« 食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「七草雑煮粥」「ぶり大根」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(12-2)「ずわい蟹焼」 »

2015年1月 8日 (木)

「日曜日は料亭気分」(12-4)「海老芋衣被」

 ニュースで、冬山で遭難したら「雪洞(せつどう)」とやっていた。
「雪洞」
 雪に掘られた、人が入れる大きさの横穴。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E6%B4%9E
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14118014244
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10120004440
http://w2222.nsk.ne.jp/~turu/k.short7.html
http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/tozan/?p=3983
 雪洞 (せつどう) 風炉覆のこと 淡交社『茶道用語辞典』P210
 雪洞(せっとう)木や竹のわくに白い紙を貼り、その一部に窓をあけ、茶炉(ちゃろ)などの上をおおうもの。『日本国語大辞典』 『広辞苑』

http://hiramatu-hifuka.com/onyakblog/?p=1788

 インフルエンザが流行ってきた。今日は仕事を定時に終え、帰宅。
 途中、クリーニングを出しに寄る。2台分の駐車場スペースにまたがって停める車あり!迷惑でしょう!!!
 クリーニング代は、木曜割引きで670円なり。さらに、TOTO BIGを買う。
 スーパーに寄り、売り出しの「もやし」19円、「明治ブルガリアヨーグルト」138円、それに40%引きの「アルプスもめん豆腐」95円を買い帰宅。

 帰宅して、野菜たくさん焼きうどんで一杯♪焼きうどんだから、「年明けうどん」とは言えないかな!?
「年明けうどん」
 元日~1月15日までの年初めに、その年の幸せを願って紅白のうどんを食べる習慣。真っ白なうどんに新春を祝う赤い食べ物をトッピングします。

 「ウィキペディア」より。
 年明けうどん(としあけうどん)とは、さぬきうどん振興協議会が新たな麺食行事の普及を目的として提唱している「年明けに縁起を担いで食べるうどん」、およびそれに関する商業的イベントである。名称の「年明けうどん」は登録商標であり、権利者は香川県の地元麺業界3団体となっている。
 年明けうどんは、讃岐うどんをはじめとした日本国内における名産うどんの活性化やうどんの消費拡大に貢献すること、食品業界関係で正月における新たな利益・経済効果を生み出すことを目的として讃岐うどん業界を中心に2009年正月から展開されているもので、年越し蕎麦(年末)や雑煮(正月)のような、日本の正月に伝わる食文化とはもともと異なるものである。
 さぬきうどん振興協議会が定義する年明けうどんは
・期間 - 元旦から1月15日まで
・形式 - 純白のうどんに1点、新春を祝う『紅(梅干しや金時ニンジンの天ぷら、赤いかまぼこなど)』を用いる
となっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E6%98%8E%E3%81%91%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93

「日曜日は料亭気分」(12-4)「海老芋衣被」

 「うどん」は、昨日買ったもの。
 なめらかで腰があり煮くずれや茹でのびしにくい特徴をもつ麺です。
200g
藤本食品株式会社
和歌山県岩出市中島928
0120-88-7704

「日曜日は料亭気分」(12-4)「海老芋衣被」

 「花かつお」をかける。
鰹 徳一番
花かつお
 香り引き立つ遠赤外線加工法
80g
 ヤマキは、「和食」文化の保護・継承プロジェクトの活動を応援しています。
 国内産かつお節を薄く削り、「だし取り」や「トッピング」にもたっぷりご使用頂けるお徳用タイプの「花かつお」です。
≪おいしいだしの取り方≫
①鍋に水650mlを入れて火にかけ、沸騰したら火を止めます。
②かつお節約20gを入れて、かつお節が鍋底に沈むまで1~2分程度そのまま置きます。
③ふきんでかつお節を静かにこします。
※水の量に対して約3%のかつお節の量がおいしいだしの比率です。
(例)水1000mlに対して、かつお節約30g
≪だしでがらでもう1品≫
【かつおふりかけ】

①だしがらを包丁で細かく切ります。
②①にヤマキめんつゆを適量からめ、水分がなくなるまでフライパンで煎ります。お好みで白ごまを加えると、より一層おいしく出来上がります。
≪簡単おすすめ調理例≫
【かつお節たっぷり 温玉のせめん】

『材料』(2人前)
・めん(うどんorそば)・・・2玉
・A
 だし汁・・・2カップ(400ml)
 しょうゆ・・・大さじ4(60ml)
 みりん・・・大さじ4(60ml)
・温泉玉子・・・2個
・刻みねぎ・・・適量
・白ごま・・・適量
・かつお節・・・適量
『作り方』
①Aを混ぜ合わせます。
②鍋に湯を沸かし、めんをゆでます。流水で洗い、水気を切ってから器に盛り付けます。
③温泉玉子をのせてAをかけ、仕上げにかつお節・刻みねぎ・白ごまをかけます。
【鰹湯(かちゅー湯)】
『材料』(1人分)
・かつお節・・・6g
・味噌・・・大さじ1(18g)
・熱湯・・・150ml
・刻みねぎ・・・適量
『作り方』
①お椀にかつお節、味噌、刻みねぎを入れます。
②熱湯を注ぎ入れ、味噌をよく溶かします。
 お好みで卵・梅干し・にんにく・しょうがなどを加えると、より一層おいしく出来上がります。
※かちゅー湯とは・・・お椀にたっぷりのかつお節と味噌を入れて、お湯を注ぐだけという沖縄の家庭で古くから愛飲されている簡単なスープです。風邪を引いた時や二日酔いの時に飲む人がおおいそうです。
ヤマキ株式会社
愛媛県伊予市米湊1698-6
0120-55-2226

http://www.yamaki.co.jp

 12月28日の「日曜日は料亭気分」は、「海老芋衣被」だった。
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
縁起物を主役に年越し
【海老芋衣被】

『材料』(4人分)
・エビイモ(中ぐらい)・・・4個
・だし昆布30cm・・・1枚
・車エビ(1本20g)・・・4本
・シメジ・・・1/2パック
・八方だし(だし汁160cc、薄口しょうゆ20cc、みりん20cc)
・キンナン・・・8個
・ちり酢(だし汁80cc、薄口しょうゆ40cc、煮切り酢20cc、みりん20cc)
・大根・・・100g
・アサツキ・・・20g
★1人分139kcal、脂質1.0g、塩分2.3g
<1>エビイモを皮がついたまま、だし昆布の上にのせ、竹串がささるぐらいになるまで20~30分蒸し上げる。
<2>蒸し上がったら軽く塩(分量外)を振っておく。
<3>車エビは皮をむいてゆで、食べやすい大きさに切る。
<4>シメジは八方だしで煮含める。
<5>ギンナンの薄皮をむいて揚げる。
<6>エビイモを上から1/4のところで横に切り、そこに車エビ、シメジ、ギンナンを盛る。
<7>ちり酢をつくり、大根おろしとアサツキを加える。
【茶振り生子おろし和え】
『材料』(4人分)
・ナマコ(200g)・・・1本
・番茶・・・40g
・大根・・・1/5本
・ポン酢・・・適量
・アサツキ・・・20g
★1人分20kcal、脂質0.2g、塩分0,7g
<1>ナマコの両端を切り、縦半分に切る。内側にある白い膜をスプーンでこそげ取り、5mmの厚さに切る。
<2>お湯を沸かして番茶を入れ、茶こしでこす。55~60度で1~2分、切ったナマコをゆでる。
<3>軟らかくなったナマコを冷水に取り、冷ます。
<4>大根おろしにポン酢を入れてポン酢おろしを作り、ナマコと和える。
<5>器に盛り、アサツキをのせる。
≪匠のひと手間≫
 冬は根菜がおいしい季節です。ちり酢で食べるとよいです。エビイモは蒸し器で蒸します。皮付きで蒸すので、スプーンですくって食べてください。
 茶振りナマコは、番茶を使ったナマコの下ごしらえの方法の一つです。生臭さを取り除き、身を軟らかくします。
 ナマコは内側のはらわたを取らないと軟らかくなりません。ゆでる温度が高いとナマコがかたくなってしまいます。ゆですぎても固くなりますので、食べながらゆでる時間を調整してください。
 茶振りしたナマコを輪切りのユズにつけておくと、ユズの香りが移っておいしいです。
高橋良明(たかはし・よしあき)
 老舗料亭「金田中」の元総料理長。2011年に「現代の名工」に選ばれる。

本日のカウント
本日の歩数6,310歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「七草雑煮粥」「ぶり大根」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(12-2)「ずわい蟹焼」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜日は料亭気分」(12-4)「海老芋衣被」:

« 食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「七草雑煮粥」「ぶり大根」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(12-2)「ずわい蟹焼」 »