« ラーバンの森から まきストーブ | トップページ | 「3月の旬 たけのこ」、そして「くるくる煮豚棒」 »

2015年2月28日 (土)

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

 今日は、2月28日、「ビスケットの日」。
 江戸時代、長崎に留学していた水戸藩の柴田方庵は保存のきくビスケットの作り方をオランダ人から学びました。そして1855年2月28日、その方法を手紙にしたため、水戸藩へ送付し、それがビスケットの作り方をまとめた日本初の記録とされています。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 フランス映画界の巨匠、アラン・レネ監督の『夜と霧』が公開されたのは、一九五五年のことであった
▼ナチス・ドイツによる大虐殺を、生々しい記録映像と鮮烈な音楽、詩的な語りで描いたこの作品は、上映時間わずか三十二分の短編ながら、いつまでたっても見終わらぬような余韻を残す
▼<我々は、遠ざかる映像の前で希望が回復した振りをする。ある国のある時期における特別な話と言い聞かせ、消えやらぬ悲鳴に耳を貸さぬ我々がいる>。大戦が終わり十年を迎えた社会に向けられたこんな言葉が、戦後七十年の今も重く響く
▼昨年の三月一日に九十一歳で逝ったレネ監督は、死者の存在感を問い続けた芸術家なのだろう。いま東京や名古屋で上映中の遺作『愛して飲んで歌って』は、『夜と霧』とは調べを異にする軽快な喜劇だが、その底に共通しているのは、今はなき人々へのまなざしだ
▼愛する友が末期がんで余命わずかと知った三組の男女が、友の最期の時間を実りあるものにしようと動き始めるのだが、次第に亀裂ができ、彼ら自身の素顔が見え始め…。『愛して…』は、日々の暮らしがいとおしくなるような映画だ
▼魯迅に、こんな警句がある。<死者がもし生きている人の心の中に埋葬されるのでなかったら、それは本当に死んでしまったのだ>。レネ監督も、そんな思いを銀幕に映し出したのかもしれぬ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015022802000099.html

 今日は、久しぶりにJRさわやかウォーキングに参加。朝は、まだ寒いね・・・。
http://walking.jr-central.co.jp/
 二川駅でトイカに1,000円チャージ。そしてウォーキングスタート!
 朝早いから、「豊橋カレーうどん」の店はどこもやっていない・・・ちょっと早めに開店するとか、協賛はできなかったのかねぇ~?
JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

・「勢川大岩店」

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

 「岩屋観音」に到着。

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

・「東京庵飯村店」

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

・「千成」

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

・「そば藤」

・「そば良」は、看板を見過ごしてしまったようだ。
 「岩田運動公園」でも、看板を見過ごしてしまったようで、まっすぐに抜けてしまった。

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

・「CoCo壱番屋 豊橋岩田店」

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

・「ナザレうどん」・・・人気店らしい・・・外に行列用の椅子が用意してあった。

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

 「向山大池」到着。

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

 「向山緑地(梅林園)(うめまつり)会場」到着。梅がきれいに咲き始めている。出店が出ているね。

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

・「信洲庵 小池店」

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

・「大正庵」

 そして、ゴール!約12.5kmのコースでした。駅前は、「まちなかマルシェ」をやっていて、出店がたくさんあった。

・「みかわの郷マルミア店」も、開店前。

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

「豊橋カレーうどん」の5箇条
①自家製麺を使用する
②器の底から、ご飯・とろろ・カレーうどんの順に入れる
③豊橋産ウズラ卵を使用する
④福神漬又は壺漬を添える
⑤愛情を持って作る

 酒屋さんがあったら、「万歳」と「立春朝搾り 蓬莱泉」を買いたかったが、見つけられず・・・。
 電車に乗り、帰宅。
 トイカの残額:350円

 帰宅途中、スーパーに寄る。「めいほう鶏ちゃん」398円、「納豆」50円、「納豆もやし」17円、「ポリンキー ピリうまめんたい」78円、「ぼんち揚 明太子味」88円、「でぶかぶと庵 揚げ玉 そば」108円、「地元産キャベツ」105円を買う。
 「ほたるいか」も買いたかったが、適当なものがなかった・・・。

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

 帰宅して、今日の昼食は「甘酒」と昨日買った「バナナ」で昼食。
Chiquita
チキータバナナ
 フィリピン・ミンダナオ島の平野部で管理栽培した、安定した品質と新鮮なおいしさ。
(株)ユニフルーティー・ジャパン
東京都千代田区丸の内1丁目11番1号
0120-830-720

http://www.unifrutti.co.jp
 バナナを輸入している商社って4社だったけ・・・『バナナと日本人』(岩波新書)を読み直そうかな。
・株式会社ドール(伊藤忠)
・チキータ(ユナイテッド・ブランズ)(極東フルーツ)
・デルモンテ(富士フルーツ・豊田通商)
・バナンボ(住友商事)

「バナナ大学」
http://www.banana.co.jp/about/union.html
「バナナと日本人」
http://altertrade.jp/archives/5183

 録画していおいたビデオを見る。まず、「おいしい楽園。」。
http://www.tv-sdt.co.jp/rakuen/
≪浜松氷糖≫
「氷砂糖」
 明治16年に森町で砂糖の結晶に成功し、その後、浜松市で氷糖産業がスタート。
 和紙を利用して砂糖の結晶を得る方法は、明治16年に森町の鈴木藤三郎氏によって開発された。
・上中角 1kg 398円(税抜き)
浜松市南区西島町1011-1
053-425-1960
<>
「エシャレット」
 軟白栽培(土寄せ、早採り)したらっきょう
「スカリオン」
 薄紫の花
・みそマヨネーズ
・エシャレットの生ハム巻き
・エシャレットの焼肉
<浜松まつり会館>
≪どんぐり食堂≫
・たません 100円
・遠州焼き(肉・イカ入り) 450円(税込み)
浜松市南区中田島町1023-1
053-444-1233

 そして「おにぎりあたためますか」。
http://www.htb.co.jp/onigiri/
≪カレーのチャンピオン 野々市本店≫(チャンカレ)
「金沢カレーの定義」
①ルウが濃厚
②付け合わせは千切りキャベツ
③ルウの上にカツをのせる
④ステンレスの皿に盛り付け
⑤先割れスプーンまたはフォークで食べる
・Lカツカレー(トッピング:ウインナー) 980円
・和豚(わとん)もちぶたカツカレー(トッピング:エビフライ、ウインナー) 1430円
※野々市本店のみで提供
野々市町高橋町20-17
076-248-1497
≪第7ギョーザの店≫(ダイナナ:ホワイト餃子)
・ホワイト定食(豚汁) 788円
・焼き餃子 7個 407円
金沢市もりの里1丁目259
076-261-0825

 「酒&FOOD かとう」に行き、昨日の借金3,2400円を払い、さらに「飛良泉(ひらいずみ)」2,786円を買い、帰宅。

 家庭菜園のねぎを収穫し、小口切りにする。

JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」

 夕方は、「飛良泉(ひらいずみ)」で一杯♪これ、なかなか旨いよ↑↑↑
山廃純米 しぼりたて 生酒
 「飛良泉」は1487年(室町中期)の創業。同時期に銀閣寺が建立されたというその年から五百有余年、厳寒の地秋田で小蔵ならではのきめの細やかな手造りを守り続けています。
 「山廃」は飛良泉の伝統的な酒母仕込法。「蔵元でしぼったばかりのしんせんな味と香り」を味わっていただくため、加熱処理をせずにお届けいたします。
 そのまま冷で早めにお召し上がりください。
原材料名/米(国産)・米麹(国産米)
精米歩合/60%
アルコール分/17度
日本酒度/+2.0
酸度/2.1
株式会社 飛良泉本舗
秋田県にかほ市平沢字中町59
TEL:(0184)35-2031
FAX:(0164)35-2030

http://www.hiraizumi.co.jp/

本日のカウント
本日の歩数25,920歩
(本日のしっかり歩数:15,584歩)
本日:53.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(土)×

|

« ラーバンの森から まきストーブ | トップページ | 「3月の旬 たけのこ」、そして「くるくる煮豚棒」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61208033

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「春を告げる「うめまつり」と、あったか〜い「豊橋カレーうどん」」、そして「飛良泉(ひらいずみ)」:

« ラーバンの森から まきストーブ | トップページ | 「3月の旬 たけのこ」、そして「くるくる煮豚棒」 »