« 忘年会の対処法 | トップページ | 「私たちは地下に潜り”活字ピープル”になる」 »

2014年12月18日 (木)

「ふりだいこん」「さつまいものポタージュ」

 朝、雪がちらついている。うっすらと積もっている・・・。
 地球温暖化と言われているが、本当にそうなのだろうか???夏は暑すぎて、冬は寒すぎる・・・本当は、異常気象なのではないだろうか???

 昨日のテレビ「にっぽん!いい旅」で「この冬 絶対に行きたい!東北~京都 絶景&旨いものランキング」ということで京都を取り上げていた。
http://www.tv-tokyo.co.jp/iitabi/
≪今宮神社≫
 平安建都の以前から疫病や災いを鎮める神様を祀っていた社を起源とする「今宮神社」。数々の時代劇の舞台にもなってきた。
 阿保賢さん。
京都府京都市北区紫野今宮町21
≪本家 根元 あぶり餅 かざりや≫
 今宮神社参道にあるあぶり餅の店。創業は400年以上の老舗。あぶり餅を焼く体験が出来る(要予約)
営業時間 10:00~17:00、定休日:水曜
・あぶり餅一人前 500円
京都市北区紫野今宮町96 今宮神社東門南側
075-491-9402
≪寺町通≫
≪二條若狭屋 寺町店≫
 創業から95年、京菓子の名店「二条若狭屋」が2013年にオープンした店。
営業時間 9:00~18:00/茶房(2階)10:00~17:00
定休日:水曜
・不老泉(抹茶・ぜんざい・プレーン) 1個 216円
・彩雲 1,512円
・氷のおかわり 324円
京都府京都市中京区寺町通二条下る榎木町67
075-256-2280
≪喫茶 ロサバリエ≫
 太秦の名優達が愛した撮影所から徒歩1分の喫茶店。
【営業時間】平日 11:00~18:00/土祝 11:30~18:00
定休日:日曜
・オムカレー 750円
・ドライカレー 650円
・ハヤシライス 650円
京都府京都市太秦西蜂ヶ丘町13-1
075-881-9081
≪祇をん 萬屋(よろずや)≫
 祇園にある行列のできる人気うどん店。
【営業時間】平日・土12:00~20:00/日・祝日12:00~16:00
定休日:不定休
・ねぎうどん 1,300円
京都府京都市東山区花見小路四条下る二筋目西入る
≪祇をん 豆寅≫
 芸妓さんや舞妓さんのおちょぼ口でも食べられるサイズの豆すしが人気の店。
営業時間 11:30~14:00/17:00~21:00
・豆すし膳 4,104円(ランチ)
京都府京都市東山区祇園町南側570-235
075-532-3955
≪鳥彌三(とりやさ)≫
 坂本龍馬も通ったといわれる創業から226年の水炊きの店。築250年を超える建物は、国の登録有形文化財にも指定されている。
営業時間 11:30~22:00、定休日:不定休
・鶏の水炊きコース 12,960円(サービス料・税込)
・鮑・フカヒレ雑炊 時価 ※お得意様限定メニュー
京都府京都市下京区西石垣通四条下ル斉藤町136
075-351-0555

http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26000764/

 「今ちゃんの「実は・・・」」でも、京都を取り上げていた。
http://asahi.co.jp/imachan/
http://r.gnavi.co.jp/tv_kansai/pr/442317/tv/
≪割烹「中善」≫
・海老の刺身
京都府京都市左京区北白川久保田町26
075-708-7519
営 17:00~24:00(最終入店 22:00)
不定休日あり

http://www.ohhara-nakazen.com/index.php?data=./data/l1/
http://r.gnavi.co.jp/52t5a9x70000/
≪創作料理「おおきに屋」≫
・唐揚げ マーボ 800円
・自家製 肉まん 200円
京都府京都市左京区北白川瀬ノ内町27-6
075-701-5413
[平日][お昼]11:30~14:00
[日・祝日][夜]17:30~01:30
休 木曜日

http://www.eonet.ne.jp/~ookiniya-kyoto/
http://r.gnavi.co.jp/hrp63u380000/
≪炭火焼「牛宝」≫
・松茸とイボチのすき焼き 3000円
京都府京都市左京区一乗寺赤ノ宮町22-4
075-723-2424
月~金・祝日 18:00~23:00(L.O.22:30)
不定休日あり

http://www.gyuho.net/
http://r.gnavi.co.jp/70p62r4p0000/

 そういえば、浜松にあった「静華」が閉店して、京都にうつったらしい。美味しい中国料理のお店だったんですけどね。
静岡県浜松市東田町25-1 グランドメゾン 1F
http://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22000033/
 ご主人の宮本さんは25年間浜松で中華料理店「静華」を営んでいらっしゃいました。55歳でひと区切りとお店をたたみ、(なんという勇気でしょう!)北京へ1年いらっしゃって再び勉強の日々を送られたといいます。そして長年好きで通われた京都で新しいスタートをなさる決意をされたのです。食の都京都で、京都ならではの素材も生かしていきたいとのこと。奥様の恵子さんが丁寧な接客をしていらっしゃいます。
http://erisekiya.cocolog-nifty.com/kyototokyo/2008/05/post.html
≪京 静華≫
京都市左京区岡崎円勝寺町36-3 2F
075-752-8521
営業時間:17:30~20:00(L.O.)(要予約)
定休日:月曜日、第1第3火曜日

http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26006497/

   ∧ ━━━━ ☆ ━━━
   < > ☆     ☆
    lへl  ☆
  ━━━━━━━

 今日の午後の仕事も外・・・寒かったけど、昨日ほどじゃあなかったね。

 帰宅途中、LOTO 7とTOTO BIGを買う。

 帰宅して、焼きうどんで一杯♪

 ここで、「ふりだいこん」と「さつまいものポタージュ」のレシピの紹介♪
【ふりだいこん】
 浜松市では、三方原台地や花川町などで、だいこんが多く作られています。三方原台地では、じゃがいもの収穫が終わると、同じ土地でだいこんを作ります。三方原台地のだいこんはみずみずしく、甘みが強いのが特徴です。風邪を予防するビタミンCが豊富です。
『材料』(4人分)
・ぶり(切身)・・・4切れ
・だいこん(3/4本)・・・500g
・しょうが・・・2かけ
・A
 水・・・2カップ
 酒・・・大さじ2
 みりん・・・大さじ1
 砂糖・・・大さじ2
 しょうゆ・・・大さじ3
『作り方』
①だいこんは1cm幅のいちょう切りにする。
②しょうがはせん切りにする。
③だいこんを茹でる。(ラップをし、電子レンジで加熱してもよい。500w3分)
④ぶりは3cm幅に切り、熱湯にくぐらせ、臭みをとる。
⑤鍋に水と調味料・しょうがを入れ、沸騰したら、だいこんとぶりを入れる。
⑥落とし蓋をして、中火で15分ほど煮る。

【さつまいものポタージュ】
 浜松市では、古くからさつまいもの栽培が盛んに行われ、篠原町・新津町・雄踏町・浜北区・五島地区などでは高品質なものが作られています。さつまいもは、ビタミンCや食物繊維が豊富で、加熱してもビタミンCが崩れにくいという特長があります。ほんのり甘いポタージュで、心も体も温まります。
『材料』(4人分)
・ベーコン・・・20g
・たまねぎ(1個)・・・120g
・さつまいも(1本)・・・230g
・バター・・・5g
・塩・・・少々
・こしょう・・・少々
・牛乳・・・120cc
・固形ブイヨン・・・1個
・水・・・300cc
・生クリーム・・・5g
・パセリ・・・少々
『作り方』
①さつまいもは一口大に切る。
②たまねぎはスライスする。
③鍋にバターを熱し、ベーコン・たまねぎ・さつまいもをよく炒める。
④水とブイヨンを入れて、煮る。
⑤さつまいもがやわらなくなったら火を止め、ミキサーにかけてなめらかにする。
⑥鍋にもどし、牛乳を加えて煮る。
⑦塩・こしょうで調味する。
⑧生クリーム・みじん切りのパセリを加えて仕上げる。

本日のカウント
本日の歩数25,766歩
(本日のしっかり歩数:16,040歩)
本日:52.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 忘年会の対処法 | トップページ | 「私たちは地下に潜り”活字ピープル”になる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/60829527

この記事へのトラックバック一覧です: 「ふりだいこん」「さつまいものポタージュ」:

« 忘年会の対処法 | トップページ | 「私たちは地下に潜り”活字ピープル”になる」 »