« 【日本全国】お正月料理の旅 | トップページ | 「手造りひろたのぽんず ゆず仕立て」、そして「まだ間に合う簡単おせち」 »

2014年12月28日 (日)

「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

 水郷のとりやさんより、楽天メール。「大寒卵」の案内♪
 風水によると・・・大寒の日(2015年は1月20日)のタマゴを食べると、【運気が上昇】し【金運がアップ】すると言われているんです!!最近はテレビや雑誌などでもよく紹介されるようになりましたね♪
 昔から小寒の時期のタマゴは【寒卵】と言われ、厳しい寒さの中で生まれたため、たくさんのエネルギーが宿っているとされてきました!!その中でも特にスゴイのが【大寒卵】。

http://item.rakuten.co.jp/suigodori/taikanset/?scid=rm_197493
 「喰てみ亭 滝の川」より、楽天メール。「活とらふぐ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/junjun/c/0000000193/?scid=rm_193917

 昨日のテレビ「世界にひとつ ミラクルレシピ」で「故郷ごはん~岐阜県・富山県編」をやっていた。
http://www.tv-asahi.co.jp/miracle-recipe/
(寒干し大根)山之村地区
【干し大根の豚汁】
『材料』(4人分)
・寒干し大根・・・30g
・ゴボウ・・・1/2本
・ニンジン・・・1/2本
・豚こま切れ肉・・・200g
・長ネギ・・・1本
・水・・・3カップ
・みそ・・・大さじ2
・木綿豆腐・・・1/2丁
『作り方』
①寒干し大根を茹でてもどす。
②食べやすい大きさに切ったゴボウ、ニンジン、豚こま切れ肉、長ネギを水から煮る。
③みそを溶き入れ、さいのめ切りにした豆腐と大根を入れる。
④味が染みるまで煮込んだら完成。
【寒干し大根の麻婆豆腐】
『材料』(4人分)
・寒干し大根・・・30g
・Cook Do(麻婆豆腐用)・・・1箱
・ピーマン・・・2個
・木綿豆腐・・・1/2丁
・水溶き片栗粉・・・適量
『作り方』
①寒干し大根を茹でてもどし、さいの目切りにする。
②フライパンにCook Do 麻婆豆腐用を入れ、もどした寒干し大根に味が染みるまで煮る。
③ざく切りにしたピーマンとさいの目切りにした木綿豆腐を入れ、煮込む。
④水溶き片栗粉でとろみを付け、完成。
【笠原料理長の寒干し大根の鶏みそダレ】
『材料』(4人分)
・寒干し大根・・・30g
・卵黄・・・3個
・七味・・・適量
・みそ・・・200g
・砂糖・・・100g
・酒・・・100cc
・長ネギ・・・2本
・鶏ひき肉・・・200g
・ごま油・・・適量
・白ごま・・・適量
・七味・・・適量
『作り方』
①寒干し大根を茹でてもどしておく。ボウルにみそ、砂糖、酒、卵黄を入れよく混ぜる。
②フライパンにごま油を熱し、鶏肉とみじん切りにした長ネギを入れて炒め、さらに(1)を入れて混ぜながら炒める。
③(2)に白ごまと七味を入れ、混ぜ合わせる。
④戻しておいた寒干し大根に(3)を塗って、完成。
山野の里芋(南砺波市)
【いとこ煮】小豆、里芋
『材料』(4人分)
・こんにゃく・・・1/2枚
・油揚げ・・・1/2枚
・大根・・・200g
・ニンジン・・・100g
・里芋・・・150g
・ゴボウ・・・100g
・水・・・1L
・小豆水煮・・・2カップ
・しょうゆ・・・大さじ2
・塩・・・小さじ1
『作り方』
①こんにゃく、油揚げは湯通しし、さいのめに切る。大根、ニンジン、里芋、ゴボウもさいのめに切り、ゴボウは水にさらす。
②鍋に(1)、水を入れ、柔らかくなるまで煮る。
③小豆、しょうゆ、塩を加え少々煮て完成。
【山芋の田楽】
【五箇山豆腐の田楽】
【揚げ出し豆腐】
【】
【】
【笠原料理長の里芋とショウガの炊き込みご飯】

『材料』(4~6人分)
・だし昆布・・・5g
・米・・・4合
・里芋・・・6個
・薄口しょうゆ・・・60cc
・酒・・・60cc
・水・・・600cc
・ショウガ・・・20g
・バター・・・15g
・黒コショウ・・・適量
『作り方』
①だし昆布を水につけて、だしをとる。米は研いでおく。
②土鍋に大き目に切った里芋、薄口しょうゆ、酒、(1)のだし、みじん切りにしたショウガを入れ、炊く。
③炊き上がったらご飯の上に、さいのめに切ったバターを散らして溶けたら混ぜ、黒コショウをかけて完成。

 「旅ずきんちゃん」の再放送は「日本全国オンナ3人旅 心にズキ~ンとくるもの探す 京都で元AKBと突破鍋」でした♪
http://www.tbs.co.jp/program/cbc_tabizukinchan.html
≪京富庵≫鶏すき焼き鍋
・鶏すきコース 5,770円
(近江黒鶏)
≪道草庵≫
・鯛柚子鍋 2,800円
・鯛柚子雑炊 1,800円
≪肉なべ千葉≫
・肉なべ
≪一心≫
・一心鍋 2,000円
≪ラ・パパイヤベール≫
・薬膳モツ鍋 1,800円

 今朝のテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」で「江戸から学ぶ 健康ぶらり旅」をやっていた。(貝原益軒『養生訓』
http://www.tbs.co.jp/program/cbc_genki.html
【大根おろし】
・皮ごとおろす。
・時間が経つと栄養が低下。
【煮物】
・大根・・・400g
・水・・・600cc
・白だし・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ2
・しょうゆ・・・小さじ1
・塩・・・小さじ1/2
・かつおぶし・・・10g
・鶏もも肉・・・200g
・お好みの野菜・・・適量
・塩・・・小さじ1/4
・片栗粉・・・大さじ2
①大根は3cmの厚さに輪切りにし、皮を3mmの厚さでむきます。
②大根は水から下ゆでし、約20分煮込みます。
③20分煮たら、冷水で冷やします。
④調味料を混ぜた鍋に大根を入れ、中火で30分煮ます。
⑤鶏肉のつくねを入れ30分煮ます。
【大根の葉のふりかけ】
大根の葉・・・100g
・ごま油・・・適量
・酒・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
①大根の葉を茎ごと細かく小口切りにしていきます。
②切った大根の葉をごま油を熱したフライパンで炒め、お酒としょうゆで香りづけします。
③仕上げに鰹節を和えます。
【大根と蒸し鶏のサラダ】
仏料理(「緑泉寺」(東京・台東区)。
食べる料理は「ほとけ料理」)
 健康のためには薄い味付けの料理を食べる。
 現代は「ながら食べ」が多くなり、料理の味に集中せず塩分や糖分の多い食生活になりがち。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/141228/

 「遠くへ行きたい」は、「京都 乗りつくし 食べつくし 新発見!」だった。
http://www.to-ku.com/
http://www.ytv.co.jp/tohku/
≪伏見十石舟≫
≪京都サイクリングツアープロジェクト≫

・オリジナル自転車 銀輪V4 1日 1,300円(税込)
≪山中油店≫
≪小料理 喜幸≫

・ハヤの唐揚げ
・湯豆腐(青大豆のおぼろ豆腐)
≪白梅スポーツクラブ≫雲ヶ畑
・フィールドアーチェリー 30分 1,000円(事前予約必要)
≪料理旅館 洛雲荘≫
・ぼたん鍋コース 1人前 9,840円(サ・税入)
(白味噌 ぼたん鍋)

 買い物に出かける。杏林堂で、「明治ブルガリアヨーグルト」149円、それに売り出しの「味付落花生」170円を買う。
「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

 さらに、売り出しの「パブロンゴールドA顆粒44包」1,028円を買う。
大正製薬株式会社
東京都豊島区高田3丁目24番1号
03-3985-1800

http://www.taisho.co.jp

 判子屋さんに、印鑑のケースを買いに行く。この間リサーチした所だよ。Tポイントが付くんだよね・・・あれっ!???お店が閉まっている・・・12月29日~1月4日まで休業の張り紙がしてあった・・・従業員がサラリーマンのお店なんだね・・・。
「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

「はんこランド(星栄堂)」
土午後・日・祝休み

「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

 向かいの宝くじ屋(マスコット)でLOTO 7とTOTO BIGを買い、帰路につく。

「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

 帰宅途中、判子屋さんを発見!!!思わず飛び込む!
「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

 革製の印鑑ケースを探す。値段によって作りが違うようだ。安いやつは朱色の無地の布。「中の模様が鶴亀がいいな」と言ったら朱竹のものを出してくれた。そして、1,500円のところ1,300円にしてくれた。(感謝します。)
「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

「秀山堂」
浜松市中区松城町210-5
TEL:053-456-0065
FAX:053-454-4533

 「TSUTAYA」に寄る。「Tカード」を更新するためだ。あれっ???店が潰れている・・・いつから閉店したんだろう・・・閉店したのなら、知らせの連絡ぐらい下さいよ・・・!!!Tカードの更新ができないよ・・・↓

 「大堀ストアー」に寄り、売り出しの「人参」81円、「ごぼう」97円、それに「フライビンズ」111円、「豆腐」108円、「牡蠣」378円を買う。
 レジでオバチャンが横入りしてきた・・・・・さらに、レジの人が2品打ち間違い(高く売っている!!!)・・・何て店だ!!!!!
中区富塚町1989
471-3932
営:AM9:30~PM:7:30

 帰宅して、掃除をする。しばらくしていなかったので、スッキリした↑↑↑
「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

 カレンダーをこの間「酒&FOOD かとう」にもらったものに取り替える。
夏田冬蔵(なつたふゆぞう)2015 CALENDER
美稲1.8リットルは、田んぼ2.6㎡

 特別純米酒「天の戸 美稲」を1.8Lを一本造るのに必要な酒米は畳2枚分の田んぼ。およそ1.6m×1.6mで2.6㎡。
 愛飲家のみなさんが1本飲んでくれると、畳2枚分の田んぼに稲を植え、お酒を造ることができます。みなさんはただの「飲兵衛さん」ではありません。お酒を飲むことで日本の田んぼと緑の風景を守る大事なことをしているのです。
 田植えや草取り、稲刈りの手伝いに来なくても結構です。飲んで手伝ってください。お酒を飲んで「田んぼ」を応援してください。
2015夏田冬蔵カレンダーに寄せて
 カメラに興味を抱き始めたのは小学六年の頃でした。
 担任の男先生がニコンに一眼レフで学校行事の写真を撮ったりして居るのを見て大人になったらあのカメラを買おうと心に決めました。それ以来の憧れの一眼レフを実際自分が手に入れる事ができたのは、十五年前のことで、長女が生まれ、その写真を撮りたくてニコンならぬキャノンを買ったのが初一眼で、デジタルになる寸前にニコンを買いましたが結局デジタルになってからは、キャノン党に戻ってしまいました。
 本格的に写真撮りを始めたのが、平成18年から書き始めたブログがきっかけで、それに掲載する意味でその後の7年間は、ほぼ毎日飽きること無くシャッターを切り続けました。下手な鉄砲も数打ちゃ当たると言いますが、少しはまともな写真が撮れるようになった気がしていたところ、杜氏の勧めもありこの度のカレンダーに写真を載せてもらうことになりました。
 プロの方々お後にド素人の自分が担当ということで、ブログを書き続ける以上にプレッシャーがありましたが、前二作担当の佐藤忠明さんの自分の思うがままにやればいいよという言葉に背中を押され、ごんべーの見たままを切り取ってみました。
 つたない写真ではありますが、お酒と共に皆様の一年に寄り添えることができたなら幸いに思います。
写真・文
蔵人頭 鈴木清吾
天の戸 浅舞酒造株式会社
秋田県横手市平鹿町浅舞字浅舞388
TEL:0182-24-1030
FAX:0182-24-0708

 「門松」は、左右どちらに雄松・雌松を配置するのか???・・・雛飾りで「お内裏様」と「お雛様」を左右どちらに配置するのかと同じことなのか???
左は男性を象徴し、右は女性を象徴することになります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1020741760

 交番から、家庭訪問あり。家庭の状況を調べるのが目的らしい・・・が、持ってきた資料は10年ほど前の物・・・警察は、今まで何をしていたのですか???
 自動車用の信号には歩行者は従わなくてもいいらしい・・・ということは、赤信号で車が止まっていても、歩行者用信号機がないところは、人は渡っていいということ!

 夕方は、『ぱど』2014年2月号に載っていた、「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」で一杯♪温ったまるわぁ~♪♪♪
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2014/12/vol9-5c56.html
「ラウラウキッチンスタジオ&レシピカフェ」
http://www.laulau-kitchen.com/
「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

 今日買った、「広島県産 生かき」を入れる。しかし、小さく縮んでしまったよ・・・↓
採れたての「活き」と「味」をそのまま食卓へお届けします。
キビスイ
LOT 43592016483
吉備水産祝言会社
広島市廿日市市上の浜1丁目2-1

「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

 さらに、「大地の恵み もめんとうふ」。
有限会社 トキワサンコウTO
浜松市東区原島町445
0120-17-4112

「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

 野菜も今日買った「千葉県産にんじん」。
「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」

 それに、「青森県産ごぼう」。

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「ざっこ佃煮」の引用♪
小魚が名品に昇華
 千葉県我孫子市南郊の手賀沼。風光明媚な地で、大正から昭和初期に志賀直哉ら白樺派の作家たちが構えた別荘や跡地が多く残る。今や観光名所だが、この沼や流れ込む川で捕れる川魚は、昔からさまざまに加工され、郷土の味となってきた。
 特に地元で”ざっこ”と呼ぶ小魚の佃煮は自慢。かつては各家庭でも作ったそうだが、現在では安井家が「ざっこ佃煮」として販売。「我孫子市ふるさと産品」に選ばれた名品だ。同店は昭和初期に東京の三ノ輪で創業。戦後この地に移転し、周辺各地の良質な川魚を素材に、多彩な佃煮を作る老舗である。
 このざっこ佃煮、「ハヤをネーンにハゼ、川エビを使用。煮上げる前に二週間真水で泳がせ、泥臭さを抜くことで、川魚本来の旨みを引き出しています」と、代表の大松澤康郎さん。口にすると旨みとともにわずかな苦み。だが、その苦みが風味となっているのがいい。「佃煮とともに、創業以来伝わるたれを使ったウナギのかば焼きも当店の顔のひとつ」とも。同じくふるさと産品の鰻大和煮や、佃煮詰め合わせも好評という。
【取り寄せ先】
(有)安井家
千葉県我孫子市本町3の5の1
TEL:012-353698
さっこ佃煮1パック(100g)、税込み650円~(送料別途)
※商品は冷蔵(クール)便で発送

http://www.yasuiya.com/

 さらに、「里山を歩く」より、「一里塚」の引用♪
疲れ癒やした出発点
 江戸時代、主な街道の一里(約4km)ごとに、一里塚が築かれた。土を盛り、木を植えて、旅人の目印にするため。山梨県で唯一、ほぼ原形をとどめているのが、上野原市犬目の旧甲州街道にある恋塚一里塚だ。
 同市中央部の西端、大月市に近い所。上野原駅と四方津駅からバスが出ている。数は少ない。草に覆われた、まんじゅうのような、おわんを伏せたみたいな、この塚を何度か訪ねた。県の史蹟に指定されている。
 県教委と市教委が立てた案内版がある。塚は直径約12m、高さ約5mの円丘だ。江戸・日本橋から21番目、二十一里。昔は街道を挟み、北側にも、もうひとつあった。
 旅人が距離を頭に入れながら旅を続けたり、植えられた榎や松の木陰でひと休みした。
 江戸時代の川柳集『柳多留』に「くたびれたやつが見つける壱里塚」と詠んだ川柳がある。かつての旅人は、ほとんど歩きだったのだから、それも現代人が考える以上の距離を歩いたようだから、疲れたのだろう。一里塚に、ほっと救われた感じを持ったに違いない。
 一方、「大きな目標へ向かう過程での一つの段階(『大辞泉』)という意味も。新年を新たな出発点に、意欲を持って生きたい。

本日のカウント
本日の歩数10,247歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:51.2g
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)×

|

« 【日本全国】お正月料理の旅 | トップページ | 「手造りひろたのぽんず ゆず仕立て」、そして「まだ間に合う簡単おせち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夏田冬蔵カレンダー」「牡蠣と根菜のスンドゥブチゲ」、そして「ざっこ佃煮」:

« 【日本全国】お正月料理の旅 | トップページ | 「手造りひろたのぽんず ゆず仕立て」、そして「まだ間に合う簡単おせち」 »