« 「日曜日は料亭気分」(11-1)「蕪と浅利深川煮」 | トップページ | 食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「鯛の松皮造り」「お赤飯」 »

2014年11月13日 (木)

今夜はお鍋 こだわり調味料でおいしく

    ☆
    ┻ 
   ┛┗
   ┛ ┗ 
  ┛☆ ┗
  ┛  ☆┗ 
 ┛━┳┳━┗
  ┏┻┻┓
  ┗━━┛
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「フレッシュローズマリーで焼き上げたイタリアンローストチキン!」の案内♪
 今日は 『ローストターキー』と『ローストチキン』の違いについて、簡単にお話いたします♪ご存知の通り、ローストターキーは七面鳥。ローストチキンはニワトリ。そこが違います。でも、七面鳥とニワトリでは、味や肉質が、どう違うのかというところは、あまり知らない方が多いようです。そこで、自分の好みを見つけるために、ターキーとチキンの違いを、3つの項目に分けて、まとめてみました!
 まずは【肉質】
 水郷どりがしっとりとしていてジューシーなのに対し、 ターキーは水分が少なく、引き締まった感じです。 水郷どりと食べ比べてしまうと、ターキーは多少パサつくような感じがあるかもしれません。
 次は、【肉の硬さ】
 水郷どりが柔らかくて弾力があるのに対し、ターキーは歯ごたえがあって硬めです。ターキーは、歯ごたえがある分、噛めば噛むほど、肉の味が口の中に広がり、それがクセになってしまう方もいらっしゃいます。ターキーは味の濃いソースなどにもよく合います!
 最後は、【味】
 水郷どりはクセがなく甘みがあるのに対し、ターキーは濃厚でどこか野性味があります。鶏肉とは一味違った美味しさがあり、違いを食べ比べてみるのも面白いですよ。
 当店で販売してるターキーは2種類。
 [1]アメリカ産の4kgの特大サイズのもの。
 [2]フランス産の2kgのベビーターキー。
 ローストした状態でお届けしているのは、フランス産の2kgのベビーターキーを焼き上げたものです。品質はAクラス品なので間違いありません。野性味溢れる味と、しっかりとした肉質。それは、水郷どりでは味わうことができません。ターキーの魅力を堪能できると思います。

http://item.rakuten.co.jp/suigodori/italian/?scid=rm_197493
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/turkey/?scid=rm_197493
 「礼文島の四季」より、楽天メール。「ヨーロッパ地中海産本マグロ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/mjm_sale/?scid=rm_198862#mjm_sale

 今日は、仕事を定時に終え、帰宅。「郵便」と書かかれているトラックが、一旦停止をなかなか出てくれないんです・・・後ろに車が数珠つながり・・・↓。
 帰宅途中、スーパーに寄り。「もやし」19円、それに売り出しの「おでん具」213円を買い帰宅。

 「酒&FOOD かとう」に行き、借金2本分を支払い、新たに「瑞泉」3,240円を買い帰宅。

今夜はお鍋 こだわり調味料でおいしく

 帰宅して、今日買った「一正のおでん袋」で一杯♪
新潟地酒入りスープ付き
10種16個
・焼きちくわ 2本
・ごぼう巻 2本
・赤ボール 1個
・揚ボール 1個
・大判野菜さつま 2枚
・ソフト三種 2個
・さつま揚げ 2枚
・白身魚揚げ 2個
・じゃがいも天 1個
・平がんも 1個
一正蒲鉾株式会社
新潟市東区津島屋7丁目77番地
0120-023773

http://www.ichimasa.co.jp/

 ここで、『ふれ愛交差点』2014年11月号より、「今夜はお鍋 こだわり調味料でおいしく」の引用♪
 野菜、お肉、お魚・・・素材の本当のおいしさを引き出したいなら、やっぱり調味料にこだわって!いつものお鍋も初めてのお鍋も、ワンランクアップするごに間違いナシ。
【鶏ちゃんこ鍋】433kcal
塩と酒にこだわって
『材料』(2人分)
・鶏もも肉・・・1/2枚
・鶏ひき肉・・・200g
・大根・・・1/4本
・ごぼう・・・1/4本
・わけぎ・・・4本
・えのきたけ・・・1/2袋
・油揚げ・・・1/2枚
・すりごま(白)、柚子こしょう・・・各適量
・A
 塩、砂糖・・・各小さじ1/4
 味噌・・・小さじ1/2
 卵・・・1/4個
・B
 鶏がらズープ(顆粒)・・・小さじ4
 水・・・3カップ
 塩・・・小さじ1/4
 酒・・・大さじ2
 にんにく(すりおろし)・・・小さじ1
『作り方』
①大根とごぼうはささがきに、わけぎは斜め切りに、えのきはほぐす。油揚げは短冊切りにする。
②鶏もも肉は大きめのひと口大に切る。ひき肉はAを練り混ぜ、団子にする。
③鍋にBを合わせて煮立て、②を入れてアクを取りながら約10分煮る。火が通ったら①を加え、煮えたものから取り分け、ごま、柚子こぎょうを添えていただく。

 【コクうますき焼き】503kcal
砂糖としょうゆにこだわって
『材料』(2人分)
・牛肉(すき焼き用)・・・200g
・白菜・・・2枚
・長ねぎ・・・1/2本
・春菊・・・1/4束
・焼き豆腐・・・1/2丁
・しらたき・・・100g
・しいたけ・・・2枚
・卵・・・2個
・A
 しょうゆ・・・80ml
 酒、みりん・・・各大さじ2
 砂糖・・・大さじ2~3
 水・・・大さじ2
・牛脂・・・適量
『作り方』
①白菜は食べやすい大きさのざく切に、長ねぎは斜め切りに、春菊は3等分に切る。焼き豆腐は食べやすく切り、しらたきは熱湯でサッとゆでてざく切りにする。しいたけは飾り切りにする。
②Aを鍋に入れてひと煮立ちさせ、砂糖を溶かして冷まし、割したを作る。
③すき焼き鍋を熱して牛脂を溶かし、牛肉、①を入れ、②の割りしたを適量加えて煮る。煮えたものから溶き卵につけていただく。
※煮汁が煮詰まったら昆布だし汁を加えて薄めるとよい。

 【えびと豚しゃぶのサンラー鍋】387kcal
黒酢としょうゆにこだわって
『材料』
・えび(殻付き)・・・4尾
・豚肉(しゃぶしゃぶ用)・・・200g
・小松菜・・・1/4束
・しめじ・・・1/2パック
・豆もやし・・・1/2袋
・春雨・・・30g
・赤唐辛子(輪切り)・・・1本分
・しょうが(薄切り)・・・1片分
・A
 鶏がらスープ(顆粒)・・・小さじ4
 水・・・3カップ
 黒酢・・・大さじ2
 しょうゆ・・・大さじ1と1/2
 みりん・・・大さじ1
『作り方』
①小松菜はざく切りに、しめじはほぐし、豆もやしはひげ根を取る。えびは背わたを取る。
②春雨は熱湯に3~4分浸してざるに上げ、ざく切りにする。
③鍋にA、赤唐辛子、しょうがを合わせて煮立て、①、②を入れて煮る。火が通ったら豚肉をサッと煮ながらいただく。

 【海鮮寄せ鍋】174kcal
しょうゆとみりんにこだわって
『材料』(2人分)
・生たら(切身)・・・2切れ
・かに(足)・・・200g
・かき・・・6粒
・白菜・・・2枚
・わけぎ・・・1本
・しいたけ・・・2枚
・A
 昆布だし汁・・・3カップ
 しょうゆ、みりん・・・各大さじ1
 塩・・・小さじ1/2
『作り方』
①たらは1切れを半分に切り、かには長ければ半分に切って切り込みを入れる。かきは塩水(材料外)でふり洗いして、水けをきる。
②白菜は食べやすい大きさのざく切に、わけぎは斜め切りに、しいたけは飾り切りにする。
③鍋にAを合わせて煮立て、①②を入れて煮る。火の通ったものからいただく。
※お好みですだちを添える。

 【ほたてと鮭の味噌バター豆乳鍋】386kcal
味噌とみりんにこだわって
『材料』(2人分)
・生鮭(切身)・・・2切れ
・ほたて貝柱(ボイル)・・・6個
・白菜・・・2枚
・水菜・・・5~6枚
・にんじん・・・30g
・しめじ・・・1/2パック
・小結しらたき・・・2個
・A
 だし汁・・・3カップ
 豆乳(無調整)・・・1と1/2カップ
 味噌、みりん。・・・各大さじ2
・バター・・・20g
『作り方』
①鮭は1切れを3~4つに切り、白菜と水菜はざく切りに、にんじんは短冊切りに、しめじはほぐす。
②鍋にAを合わせて温め(煮立てないように注意する)、①、ほたて、しらたきを入れて煮る。火が通ったらバターを加えて溶かし、取り分けていただく。

本日のカウント
本日の歩数:10,523歩
(本日のしっかり歩数:926歩)
本日:54.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 「日曜日は料亭気分」(11-1)「蕪と浅利深川煮」 | トップページ | 食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「鯛の松皮造り」「お赤飯」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夜はお鍋 こだわり調味料でおいしく:

« 「日曜日は料亭気分」(11-1)「蕪と浅利深川煮」 | トップページ | 食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「鯛の松皮造り」「お赤飯」 »