« 「康川直売所 浜松カワショウ加工場」、そして「からつき落花生」 | トップページ | レモンソースのステーキ »

2014年11月23日 (日)

JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」

 今日は、11月23日、勤労感謝の日。

 JRさわやかウォーキングに参加する。
http://walking.jr-central.co.jp/

 7:40過ぎに、鷲津駅に到着。トイカに1000円チャージする。
 受付は設営中だったが、駅のラックにマップが置いてあったので、それをもらってウォーキングスタート!去年と似たコースだ!!!

JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」

 【豊田佐吉記念館 豊田佐吉生家】
 トヨタグループ創業者・豊田佐吉の生誕120年を記念して、生誕の地に開館しました。発明品の織機、ゆかりの品々が展示されています。豊田佐吉生家では、トヨタ自動車の創業者喜一郎氏も産声をあげました。

JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」

 「豊田佐吉生家」は、修復中だった。
 「湖西ウォーキング スタンプラリー」をやっている。「抽選で15名様に3,000円相当の地元特産品をプレゼント!!」とのこと。
JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」

 農家が、みかんを売っているんだよね!小さいやつが7つ入って、100円。(1個おまけをくれたけど・・・。)去年も買ったけど、ここのは美味しかったよ♪

JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」

 【妙立寺】
 1386年(至徳3年)に開山した名刹。銅・葺き入母屋造りの本堂は文化財の宝庫です。境内からは天気の良い日には浜名湖、館山寺、富士山を一望することができます。

JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」

 【わいがやKトラまつり】
 今年で4回目を迎えます。軽トラック市、グルメコーナー、手作り品などの展示販売が行われます。

 「落花生」が500円だった。買いたい気もしたが、我慢した・・・。

JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」

 【八幡諏訪神社】
 詳細は不明ですが、後奈良天皇、足利義輝将軍の時代には創建されたといわれます。

JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」

 【本興寺】
 北原白秋も愛したことで有名、本堂の近くには「水の音ただにひとつぞ聞こえけるそのほかはなにも申すことなし」という歌碑があります。国の重要文化財に指定された建築物をはじめ、貴重な文化財を多く所蔵しています。

 そして、ゴール!約10kmのコースでした。(もっと長かったように思う・・・。)
 電車に乗り帰路に着く。
 トイカの残額:930円

 LAWSONに寄り、昨日頼んでおいた「郷土のうまい!ふるさとのうまい!を食べよう」の「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」590円を買う。
 あれっ!消費期限が今日の午後3時になっているよ!!!!いつ製造したんだよ・・・製造日時の表示はない・・・昨日のお弁当じゃあないの???
 浜松雄踏宇布見店は信用ができないな↓

 ジャスコに、「協働センターまつり」のうどんを予約するために寄る。あれっ1玉19円(税抜き)だぞ!!!ちょっと高くなっていないかい?これならベイシアで買った方がよさそうだな。
 自分用の「木綿豆腐」60円と「もやし」19円を買い帰宅。

JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」

 柿の収穫をする。今年はあまりならなかったな・・・。

JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」

 夕方は、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」で一杯♪お弁当の消費期限が3時だから、それより早く呑み始めなきゃ!!!
JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」

郷土のうまい!
・瀬戸内産真鯛
・じゃこ天
・鳴門わかめ
・瀬戸内産しらす
製造者:日本クッカリー(株)小牧工場
0120-026-599
愛知県小牧市大字河内屋新田字上岩倉杁630

http://www.lawson.co.jp/recommend/static/umai/

 さらに、今日買った豆腐で「湯豆腐」♪
 「幻の酒」って何だ?
Maborosi no Sake
SUIEN IN AZUMINO
酔園
 芳醇でスッキリしたお酒
 信州あずみ野産 酒米
 美山錦100%使用
EH酒造株式会社
長野県安曇野市豊科高家1090-1

 ここで、今日の朝刊「全国旨いもん」より、「津田かぶ漬」の引用♪
昔殿様、今庶民の味
 先が勾玉状をした紫紅色の根と緑の葉が鮮烈な津田かぶは松江の特産物。はで干しの光景は宍道湖畔の冬の風物詩である。
 江戸時代、松江市内の大橋川沿いの旧津田村にあった藩の菜園場で栽培されたものだが、庶民が口にできたのは明治以降。これを創業107年の伊原本店が早くから元祖「津田かぶ漬」として製造販売を始めた。
 この時期販売の浅漬けは色鮮やかで香りすがすがしく、歯触りシャキリ。素材に染みた塩、酢、甘味ほんのりの旨みはなんともまろやかで上品。ご飯にはもちろん、お茶漬けやお茶うけにもってこいで、後を引く。
 「天日で1週間乾燥することで水分を減らし、旨みの素の乳酸菌がほどよく発酵する」と語る営業本部長の山根善治さん。
 12月から1月末まで製造販売の本漬(糠漬け)は銘柄米の奥出雲・仁多米の糠に漬け込んだ伝統的製法の漬物という。
 日数が経つと外皮は色あせるが、発酵が進んで酸味を増し、味わいも染みて格別の風味を醸し出す。松江では冬の食卓に欠かせない。市民が待ちに待つ季節限定の漬物である。
【取り寄せ先】
株式会社 伊原本店
松江市浜佐田町814
TEL:0852(36)5030
FAX:0852(36)8861
土(隔週)・日曜、祝日休
津田かぶ漬(浅漬)1袋250g・税込み432円。
発送は3袋~。箱代216円。本漬も同価格。
※セットも可(クール便)

http://ibara-honten.com/index.html

 さらに、「里山を歩く」より、「薬掘る」の引用♪
東洋医学の優れた力
 昔は野山で、漢方薬や民間薬に使う薬草の根を掘る作業が、かつて盛んに行われていた。根に有効成分が蓄積される季節なのだ。
 掘ったものは、きれいに洗って乾燥させ、保存した。俳句の世界には「薬掘る」「薬掘り」などの言葉が季語として伝わっている。
 江戸時代の俳人、炭太祇(たんたいぎ)に、「薬掘蝮を提げて戻りけり」の句がある。薬草を掘り採るばかりか、やはり薬効が指摘されるマムシまで捕えて持ち帰る人を、詠んでいるのだろう。羨ましいがっているのかもしれない。
 永田義直編『俳句歳時記』(金園社)が、掘る薬草について「柴胡(さいこ)、茜、野老(ところ)などが対象」と説明している。
 一方、朮(おけら)など地上部全体を用いる草の場合は、花盛り(ドクダミなら初夏)に採る。花を付けていれば、特定が割に容易で、他との間違いも防ぎやすい。
 現代は西洋医学が主流。薬も多くが化学薬品だ。しかし、東洋医学の優れる分野があるだろうし、薬草、薬木の力も再評価できないだろうか。自然に恵まれた日本は薬草類が豊富で、生産、活用の可能性が残されているはずだ。
 無秩序な採取は慎まなければならないけれど、薬掘る、の季語復活を期待したい。

本日のカウント
本日の歩数:21,601歩
(本日のしっかり歩数:14,665歩)
本日:54.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)×

|

« 「康川直売所 浜松カワショウ加工場」、そして「からつき落花生」 | トップページ | レモンソースのステーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「秋の湖西路とわいがやKトラまつり」、「瀬戸内の幸 鯛めし弁当」、そして「津田かぶ漬」:

« 「康川直売所 浜松カワショウ加工場」、そして「からつき落花生」 | トップページ | レモンソースのステーキ »