王 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(2-2)「焼大根コンソメスープ煮」 »

2015年3月 8日 (日)

JRさわやかウォーキング「掛川城下町めぐり、「しだれ梅」が咲く龍尾神社を訪れる」、そして「曽我漬」

 「名代 釜庄」より、楽天メール。「あらびき ネギトロ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/kamasho/10002344/?scid=rm_192960
「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「500円均一セール」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/500all/?scid=rm_197493
 「ソースネクスト」より、メール。「PDFが、編集できる!ソフト」の案内♪
 PDF作成ソフトで、販売本数シェアNo.1! PDFを直接編集でき、文字の打ち替えやレイアウト変更、画像の差し替えも自由自在。ぜひこの機会にご検討ください。
■「いきなりPDF COMPLETE Edition Ver.3」
http://www.sourcenext.com/pt/s/1503/13_ikipver3/?i=mail_ye

 今朝食べた「明治ブルガリアヨーグルト」の中蓋に「アミコラヨーグルトカレースープ」のレシピが載っていた。
『材料』(1杯分)
・明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン・・・200g
・アミノコラーゲン・・・7g(1杯)
・A
 カレー粉・・・大さじ1
 ニンニク(チューブ)・・・1cmほど
 生姜(チューブ)・・・1cmほど
 ケチャップ・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1
 レモン汁・・・小さじ1
 はちみつ・・・小さじ1
・玉ねぎ・・・1/4個
・アーモンド・・・2粒
・バター・・・大さじ1
・オリーブオイル・・・小さじ1
『つくり方』
①アミコラ、ヨーグルトをよく混ぜ合わせる。
②玉ねぎをみじん切りにして、鍋に入れてバターで炒める。
③Aの材料を①の鍋に入れて、アミコラヨーグルトはトッピング用に大さじ2程度残してすべて入れる。
④一煮立ちしたら器に入れ、残りのアミコラヨーグルト、オリーブオイル、刻んだアーモンドをトッピングしてできあがり。

 早朝雨が降っていた・・・でも上がったので、JRさわやかウォーキングに参加する。
http://walking.jr-central.co.jp/

 8:20頃、受付開始。マップをもらってウォーキングスタート!

JRさわやかウォーキング「掛川城下町めぐり、「しだれ梅」が咲く龍尾神社を訪れる」、そして「曽我漬」

 「大手門」通過。
 永徳元年(1489年)に開創された曹洞宗の古刹。山内一豊から龍の彫刻が施された山門を寄進されました。名匠藤原棟教作と伝わるこの彫刻の龍が、水を飲みに現れたという伝説も。また寺宝・山岡鉄舟書の大襖が10月~3月末まで公開されています。
 拝観時間 9:00~16:00

 なんて、ネットに載っているpdfのマップに書いてあるが違うよね!「永江院」と間違えているよね!
http://enshu33.com/all-guide/%E6%B0%B8%E6%B1%9F%E9%99%A2/
 でも、今日もらったマップには、
 大手門は天守閣に続いて平成7年(1995年)に復元されたもので、大きさは間口7間(約12.7m)、奥行3間(約4.5m)の2階建てです。
 掛川城の表玄関にふさわしい桜門造りの本格的な櫓門は、木造日本瓦飼う葺き入母屋づくりになっています。
 白壁で板ひさしが配され、棟上にはシャチ瓦が飾られた勇壮な構えです。
 実際は現在地より50メートルほど南にありました。

と書いてありました。(変換ミスらしき記述もありますね!)

JRさわやかウォーキング「掛川城下町めぐり、「しだれ梅」が咲く龍尾神社を訪れる」、そして「曽我漬」

 「掛川城」通過。
 文明年間に守護大名・今川義忠の命により築城され、戦国時代には山内一豊が城主として10年間在城しました。現在の天守閣は平成6年に復元された日本初の本格木造造り。

JRさわやかウォーキング「掛川城下町めぐり、「しだれ梅」が咲く龍尾神社を訪れる」、そして「曽我漬」

 途中、「城内は掛川の中で 最も美しいところ清潔なところ 知的文化的なところ」という掲示板があった。

JRさわやかウォーキング「掛川城下町めぐり、「しだれ梅」が咲く龍尾神社を訪れる」、そして「曽我漬」

 「龍尾神社 しだれ梅庭園
JRさわやかウォーキング「掛川城下町めぐり、「しだれ梅」が咲く龍尾神社を訪れる」、そして「曽我漬」

 鎌倉時代の和歌にも詠われている古社で病魔除健康・厄除開運・家内安全・立身出世等にご利益が。掛川城の鬼門方向に位置し、守護神として山内一豊の厚い信仰を受けた神社です。現在は、この季節に咲き誇る庭園のしだれ梅が有名で、毎年全国から多くの参拝客が訪れます。
 開園時間 9:00~17:00
 入園料 600円

JRさわやかウォーキング「掛川城下町めぐり、「しだれ梅」が咲く龍尾神社を訪れる」、そして「曽我漬」

 今年は、桜の開花が早いね。昨夜の雨で散り始めていいるよ。

 そして、ゴール!約8.0kmのコースでした。
 帰りの電車は混んでしましたよ・・・。
 トイカの残額:1,350円。

 帰宅途中、ドラッグストアーに寄る。売り出しの「マルちゃん 正麺」321円、「伊藤ハム ラ・ピッツァ」213円、それに「遠州きぬ豆腐」と「遠州もめん豆腐」が半額の27円を買い帰宅。

 帰宅して、テレビをつけると「スタイルプラス」で「○○なのに人気の店SP」をやっていた。
http://tokai-tv.com/styleplus/index.php
★山奥なのに人気のこだわり懐石料理店
≪下呂温泉 四季の郷 志むら≫
岐阜県下呂市小川583
0576-25-3256
※要予約
休:火曜日
営:昼午前11時30分~午後2時、夜午後5時30分~午後8時(ラストオーダー)
★激セマなのに人気のラーメン店
≪駅西ラーメン≫
・とんこつ白 720円
名古屋市中村区椿町7-19
休:日曜日
営:午後6時~翌午前0時30分
★シャッター街なのに人気の定食店
≪まんぷく食堂≫
・からあげ丼 630円
三重県伊勢市岩渕2-2-18
0596-24-7976
不定休
営:午前11時~午後8時30分

 そして、録画しておいたビデオ「バナナマンのせっかくグルメ」を見る。
http://www.tbs.co.jp/program/sekkakugurume_20140628.html
http://kakaku.com/tv/channel=6/programID=46591/episodeID=764551/
★北海道別海町
≪ベーカリー レフボン≫
・ロイヤルミルク 186円(税込)
・べっかいソフトクリーム 258円(税込)
≪カフェ&ベーカリー Oak≫
≪ジャンボ双葉≫
・別海ジャンボ牛乳&別海ジャンボホタテバーガー 980円(税込)
≪べっかい郊楽苑≫
・別海ジャンボホッキステーキ丼 980円(税)
<>
・焼きホタテ
・アサリの酒蒸し
≪ポークチャップの店 ドライブイン ロマン≫
・ポークチャップ 700g 2100円(税込)
●べっかいの牛乳屋さん
●海紋 北海シマエビ
★兵庫県淡路島
≪橋詰鮮魚≫
≪ひらまつ食堂≫
・ハモすき(コースメニュー) 7020円(税込)
≪あわぢ阿呍≫
・鯛そうめん(通常は鯛そうめんのコースのみ販売) 5940円(税込)
≪淡路島牧場≫
・ソフトクリーム 300円(税込)
≪吉田精肉店≫
・サラダ揚げ 86円(税込)
≪万代≫
・タコの湯引き 800円
≪淡路島オニオンキッチン≫
・あわじ島オニオンビーフバーガー 626円(税込)
≪ぐりる エイト≫
・淡路牛フィレステーキ 100g 2400円(税込)
●淡路島と喰らえ 三軒茶屋店 淡路島の牛丼
●橋詰水産 ちりめん
●坂本食堂 淡路牛入りカレーうどん
●福良マルシェ 淡路島ピザ

 第二弾も放映されたのですね。「青森県鰺ヶ沢町&三重県松坂市」が舞台らしい。
http://kakaku.com/tv/channel=6/programID=46591/category=restaurant/
http://kakaku.com/tv/channel=6/programID=46591/episodeID=793063/

JRさわやかウォーキング「掛川城下町めぐり、「しだれ梅」が咲く龍尾神社を訪れる」、そして「曽我漬」

 夕方は、先日買った「個食美学 カリフォルニアレーズン」で一杯♪
CALIFORNIA RAISIN
太陽の恵み、自然の甘さ
Support your Life
暮らし応援宣言!
理由(わけ)あって、人気です。(N-15)
 カリフォルニアの太陽の恵みを受けたレーズンは、おやつとしてまた、製菓材料やトッピングにアレンジ自在。
ホクセイ食品株式会社
神戸市兵庫区出在家町1丁目1番地先
078-681-84840

JRさわやかウォーキング「掛川城下町めぐり、「しだれ梅」が咲く龍尾神社を訪れる」、そして「曽我漬」

 そして、「豚汁」。先日買った「国産豚肉こま切れ」を入れる。
 今日買った「遠州もめん豆腐」も入れたよ↑↑↑

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「曽我漬」の引用♪
家再興懸けた逸品
 信仰の対象と芸術の源泉を理由に世界文化遺産に登録された富士山。その信仰のお膝元が、富士山本宮浅間大社のある富士宮市だ。近年この町は、B級グルメを代表する富士宮焼きそばでも知られるが、土地の伝統的な食品は「曽我漬」。浅間大社の門前町屈指の老舗、増田屋本店が百年ほどまえに考案した粕漬けである。
 「初代店主兄弟が家の再興のために試行錯誤を重ね、18年かけて完成させたもの。保存料を一切使わず少量ずつ生産するのが、創業以来の製法です」と、創業者の曾孫・増田智宣さん。商品名は、考案の経緯が「鎌倉時代に曽我兄弟が長い歳月の末、富士山麓(現・富士宮市内)で仇討ちを果たした歴史に通じるものがある」として、当時の町長が命名したという。
 ダイコン、キュウリにワサビ、辛子、酒粕を配して精製。一年以上漬け込んだ野菜類を、調味した酒粕と混ぜ合わせるが、酒粕の甘さとワサビの辛さが絶妙なバランスを保ち、ダイコン、キュウリのコリコリとした食感と相まって豊かな味わいを生んでいる。
【取り寄せ先】
増田屋本店
静岡県富士宮市中央町8の13
TEL 0544(26)3380
曽我漬(カートン・130g)325円~、曽我漬(木樽・560g)1620円(いずれも税込み、送料別途)~

http://www.masudaya-site.com/

 さらに「里山を歩く」より。「カラスノエンドウ」の引用♪
愛らしい花 食用にも
 早春の野を歩いていると、蝶のような形をした、カラスノエンドウの花を目にする。赤紫の小さな花だ。
 畑や田んぼのわき、あぜ道、道ばたなどに自生するヨーロッパ原産、マメ科の越年草。茎は根元から枝分かれして群がり、長さ60cmほど。鳥の羽状の葉が連なり、先端は巻きひげになる。
 花の後、さやに入った実が付く。熟すと黒くなって、はじける。
 「つる性ですが、あまり伸びないので摘みやすい」と本田力尾著『おばあちゃんの山野草』に解説されている。
 野菜のサヤエンドウそっくりで、小ぶりにした姿である。漢字は、烏野豌豆と書く。カラスノ エンドウではなく、カラス ノエンドウ、すなわち野の豌豆なのだ。黒熟する実から、烏の名が出た。
 小葉の先がへこんでいることで、矢筈野豌豆(やはずのえんどう)という改まった別名を持つ。矢筈は一般にはなじみが薄いようだが、矢の末端の弓の弦を受ける部分。
 姿が似た仲間の草に雀野豌豆とカスマグサがある。雀は烏より小さいため、カスマは烏と雀の中間の大きさだから、と草の大小に絡ませて、しゃれている。
 緑肥として知られているけれど、若く柔らかいうちは、食用にもできる。
 雑草扱いされ、顧みられないのが惜しい。花の愛らしさに注目したい。

本日のカウント
本日の歩数16,795歩
(本日のしっかり歩数:7,329歩)
本日:52.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど、×

|

« エクソダス 神と王 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(2-2)「焼大根コンソメスープ煮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61249627

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「掛川城下町めぐり、「しだれ梅」が咲く龍尾神社を訪れる」、そして「曽我漬」:

« エクソダス 神と王 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(2-2)「焼大根コンソメスープ煮」 »