« 食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「さばの味噌煮」「栗ごはん」 | トップページ | 秋の味覚 大特集 »

2014年10月 7日 (火)

サケでシャケッとシャッキリ!脳健やクルミパン粉焼き

 「よなよなの里」より、楽天メール。「バレルフカミダス」の案内♪
 バレルフカミダスは、「バレルエイジ」と呼ばれる技法を用いたビールです。バレルエイジとは、ウイスキーやワインの熟成に使われた木樽でビールを熟成させる技法。
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000365/?scid=rm_100064#top
 「地鶏広場8010のとりやさん」より、楽天メール。「大和肉鶏使用 手作りちゃんこつみれ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/e8010/tyankotumire-01/?scid=rm_191968

 昨夜のテレビ「主治医が見つかる診療所」は、「 太りにくく やせやすい体になれるダイエット スペシャル」だった。
http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/
【やせやすい体になれるダイエット法 今回の5つのキーワード】
(1)糖質制限
(2)ながら運動
(3)ゆがみ解消
(4)脳をだます
(5)自彊術(じきょうじゅつ)
<中村式 糖質制限ダイエット ポイント(1)>
 食材選び・肉類は糖質がほぼゼロ。牛、豚、鶏、全てOK。
・ニンジン、ジャガイモ、カボチャなどの根菜類や、トウモロコシなどの甘い野菜は糖質が多いので注意。
 野菜は葉物を選ぶ。
<中村式 糖質制限ダイエット ポイント(2)>
 味付け・糖質が含まれている焼き肉のタレなどは注意。
 味付けは、基本的には塩コショウで。
<中村式 糖質制限ダイエット ポイント(3)>
 ご飯を工夫・原口さんはカレーライスが大好き。
 しかしお米はもちろん、材料に小麦粉が含まれているルーも、糖質が多いため注意が必要。
 どうしてもカレーが食べたい時には、お米の代わりに豆腐を代用する。
 米やパンなどの主食は、基本的に避けるのが中村式。
【妻 めぐみさんの糖質制限メニュー】
・コンニャク焼きそば・・・麺の代わりにコンニャクを使用、味付けは塩コショウのみ。
・豆腐ステーキ・・・豆腐ステーキを焼き海苔で巻いて、物足りなさをカバー。
・オムモヤシ・・・モヤシと合い挽き肉を、チーズを加えたタマゴで包む。
(タマゴとチーズは糖質が少ない。)
・親子丼風・・・お米の代わりに、細かく刻んだシラタキを使用。
  鶏肉の味付けは、塩コショウのみ。
【中村式 糖質制限ダイエット 第2段階 インナーマッスル運動】
インナーマッスル・・・一般的に体の奥にあると言われる筋肉。骨や関節の動きを調整し、姿勢を正しく保つ役割を持つ。
<中村式 生物進化体操>
 →自然界の生物の動きをマネた運動により、普段動かしていないインナーマッスルを鍛える体操 
(1)金魚体操
 背骨の周りのインナーマッスルを鍛える運動。
1.両手を合わせ、背骨をクネクネと揺らしながら、手が上に引っ張られる様に体を伸ばす。
2.同じ動きで徐々に体を縮める。
※金魚が泳ぐ姿をイメージしながら行う。
(2)カニ体操
 股関節と肩関節の周囲のインナーマッスルを鍛える運動。
1.両足を広げて腰を落とし、カニのマネをする。
2.そのまま横歩きをする。その時なるべく股関節を開く様にすると良い。
3.両腕は肩をひねりながら、大きく動かす。
4.前後の動きも取り入れると、より効果が得られる。
【西脇流 脳をだましてやせるダイエット法】
(1)角砂糖 置きかえ法食品に含まれる糖質を、頭の中で角砂糖に置きかえ、好きな物を食べたいと思う意識をコントロールし、糖質制限ダイエットを長続きさせる。
・食品に含まれる糖質量を角砂糖に換算
 せんべい1枚 = 角砂糖1と1/4個ほど
 6枚切りの食パン1枚 = 角砂糖6個半ほど
 ご飯1膳(150g) = 角砂糖14個ほど
 焼きそば1人前 = 角砂糖18個ほど
 カツ丼 = 角砂糖29個ほど
※角砂糖1個を4gとして計算
(2)快感物質 分泌法美味しい物を食べると、脳内でβエンドルフィンと呼ばれる神経伝達物質が分泌される。
 βエンドルフィン・・・強い快感をもたらす物質。そのため強い習慣性を招く原因となる。
 西脇医師によると、美味しい物がやめられない理由は、このβエンドルフィンが、強く関係しているとの事。
<西脇流 βエンドルフィン分泌法>
 息が切れず、軽く汗をかく程度の有酸素運動を行うと、美味しい物を食べた時と同じくβエンドルフィンが分泌されるため、有酸素運動を行う事で、美味しい物への欲求を抑える事ができ、糖質制限のつらさを減らす事ができる。
(3)目と口で脳をだます☆ポイント☆
 見た目と舌触りをお米ソックリに似せた物を作り、お米が食べられないストレスを、脳をだまして解消させる。
例)西脇流パエリア  …  木綿豆腐を潰し、30分位水抜きした物を乾煎りして、パラパラに細かくし、本物のお米ソックリにする。
   →見た目と舌触りをなるべくお米に似せて、脳を錯覚させる事で、お米を食べた時の満足感が得られるとの事。
【武田流 ながら運動ダイエット】
■三角ブリッジ
(1)両ヒザを三角に曲げた状態で、息を吐きながらお尻を持ち上げる。
(2)上げきった所で息を吸う。
(3)息を吐きながら元の状態に戻す。
効果:ももの裏側から背中にかけての筋肉が鍛えられる。
■寝ながらウオーキング
(1)仰向けになって両ヒザを90度に曲げる。
(2)息を吸いながら股関節だけを使って片足を上げる。
(3)息を吐きながら下ろす。
効果:体の中心部にあるインナーマッスルを鍛えられる
■足でお習字
・イスに座ったまま、ヒザを曲げずにつま先で好きな文字を書く。
■チェアウオーキング
(1)イスに浅く座った状態で、5回足踏みをする。
(2)5回目に上げた足を5秒間ストップする。
効果:腰から太ももの辺りにあるインナーマッスルが鍛えられる。
■手足相撲
・上げた片足を、息を吐きながら5秒間おさえる。
■壁立て伏せ
(1)息を吸いながら腕を曲げる、曲げきった所でいったん止め、息を吐いて吸う。
(2)息を吐きながら、元の体勢に戻す。
ポイント:通常の腕立て伏せより楽にできる為、高齢の方でも行う事ができる。
※持病のある方は医師と相談の上、行って下さい。
『ポイント』
・太りにくくやせやすい体を作る為には、まず食事に気をつける。
・筋肉を落とさない様に、軽い運動を行うと良い。
・毎日続けられる程度の簡単な運動で十分に効果がある。
【ゆがみ解消でやせる!】
 食事を減らしたり運動を増やしたりしたりしても、体のゆがみがなおらないと、やせる事はなかなかできない。
■体がゆがんでいると、なぜ太りやすくなるのか?
 加齢などにより骨盤が傾くと、胃や腸の位置が下がってくる。下がった内臓は働きが悪くなり、体が脂肪を燃やす能力が低下し、太りやすくなってしまうとの事
■ねこ背が太りやすくなる理由
 ねこ背の人は、肋骨が十分に広がらない為、取り込む酸素量が少ない。その結果、基礎代謝量が低くなり太りやすくなる。
■お尻プリッでゆがみ解消
 腰を上に伸ばし、お尻を意識的に突き出す。その状態で、電柱と電柱の間(30m程度)などを、1日数回歩く事を繰り返すと、骨盤の正しい位置が自然と身につくとの事。
■ふくらはぎ伸ばしでねこ背解消
(1)厚さ2~3cmある雑誌などを、2冊重ねて置く。
(2)上と下の雑誌は1cm程度ずらす。
(3)重ねた雑誌の上につま先を乗せる。この時、足の指の付け根を雑誌のカドに合わせる様にする。
(4)背筋を伸ばした状態で、10秒間姿勢をキープする。
(5)ふくらはぎや太ももの裏側が、伸びているのを感じられればOK。
 1日に数回行うと、自然と正しい姿勢が身に付くとの事
※雑誌2冊が難しい場合は、1冊でもOK。
『ポイント』
 太りにくくやせやすい体になる為には、体のゆがみを解消する事が大切。その解消法は毎日の生活の中で、気づいた時に簡単に行う事ができる。
【自彊術(じきょうじゅつ)」】
■「自彊術」とは?
 日本生まれの健康体操。誰でも手軽にできる体操として、大正5年に創案されたもの。現在でも全国に教室があり、何歳でも簡単にできる事から、高齢の方々を中心に行われている。
・自彊術の効果
 硬くなった関節をほぐし、ゆがんだ骨格を改善、血流を良くする効果もあるとの事。
・松医師が自彊術をすすめる理由は?
●首や肩から、足首までの全身運動である事。
●全身の関節や筋肉をゆっくり伸ばすので、無理がかからない。
●カンタンにかつ安全にできるため、高齢者のダイエットに最適。
■松流・自彊術
(1)肩甲骨まわりの運動
 両手を頭の後ろで組み、腕を4秒かけて閉じ、4秒かけて開く。
(2)背中からお尻の運動
 うつぶせになって両手を伸ばし、体を4秒かけて起こし、4秒かけて降ろす。高齢者は、アゴを5㎝上げるだけでも良い。
(3)下半身の運動
 足を肩幅に開き、4秒かけて腰を下ろし、4秒かけて上げる。背中を壁につけて行うと良い。
※持病のある方は医師と相談の上、行って下さい。

http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/backnumber/141006/index.html

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 アラル海とは何か。広辞苑を引いてみる。一九八三年に出た第三版には、こうある。<ソ連の中央アジア、カスピ海の東の砂漠中にある塩湖。面積六万六千平方キロメートル、周囲二三〇〇キロメートル。水面標高五三メートル>。中部地方がすっぽり収まって余りある広さの、世界で四番目に大きな湖。それが、アラル海であった
▼であった、と過去形にしたのには理由がある。アラル海はアムダリア川とシルダリア川という二つの大河が流れ込む湖だったが、ソ連政府は両河川の水を使って砂漠を潤し、綿花の大規模栽培を進めた。その結果、湖に異変が起きた
▼再び広辞苑を読む。九八年の第五版では、両河川からの<流入水量減少により、九〇年現在で三万六五〇〇平方キロメートルにまで縮小した>と記述され、二〇〇八年の第六版では<…二〇〇〇年現在で二万三四〇〇平方キロメートルにまで縮小した>となった
▼大規模農業の排水で農薬などが蓄積し、水量減少で塩分濃度が濃くなった湖は徐々に干上がった。風が吹けば有害物質と塩を含んだ砂嵐が起き、それを吸った住民らの体を、蝕(むしば)むようになった
▼そしてついに、米航空宇宙局(NASA)の最新の観測で、ほぼ消滅したことが分かったという。自然のめぐりを無視し、目先の効率と利益だけを追い求めると、何が起きるか
▼それを象徴する地名として、「アラル海」は辞書に載り続けることだろう。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2014100702000105.html

 仕事を終え、帰宅途中、「酒&FOOD かとう」に寄る。途中、センターラインのない道で道路の真ん中を走って来る車・・・キケンだね・・・女性ドライバーだ!!!
 お店に着いたら、駐車場の2台分止めれるスペースの真ん中に駐車し、他の車を止められなくしている車・・・人の迷惑も考えてよね!!!・・・こちらも女性ドライバーだった・・・↓↓↓
 「壱岐」40度3,240円を伝票で買い、帰宅。これで、伝票は2枚目になるね・・・。

 『JAF Mate』2014年10月号の「美食同源(28)おいしい旬の食べ物で、病気に負けない体をつくりましょう。」は、「脳の疲れに「サケ」と「クルミ」」だった。
【サケでシャケッとシャッキリ!脳健やクルミパン粉焼き】
 秋は、暑さがやわらいで快適な季節です。でも、秋の夜長に読書や趣味にふけると、脳は疲れ気味に。そこで、脳の血液をよくして働きを高めるEPAが豊富な「サケ」と、不眠やうつ状態を改善するトリプトファンなどを含む「クルミ」を使ったパン粉焼き。脳の疲れをいやす一品です。
『材料』(2人分)
・サケ・・・2切れ
・塩・・・少々
・クルミ・・・5粒程度
・パン粉・・・大さじ2
・粉チーズ・・・大さじ1
・パセリ(みじん切り)・・・大さじ1/2
・塩、こしょう・・・少々
・(クリームソース)
 マッシュルーム・・・5個程度
 タマネギ・・・1/4個
 バター・・・10g
 薄力粉・・・大さじ1/2
 牛乳・・・1/2カップ
 塩、こしょう・・・少々
・ベビーリーフ・・・適量
・プチトマト・・・適量
『作り方』
①サケの両面に塩をふり、10分ほどおきます。水気をキッチンペーパーなどで拭き取ります。
POINT!
 このひと手間が大切。臭みを取るポイントです。
②クルミを細かく刻みます。
③オーブンを200℃に予熱します。
④②のクルミと、パン粉、粉チーズ、パセリ、塩、こしょうを混ぜ、クルミパン粉を作ります。
⑤オーブン皿にサケをのせ、その上に④のクルミパン粉を盛ります。
⑥オーブンで15~20分焼きます。
POINT!
 オーブントースターでもOK。クルミパン粉が焦げてきたら、アルミホイルをかぶせてください。
⑦焼いている間に、クリームソースをつくっていきます。まず、タマネギ、マッシュルームを薄切りにします。
⑧フライパンでバターを熱し、タマネギとマッシュルームを炒めます。
⑨タマネギがしんなりしてきたら薄力粉を加え、粉っぽさがなくなったら、牛乳を少しずつ加えていきます。塩、こしょうで味を調えます。
POINT!
 ダマにならないように、牛乳は少しずつ加え、焦がさないように弱火で、ゆっくりつくりましょう。
⑩お皿に焼き上がったサケをのせ、クリームソースをかけます。ベビーリーフとプチトマトを添えてでき上がりです。
Good!
 今回はクリームソースで仕上げましたが、バジルソースやトマトソースなどに代えてもおいしくいただけます。お好みで、いろいろ試してみてくださいね。

本日のカウント
本日の歩数:8,448歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)○

|

« 食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「さばの味噌煮」「栗ごはん」 | トップページ | 秋の味覚 大特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サケでシャケッとシャッキリ!脳健やクルミパン粉焼き:

« 食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「さばの味噌煮」「栗ごはん」 | トップページ | 秋の味覚 大特集 »