« 「かぶの千枚漬け風」「ハリハリ漬け」、そして「かぶのあちゃら漬け」 | トップページ | 忘年会の対処法 »

2014年12月16日 (火)

愛知の彩り 味噌おでん

 昨日のテレビ「主治医が見つかる診療所」で「健康寿命を延ばすプロジェクト第一弾 ~再発見!博士が注目する 日本古来の凄い食材~ 」を放送していた。
http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/
『ヨーグルトを超える健康作用を持つという、乳酸菌が含まれる「すんき」』
 長野県・木曽地方に伝わる伝統的な漬け物。秋から冬にかけて作られる赤カブの葉の漬物で、木曽地方では、300年以上昔から食べられていたという。
●<すんきの作り方>
(1)赤カブの葉を細かく刻む。
(2)55℃のお湯で湯通しする。
(3)樽に詰め、すんきのタネ(前年に作ったすんき)を入れる。
(4)28℃程の温かい部屋に一晩置き、発酵したら涼しい場所に移動。
  1週間程で食べ頃になる。
●乳酸菌には動物性由来の乳酸菌と植物性由来の乳酸菌の2種類がある。
・植物性乳酸菌
 すんき・ぬか漬けなど、主に野菜で作られる発酵食品の他、味噌や醤油などにも含まれている。塩分や酸の強い状況で作られる事が多いため、胃酸などにも耐える事ができ、生きたまま腸に届きやすいといわれる。
・動物性乳酸菌
 主に乳製品由来の発酵食品に含まれている。
●「すんき」にしか存在しない独自の乳酸菌とは?
 すんきには20種類以上の、様々な乳酸菌が含まれており、この乳酸菌が腸内環境を整え、免疫力を高める。更に、すんきにしか存在しない、乳酸菌が4種類含まれている。このすんき独自の乳酸菌には、とても強い免疫調節作用があり、感染症の予防や、アレルギー症状を軽減するといった効果があるという。
『免疫力を高めるスーパー海藻「アカモク」』
 褐藻類(かっそうるい)と呼ばれるワカメや昆布の仲間。生命力が非常に強く、1年間で7メートル近くに育つ事もあるという。
●佐々木博士が注目しているのは、アカモクに含まれている栄養素で、ネバネバ成分の「フコイダン」。フコイダンは、水溶性食物繊維の1つ。
●食物繊維には、水に溶けにくい不溶性と、水に溶けやすい水溶性の2種類がある。
・不溶性食物繊維
 主に野菜や豆類などに含まれる。
・水溶性食物繊維
 モズクやワカメ、メカブなど、主に海藻類に含まれる。腸の中で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える事で、免疫力を高める効果がある。
 これまで水溶性食物繊維は、食品中に含まれる量が少なく、効率的に摂取しにくいといわれていた。
⇒ アカモクには水溶性食物繊維のフコイダンが、モズクやメカブの3倍~5倍、含まれているという。
●アカモクはそのままでは食べず、加工して食べる。
(1) 採ったアカモクを、熱湯に浸ける。⇒ 褐色だったアカモクが、緑色に変化。
(2) 湯通ししたアカモクを細かく刻む。⇒ ネバネバが強くなる。
●アカモクは採れる地域により呼び名が違う。
 秋田県では「ギバサ」と呼ばれ、よく食べられているという。
『コレステロール値を下げる粉豆腐』
 高野豆腐を、特殊な加工で粉末にした物で、栄養成分は高野豆腐と同じ。鎌田医師は、この粉豆腐に含まれている栄養素、レジスタントタンパクの働きに注目。
レジスタントタンパク
 主に大豆製品に含まれる栄養素で、粉豆腐・高野豆腐に多く含まれている。植物性タンパク質の1つで、LDL悪玉コレステロール値を下げる働きがある、といわれている。
・普通の豆腐100g レジスタントタンパク1.9g
・高野豆腐  20g レジスタントタンパク3.4g
レジスタントタンパクの働き
 レジスタントタンパクは、体内で非常に吸収されにくく、食物繊維の様な働きをする。
(1)摂取したレジスタントタンパクは、腸まで運ばれる。
(2)腸で、吸収される前のコレステロールと結合。
(3)そのまま体外に排出されるため、LDL悪玉コレステロール値が下がる。
 ⇒LDL悪玉コレステロール値が下がれば、動脈硬化を防いで心筋梗塞や脳梗塞の予防ができる為、健康寿命を延ばす事につながる。
●粉豆腐がよく食べられているという、長野県・飯田市
 高野豆腐の生産量が日本一で、街のスーパーには、棚一杯に様々な高野豆腐や粉豆腐が置いてある。
長野県飯田市の健康ご長寿さんの粉豆腐の食べ方
(1)粉豆腐の炒り煮
 椎茸やニンジンなどのみじん切りと合わせた物で、昔から食べられている定番の家庭料理。
(2)粉豆腐のドライカレー
 ⇒お湯で戻した粉豆腐を、トマトソースやカレー粉と炒める⇒粉豆腐がひき肉の様な食感になる。
(3)粉豆腐のコロッケ
 ⇒粉豆腐の炒り煮を具材に、パン粉をまぶして油で揚げる。
『認知症を予防できる・エゴマ油』
 青ジソに似たシソ科の植物。葉の部分は香草として、韓国料理などに使われる。乾燥させたエゴマの種子を、料理にかけるなどしても食べられる。そのエゴマの、種子を搾って作られた油が、認知症の予防効果があるという、「エゴマ油」。東北地方では、食べると10年長生きできるという意味で、「ジュウネン」とも呼ばれている。
●エゴマ油を積極的に摂取している町、島根県・川本町
 町の多くの人々が、エゴマ油が認知症を予防する事を知っていた。
エゴマ油がなぜ認知症予防に効果があるのか?
 エゴマ油に多く含まれている成分「オメガ3」が、認知症の予防に効果があるといわれている。
●オメガ3とは?
 守口博士によれば、体内のオメガ3が少なくなってくると、脳の細胞が円滑に情報を処理できなくなり、認知機能が落ちてくるという。
●現代人はオメガ3が不足
 オメガ3は人間に必須の栄養素だが、体内では作れないため、食事で摂らなければならない。しかし、オメガ3を含む食材は極めて種類が少なく、必要な量がなかなか摂れない。
 オメガ3を豊富に含む代表的な食材は、魚。魚に含まれる「DHA」や「EPA」はオメガ3の一種。
厚生労働省が推奨する、オメガ3の目標摂取量は1日およそ2グラム。
 イワシなら1日2尾(刺身など生で摂取した場合)食べなくてはならないが、エゴマ油なら1日小さじ1杯程度で良い。
●エゴマ油の摂取の仕方。
 オメガ3は熱に弱く、加熱すると酸化してしまう為、火を使った調理には向いていない。酸化してしまうと、味が悪くなり、認知症の予防効果も落ちてしまうという。料理の仕上げとして、エゴマ油を食べる直前にかけるのがお勧め。
●エゴマ油の保存方法
 エゴマ油を保存する場合は常温ではなく、直射日光を避け、低温を保てる冷蔵庫に入れておくのがお勧め。

http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/backnumber/141215/index.html

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 <ついてくる犬よおまへも宿なしか>種田山頭火。どうも犬にはしょぼくれたイメージがある。負けた人を動物に例える場合は、なぜか決まって犬が選ばれる。「負け犬」である。英語もやはり犬で「アンダードッグ」という
▼選挙用語にもある。世論調査後、有権者の投票行動に及ぼすアナウンス効果の一つで、「アンダードッグ効果」というのがある。調査で不調だった候補や政党に投票先を変える傾向をいう
▼その反対が「バンドワゴン(勝ち馬)効果」。バンドワゴンとはパレードなどに登場する派手な馬車のことで、それに乗りたがる人もいる
▼米国の大統領選挙などでは「勝ち馬効果」の方がやや大きいという研究もあるそうだが、実態は分からない。今回の総選挙はどうだったか。自民党の勢いは、世論調査ほどではなかったようで「負け犬効果」も感じるが、あったとしても「チワワ」級だろう
▼戦後最低の投票率だった。馬よりも犬よりも強かったのは猫である。「眠り猫効果」というよりほかない。木枯らし時期の唐突な衆院解散で「大義」も見えにくかったかもしれないが、こたつで丸くなってしまった
▼左甚五郎作といわれる日光東照宮の「眠り猫」は眠っているように見えて実は起きている。敵が迫れば、敢然と戦うそうだが、総選挙を見る限りでは、この国の猫はどうも怪しい。猫を起こした方がいい。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2014121602000115.html

 衆議院選挙が終わった。自民党が三分の二を超える圧勝に終わった。これで衆議院の優位で、参議院で否認されても法案が通ることになる。
<食卓ものがたり> 信州黄金シャモ

 安倍総理は、アベノミクスが承認されたというようなことを言っていた。しかし、ちょっと待ってほしい。民主党が「政権交代」と言って、自民党が惨敗した2009年の第45回衆議院議員総選挙の時の自民党の得票数より、今回の得票数の方が少ないんですよ!!!これで民意が得られたと言えるんですか???ただ単に、投票率が低かったせいなのではないですか???無党派層は、どこが政権を取っても、自分たちの暮らしは良くならないとpolitical apathyになっていて選挙を棄権したではないのですか???

 「クラブツーリズム」より、メール。「ウォーキング・ハイキング・登山の旅」の案内♪
http://www.club-t.com/theme/sports/aruku/tokai.htm?waad=Ia1sRkjR
 「womo」より、メール。「忘年会 新年会 のお店特集」の案内♪
http://hamamatsu.womo.jp/gourmet/list/endofyearparty

 仕事で、片塩の南氏のビデオを見た。

 仕事を終え、帰宅途中、ドラッグストアーに寄る。売り出しの「味付落花生」170円、使い捨てカイロ「貼る温楽」483円を買う。
<食卓ものがたり> 信州黄金シャモ

 さらに、ホームセンターに寄り、「マスク」5枚入り198円を買う。
綿100% ガーゼマスク
カゼ、花粉、ほこり対策
株式会社カインズ
0120-87-7111

 スーパーに寄り、売り出しの「かつおたたき」100g98円のもの235円のもの2パック、「木綿豆腐」40円、「納豆」50円、「浜木綿おでん袋」198円を買い帰宅。

<食卓ものがたり> 信州黄金シャモ

 帰宅して、今日買った「おでん」で一杯♪
焼津産 かつお節使用のつゆ付き
 海老の香りと旨味広がる干し海苔入りがんも2個入り
 がんもは煮込み5~6分が食べ頃です!
10種18品
・焼竹輪 2本
・ごぼう巻 2本
・さつま揚 2枚
・野菜天 1枚
・玉ねぎボール 2個
・干し海苔入りがんも 2枚
・がんも 1枚
・がんもボール 2個
・白ボール 2個
・こんにゃく 2個
株式会社 浜木綿
東京都江戸川区臨海町4-3-1
0120-14-1189

 おでんと言うと「愛知の彩り 味噌おでん」を思い出しますね↑↑↑
 鍋料理がうれしい季節がやってきました。ひと肌恋しいこの寒さ、家族や友人たちとビール片手にあつあつの鍋を囲んで、ほっこり温まりたいものですね。今年は地元・愛知のやさいをたっぷり使った味噌おでんとビールで乾杯しませんか。
穏やかな気候で育った愛知やさいが主役
 家族や友人たちと囲む食卓に、今年は愛知やさいを煮込んだ「味噌おでん」はいかがでしょう。この辺りは気候も温暖で、豊な水や土に恵まれた肥沃な土地。かつては種苗業者も活躍し、今もさまざまな野菜が栽培されています。
 おでん種といえば、まずは定番なのが大根。秋冬の青首大根は甘みが増して、煮物にぴったり。そして同じく収穫時期を迎えた里芋も、おでん種として東海地方ではよく見かけます。下ゆでしてから煮込むことでヌメリがおさまり、ホクホク柔らかな食感がたまりません。
食欲そそる味付けは芳醇な赤味噌
 野菜たちを煮込むだし汁のベースは、赤味噌。中でも八丁味噌は、大豆から作られる豆味噌で、栄養価も高くておすすめです。原料の大豆には生活習慣病の予防のほか、女性ホルモンのバランスをサポートして自律神経を整えることや、なめらかでハリのある美肌を保つ効果も期待でされています。
 そんな八丁味噌は辛みとコクのある濃厚な味わい、芳醇な香りが魅力。その味をおでん種にしっかり沁み込ませるには、下準備に時間をかけること。余裕があれば、半日置いて温め直すとさらに美味しく仕上がります。さやえんどうや好みの練り物を添えれば、色鮮やかで見た目もきれいに。人参を串にさし、三色団子と並べれば食べやすく、みんなでわいわい楽しめます。
手羽先のだしも一役 旨みがアップ
 野菜と一緒に名古屋コーチンを入れると、鶏のだしが加わって一段と旨みがアップ。とくに手羽先はコラーゲンが豊富で、女性にとってうれしい食材。もとは弾力のある肉質ですが、煮込んだ手羽先はトロリと柔らかくなって絶品。さらに名古屋コーチンの卵も入れて、ちょと贅沢に楽しむもの素敵です。野菜の旨みと鶏のだしが出た残り汁は、うどんを煮込んだり、味噌カツのソースにしたり、田楽にかけたりと、さまざまな楽しみ方があります。
 「愛知やさい」と「名古屋コーチン」でつくる味噌おでんの濃い味付けは、ビールとの相性も抜群。肌寒い日は、ビールとおでんでポカポカ芯から温まりましょう。
『材料』(2~3人分)
・大根・・・1/4本
・里芋・・・3個
・手羽先・・・6本
・こんにゃく・・・1/2枚
・ゆで卵・・・3個
・ちくわ・・・2本
・ロールキャベツ・・・3個
・餅きんちゃく・・・3個
・三色団子・・・3本
・人参・・・1/2本
・さやえんどう・・・6莢
・もみじ麩・・・適宜
・A
 だし汁・・・1,000ml
 赤味噌・・・120g
 三温糖・・・50g
 (または、ハチミツ・・・100g)
 酒・・・50ml
 みりん・・・50ml
『作り方』
①手羽先を軽く炒める。大根は輪切りにし、十字に隠し包丁を入れる。米のとぎ汁または米をひとつまみ湯に入れて、串が通るまで下ゆでする。里芋は六方むきにして、串が通るまで下ゆでする。こんにゃくは両面に3~4mm間隔で縦横に隠し包丁を入れ、塩をまぶして臭みをとり、沸騰した湯で1分ほど下ゆでする。
②土鍋にAを入れて溶く。続いて手羽先、大根、里芋、こんにゃく、卵、ロールキャベツを入れ、沸騰させないよう注意しながら30~40分火を入れる。
③もみじ麩は食べやすい大きさに切り、人参は花形に抜いて下ゆでしたものを串にさしてから土鍋に入れる。
④もみじ麩やロールキャベツに火が通ったら、下ゆでしたさやえんどうを散らす。お好みで一味唐辛子または七味唐辛子をかける。
*ワンポイント・アドバイス
 赤味噌、とくに八丁味噌と合わせる場合、三温糖なら甘みとコクのある濃い味に。ハチミツなら甘さすっきり、爽やかな風味に変わります。
・大根(青首大根)
 愛知県内の市場に出回るのは11月頃から。春や夏より秋冬のものはみずみずしく、甘みが増して煮物にしても美味しくいただけます。
・里芋(土垂)
 貯蔵性がよく一年中出回りますが、愛知県で収穫されるのは10月初めから11月にかけて。ホクホク柔らかい食感で、煮物に向いています。

 夕方、お歳暮が届く。ブンもお歳暮をもらうようになったんですね!!!

本日のカウント
本日の歩数9,867歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« 「かぶの千枚漬け風」「ハリハリ漬け」、そして「かぶのあちゃら漬け」 | トップページ | 忘年会の対処法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛知の彩り 味噌おでん:

« 「かぶの千枚漬け風」「ハリハリ漬け」、そして「かぶのあちゃら漬け」 | トップページ | 忘年会の対処法 »