« おいしいもの探索!ご当地グルメ 栃木「しもつかれ」、そして「貝柱粕漬」 | トップページ | おいしいもの探索!ご当地グルメ 群馬「おっきりこみ」 »

2015年2月 9日 (月)

「日曜日は料亭気分」(1-4)「合鴨治部煮」

 今日は2月9日、「ふぐの日」。2(ふ)・9(く)ということだ。
 ふぐで有名な下関では、ふぐを「ふく」と呼び、福とかけて縁起のいい魚としています。下関市内の恵比寿神社では豊漁と航海安全を祈願する「ふくの日祈願祭」が執り行われます。

 昨日のテレビ「男子ごはん」は、「バレンタインおつまみSP」だった。
http://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/
【ハーブみそチーズのブルスケッタ】(3人分)
・バゲット(5㎜厚さのスライス)…6枚
・パセリ…2枝
・クリームチーズ…50g
・みそ…小さじ1
・おろしにんにく…少々
・トマト…小1/2個
『作り方』
①クリームチーズは室温で柔らかくする。トマトは5㎜角切りにする。パセリはみじん切りにする。
②クリームチーズにおろしにんにく、みそを混ぜ、パセリを加えてよく混ぜる。
③トーストしたバゲットに②を塗ってトマトをのせる。
【ミラノ風チキンカツレツ(広末涼子さんレシピ「やっちゃんママのミラノ風カツレツ」)】
・鶏むね肉…1枚
・塩、こしょう…各少々
・小麦粉…適量
・溶き卵…1個分
・パン粉…150㏄
・パルメザンチーズ(粉チーズ)…150㏄
・パセリ…2枝
・オリーブ油…大さじ6
・バター…20g
・レモン(くし型に切る)…適量
<クレソンのサラダ>
・クレソン…1束
・エキストラバージンオリーブ油…大さじ1
・バルサミコ酢…大さじ1/2
・塩…少々
<トマトソース>
・玉ねぎ…1/2個
・にんにく…1片
・オリーブ油…大さじ1
・ホールトマト…1缶(400g)
・赤ワイン…1/2カップ
・ケチャップ…大さじ1
・塩、黒こしょう…各少々
『作り方』
①トマトソースを作る。玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。フライパンを熱してオリーブ油を引き、にんにく、玉ねぎを強火で炒める。少ししんなりしたらホールトマトを加えて塩、黒こしょうを振り赤ワイン、ケチャップを加える。トマトを潰しながら弱火で半量になるまでじっくり煮詰める。
②鶏肉は皮を取り除いて1.5㎝厚さのそぎ切りにし、まな板に並べる。上からラップをかけ、ミートハンマーで叩いてのばす。ラップをはずして塩、黒こしょうを振る。
③麺棒で細かく叩いたパン粉、パルメザンチーズ、みじん切りにしたパセリをバットに合わせる。
④②に小麦粉をまぶし、溶き卵をつけて③をまぶす。
⑤フライパンを熱してオリーブ油(大さじ3)、バター(10g)をひき、④の半量を並べて弱めの中火でじっくり揚げ焼きする。たまに返しながらきつね色に焼き上げる。残り半量も同様に揚げ焼きする。
⑥クレソンサラダを作る。ボウルにクレソンを入れて塩を振って軽く全体を揉んでからエキストラバージンオリーブ油、バルサミコ酢を加えて和える。
⑦器に⑤を盛って①、⑥、レモンを添える。
【ステーキのトマトグレービーソース】(3人分)
・牛ステーキ用肉…400g
・トマト…小2個
・生クリーム…50cc
・にんにく…1片
・チャービル…適宜
・オリーブ油…大さじ1
・塩…適宜
・黒こしょう…適宜
『作り方』
①常温に戻したステーキ肉に塩(小さじ1/2)、黒こしょう(適量)で両面に下味をつけて15分置く。トマトは1㎝角に切る。にんにくは横薄切りに切る。
②フライパンを熱してオリーブ油を引き、にんにくを弱火でじっくり揚げ焼きする。カリカリに揚がったら取りだす。
③続いて肉を並べ入れて強火で蓋をしてたまに返しながら全面に焼き目をつける。竹串を刺してみて肉の中心部分の温度を確認し、温かかったら火を止めて余熱で火を通す。2cm角に切る。
④肉を焼いた後のフライパンにトマトと生クリームを加え、フライパンの底を木べらでこそげながら中火で煮詰める。塩(小さじ1/2)を加え味をととのえる。
⑤器に③を盛って④をかけて②をちらし、チャービルを添える。

 「北国からの贈り物 北海道グルメ」より、楽天メール。「ラムチョップ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/104964/?scid=rm_190841
 「クラブツーリズム」より、メール、「「あるく」旅」(【ウォーキング・ハイキング・登山】~初級者篇~)」の案内♪
http://www.club-t.com/special/common/tabitsu/index3.htm?waad=kNE6yVdz

 今日の仕事・・・
方広寺の「国家安康・君臣豊楽」
http://www7a.biglobe.ne.jp/echigoya/key/houkouji~syoumei.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9D%82%E3%81%AE%E9%99%A3#.E6.96.B9.E5.BA.83.E5.AF.BA.E9.90.98.E9.8A.98.E4.BA.8B.E4.BB.B6

 仕事を定時に終え、帰宅・・・風花が舞っている・・・寒いね・・・。明日の天気は大丈夫だろうか?
 一旦停止の丁字路から、なかなか出られない・・・。

 帰宅して、「寒ぶりの酒粕鍋」で一杯♪これ、美味しいんです♪♪♪
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2015/01/post-f3da.html
「日曜日は料亭気分」(1-4)「合鴨治部煮」

 昨日買った「愛媛県産 養殖 ぶり あら」を使う。愛媛県って、ぶりの養殖で有名なんですね!
「日曜日は料亭気分」(1-4)「合鴨治部煮」

 人参も、この間買ったもの。

 1月25日の日曜日は料亭気分」は、「合鴨治部煮」だった。
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
・干しすだれ麩(50グラム)・・・1枚
・アイガモむね肉(300グラム)・・・1枚
・かたくり粉・・・適量
・白菜・・・4枚
・シイタケ・・・4個
・絹サヤ・・・12枚
・サトイモ(大きめ)・・・2個
・治部煮汁(だし汁300cc、みりん30cc、薄口しょうゆ30cc、かたくり粉大さじ2)
・ワサビ・・・少々
★1人分355キロカロリー、脂質22.0グラム、塩分1.6グラム
<1>麩を20~30分ぬるま湯につけて戻す。1枚を8等分に切る。
<2>アイガモむね肉1枚を16等分にそぎ切りする。かたくり粉をまぶし、ゆでてざるに取る。
<3>白菜をばらし、1枚ずつゆでて氷水につける。長さ5センチ、横3センチほどの大きさに切る。
<4>軸を取ったシイタケと絹サヤを軽くゆでる。サトイモの皮をむき2センチの輪切りにし、湯がく。
<5>野菜と麩を治部煮汁で一度、ゆでておく。
<6>カモを治部煮汁に加えて手早くゆで、器に取り分けて盛る。
<7>ワサビをおろしてのせる。
【海老真丈白菜重ね蒸し】
『材料』(4人分)
・玉子の素(もと)(卵黄1個分、サラダ油180cc)=実際に使うのは1/4
・エビ(ブラックタイガー)230グラム・・・大きめ8尾
・玉ネギ・・・1/2個
・サラダ油・・・適量
・白菜・・・4枚
・八方だし(だし汁200cc、みりん20cc、薄口しょうゆ20cc)
・かたくり粉・・・大さじ2
・ユズ・・・適量
★1人分215キロカロリー、脂質13.1グラム、塩分1.3グラム
<1>ボウルに卵黄を入れ、泡立て器でまぜながら、サラダ油を少しずつ加えてマヨネーズ状にする。
<2>エビは皮をむき、包丁でよくたたく。
<3>玉ネギをみじん切りにし、油をひいたフライパンで炒める。(1)(玉子の素)の1/4を入れ、塩をほんの少々(分量外)振り、エビとまぜる。
<4>白菜は1枚ずつゆで、ザルにとって冷ます。上下を互い違いにした2枚をラップにのせ、内側にかたくり粉(分量外)をまぶす。(3)をのせ、巻きすで巻く。
<5>(4)を10分ほど蒸し上げ、半分に切って八方だしで含め煮する。一口大に切って器に盛る。
<6>(5)の煮汁80ccに水溶きかたくり粉を加え、白菜の上から掛ける。細く切ったユズをのせる。
≪匠のひと手間≫
 カモがなければ鶏でもよいです。すだれ麩は金沢のもの。車麩などでもかまいません。前の晩から水で戻してください。ナスや季節の野菜を使ってもよいでしょう。
 海老真丈は、エビだけだと硬くなるので、玉子の素を使いました。さっと温めたボウルに卵黄を入れ、サラダ油を少しずつ加えてまぜると、表面につやが出ます。徐々に加えれば分離しません。真丈地に使うと素材がふんわり仕上がります。おろしたヤマトイモを使えば真薯(しんじょ)になります。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20150127ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数7,209歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)○のようだけど×

|

« おいしいもの探索!ご当地グルメ 栃木「しもつかれ」、そして「貝柱粕漬」 | トップページ | おいしいもの探索!ご当地グルメ 群馬「おっきりこみ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜日は料亭気分」(1-4)「合鴨治部煮」:

« おいしいもの探索!ご当地グルメ 栃木「しもつかれ」、そして「貝柱粕漬」 | トップページ | おいしいもの探索!ご当地グルメ 群馬「おっきりこみ」 »