« 「NINE 9」、「生ハム」、そして「後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「手まり寿司」「はまぐりのうしお汁」」 | トップページ | 美食同源(31)歯周病予防に!「芽キャベツ」と「イチゴ」 »

2015年3月 4日 (水)

「日曜日は料亭気分」(3-1)「さざえ木の芽素焼、菱玉子、菜の花辛子浸し」

 今日は、3月4日、「バウムクーヘンの日」。
 1919年3月4日、広島のドイツ俘虜作品展示即売会にバウムクーヘンが日本で初出品されたことにちなんでいます。

 「北国からの贈り物」より、楽天メール。「ラブラブ丼」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/107274/?scid=rm_190841
 同じく、「動物わたろん」もいいね♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/305304/?scid=rm_190841
 「名代 釜庄」より、楽天メール。「金波銀波(きんぱきんぱ)」が2kgで1,980円♪
http://item.rakuten.co.jp/kamasho/xxx-401183-211/?scid=rm_192960
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「やきとり丼」が5袋3,000円、しかも送料無料♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/yakitoridon5/?scid=rm_197493

 花粉が多いね。「つくし」って、花粉症に効くの!!!?
 花粉症完治マニアの間!?では有名な話なんですが、日本大学の教授が、趣味の山菜採りの折につんできたつくしを調理して食べた所ピタッと花粉症の症状が止まったという事から、研究を始め、抗アレルギー物質がある事をみつけたということです。このつくし抽出物を飴玉にしてなめてもらう実験をしたところ、多くの人がピタッと止まる、そしてなんと治った人もいたそうなのです。
http://www.kafunkanchi.com/eat/horsetail.php
「つくしと花粉症」
http://kafunsyo-info.com/measure/horsetail.html
 日本大学の藤本康雄教授が島方学部長と治験者の体験を元につくしの抗アレルギー効果を調べたそうです。その結果、アレルギーの原因物質であるヒスタミンンや、ロイコトリエンの遊離を抑える作用があることが確認できたそうです。 つくしのアルコールエキス中には、フラボノイド類、コハク酸などの抗アレルギー成分が多く入っていることが分かったそうです。
 検索してみると沢山土筆による花粉症効果があるということは出てきます。花粉症は辛いですから 試してみるのも良いのではないかと考えます。

http://www.ruralnet.or.jp/gn/200703/kafun.htm
http://blog.photopierre.com/archives/2006/03/07-1653.html
http://www.kafunkanchi.com/eat/horsetail.php
http://allergy119.seesaa.net/article/179279181.html
http://okguide.okwave.jp/guides/38863
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1083896285

 今日の仕事・・・。
「カップ麺東西比較!」
http://tsukuba.utari.net/04experiment/cup/cup.html

 仕事を定時に終え、帰宅。
 帰宅して、ジンギスで一杯♪
「日曜日は料亭気分」(3-1)「さざえ木の芽素焼、菱玉子、菜の花辛子浸し」

 先日買った人参も入れたよ↑↑↑
JAグループ千葉
JAさんぶ
JA山武郡市
JAグループちば もっと安心農産物生産・販売運動
橋本 圭司
千葉県山武郡市和田375-2
0475-82-3531

http://www.ja-sambugunshi.or.jp/

 3月1日の「日曜日は料亭気分」は、「さざえ木の芽素焼、菱玉子、菜の花辛子浸し」だった。
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
【さざえ木の芽素焼】
・サザエ(130グラム)・・・4個
・玉みそ(白みそ250グラム、酒135cc、卵黄2個分)
・玉子の素(卵黄1個分、サラダ油180cc)
・玉ネギ・・・1/4個
・サラダ油・・・適量
・木の芽・・・適量
【菱玉子】=卵豆腐用蒸し器(11×14センチ)に合う量
・卵・・・10個
・砂糖・・・60グラム
・塩・・・4グラム
・抹茶・・・小さじ2
【菜の花辛子浸し】
・菜の花・・・1束
・漬け汁(だし汁160cc、みりん20cc、薄口しょうゆ20cc)
・玉みそ・・・大さじ1
・洋辛子・・・小さじ2
★1人分400キロカロリー、脂質19.3グラム、塩分2.8グラム
【さざえ木の芽素焼】
<1>サザエを10分ほどゆでて中身を取り出し、薄く切る。
<2>玉みそは、白みそと酒を弱火にかけ、20~30分練り、溶いた卵黄をまぜ2~3分練り込む。使うのは大さじ1。
<3>玉子の素は、卵黄を泡立て器でまぜ、サラダ油を少しずつ加えてマヨネーズ状に。使うのは1/4量。
<4>玉ネギをみじん切りにして炒め、玉みそと玉子の素をまぜる。木の芽を細かくたたいて合わせ、サザエの身と一緒に殻に詰める。
<5>食べるときグリルで1分ほど焼き、表面に焼き色をつける。
【菱玉子】
<1>ゆで卵の白身と黄身を分けて裏ごしし、それぞれに砂糖30グラムと塩2グラムを入れる。白身を2等分し、一方に抹茶を入れる。
<2>黄身、抹茶入り白身、白身の順に蒸し器に入れ、表面を一文字(金属製のへら)で平らにし、13分ほど弱火で蒸す。蒸し上がったらひし形に切る。
【菜の花辛子浸し】
<1>菜の花を軽くゆで、漬け汁に15分以上漬けておく。
<2>玉みそと辛子をまぜ、漬け汁でのばしとろみをつける。菜の花を30分ほど漬ける。
【公魚(わかさぎ)フライタルタルソース掛けライム】
『材料』(4人分)
・ワカサギ(15グラム)・・・20匹
・パン粉・・・適量
・タルタルソース(卵2個、玉ネギ25グラム、マヨネーズ70グラム、粒マスタード10グラム、薄口しょうゆ小さじ1、砂糖7グラム、パセリ10グラム)
・ライム・・・1個
★1人分314キロカロリー、脂質24.7グラム、塩分1.7グラム
<1>ワカサギを塩こしょう(分量外)し、パン粉をつけて揚げる。
<2>タルタルソースは、ゆで卵と玉ネギをみじん切りにし、マヨネーズと合わせる。調味料を加え、パセリのみじん切りを入れる。
<3>(1)(2)を盛りライムを添える。
≪匠のひと手間≫
 ひな祭りに合わせて華やかに仕上げました。菱玉子は黄身の部分を上にして平らにせず、蒸すやり方もあります。菜の花は浸し汁に漬けて味をしみこませてから、カラシを入れるのがポイント。辛くなりすぎず、カラシの風味が楽しめます。色味がとんでしまうので、長く漬けすぎないで。
 ワカサギは子持ちがおいしいです。タルタルソースはフライ料理に合います。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20150303ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数8,658歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「NINE 9」、「生ハム」、そして「後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「手まり寿司」「はまぐりのうしお汁」」 | トップページ | 美食同源(31)歯周病予防に!「芽キャベツ」と「イチゴ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61229514

この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜日は料亭気分」(3-1)「さざえ木の芽素焼、菱玉子、菜の花辛子浸し」:

« 「NINE 9」、「生ハム」、そして「後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「手まり寿司」「はまぐりのうしお汁」」 | トップページ | 美食同源(31)歯周病予防に!「芽キャベツ」と「イチゴ」 »