« オススメ まち歩きスポット(上) | トップページ | 「日清 ラ王 坦々麺」、そして「オススメ まち歩きスポット(下)」 »

2015年3月17日 (火)

全国ご当地うまいタレ選手権 7「とり野菜みそ」

 斎藤一人さんの今日のカード。
不満な顔で仕事をしていると、何も得られません。
それどころか、「イヤなこと」ばかり次々と起こるものです。
笑顔で仕事をしていると、「自分のためになること」が次から次へとやってきます。
そのうえ、仕事以外のことでも、良いことが次から次へと起きるんです。
笑顔というのは、幸せの国に行くためのパスポートなんです!

http://saitouhitori.jp/ass4/10.html

 今朝の霧はすごいね!!!視界が悪い・・・ヘッドライトをビームにすると光が霧に反射して見えにくくなる・・・。
 この辺は霧なんて発生したことがなかったのに、ここ2、3年時々発生するようになった・・・なぜだろう???

 今日の仕事・・・昼休みに、「えぇ~!今日、あるのぉ~!!」なんて会話をして嫌そうな顔・・・こんなに天気がいいんだから、夕方の練習は、あるのは当たり前でしょう!!!休みばっかりにして、お守りもしていないと、そんな風に思われ、やる気で入った子らのやる気をなくしますよ!!!「鏡の法則」ですよ!!!・・・仕事のできる方が、なぜそんなこと分からないのですか???

 職場のパソコンのリースの契約が切れ、パソコンが新しくなった。vistaからWindows7になった。使いやすいように、いろいろとカスタマイズ↑↑↑
「スクリーンセーバー」
http://www.kabegamisearch.com/free-wallpaperlink/10.html
http://web.archive.org/web/20050309060916/www.disney.co.jp/dcp/factory/pooh.html

 仕事を定時に終え、帰宅。
 今日は温かかったね・・・焼酎の水割りで一杯♪

 『JAF Mate』2014年12月号の「全国ご当地うまいタレ選手権 7」(地方で熱烈に愛されているタレをめぐります。)に「とり野菜みそ」が載っていたっけ。
ルーツは江戸時代!石川県「とり野菜みそ」
 温かい鍋料理がうれしい季節、石川県民がこよなく愛するのが「とり野菜みそ」を使った鍋だ。
 かほく市の株式会社まつやが製造販売している「とり野菜みそ」は、水で溶いて野菜や肉と一緒に鍋に入れると簡単に味噌鍋ができる味噌ダレ。そのルーツは、江戸時代に北前船の廻船問屋をしていた創業者のご先祖が、過酷な航海の中で船員たちに何とか栄養価の高い食事を摂らせようと、地元で親しまれていた麹味噌をベースに開発したオリジナルの味噌だという。その秘伝の味噌ダレを使って国道沿いに小さな食堂を始めたところ評判を呼び、タレの小売りも始めた。当時は擂り鉢で手造りし、ひとつひとつビニール袋に入れていたそうだ。
 それから半世紀、野菜や栄養が手軽に摂れる、ということで「とり野菜みそ」と名づけられた秘伝の味噌ダレは、スーパーの野菜売り場などに必ず置かれ、県内では鍋の代名詞になるほどの人気に。小さな食堂は立派なレストランに変貌し、擂り鉢もフルオート生産システムを導入した工場に生まれ変わった。
 創業当時から変わらない袋のデザインは創業者である先代社長によるもので、イラストの女性は奥様がモデルなんだとか。
内容量 200g
262円+税
株式会社まつや
TEL 0120-888-752

http://www.toriyasaimiso.jp/

 ということで「まつや とり野菜みそ」で一杯♪♪♪
全国ご当地うまいタレ選手権 7「とり野菜みそ」

みそ鍋家族
 本品は、北前船の廻船問屋を営んでいた「まつや」初代当主が船上食として考案した鍋みそを基に開発した「まつや」オリジナルの「とり野菜みそ」です。鍋料理はもちろん、調味料の一つとして、いろいろご利用ください。
【とり野菜鍋】(約3~
4人前)材料の分量は目安です。お好みに応じて加減してください。
『材料』
・とり野菜みそ・・・1袋
・水・・・450~500cc
・お好みの肉・・・約300g
・白菜・・・約600g
・にんじん・・・少々
『作り方』
 鍋に、本品と水を入れ溶かします。次にお好みの肉・白菜・にんじんおw入れ火にかけます。煮たって肉に火が通ったら、とり野菜鍋の完成です。
※〆にうどん、そば、ラーメン等を煮込んだり、ご飯を入れ雑炊にするとおいしく頂けます。
※肉の代わりに海の幸でもおいしく頂けます。
-鍋だけじゃもったいない!- アイデアレシピ
「とり野菜みそ」
株式会社 まつや
石川県かほく市木津八142番地
076-285-2222
0120-888-752
FAX:076-257-6625

http://www.toriyasaimiso.jp/

全国ご当地うまいタレ選手権 7「とり野菜みそ」

 先日買った「国産若どりもも肉」を入れる。このコラボ、なかなか旨いよ♪また、食べたいね♪タレのレシピが分かると家でも作れるんだけどな・・・。でも、ちょっと辛めか・・・化学調味料が入ってる感じがする。。。「原材料名」を見てみる。。。「米みそ、醸造調味料、砂糖、魚介エキス、チキンオイル、食塩、ガーリックパウダー、チキンエキス、香辛料、酒精、調味料(アミノ酸等)」・・・何が入っているのか、よく分からないな・・・。
全国ご当地うまいタレ選手権 7「とり野菜みそ」

 〆は、「うどん」♪
なめらかで腰があり、煮くずれや茹でのびしにくい特徴をもつ麺です。
藤本食品株式会社
和歌山県岩出市中島928
0120-887-704

本日のカウント
本日の歩数8,467歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« オススメ まち歩きスポット(上) | トップページ | 「日清 ラ王 坦々麺」、そして「オススメ まち歩きスポット(下)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国ご当地うまいタレ選手権 7「とり野菜みそ」:

« オススメ まち歩きスポット(上) | トップページ | 「日清 ラ王 坦々麺」、そして「オススメ まち歩きスポット(下)」 »