« 「Hotei やきとり」、「だいこん」、そして「教えて!お祝い膳 vol.9 七五三(11月)」 | トップページ | MCIのうちに見つければ、認知症は予防できる vol.2「ドライブ編」 »

2014年11月 9日 (日)

「鳥善 一水庵 幕の内弁当(あじ)」「食べ鉄シリーズ 北海道編 旅紀行弁当」、そして「金婚漬」

 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「アウトレット干物」の案内。しかも、送料無料♪
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/1397357/?scid=rm_206625

 今日の朝刊のコラム欄より、引用♪
 時間の経過する速度は暦の後半ほど速く感じるものだ。二、三月あたりは猪牙(ちょき)舟で川を下る心地だが、十一月、十二月はもうロケットに乗っている気分になる
▼<やはらかに人押し合ひて一の酉(とり)> 中村金鈴。早いもので、十日は一の酉である。暦の関係で、ことしは二の酉(二十二日)まで。三の酉まである年は火事が増えるというが、その通りならば、ありがたい
▼はや一の酉と感じる、その体感速度を緩めるのは容易ではないが、工夫はある。ある人に教わった。思い切って、もう来年になったと思い込んでみるというのだ。今年の十一月は二〇一五年マイナス二月。十二月は同年マイナス一月という具合
▼ばかばかしいとは思わぬ。そもそも終わってしまうと意識するので焦る。これが時の猛スピードの正体か。残り二分とせっつかれた二分と通常の二分は違うものだ
▼もう来年と思うことには別の利もある。この時期を来年への助走ととらえれば、早く決意し、準備もできる。十一月、十二月に新たな挑戦を始める人はあまりいないか。もう年が改まるからと一月まで先送りしたくなるものだが、それでは、時間が惜しい
▼よい時期の合意である。日中両政府が近く首脳会談を行う。やっとである。来年は終戦七十年という節目の年。来年に向けて両政府が関係改善に動きだしたと信じたい。こればっかりは鬼も笑うまい。

http://item.rakuten.co.jp/hakudai/1397357/?scid=rm_206625

 早朝の、「ワールドトリガー」って、なんかおもしろいね。
http://www.tv-asahi.co.jp/worldtrigger/

 今日は、準仕事・・・。ここに来る時って、雨のことが多いんだなぁ~。
 しまった!座布団を持ってくるのを忘れた!!!!!お尻が痛いよぉ~!
『あなたにとって「働く」ってどういうこと? 業界&職業ガイド 2011年 静岡県版』社団法人静岡県専修学校各種学校教育振興会

「鳥善 一水庵 幕の内弁当(あじ)」「食べ鉄シリーズ 北海道編 旅紀行弁当」、そして「金婚漬」

 今日の昼食は、「鳥膳 一水庵」の「幕の内弁当(あじ)」♪
浜松市中区高丘西2-15-14
TEL 053-436-0080

http://www.torizen.co.jp/
http://www.torizen.co.jp/catering.html

 帰宅時、道が混んでいた・・・2車線の道路なのに、車が止まっている・・・これじゃあ、1車線と変わらないよ・・・車は駐車場に停めてくれないかなぁ~!渋滞の原因になっているよ!!!

 帰宅途中、スーパーに寄る。駅弁大会をやっていたんだよね。「旅紀行弁当」1180円、それに「フライビンズ」181円を買う。

「鳥善 一水庵 幕の内弁当(あじ)」「食べ鉄シリーズ 北海道編 旅紀行弁当」、そして「金婚漬」

 帰宅して、「旅紀行弁当」で一杯♪
「鳥善 一水庵 幕の内弁当(あじ)」「食べ鉄シリーズ 北海道編 旅紀行弁当」、そして「金婚漬」

食べ鉄シリーズ 北海道編
釧網本線 釧路駅
【お品書き】
・鴨肉
・豚肉
・牛肉
・いくら
・ズワイガニ
・タラバガニ
・ウニ
おてもと
北海道 味の旅
北海道 味紀行
北海道各地の自慢の味をお楽しみください。
日本鉄道構内営業中央会会員
(株)釧祥館
北海道釧路市北大通12丁目2番7
TEL 0120-323-017

http://www.ekiben.or.jp/shoyokan/

 ここで今日の朝刊「全国旨いもん」より、「金婚漬」の引用♪
風土に根差す逸品
 岩手県中部の花巻や江刺地方には古くから冬の保存食としてウリの中に野菜を詰めた漬物がある。これに工夫を重ねて50年ほど前に発売、名産品にしたのが道奥(みちのく)の「金婚漬」だ。
 ニンジンやゴボウ、シソの葉を昆布でしっかりと巻き、くりぬいたウリに詰めて、もろみ、味噌、天然塩などを調合した秘伝の漬け液で熟成させた漬物である。
 飴色をおびたウリのカリッとした歯応えと、それぞれに味付けした野菜が醸す旨みが重なり合い、さらにまろやかな塩辛さが相まってご飯がよく進む。細かく刻んでお茶漬けやおにぎりの具にしてもいい。
 「原材料は東北地方で採れたものを厳選。保存料や人工甘味料は使っていません」と語る企画室の阿部大輔さん。「先人の知恵と工夫から生まれ、岩手の風土に根差した漬物の芸術品」と言い添える。
 ネーミングは古くなるにつれて色つやや味わいを増す、長い結婚生活の夫婦になぞらえたという。白味噌に漬け込んだ「銀婚漬」もあり、金銀のセットは進物に人気がある。
【取り寄せ先】
株式会社 道奥
岩手県花巻市西宮野目11の88
TEL 0198(26)2250
FAX 0198(26)5140
元日のみ休
金婚漬 スライス1袋(100g)税込み324円、箱入り1個 税込み540円

http://www.michinoku.co.jp/

 さらに「里山を歩く」より、「サルトリイバラ」の引用♪
秋に珊瑚のような実
 サルトリイバラは山野に生えるユリ科、つる性の落葉低木だ。茎は緑色で丸く、硬く、まばらにトゲがある。
 変わった名の由来は、このトゲに猿もひっかるから、という。山帰来の名もある。野草のシオデにやや似ている。
 葉はつややかな円形か、丸みを帯びた楕円形で、互い違いに付く。一対の長い巻きひげを持ち、他の木などに絡みながら2mくらいに伸びる。
 春から初夏、黄緑色の小さな花を開く。花は半球形の、かんざし状にびっしり付く。
 雄と雌があり、雌の木には緑色の小さな丸い実がなって、秋、赤く熟す。
 「まるで珊瑚のよう」と評されることの赤い実が付いている時期だけが、人目を引く植物である。実は、子どもがおもちゃにして遊んだ。
 葉は5月の節句に、もちや団子を包むのに使った。団子やまんじゅうを包むため、ダゴノハ、マンジュウノハの別名も伝わっている。
 民間薬として葉茎や根茎を干して煎じ、利尿、夜尿症、尿毒症などに用いる。
 新井八雪は「さびしさのそこにさるとりいばらの実」と句を詠んだ。秋の野山を歩いていて、急に現れた赤い実が、寂しさを吹き飛ばしてくれたのだろうか。

本日のカウント
本日の歩数:3,287歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.2kg
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個
(日)○なのに×

|

« 「Hotei やきとり」、「だいこん」、そして「教えて!お祝い膳 vol.9 七五三(11月)」 | トップページ | MCIのうちに見つければ、認知症は予防できる vol.2「ドライブ編」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「鳥善 一水庵 幕の内弁当(あじ)」「食べ鉄シリーズ 北海道編 旅紀行弁当」、そして「金婚漬」:

« 「Hotei やきとり」、「だいこん」、そして「教えて!お祝い膳 vol.9 七五三(11月)」 | トップページ | MCIのうちに見つければ、認知症は予防できる vol.2「ドライブ編」 »