« 「ドラキュラ ZERO(Dracula Untold)」「日本酒大きき酒会 in HAMAMATSU」、そして「うるか」 | トップページ | <食卓ものがたり> 酒品評会1位「写楽」 »

2014年11月17日 (月)

「日曜日は料亭気分」(11-2)「牛肉ご飯のコロッケ」

  ┌─────┐ 大切なあの方へ・・・
  │   お   │
  │   歳   │ 印象に残る贈り物を。
  │   暮   │
  │----∞--- │ お歳暮特集2014
  └───
──┘
 「うなぎ屋かわすい 川口水産」より、楽天メール。「国産うなぎの蒲焼き」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/kawasui/10001900/?scid=rm_206971

 今日の昼食は、「チキンフリカッセア」・・・「フリカッセ」って何だ???
fricassee
 西洋料理の蒸し煮料理法の一種。子牛,豚,子羊,鶏の肉などを用いる。肉をバターで炒め,さらに小麦粉を少しふり込んで炒め,ブイヨンを加えブーケ (香料と香味野菜を束ねたもの) とともに煮る。

https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%BB-126735
http://www.lettuceclub.net/recipe/dish/10948/

 仕事をちょっと遅く終え帰路に着く・・・時間外に会議があるんなら、直前に言わずに、事前に言ってよね!!!こういうのは怒れるんだよね・・・仕事のできる方々が、なぜこんなことができないんでしょうかねぇ~!!!なぜ、わからないんでしょうかねぇ~???

 嫌な車がいたね・・・車がつながっていたのに、先頭の車が、前の信号の歩行者用が点滅を始めたら、急にスピードを落とした・・・そして、自分だけ黄色信号で突入して行ってしまった・・・!!!なんて、嫌がらせの運転手なんだ!!!

 帰宅して、昨日かった、日本酒で一杯♪
出品酒003 青森県八戸 八鶴(ハチツル)純米酒
-蔵物語-
1升 2,412円

「日曜日は料亭気分」(11-2)「牛肉ご飯のコロッケ」

 おつまみは「さば糀」♪
脂がのっています
株式会社 ヤマノ
静岡県御前崎市上朝比奈773-6
0537-87-2723

「日曜日は料亭気分」(11-2)「牛肉ご飯のコロッケ」

 さらに今日頂いた「milk & White」♪
CHOCOLATE
ミルク&ホワイトチョコレート

 2014年11月2日の朝刊に「絆薄れ 苦情増える」という記事が載っていた。
 夏に「セミの声がうるさいからなんとかしろ!なんていうクレームもあるらしいね・・・。何て世だ!!!
浜松市「環境創造条例」施行10年
 天竜川のせせらぎ、うなぎのかば焼きの香り、浜名湖の夕日・・・。地域を潤すこれらの五感に訴える「地域資源」を守ろうと、浜松市が2004年に「音・かおり・光環境創造条例」を施行して、十年を迎えた。名称も理念も麗しい条例に思えるが、一転、生活環境に絡む苦情件数は年々増加し、昨年度は初めて400件を突破した。浜松に何が起きているのか・・・。現場を探った。
(木原育子)
騒音や悪臭13年度410件 運動会の声も許せず
 トルルルル・・・。浜松市環境保全課の電話が鳴る。「運動会の子どもの声がうるさい。やめさせろ」。担当者は「子どもの声を騒音というのはちょっと・・・。運動会は一時的なものですし、ご勘弁を」と、苦しそうに言い返した。
 担当者は吐露する。「こういう電話は最近、多い。特に、秋は野焼きや運動会シーズンで、騒音や悪臭の苦情はひっきりなしです」
 この他にも、「畑で焼いた煙が臭くて呼吸できない」「ブルペンのキャッチャーのミットの音がうるさい」など多種多様だ。
 苦情件数は、条例を施行した04年度は250件だったが年々増加し、11年度は375件、13年度は410件と過去最大に達した。410件のうち、悪臭が189件と最も多く、騒音が189件と最も多く、騒音が96件、水質汚濁が80件と続く。
 市によると、騒音や悪臭の基準値を超えた苦情も多いが、基準を超えるまでには至らないこれまでの一般常識から離れた苦情が件数を底上げしているようだ。
 条例は、国の騒音規制法や悪臭防止法など「規制」を前面に押し出したものではなく、地域生活から生じる音や香りを守ることで、騒音や悪臭をなくしていこうとの狙いがある。条例に基づき定めた市の計画は07年、日本計画行政学会から優秀賞を受賞するなど、全国的にも評価が高い。
 市環境保全課の進士一男課長は「苦情の内容によっては、地域の関係が希薄になっている証拠ともいえるものがある。誰もが暮らしやすい社会を皆で目指していけたらいい」と話している。
 前田正子・甲南大教授(社会保障論)は「騒音に限らず、ストレスに起因した攻撃性を外に向ける傾向にある。特に第一線から退き、社会からの役割を失った団塊世代からの苦情が多い。子どもの声=騒音問題は、少子化で子どもの声が異端となり聞き慣れていない証拠ともいえる。全ての住民に百パーセント良い環境などない。公共性の理解をあらためて進める必要がある」と指摘する。
「子どもの声=騒音」全国的な問題 神戸では訴訟に
 子どもの声は騒音とする苦情の多さは、全国的な問題になっている。
 東京都では、2002年に施行した騒音防止を定めた「環境確保条例」で、「何人も規制基準を超える騒音を発生させてはならない」とし、条文上では規制対象に子どもの声も含まれていた。それらを根拠に苦情が頻繁になった。だが、「子どもの声を工場の騒音と同等に扱うのはおかしい」「声の抑制は発育上、望ましくない」との意見も浮上し、来年中にも子どもの声は除外するよう条例改正する方針という。
 神戸市では今秋、保育園の近くに住む男性が、「子どもの声がうるさい」などとして、園を運営する法人を相手に慰謝料などを求めて提訴するなど、訴訟に発展しているケースもある。

 11月9日の「日曜日は料亭気分」は、「牛肉ご飯のコロッケ」だった。
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
・みそだれ(赤みそ100グラム、砂糖50グラム、酒100cc、卵黄1個分)
・錦野菜(キャベツ1/6個、ニンジン1/2本、キュウリ1本、大根10センチ)
・牛肉(こま切れ)・・・100グラム
・玉ネギ・・・100グラム
・バター・・・10グラム
・ご飯・・・200グラム
・パン粉・・・70グラム
・卵・・・1個
・サラダ油・・・適量
★1人分512キロカロリー、脂質28.3グラム、塩分2.7グラム
<1>赤みそ、砂糖、酒をよくまぜて湯煎にかけ、練り上げる。火からおろして卵黄を入れ、1分ほど湯煎してまぜる。
<2>野菜をすべて千切りにし、まぜて皿に盛る。
<3>牛肉を細かく切る。玉ネギはみじん切りにする。
<4>牛肉と玉ネギに軽く塩・コショウ(分量外)を振って、バターで炒める。
<5>(4)をご飯とよくまぜ、俵形にする。溶き卵とパン粉をつけ、170度の油で軽く揚げる。
<6>みそだれの上にコロッケを盛りつける。
【穴子阿茶羅(あちゃら)漬け】
『材料』(4人分)
・アナゴ・・・2本
・三同割(しょうゆ、酒、みりん各大さじ1)
・キュウリ・・・2本
・塩・・・20グラム
・だし昆布・・・10センチ
・乾燥ワカメ・・・5グラム
・長イモ・・・20グラム
・ショウガ・・・10グラム
・加減酢(だし汁120cc、みりん20cc、薄口しょうゆ20cc、煮きり酢40cc)
★1人分196キロカロリー、脂質9.6グラム、塩分2.3グラム
<1>アナゴをグリルで白焼きにする。はけで三同割を塗り、もう一度軽く焼き、2センチ幅に切る。
<2>キュウリを小口に切り、昆布を入れた立て塩(1割の塩水)200ccに約20分漬ける。しんなりしなければ軽く手でもむ。
<3>長イモを短冊に切り、焼きアナゴ、水で戻したワカメ、水気をよく絞ったキュウリを合わせ加減酢に一度くぐらせる(酢洗い)。
<4>新しい加減酢にショウガのしぼり汁を加え、5分ほど漬けてから(本漬け)器に盛る。
≪匠のひと手間≫
 コロッケは温かいご飯で、もむようにまとめます。具材には一度火が通っているので、パン粉が揚がれば大丈夫。豚肉でもかまいません。みそだれには、市販の「料亭赤だしの合わせ」がよいです。卵黄を入れるとまろやかで口当たりがよくなります。最後に湯煎すると日持ちします。余ったら、なす田楽や焼き豆腐などに。
 アナゴは開いたものを使ってください。三同割を使った掛け焼きを「一杯じょうゆ」といいます。はけで塗るとむらが出るので、本来は掛けて焼きます。酢洗いは、材料すべてを一度酢にくぐらせ、余分な水分を出すことです。本漬けで加減酢が水っぽくなりません。洗うだけなので酢は少量でかまいません。阿茶羅漬けは甘酢漬けの一種、語源はポルトガルで漬物を意味するアチャーレとされます。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20141111ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数:9,861歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« 「ドラキュラ ZERO(Dracula Untold)」「日本酒大きき酒会 in HAMAMATSU」、そして「うるか」 | トップページ | <食卓ものがたり> 酒品評会1位「写楽」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/60668751

この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜日は料亭気分」(11-2)「牛肉ご飯のコロッケ」:

« 「ドラキュラ ZERO(Dracula Untold)」「日本酒大きき酒会 in HAMAMATSU」、そして「うるか」 | トップページ | <食卓ものがたり> 酒品評会1位「写楽」 »