« 俺のかまど モキ製作所 | トップページ | 「おさかなソーセージと小松菜のクリーミーパスタ」、そして「菜の花のチーズクリームスパゲティ」「めかぶとしらすのペペロンチーノ」 »

2015年2月19日 (木)

「腸の働きを整えて、花粉症を改善」、そして「どんど揚げ」

 今日は2月19日、「めかぶの日」。
 関門海峡にある和布刈神社では旧暦の元日の朝に、旬のワカメを刈り採って神前に供える「和布刈神事(めかりしんじ)」が行われます。ワカメの根元に近い部分にできるめかぶも収穫されるのは同時期。毎年、旧暦の元日に当たる日が「めかぶの日」とされています。

 今日の朝刊のコラム欄より、引用。
 <落ちてゐし種ふくらめる雨水かな>滝沢伊代次
▼きょうは二十四節気のひとつ、雨水。雪が雨に、氷が水になる。水がぬるみ、芽生えを促す。天気欄にはまだまだかわいらしい雪だるまが並んでいるが、それももうすぐ、傘のしるしへと変わっていくだろう
▼チェコの作家カレル・チャペックは名著『園芸家12カ月』(中公文庫)で、二月に行うべき大切な仕事は<春のいちばん初めのきざしを嗅ぎ出すことだ>と書いている
▼息をつめてじっと地面をみれば、<ほとんどいたるところに蕾(つぼみ)と芽を発見する。何千という小さな鼓動をもって、生命が土をおしわけて出ようとしている。われわれ園芸家は、もう一刻もじっとしていられない。あらたな生命の春にむかって、われわれは突進する>
▼園芸好きなら、生き生きとして、ユーモアあふれる筆遣いにうなずき、秋に植えた球根が新たな春をどう彩ってくれるだろうかと、それこそじっとしていられなくなるかもしれない。余寒を恐れぬかのような無邪気さをもって伸び始めた芽に、日々目をこらすのは、この季節ならではの楽しみだ
▼「めでたい」の語源は「芽出たし」との説もあるそうだ。きょうは、旧暦の一月一日でもある。年が明けて既に五十日もたつが、この間に国の内外で続いた痛ましい出来事の数々を思えば、「あらためまして、芽出たい春を」と祈りたくなる。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015021902000103.html

 斎藤一人さんの今日のカード。
 自分にない物を数えると、不幸になります。
 自分にある物を数えると、心が豊かになって幸せになります。
 命があって幸せ。
 家族がいて幸せ。
 友だちがいて幸せ。
 ごはんが食べられて幸せ。
 ほら、これだけで幸せになった!!

http://saitouhitori.jp/ass4/85.html

「腸の働きを整えて、花粉症を改善」、そして「どんど揚げ」

 モーニングコーヒーがなくなった。新しい「NESCAFE GOLD BLEND」レギュラーソリュブルコーヒーを使う。

 今日の仕事・・・「アベノミクス」(3本の矢)。
1、大胆な金融政策
2、機動的な財政政策
3、民間投資を喚起する成長戦略

http://www.kantei.go.jp/jp/headline/seichosenryaku/sanbonnoya.html

 花粉が飛び始めたようだ。「hay fever」で「My nose is running.」なんです・・・。「花粉症」って、「pollen allergy」じゃなくて「hay fever」なのですね???

 ここで、『 やすらぎ通信 』第534 週刊  2015.2.10より、「アレルギーと腸の働き」の引用♪
 2月に入り花粉症の方は、早くもムズムズしてきたという声も聞かれます。花粉症は、目や鼻、気管支などの粘膜に炎症が起きて、かゆみや涙、鼻水が出ています。
 粘膜は体の内側の柔らかい皮膚です。そして人間の体の最大の皮膚は「腸」なので、腸の状態をよくすることが、花粉症の症状を軽くするために大事なこと。
 腸の状態は、大きく下記の3つに影響されます。
1、食べるもの
2、食べる量
3、食べ方
4、ストレス
-------------------------------------------
1、食べるもの 
 辛い物や味の濃い物などは粘膜に刺激を与え、炎症を引き起こしてしまいます。
2、食べる量
 食べ過ぎが続くと、腸の粘膜が常に食べ物に触れているので、粘膜に炎症が生じやすくなります。特に、甘い物を食べ過ぎると、血中の糖分が多くなり、腸の毛細血管に炎症を起こす原因になります。
3、食べ方
 よく噛まないで、早く食べると胃に負担がかかり、よく消化されないものが腸に届く場合があります。未消化の食べ物は腸の中で異常発酵して、ガスを発生させたり、栄養の吸収を悪くします。
4、ストレス
 ストレスは胃腸の粘膜の血流を悪くするので、粘膜に傷がつきやすくなります。この傷からしっかり分解されていないものが、吸収される場合があります。これがアレルゲンになって、炎症を引き起こす場合があります。
-------------------------------------------
 これらを少しでも改善して、腸の働きを良くしていけば、腸の粘膜の状態が安定して、炎症も起きにくくなります。
 断食をすると、肌荒れが改善したり、花粉症の症状も楽になる方が多いのですが、それは食べないことで腸の刺激を減らして、粘膜の状態が改善されたからなんですね。
 花粉症は、症状がひどく出てからだと、薬で症状を抑えるしかないので、できれば症状が本格的に出る前に対策をしておきたいですね。
 来週は、腸の働きをよくするための具体的な方法を紹介します。
■ 断食について

http://www.y-sato.com/message.html

 さらに、『 やすらぎ通信 』 第535 週刊  2015.2.17より、「腸の働きを整えて、花粉症を改善」の引用♪
 都内では、先週の金曜日に、花粉の飛散が始まったみたいですね。日差しも春めいてきて、本来ならウキウキする季節なのに、花粉症の方はうっとうしい時期でもありますね。
 今回は、花粉症と密接な関係がある、腸の働きを整えて、花粉症を改善する方法を紹介します。
--------------------------------------------
 腸の働きを改善するためには、下記の4つが大事なポイントです。
1、食べるもの
2、食べる量
3、食べ方
4、ストレス
--------------------------------------------
「食べるもの」
 断食をすると花粉症の症状が、治まる人がよくいます。これは食べないことで、腸の粘膜の刺激が減り、体の表面の粘膜である鼻や目の粘膜の炎症が、治まったことによります。
 腸の粘膜の炎症を抑えるためには、辛い物や味の濃い物、アルコールなど、腸の粘膜の刺激になるものを減らしましょう。まったく摂るなというのではなく、たまに少量なら大丈夫です。
 また、グリーンスムージーやリンゴなどは、体内の炎症を抑える効果があるので、積極的に摂るようにしましょう。
--------------------------------------------
「食べる量」
 一度にたくさん食べると、胃腸に大量の食べ物が入ってくるので、それを消化吸収するために、胃腸はフル回転で、真っ赤になって働き続けます。
 腸を休めるためにも、食べ物が入っていない時間をつくりましょう。理想的には12時間、せめて8時間は、腸が空っぽになるといいですね。
 夜の食事が遅い人は、朝食は無理して食べる必要はありません。野菜汁100%の野菜ジュースやリンゴとヨーグルト位で十分です。
 お酒も症状が強く出ているときは、量を控えるようにしましょう。ビールなら350ml缶1本、ワイングラス1~2杯までならOKです。
--------------------------------------------
「食べ方」
 精製度の高い炭水化物は、体内に炎症を引き起こします。また、酸化した油も炎症の原因といわれています。
 この精製度の高い炭水化物と酸化した油の組み合わさった食べ物は、依存性があるので、べ過ぎになりやすいです。
 菓子パン、スナック菓子、揚げ物と白いご飯たっぷりのお弁当などは、食べ続けないように注意。
 パンなら全粒粉が入ったパンに、オリーブオイルをつけて食べる。お菓子を食べたくなったら、ナッツやチーズを食べる。
 アイスを食べたいときは、ヨーグルトにドライフルーツを入れて食べる。
 ご飯を食べたいときは、焼き魚定食のようなあっさりしたものがいいです。
 お肉を食べたくなったら、お鍋やしゃぶしゃぶなどがおすすめですね。
--------------------------------------------
「ストレス」
 ストレスもなくそうと思うと、余計にストレスのことを考えてしまうので、ストレスと上手に付き合う方法を考えましょう。
 気になることを考えてばかりいると、自分の中で問題を大きくしているようなものなので、気持ちを切り替えるのが大事です。
 特に、寝る前に、気になっていることを考えると、潜在意識に刻みこまれてしまうので、無意識のうちに考えるようになっていまいます。
 そんなときにいいのが、呼吸法です。寝るときにお腹に手を当てて、ゆっくり腹式呼吸をします。あまりがんばって呼吸しないように。吐く息に合わせて、肩の力が抜けるようにできたらいいですね。お腹を動かす腹式呼吸は、お腹のマッサージにもなるので、腸の働きも活発になります。
--------------------------------------------
 花粉の飛散が本格的になる前の今から準備しておけば、ひどい症状が出なくてすみます。毎年、花粉症で苦しんでいる方は、是非やってみてください。
■ 断食について

http://www.y-sato.com/message.html

 仕事を遅く終え、スーパーに寄る・・・もう閉店間際・・・閉店の準備をしている・・・買いたかったものが売り切れだった・・・とりあえず「明治ブルガリアヨーグルト」138円は、買うことができた↑
「腸の働きを整えて、花粉症を改善」、そして「どんど揚げ」

 帰宅して、「どんど揚げ」で一杯♪「揚げせん」って、北九州では「どんど揚げ」って、いうんですね。
 小麦粉とででん粉と米粉の生地を植物油で揚げ、砂糖としょう油で仕上げました。
製造者:株式会社 しんこう
福岡県北九州市小倉南区上曽根新町13-3
販売者:三菱食品株式会社
東京都大田区平和島6-1-1
0120-3767-6556

「腸の働きを整えて、花粉症を改善」、そして「どんど揚げ」

 デザートは、今日頂いた「観音寺」♪
「白栄堂」
四国観音寺市柳町甲1125-7
TEL:0875(25)3888

本日のカウント
本日の歩数11,039歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)○みたいだけど、×

|

« 俺のかまど モキ製作所 | トップページ | 「おさかなソーセージと小松菜のクリーミーパスタ」、そして「菜の花のチーズクリームスパゲティ」「めかぶとしらすのペペロンチーノ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61163828

この記事へのトラックバック一覧です: 「腸の働きを整えて、花粉症を改善」、そして「どんど揚げ」:

« 俺のかまど モキ製作所 | トップページ | 「おさかなソーセージと小松菜のクリーミーパスタ」、そして「菜の花のチーズクリームスパゲティ」「めかぶとしらすのペペロンチーノ」 »