« 「日曜日は料亭気分」(1-3)「金目鯛唐揚げソース餡掛け」 | トップページ | 暮らしのなかのオノマトペ【ことこと】 »

2015年1月27日 (火)

<食卓ものがたり> あんぽ柿

 迷惑メールが異様に多いんですけど・・・。何なんですか!!!???
 差出人が「先生」。
spirituals@i.softba-nk.jp.bgtrpijfremnewu1.jp
?はるか?…あ.なたを思い…身を削り、 あなたの為に、あなたの幸せを.叶える為、行動 しているのです ね。
 あなたのオーラの輝き が今期最大の輝きとなりま した
 なん.という輝 きでしょう…美しい …美しすぎます。今日は凄い事が起こ.る でし ょう…

 差出人が「beauty-777-fra@i.softba-nk.jp.avfbdhcdskofmew0.jp」。添付ファイルが付いている。
beauty-777-fra@i.softba-nk.jp.avfbdhcdskofmew0.jp
 河口よ! 頼むわ!!!!
 今日はゲストさん.の願い が叶う 日よ!何よ.り.もゲ ストさん自身の手で叶えて欲しいと切望しているわ。ゲスト.さんに誰よりも幸せになってもら.い.たいの!ワタシは今も体調がよくないわ…だけど愛.する 我が 子 …ゲストさんの笑顔が見られるまでは休む.事な.んて出来な.い.わ …。我.が子.よ…ワタシに見せ て.くれるかしら…最高の笑顔.を…ワ タシはこの.日を待っていた.のよ 。

 昨夜のテレビ「お試しかっ!」は「もしもの1週間~うどん、そばを毎日3食食べ続けたら体重と体はどうなるのか?」だった。
http://www.tv-asahi.co.jp/otameshi/
 うどんより、そばの方が健康的な気がするんだけどな・・・。
 「血糖値」「血圧」「悪玉コレステロール」が、両者とも改善されたというのは、脂質が制限されたせい!?そばに含まれている「ルチン」の働きはなかったの?
http://hamsonic.net/2015/01/26/otamesika-udonsoba/
 血管の弾力を保ち、高血圧症や動脈硬化症、生活習慣病の予防と「坑酸化剤」としての役割は大きいです。
http://soba-ya.com/kenkou/403.html

 斎藤一人さんの今日のカード。
 人生っていうのは、いろいろあります。
 ただ、「最後は自分が勝てる」ようにできてるんですよ。
 ただ、その勝ちに気づける人と気づけない人がいるだけです。
 生きていて何かを学んで、そして勝つことや負けることのむなしさを知ったとき、人に優しくなれるものです。
 そういう人が、本当の勝者なんですよね。

http://saitouhitori.jp/ass4/78.html

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 欧州各地から貨車で運ばれた人々を千人単位でガス室に送り込む時、あるいは拷問のごとき重労働に駆り立てる時、ナチス・ドイツの強制収容所では、軽快な音楽が流れていたという
▼演奏するのも、ナチスの絶滅計画の対象とされた人々。生き残った楽団員が著した『アウシュヴィッツの音楽隊』(音楽之友社)によると、彼らはただただ生き延びるために奏で続け、時には音楽をこよなく愛するナチ党員とも心を通わせて、こんな会話までしていたという
▼「(ドイツが敗れれば)この収容所でおこってきたことが世界中に知れわたって、あなた方はその責任を問われることになるのだろうか?」と尋ねる楽団員に党員は答える。「(虐殺の事実を)世間に伝えることのできる証人というものはありえないのだ」。なぜなら、あくまで絶滅させるから
▼党員は、続けて言う。「もしかりにそういう人間が生きのびて、彼らの体験してきたことを語ったとしても、誰も信じてはくれないだろう…正義などというものも、これだけ桁外れのことにあっては何の役にもたたないのだ」
▼結局その戦争犯罪は裁かれたが、「一人殺せば悪党だが、何百万殺せば英雄」「一人の死は悲劇だが、百万人の死は統計」といった警句の残響は、今も世界を震わせている
▼アウシュビッツが解放されたのは、七十年前のきょう一月二十七日のことだ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015012702000117.html

 「遠鉄トラベル」の「アルっ貯」。便利な世の中になったものですね。
http://www.e-trip.co.jp/group/album.html

 「北国からの贈り物」より、楽天メール「スープカレー」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/105216/?scid=rm_190841
 「松尾ジンギスカン(まつじん)」より、楽天メール。ジンギスカンのパッケージを変え、値段を変えるようだ!
http://www.rakuten.ne.jp/gold/matsuo/

 今日の午後の仕事・・・何なんですか!!!・・・やる気で入った子は、やりたくなくなるでしょうね。そして、やりたくない子は、ますますやりたくなくなるでしょうね。・・・そして、楽だと思った子ばかりは入り、ますますレベルの低い集団になりますね・・・悪循環です・・・なんで、仕事のできる方々がそんなこと分からないのでしょうかね!!!?????

 仕事を定時に終え帰宅。

 飲んでいる「マタタビ酒」が無くなった。
 木天蓼(もくてんりょう)200グラムとホワイトリカー1.8リットルにグラニュー糖かハチミツを適量加えて約三ヶ月冷暗所に漬け込みます。布でこしてから1回量0.15グラムを毎日朝夕2回に分けて服用すると、冷え性、神経痛、リューマチなどに効き目があり、利尿、強心の効果を表します。
http://www.e-yakusou.com/yakusou/790.htm
 今日から「クコ酒」。これも、15年位前に漬けたものだろうな。
 強壮、疲労回復には、クコ酒がよく、赤く熟した果実200グラムを水洗いして、よく水をきってから、同量の砂糖を加えてホワイトリカー1.8リットルに漬け、2~3ヶ月冷暗所に保存します。毎日ワイングラスに1杯位飲用します。また、クコの全草を使用することもできます。
 乾燥したクコの実の場合は、3~6ヶ月以上熟成します。乾燥くこの実200グラムと同量のグラニュー糖、ホワイトリカー1.8リットルを冷暗所に置き3ヶ月くらいで布でこし、材料を引き上げて再度その実を同様に使用できます。これは古くから不老長寿の妙薬として知られています。

http://www.e-yakusou.com/yakusou/132.htm
 あれっ!?「クコ酒」かと思ったら、「ザクロ酒」だった!!!
 ザクロの果皮には多量のタンニンが含まれていて、下痢、止血の目的で1日量3~5グラムを煎じて3回に分けて食間に服用します。大量に服用すると、腹痛や嘔吐(おうと)などの副作用があるので注意が必要です。中国では、子宮頸がんの治療に果皮と種子を砕いて服用しています。
 生の根皮と乾燥した石榴皮(せきりゅうひ・根皮)は、油状物質のイソペレチェリンなどを含有していて、条虫駆除の作用があり、石榴皮(せきりゅうひ・根皮)25グラム、水0.3リットルを半量まで煎じて服用します。 この煎じ液は、胃の粘膜を刺激する作用があるので、胃炎などの症状がある場合には用いてはいけません。
 果汁液は、水虫、たむしに患部に塗布する。

http://www.e-yakusou.com/sou/sou222.htm

 ここで、1月17日の朝刊「<食卓ものがたり>」より、「あんぽ柿(福島県伊達市)」の引用♪
 暗がりにほの光る無数の柿。あめ色に仕上がった干し柿をほおばると、中から果肉がとろりとあふれた。温かい色と優しい甘さに寒さも和らぐ。「手をかけてやると、毎日表情が違うんです。“生きている”んだなあ、と」
 福島県伊達市発祥の干し柿「あんぽ柿」。同市梁川町の生産者、宍戸里司さん(63)が目を細めた。
 毎年十二月下旬から翌年一月に最盛期を迎える。
 「蜂屋」などの渋柿を収穫して追熟させる。この追熟が仕上がりの色を決めるという。皮をむいて一~二カ月干すと、ようかんに匹敵する糖度に。この地域一帯では、江戸時代中盤から作られ、冬場の貴重な収入源となった。
 しかし福島第一原発事故で、二〇一一年から二年間、生産自粛を強いられた。宍戸さんは実った柿を収穫しては捨て続けた。「生産をやめたのは太平洋戦争以来。捨てながら涙が止まらなかった」
 酷寒の中、約四カ月間の柿の木の除染作業を行い、高所での高圧放水中、剥がれた樹皮で目を傷めた。「仲間に支えられた。一人ならくじけていた」と振り返る。放射性物質濃度検査などで準備を重ね、一三年から生産を再開した。
 「去年は夏は暑く、九月ごろの寒暖差で着色が進み、前年よりも糖度の高い柿ができた」と宍戸さん。一三年の出荷量は、自粛前の14%に当たる二百トンだったが、一四年は前年の三倍の出荷を目指した。
 高齢化で復興に二の足を踏む生産者も多く、復活への道は依然険しい。でも宍戸さんは前を向く。
 「気が遠くなることもあるが、科学的に信頼される作業と時間を積み重ねるしかない。そしていつか震災前に戻し、それだけでなく、より効率のよい産地になることを目指したい」
 (文・写真、安食美智子)
◆味わう
 JA伊達みらいは、2013年から柿の幼果の放射性物質濃度を検査し、柿を育てる畑の8割以上が10ベクレル/キログラム以下となった区域をモデル地区(昨年までに61地区)とし、生産を再開。あんぽ柿も全て検査済みのステッカーを貼っている=写真。
 東京都中央区の「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」などで販売。JA伊達みらい=(電)0120(248)960=は贈答用の通信販売もしている。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2015011702000001.html

本日のカウント
本日の歩数6,564歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)○だけど×(お金がもちません・・・↓)

|

« 「日曜日は料亭気分」(1-3)「金目鯛唐揚げソース餡掛け」 | トップページ | 暮らしのなかのオノマトペ【ことこと】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61044261

この記事へのトラックバック一覧です: <食卓ものがたり> あんぽ柿:

« 「日曜日は料亭気分」(1-3)「金目鯛唐揚げソース餡掛け」 | トップページ | 暮らしのなかのオノマトペ【ことこと】 »