« 「RESTAURANT SKYLARK GROUP」「清里高原カツサンド」、そして「鰊山椒漬」 | トップページ | 気になる不調をしょうがパワーで改善! »

2015年2月23日 (月)

「日曜日は料亭気分」(2-1)「鰯つみれ鍋」

 「アサヒビール」より、メール。「もっと果汁なバヤリース マンゴー」のプレゼント♪
http://www.asahiinryo.co.jp/entertainment/campaign/150219-150306/?sc_cid=aica_own_ht_06802
 「川口水産」より、楽天メール。「紀州勝浦のマグロ丼」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/kawasui/ms-jmd1103/?scid=rm_206971#ms-jmd1103
 同じく、「天然真アナゴ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/kawasui/c/0000000299/?scid=rm_206971
 同じく、「国産うなぎ蒲焼き」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/kawasui/10001797/?scid=rm_206971#10001797
 「喰てみ亭」より、楽天メール。「越前そば」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/junjun/c/0000000382/?scid=rm_193917

 今日の仕事・・・。
 「慶安のお触書」は、教科書から消えているの?
「歴史人」
http://www.rekishijin.jp/rekishijinblog/kawaguchi/0926-2/
「こはにわ歴史堂のブログ」
http://ameblo.jp/kohaniwa/entry-11831901931.html
「日本地図 白地図」
http://happylilac.net/sy-sirotizu.html
「帝国書院 白地図」
https://www.teikokushoin.co.jp/howto/outline_map/japan/

「Internet Explorer の古いバージョン (IE9/10) をダウンロードする方法 」
https://hebikuzure.wordpress.com/2014/11/30/how-to-download-ie910/

 仕事を終え、帰宅途中、スーパーに寄る。「中濃ソース」300ml100円なり。
 帰り道、60km制限の道の追い越し車線を30kmで走っている車あり・・・迷惑だよね!!!!

 2月1日の「日曜日は料亭気分」より、「鰯つみれ鍋」の引用♪
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
・大羽(おおば)イワシ(30グラム)・・・4匹
・卵・・・1/2個
・A(みりん大さじ1、薄口しょうゆ大さじ1)
・ショウガ・・・適量
・かたくり粉・・・大さじ1
・B(だし汁1200cc、酒40cc、みりん40cc、薄口しょうゆ40cc)
・セリ・・・1束
・絹豆腐・・・1丁
・シイタケ・・・4個
・ゴボウ・・・40センチ
・ネギ・・・40センチ
★1人分207キロカロリー、脂質6.7グラム、塩分3.3グラム
<1>イワシは頭を切り落とし、内臓を取って水洗いする。中骨と身の間に親指を入れ、中骨に沿って身をはずし、中骨を取り除く。皮を取り、包丁で細かくたたく。
<2>当たり鉢(すり鉢)で(1)を卵とまぜ、Aとショウガのみじん切り、かたくり粉を加え、20グラムほどのつみれにする。
<3>鍋にBを入れ、中火で2~3分つみれをやや固めにゆでる。
<4>豆腐を1/8に切る。シイタケは軸を取る。セリは水洗いし、5センチほどに切る。
<5>ゴボウはささがきにする。ネギを5センチに切り、縦半分にする。 <6>つみれの入った鍋に豆腐、シイタケ、ゴボウを入れて1~2分火にかけネギとセリを加える。
<7>器に取り分け、お好みで搾った汁ショウガを2~3滴入れる。
【鰯鶯和え】
『材料』(4人分)
・大羽イワシ・・・2匹
・酢・・・適量
・昆布・・・適量
・ウド・・・1/4本
・金時ニンジン・・・1/2本
・キュウリ・・・2本
・黄身酢(卵黄5個分、千鳥酢80cc、砂糖30グラム、薄口しょうゆ5cc)
★1人分165キロカロリー、脂質9.3グラム、塩分0.8グラム
<1>イワシを水洗いし、手で開く。中骨を抜き、軽く塩(分量外)を振り20分ほど置く。
<2>隠れる程度の酢に砂糖をひとつまみ入れ、10分ほどしめる。
<3>皮を取り昆布ではさみ、4~5時間しめる。3センチに切る。
<4>ウドは皮をむき、3センチの短冊切りにする。ニンジンとキュウリ1/2も同じように切り、薄い塩水(分量外)につけておく。
<5>黄身酢をつくり、キュウリ1本半分をすりおろして加える。
<6>イワシと野菜を器に乱盛りし、その上に(5)をかける。
≪匠のひと手間≫
 マイワシの大きいものを「大羽イワシ」と呼びます。手で開くと中骨が取れます。残った骨は骨抜きで取ってください。1本で2個のつみれをつくります。フードプロセッサーを使ってもかまいません。かたくり粉を少し入れてください。
 黄身酢にキュウリをまぜ、ウグイス色にしました。キュウリは細かいおろし金でおろし、水分を搾ります。多めに作り、余ったら湯むきのトマトにつけても。生魚を昆布じめすると味がよくなります。だし昆布は酒でしめらせてください。切った野菜を塩水につけておくことを立て塩といいます。海水程度の塩水に昆布を入れると、うまみも出て野菜に味がのります。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20150203ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数,7,224歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)○なのか・・・何ヵ月ぶりだろう・・・。

|

« 「RESTAURANT SKYLARK GROUP」「清里高原カツサンド」、そして「鰊山椒漬」 | トップページ | 気になる不調をしょうがパワーで改善! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜日は料亭気分」(2-1)「鰯つみれ鍋」:

« 「RESTAURANT SKYLARK GROUP」「清里高原カツサンド」、そして「鰊山椒漬」 | トップページ | 気になる不調をしょうがパワーで改善! »