« 気になる不調をしょうがパワーで改善! | トップページ | <食卓ものがたり> 石垣イチゴ »

2015年2月25日 (水)

2月の旬「鱈」「春菊」「かんきつ類」

 昨夜のテレビ「Kis-My-Ft2 presents オフィス ラーニングバラエティ OLくらぶ」は、「有名企業で本当にあったという「入社面接試験」に挑め!≪第2弾≫」だった。これは、タメになるね↑↑↑
http://www.tv-asahi.co.jp/olclub/
①「面接官である私を褒めてください。」(人材派遣会社)
 外見を褒めてはいけない。(人を見抜く力)
 「私が入社を希望する御社ですでに働いていらっしゃり、また社内でも重要な役割である「人選」をご担当されていらっしゃること、心から尊敬いたします。初対面で大変恐縮ですが、きっと素晴らしい方だとお見受けできます」
②「今までで一番悔しかった経験は?」からの「面接を受けてみていかがでしたか?」(保険会社)
 その人の中にPDCAという習慣があるのかを問うている。(自分をcheckできるか)
 「希望する御社の面接を受けたことはいい経験だなと思いました。けれど、緊張のあまり言葉づかいがおかしかったり、話がまとまっていないところもあったので、また次何かあったら活かしていきたいなと思いました」
③「タイムマシンで誰かに会えるとしたら誰に合って何を質問したいですか?」(通信会社)
 面接は人格より能力をアピールする場。
 「私が合って話をしてみたいのは、ジャンヌ・ダルクです」
 <なぜですか>
 「私は小さいときから人の意見をまとめることが苦手なので、彼女に会って、彼女のリーダーシップがどのように育まれてきたのかを聞き、私の弱点である統率力を補う何かを得られたらと思います。」
④「この水を私に販売してみてください」(総合商社)
 「お手数ですが、私と一緒に走ってみてくれませんか?」
 <どういうことですか>
 「面接が終わるまでの時間走り続けていたら、きっと水がほしくなると思いますのでいかがでしょうか」

http://blog.livedoor.jp/cakahi/archives/23365713.html
http://matome.naver.jp/odai/2141212727184313401
http://matome.naver.jp/odai/2142319712295539401/2142322841432853003
1.「あなた自身を色で例えると何色ですか?」(大手家電メーカー)
 自分の強みや特徴を色でアピールしていく。
 「自分を色で例えると紫色です。紫は赤と青を合わせた色です。私は学生時代バスケットボールを続けてきたので、どんな困難にもチームで立ち向かう情熱的な赤の部分、大学の研究で土合った何事にも冷静に分析できる青の部分、両方があると思います。」
2.「あなたはどんな人が苦手ですか?」からの「その人が上司だったらどうする?」(大手保険会社)
 これは苦手な人が自分の上司だったら?対応能力を見極める質問です。
 「自己中心的で、自分の意見を押し付けてくる人が苦手です。」
 <その方が上司だったら?>
 「その方の尊敬できる部分や感謝できる部分を探して、自分が変わっていくのがいいのではないかと思います。上司の方はすばらしいところがあるからその地位にいるのだと思うので、自分の軸はずれないのですが、そういう尊敬できる部分を探し見習ってお付き合いしていきたいです。」
3.キレた時点で不採用。圧迫面接とは?(大手銀行)
 面接者を追い込み、その対応を見る「圧迫面接」。矢継ぎ早に質問を投げかけて、時には相手の意見を真っ向から否定。「プレッシャーの中で活躍できる精神的にタフな人」を求めているそうです。
 この圧迫面接ではコミュニケーションスキルをみています。面接官はどの面接でも同じ状態で臨んでいます。違うのは面接者の対応だけ。コミュニケーションの取り方で、同じ場でも話の進展がだいぶ違いますよね。
 <あなたの経験した一番の挫折を教えてください>
 「小学校5年からしていたバレーボールで1軍になれなかったことです」
 <それは練習不足だったんじゃないですか>
 「そうですね。確かに練習不足だったのかもしれません。当時はそのやり方が正しいと思っていたので、練習不足だとは思っておりませんでした」
 <それだったら違うスポーツがあったのでは>
 「そうですね。~(聞き取れず)かもしれません。ですが、私はバレーボールが一番好きでしたし、大きな絆というものができました。だからほかのスポーツに移行するということは考えませんでした。」

http://blog.livedoor.jp/cakahi/archives/20631470.html
http://女性ゴールデン.xyz/?p=2029

 斎藤一人さんの今日のカード。
 人の心は、本当はいつも晴れ晴れとした青空なんです。
 雲一つなく晴れ渡っているものなんです。
 でも、いろいろなことを考えると、黒雲がわいてきて太陽をさえぎってしまいます。ただ、空の上で太陽が照り輝いているのは同じです。
 本当は「明るいのが自然」で、「暗いのが不自然」なんです。
 明るくするだけで、どんな悩みも解決します。
 だから、「困ったときは、明るくする」。
 夜、暗くなったら、明かりをつけるように。
 それだけで、人も自分も幸せになれます。

http://saitouhitori.jp/ass4/33.html

 今日の仕事・・・
「世界の死刑制度の現状」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E6%AD%BB%E5%88%91%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%AE%E7%8F%BE%E7%8A%B6
「死刑廃止国と存置国」
http://homepage2.nifty.com/shihai/shiryou/abolitions&retentions.html

 えっ???今日の午後の活動も休みなの???仕事のできる方々の考えていることって分からないな・・・そんなんじゃ、子どもたちが、ますますヤル気をなくすでしょう!!!
 今日の仕事での会議は、勤務時間後も終わらない・・・段取りが悪いね・・・仕事のできる方々が、何でそんな仕事をするのですか!!!???
 仕事をちょっと遅く終え終え、帰宅途中、スーパーに寄る。売り出しの「人参」105円を買うためだ。それに「もめん豆腐」62円のところ20%引きで50円、「ほたるいか」321円のところ40%引きで192円を買い、帰宅。

2月の旬「鱈」「春菊」「かんきつ類」
 帰宅して、今日買った「ほたるいか(ボイル)生食用」で一杯♪「ほたるいか」というと、もう春なのでしょうか。
ほたるいか(兵庫県産)
「ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑」

http://www.zukan-bouz.com/detail.php?id=497

 ここで、『ふれ愛交差点』2015年2月号より、「2月の旬「鱈」「春菊」「かんきつ類」」の引用♪
【鱈】
・豆知識。栄養
 身の部分が雪のように白いことから「鱈」という字が当てられたとされています。脂肪分が少なく、食感は淡泊ですが、イノシン酸やグルタミン酸といったうまみ成分が豊富なので、おいしく食べやすいのが魅力です。加熱しても固くならないのいで鍋料理にもぴったりです。
・目利き
 切り身はピンクがかった透明感があり、張りの感じられるものを選びましょう。
【春菊】
・豆知識・栄養
 葉の形が菊に似ていて、春に花が咲くことから、この名がついたといわれています。食べるのは葉と茎の部分。β-カロテン、ビタミンB1・C、カリウム、鉄などが豊富に含まれており、独特の香り、苦味が特徴的です。塩少々を入れたお湯でゆでてあく抜きをしたら冷水で冷ましましょう。
・目利き
 緑色が濃く鮮やかなものが新鮮な証拠。ぬらした新聞に包み冷蔵庫で保存すると乾燥を防げます。
【かんきつ類】はっさく、いよかん
・豆知識・栄養
 かんきつ類の中で、みかんの次に生産量が多いのが、いよかん。甘さと酸味のバランスが良く、香りも高く、食べやすいのが魅力です。はっさくは皮が厚めで独特の苦みはあるものの、みずみずしい食感を楽しめます。
・目利き
 色が鮮やかで、張りとツヤがあるもの、持った時に重い方が果汁がたっぷり入っています。
≪その他の旬素材≫
・ヒラメ
・ブリ
・サバ
・ワカサギ
・ヤリイカ
・小松菜
・菜の花
・白菜
・かぶ
・せり
・いちご
・みかん
・キンカン
・ポンカン

本日のカウント
本日の歩数6,710歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« 気になる不調をしょうがパワーで改善! | トップページ | <食卓ものがたり> 石垣イチゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月の旬「鱈」「春菊」「かんきつ類」:

« 気になる不調をしょうがパワーで改善! | トップページ | <食卓ものがたり> 石垣イチゴ »