« 「鳥善 とり重弁当」、「SAPPORO 冬物語」、そして「おいしい秋みつけた!」 | トップページ | 「北海道の幸 うまいべさ弁当」、そして「豚汁」 »

2014年10月24日 (金)

カンタンおいしい健康レシピVOL.6 里芋とかぶのホワイトスープ

 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「島毛ガニ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/c/0000000927/?scid=rm_198862
 アサヒビールより、メール。「ブラックニッカ リッチブレンド」が当る♪
http://www.nikka.com/products/cp/141014-141028/
 準仕事のメールも来ていたから、返信したよ!!!

 今日の仕事・・・計画・立案がちょっと悪いね・・・これじゃあ、時間内に帰れないよ。それに職員も手薄だし・・・「仕事のできる方々」、「変じゃない方々」の段取りにはついていけないね・・・もっと効率的な方法があるでしょう!!!・・・「仕事のできない人」「変な人」の佐野は、1つ100円の名札を注文することさえ、なかなか許可が下りなく、苦労したんですよ!!!・・・発言権のある人と発言権のない人の違いなんでしょうね!!!

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅途中、スーパーに寄る。(仕事のできない人は、帰らせてもらったよ!あとは、仕事のできる方々で、やってください!!!)スーパーで、「明治ブルガリアヨーグルト」149円、それに売り出しの「タカノ 極小粒納豆」59円を買い帰宅。

カンタンおいしい健康レシピVOL.6 里芋とかぶのホワイトスープ

 帰宅して、先日買った「むらかみ 豚もつ ホルモン」で一杯♪
株式会社 村上臓器
浜松市中区海老塚1-4-1
053-452-2212

 『ぱど』2013年10月号の「カンタンおいしい健康レシピVOL.6」は、「里芋とかぶのホワイトスープ」だった。
猛暑で疲れた胃腸をケアしよう!
ムチンやアミラーゼが、弱った胃腸を優しく保護
 夏に冷たい物を飲みすぎて、胃もたれや食欲不振が続くと、必要な栄養もとれず体調を崩しがち。とろみがあって優しい甘みのあったかスープなら、食欲がなくても摂取しやすく、弱った胃腸にぴったりです。里芋のムチン、かぶのアミラーゼが胃の粘膜を守ってくれます。
・かぶ
 でんぷんやたんぱく質の消化を助ける、アミラーゼがたっぷり。食物繊維も豊富です。葉はビタミンCやβ-カロテンを含み、油炒めにすればより効果的に摂取可能。
POINT
 葉が青々としていて、肌につやがあるものを選びましょう。葉を切り落とし、それぞれポリ袋に入れて冷蔵保存を。
・里芋
 主成分のでんぷんとたんぱく質のほか、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウムなどが豊富。肝臓を丈夫にして胃腸の表面を保護するムチンも含まれ、胃潰瘍や胃炎の予防に効果的。便秘の改善にも一役買ってくれます。
POINT
 泥付きで皮に適度な湿り気があり、ずっしり重く、硬いものが新鮮。濡らせた新聞紙で包むか紙袋などに入れ、風通しのよい室内で保存しましょう。
『材料』(4人分)
・里芋(中)・・・5個
・かぶ(中)・・・3個
・玉ねぎ(中)・・・1個
・にんにく・・・2片
・オリーブオイル・・・大さじ2
・塩・・・小さじ1
・こしょう・・・適宜
・水・・・260cc
・牛乳・・・450cc
・パセリ・・・適宜
『レシピ』
①里芋は皮をむき、縦に2つに切ってから7mm程度にスライスする。かぶ、玉ねぎは1cm角程度にざく切りにし、にんにくはつぶしてからみじん切り、パセリの葉はみじん切りにしておく。
②フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくと玉ねぎを弱火でじっくり炒める。玉ねぎに焦げ目がつかない程度によく炒めてから、かぶと里芋を入れてさらに中火で軽く炒める。
③塩・こしょうをしてひと混ぜしたら水を加え、材料がやわらなくなるまでよく煮る。
④やわらかくなったら粗熱を取り、牛乳の1/3程度を加えてミキサーにかける。そのあと鍋に戻して、残りの牛乳を加え、ひと煮立ちさせる。
⑤器に盛り、パセリを彩りよく振りかける。
「ラウラウキッチンスタジオ&レシピカフェ」

http://www.laulau-kitchen.com/

本日のカウント
本日の歩数:10,953歩
(本日のしっかり歩数:1,432歩)
本日:54.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)×

|

« 「鳥善 とり重弁当」、「SAPPORO 冬物語」、そして「おいしい秋みつけた!」 | トップページ | 「北海道の幸 うまいべさ弁当」、そして「豚汁」 »

コメント

(令和の改新)「明治百五十年の大過」について【公共メディア元年】
(「ムコ多糖体」、「ムコ多糖(類)」、「コンドロイチン」、「ヒアルロン酸」も動物性の成分を指す言葉です。)


ネバネバ食品と聞いて思いつく物は、納豆・オクラ・山芋・もずく・めかぶ等ですね。
これらの食品のネバネバの正体は『ムチン』です。
https://www.kunitachiekimae.com/column/kenko/c201702/

※高橋書店
「からだにおいしい野菜の便利帳」/「もっとからだにおいしい野菜の便利帳」
当書籍は、重版時より以下の対応をいたしております。

「ムチン」の記載を削除し、含有する他の栄養素に関する情報を掲載
https://www.takahashishoten.co.jp/correction/26290/
https://www.takahashishoten.co.jp/correction/11530/

※2020.08.31『 ドーランド医学大辞典 第28版 』(日本語翻訳版)の1792ページの「 mucilage 」の項における、「 ムチン質 」という用語(記載)は、削除致します。
http://www.hirokawa-shoten.co.jp/news.php

※『新◆櫻井 総合食品事典』訂正について
https://www.dobun.co.jp/img/seigo/ISBN978-4-8103-0036-9.pdf
https://www.dobun.co.jp/shop/tkxcgi/shop/goods_detail.cgi?GoodsID=00000311


学術秘書
池田です。

資料をご覧いただき、可及的速やかにご対応(周知・伝達、普及・啓発)くださいますようお願いいたします。

資料:
1.ムチン奇譚:我が国における誤った名称の起源(2019年)
https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9701/9701_kaisetsu.pdf
2.公益社団法人日本食品科学工学会(2020年)
食品工業辞典(日本食品工業学会編、昭和54年第1版発行)の用語解説の訂正について
https://jsfst.smoosy.atlas.jp/ja/notices/71
3.JA水戸(2021年)
当組合「健康カレンダー2021」の掲載内容の誤りについて
https://www.mt-ib-ja.or.jp/news/post-7953.html
4.JA夢みなみ(2021年)
当JA「支店だより(2017年11月号)」の掲載内容の誤りについて
https://www.ja-yumeminami.or.jp/news/?id=85


では。


++++++++++++++
公共メディア じゃんぬ
Common Sense, Jeanne
https://jeanne.jp
++++++++++++++

-------------------------------------------------
株式会社はなもみ(法人番号:3050001008638)
代表取締役社長 池田剛士(携帯:09041347927)
-------------------------------------------------

投稿: 池田剛士 | 2021年4月10日 (土) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンタンおいしい健康レシピVOL.6 里芋とかぶのホワイトスープ:

« 「鳥善 とり重弁当」、「SAPPORO 冬物語」、そして「おいしい秋みつけた!」 | トップページ | 「北海道の幸 うまいべさ弁当」、そして「豚汁」 »