« JRさわやかウォーキング「新春初詣と磐田青果市場を訪ねて」、そして「金寳の冷たい あまさけ」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「新春法多山開運祈願ウォーキング」 »

2015年1月11日 (日)

「義佐衛門 純米吟醸 しぼりたて PREMIUM」「たんぽぽ」、そして「桃豚ぶたんぽ」

 今日は1月11日、鏡開きだ。
鏡開き
 お正月に歳神様にお供えしていた鏡もちを下げ、無病息災などを願ってぜんざいや雑煮にして食べる行事。その昔、武士の切腹を連想させることから、包丁などで切らずに、木槌などで鏡もちを割ったり、砕いたりするので「開く」と表現するようになったそうです。

 昨夜のテレビ「ノブナガ」で新シリーズが始まった。「家めしステーション」。
http://blog.hicbc.com/weblog/iemeshi/

 今朝の朝刊の折り込みチラシ「しごと情報 アイデム」に、「クラベ」が載っていた。
http://www.aidem.co.jp/
・株式会社 クラベ
 ヒーター製造加工等の軽作業
 時給855円+賞与年2回
浜松市西区雄踏町宇布見486
053-592-4121

http://www.kurabe.co.jp

 「北国からの贈り物」より、楽天メール。「タラバ蟹キムチ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/100138/?scid=rm_190841

 今朝のテレビ「所さんの目がテン!」で「新企画 科学者たちの田舎暮らし」をやっていた。
http://www.ntv.co.jp/megaten/
☆どんな場所が適している?
・里山がある場所
・pH6の土地が作物がよく育つ

 「健康カプセル!ゲンキの時間」は、「あなたの疑問を全て解決!血圧をみるみる下げる方法」だった。
http://www.tbs.co.jp/program/cbc_genki.html
☆お酒 1日の目安
 ビール 500ml
 ワイン 2杯
 日本酒 1合
☆運動などで血管を広げる
 1日30分のウォーキング
☆高血圧に最も効果的な減塩(塩分が血圧を上げる)
・減塩みそ汁のポイント①
 かつお節などでだしをとる。
・減塩みそ汁のポイント②
 具沢山で野菜のうま味を引き出す
・外食
 しょうゆ・塩・ソースなどをかけずにつけて食べる。
 香辛料(唐辛子・こしょう)、薬味(ネギ・ミョウガ・ショウガ)を使う
☆高血圧に効果的な食べ物(カリウムは、塩分の排出作用がある)
 リンゴ・アボカド・バナナ・サツマイモ・カボチャ
☆血圧を下げる減塩レシピ
「アマノミクス定食」
 押し麦とサツマイモのごはん、焼き豆腐ステーキ・ポンマヨ冬野菜ソース、カボチャと煮豆のミルク煮、ホウレン草と水菜のなめ茸和え
☆簡単減塩メニュー
【野菜の酢漬け】(漬物)
①冷蔵庫に余っている野菜を細切りにする。
②①をビニール袋に入れ、酢を加え、約2分揉む。
【サンマのロール巻き】(魚料理)
①サンマを三枚におろす。塩は振らない。
②サンマをかつおだしに漬けて味を染み込ませ臭みもとる。
③およそ30分漬け込んだら、サンマにカレー粉、小麦粉をまぶす。
④サンマで青じそ、チーズを巻き、つまようじでとめる。
⑤フライパンで両面きつね色になるまで焼く。

 録画しておいたビデオを見る。「ご当地グルメ探偵団5」だ・・・あれっ!間違えて5分前の「番組の見どころ」を予約録画してしまったみたいだ↓本編が見られない・・・再放送がないかな・・・↓↓
http://www.hab.co.jp/gourmet-5/dish.html
・新潟 あんこうのしゃぶしゃぶ
・石川 のと猪部里児のフランドル風カルボナード
・長野 信州サーモン寿司
・愛知 ガマゴリうどん(猟師のこだわりうどん)
≪めんるい食堂 清田庵≫
愛知県蒲郡市中央本町30-24
0533(68)2274
・静岡 静岡クラウンメロン フロマージュブラン

 昨日買った『サライ』に「日本酒 いま呑むべき30本」が特集してありましたね♪♪♪
「甘み、旨み、香りが三位一体」
 口に含んだ瞬間に、上品な甘みと、米の持つ底深い旨み、そしえ吟醸酒の持つ華やかか香りがバランスよく広がるタイプ。まさに王道の味わいといえよう。
・十四代 中取り純米 無濾過(山形・高木酒造)
・獺祭 純米大吟醸 48 寒造早槽(山口・旭酒造)
・松の寿 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒(栃木・松井酒造店)
・東洋美人 原点 直汲み生 本生酒槽垂れ(山口・澄川酒造場)
・而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生(三重・木屋正酒造)
・一喜 直汲み 純米吟醸生酒(千葉・飯沼本家)
・十六代九郎右衛門 純米吟醸 美山錦(長野・湯川酒造店)
・特別純米 飛露喜(福島・廣木酒造本店)
・一白水成 純米吟醸 美郷錦(秋田・福禄寿酒造)
・白鶴 大吟醸(兵庫・白鶴酒造)
「米の甘さを引き出す甘口」
 ひと昔前は、甘口というと舌に残るようなべったりとした甘さをイメージしたものだ。現在の甘口は全く異なる。米本来の甘さを基軸に、酸味と旨みでバランスをとり、飲み飽きしない。まさに新時代の酒なのだ。
・新政 6 S-type(秋田・新政酒造)
・一口万 初しぼり無濾過生原酒(福島・花泉酒造)
・結人 純米吟醸 無濾過 中取り生酒(群馬・柳澤酒造)
・美寿々 純米吟醸 無濾過生(長野・美寿々酒造)
・寫樂 純愛仕込み 純米吟醸 一回火入れ(福島・宮泉銘醸)
「旨みをきっちり残す辛口」
 辛口の定義も、時代とともに変わりつつある。現代の作り手が問う辛口は、奥底に旨みも甘みも隠し持つ。それでいてしっかり訴えかける辛口だ。和食との相性もよく、食中酒には好適なタイプである。
・宝剣 純米酒 超辛口(広島・宝剣酒造)
・くどき上手 吟醸 超辛口 ばくれん(山形県・亀の井酒造
・旭興 純米吟醸辛口(栃木・渡邉酒造)
・日高見 超辛口純米酒(宮城・平孝酒造)
・白瀑 純米 ど辛(秋田・山本合名会社)
「自然な発泡感」
 本来できたての酒は、タンクの中で微発泡している。酒の状態を安定させるための、火入れや貯蔵の過程で、発泡感は自然に失われていく。その風味を損なわないように瓶詰めした酒には、しぜんな発泡感が残り、これは実に旨いものだ。
・風の森 笊籬採り キヌヒカリ 純米大吟醸(奈良・油長酒造)
・鍋島 純米吟醸 雄町(佐賀・富久千代酒造)
・屋守 純米吟醸 直汲み 無調整生(東京・豊島屋酒造)
・奈良萬 純米生酒 おりがらみ(福島・夢心酒造)
・相模灘 純米吟醸 美山錦 槽場詰め 無濾過生原酒(神奈川・久保田酒造)
「こっくりとした旨みが乗る」
 味にしっかりとした厚みがあり、それでいて後を引かずに、杯が進む。そんな旨み重視の酒。肉料理や、チーズ、味の濃い珍味などにも受け止める力強さがある。燗でさらにふくよかさを増すのがこのタイプだ。
・玉川 純米吟醸 雄町(京都・木下酒造)
・澤姫 特別本醸造 五百万石(栃木・井上清吉商店)
・生酛純米 じゅうじ旭日 改良雄町70 加水火入(島根・旭日酒造)
・川鶴 備前雄町50 限定純米吟醸 無濾過生原酒(香川・川鶴酒造)
・松竹梅「白壁蔵」生酛純米(京都・宝酒造)

 買い物に出かける。ホームセンターで「個食美学 フライビンズ」98円、「ぴったり 不織布マスク」398円を買う。
「義佐衛門 純米吟醸 しぼりたて PREMIUM」、そして「桃豚ぶたんぽ」

「ぴったり 不織布マスク」大人用 徳用60枚入り
カゼ、花粉、ほこり、ハウスダスト対策
不織布三層構造
・ノーズバーでしっかりフィット
・口元に空間ができて呼吸がラクラク
・ゴムを外側で固定し 頬にやさしくフィット
・やわらかなゴムで耳にやさしい付け心地
株式会社 カインズ
埼玉県本庄市早稲田の杜1-2-1
0120-87-7111

「義佐衛門 純米吟醸 しぼりたて PREMIUM」、そして「桃豚ぶたんぽ」

 スーパーで「北海道産たまねぎ」198円、「緑豆もやし」17円を買う。(たまねぎは1.5kg程度入っているようだ。)

 帰宅して、散歩に出かける。
 ホームセンターとスーパーを覘き、一旦帰宅。
 「酒&FOOD かとう」に出かける。
http://slowkato.hamazo.tv/
 「赤みかん」というのを試食させてくれた。「青島みかん」が出る前の今が旬らしい。
 「義佐衛門 神の穂 純米吟醸 しぼりたて PREMIUM 瓶囲い 零下貯蔵」3,024円と「琉球泡盛 瑞泉」43度3,240円を伝票で買い帰宅。

「義佐衛門 純米吟醸 しぼりたて PREMIUM」、そして「桃豚ぶたんぽ」

 夕方は、「義佐衛門 神の穂 純米吟醸 しぼりたて PREMIUM 瓶囲い 零下貯蔵」で一杯♪
伊賀 青山の美酒
gizaemon
 the excellent japanese sake
 waka-ebis brewery & co.
 produce of japan
PREMIUM 瓶囲い 零下貯蔵
 200年、「越南165号」を父に、「夢山水」を母に、神の國で生まれ、神の國で育った、三重県初の酒米「神の穂」が誕生しました。しぼりたてのお酒をそのまま直ぐに瓶詰めし零下貯蔵。フルーティな香り、フレッシュでさわやかな味わいのお酒です。
・冷温から燗まで、幅広くお召し上がり頂けます。
・通年商品、他の季節のお酒も合わせてお楽しみください。
 春夏の生/秋のひやおろし
蔵元 若戎酒造株式会社
三重県伊賀市阿保1317

http://www.wakaebis.co.jp

 おつまみは、野菜沢山「ラ王」。
 2014年8月25日の夕刊に「即席ラーメン専門店 癖になる」という記事が載っていた。
 マンガ「美味しんぼ」にも「即席ラーメンの店」は、登場したことがありましたよね。
 即席ラーメンが世界で初めて登場し、25日で56年となる。次々に発売される即席ラーメンを全国から取り寄せ、調理して、街のラーメン店のように提供している東海地方唯一の専門店が、愛知県豊橋市向山町の「たんぽぽ」だ。北海道から九州、沖縄まで、二百種類を超す袋麺が博物館のように並んでいる。
豊橋、東海で唯一 全国の200種ずらり
 愛らしいフグの絵が目を引く「ふくらーめん」は山口県下関市、世界で初めてムツゴロウでスープを取った「有明海むつごろうラーメン」は福岡県柳川市のご当地即席ラーメン。カウンター席後方の棚には、色とりどりの袋麺が所狭しと詰め込まれている。
 たんぽぽは、豊橋市内の主婦、伊藤章起子さん(47)が、東京や大阪にある店を参考に2011年1月にオープン。「気取らずに食べられるし、一度はまったら抜け出せない魅力がある」。昼休みのサラリーマンや買い物帰りの主婦に受け、週の半分以上通う常連客も。
 袋麺代(120~420円)に、調理代としてプラス250円。こだわりは麺の煮汁を捨て、別の湯でスープを作ること。「麺に残った打ち粉で味がにごらない」ようにする。ネギやメンマに加え、白ワインなどで煮込んだ特製チャーシューも添える。
 売れ筋は北海道産。利尻昆布の粉末が麺に練り込まれた「利尻昆布ラーメン」や、毛ガニの粉末が練り込まれた「毛がにラーメン」は、余ったスープにプラス百円で”雑炊”にする客も多い。
 新商品の情報収集には苦労するが、最近は常連客が出張や帰省先で見つけ、教えてくれる。伊藤さんは自身も、旅行の際は「土産店ではなく、地元のスーパーに足が向く」と笑う。
 毎週訪れるという豊橋市花田町の主婦、加藤里美さん(48)は「全国のラーメンを食べられる上、。吉と出るか凶と出るか、選ぶ楽しさもある。値段も安く構えなくていいのも魅力」と話す。
即席ラーメン
 日清食品の創業者、安藤百福(ももふく)さん(故人)が1958年8月25日、世界初の即席ラーメン「チキンラーメン」を発売。その手軽さから世界中で急速に普及した。日本即席食品工業協会によると、2013年度の国内生産量は袋麺、カップ麺、生麺の合計で54億7500万食。世界では1056億食が消費された。日本農林規格(JAS)に格付けされた銘柄は12年度末時点で袋麺261種、カップ麺1019種。

 ここで今日の朝刊「全国旨いもん」より、「桃豚ぶたんぽ」の引用♪
新たな郷土料理に
 秋田県北東部の小坂町は十和田湖観光の起点のひとつだが、”桃豚”の生産地でも知られる。桃豚とは、ポークランドグループ各社が「自分たちた食べたい豚肉を作る」の理念のもとに飼育。薬剤を使わずに健康的に育てたブタである。精肉やハム、ソーセージなど各種製品があるなか、特に人気が「桃豚ぶたんぽ」。一帯は、ごはんをつぶし細長い団子状にして焼いた郷土名物きりたんぽの発祥地。これに着目、きりたんぽに分厚い肉を巻いて焼く新たな郷土料理として創案したものだ。
 系列の桃豚加工所まんまランドで販売するが、「秋田米、八峰白神塩もろみと地元の味噌、醤油で下味を付けた桃豚、醤油ベースのタレと素材はすべて県内産。2013年の秋田県特産品開発コンクールで県知事賞を受賞」と、同グループ・マーケティング室の石川保つさん。
 パックのまま熱湯で温めた後、フライパンで焼き目をつけタレをかけて味わう。深みを感じる独特な甘さのタレが、肉の旨さに絡んで美味。さらにマヨネーズ、七味唐辛子を薬味に使うのもいい。
【取り寄せ先】
桃豚加工所まんまランド
秋田県小坂町上向滝ノ下22
0186(29)2929
桃豚ぶたんぽギフト(1本約100gで、5本入り×2パック+タレ4袋)、税込み3240円(送料別途)
※商品は冷凍便で発送

http://www.momobuta.co.jp/

 さらに「里山を歩く」より「ヤブコウジ」の引用♪
家持は望郷の念詠む
 冬に丸くて赤く、かわいらしい実を付けるヤブコウジは、正月の飾りに用いられる。実が緑の葉に映え、鉢植え、庭木としても人気が高い。
 ヤブコウジ科の常緑小低木。漢字で藪柑子と書く。低山の林内、木陰に自生している。背は10~20cmと小柄である。葉は長楕円形で、先がとがり、質は厚くつややか。縁に細かいぎざぎざがあり、輪生状に付く。夏、白や淡紅色の、五裂した小さな花を下向きに開く。
 ヤマタチバナ、ヤマリンゴ、アカダマノキなどの別名を持つ。
 『万葉集』にはヤブコウジを詠んだ歌が五首ある。その中で大友家持による「この雪の消残る時にいざ行かな 山橘の実の照るも見るむ」がよく知られている。
 家持は都から遠く、雪深い越中(富山県)の国司として二十代の若さで赴任していた。国学院大学・万葉の花の会発行の『植物で見る万葉の世界』によると、この歌は望郷の念を詠んだ、といわれる。
 「藪柑子父はみるみる後ろなり」は八木林之助の俳句だ。ヤブコウジが生える山道を歩いていて、若い息子や娘に追い越される父親の満足そうな顔が、目に浮かぶようだ。
 おおい、待ってくれ-と呼び止めるのだろうか。

 

本日のカウント
本日の歩数10,603歩
(本日のしっかり歩数:4,287歩)
本日:51.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« JRさわやかウォーキング「新春初詣と磐田青果市場を訪ねて」、そして「金寳の冷たい あまさけ」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「新春法多山開運祈願ウォーキング」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/60957523

この記事へのトラックバック一覧です: 「義佐衛門 純米吟醸 しぼりたて PREMIUM」「たんぽぽ」、そして「桃豚ぶたんぽ」:

« JRさわやかウォーキング「新春初詣と磐田青果市場を訪ねて」、そして「金寳の冷たい あまさけ」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「新春法多山開運祈願ウォーキング」 »