« <食卓ものがたり> 碁石茶、そして「信玄小梅ぼし昆布漬」 | トップページ | サケでシャケッとシャッキリ!脳健やクルミパン粉焼き »

2014年10月 6日 (月)

食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「さばの味噌煮」「栗ごはん」

 今日は、「十三夜」。
 お月見というと「十五夜」が有名ですが、旧暦9月13日の「十三夜」も美しい月としてお月見をする習慣があり、どちらか一方だけお月見することを「片見月」といって避けてきました。十五夜は里芋などを供えるため「芋名月」と呼ばれていますが、十三夜は「栗名月」や「豆名月」、また中秋の名月の後なので「後の月」とも呼ばれます。

 台風が出勤時間を直撃・・・↓↓↓なぜ、東から風が吹いてくるの???
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

 「北国からの贈り物」より、楽天メール。「バターみたいにとろける洋梨♪芳醇な果汁あふれる洋梨の女王!山形産【秀品】ラ・フランス」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/406752/?scid=rm_190841

食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「さばの味噌煮」「栗ごはん」

 今日の昼食は、「1杯でごぼう1/3本分のちから」。
食物繊維たっぷりスープ
ごぼう風味のスッキリでクリーミーな味わい
1袋当たり27kcal
※ごぼう1/3本分相当の食物繊維3.4gが入っています。
食物繊維とは?
 食物繊維は、私たちの健康維持に役立つ女性に嬉しい成分で、ごぼうなどの野菜に含まれることで知られています。
・スッキリさわやかに過ごしたい人に
・食事に満足感をプラスしたい人に
食物繊維たっぷり!
 不足しがちな食物繊維を手軽に摂取できる、スッキリしながらもクリーミーな味わいのごぼうスープです。
 一杯にごぼう1/3本分の食物繊維が含まれています。
株式会社 永谷園
東京都港区西新橋2丁目36番1号
TEL 0120(919)454

  今日の午後の仕事・・・1学期の「変な人」という面接内容は、否定していたけど、何だったの???

 仕事を終え、帰宅途中、スーパーに寄る。「太平洋産刺身用かつおたたき(解凍)」100g98円382円の物、「緑豆もやし」17円、「大粒煎豆」158円、「木綿豆腐」40円を買う。レジが混んでいたね・・・。
 帰路の道も混んでいたね。

食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「さばの味噌煮」「栗ごはん」

 帰宅して、「かつおたたき」で一杯♪

食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「さばの味噌煮」「栗ごはん」

 さらに「にがり造り 木綿」で「豆腐キムチ」♪豆腐の賞味期限が、10月10日なんですけど、合成保存料がモーレツなんですか???
株式会社 CPフーズD
愛知県小牧市郷西88
0120ー249-185

 『ふれ愛交差点』2014年10月号の「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食」は、「さばの味噌煮」と「栗ごはん」だ。
 今回ご紹介するのは「栗名月」の十三夜にちなんだ栗ごはんと、旬を迎えたさばを使った定番の味噌煮です。秋の味覚で食卓に彩りを添えましょう。
【さばの味噌煮】308kcal
濃いめの煮汁をからめて
 ふっくら煮たさばに甘い味噌がよく合います。針しょうがをアクセントにしてごはんがますますおいしくなります。
『材料』(2人分)
・さば(切身)・・・2切れ
・A
 水・・・1カップ
 砂糖・・・大さじ2と1/2
 みりん・・・大さじ2
 酒・・・大さじ1と1/2
 しょうが(薄切り)・・・4~5枚
・味噌(八丁味噌)・・・大さじ2
・針しょうが・・・適量
『作り方』
①さばは皮目に「×」形の切り目を入れる。鍋で沸騰させた湯にさばをくぐらせ、身の色が変わったらざるに上げて霜ふりにする。
②鍋にAを入れて中火で煮立て、皮目を上にしてさばを並べて入れる。再び煮立ったらアクを取り、煮汁をさばにかける。落としぶたをして弱火で5~6分煮る。
ポイント
 煮汁を煮立ててからさばを入れることで、臭みがなくなります。
③味噌に煮汁を少し加えて、溶く。
④③の味噌を鍋に加え、溶き混ぜる。中火でふたをせずに5~6分煮て、煮汁を煮詰める。さばを器に盛り、煮汁をかけて針しょうがを飾る。
≪後藤先生の”もっとおいしく”≫
 味噌の香りを残すために、後から入れます。味噌はだまにならないようによく溶きましょう。
【栗ごはん】363kcal
「栗名月」の十三夜に
 秋の味覚の中でも栗はみんなが大好き。もち米を加えてもっちりと仕上げました。
十三夜
 お月見は9月の「十五夜」だけではなく、10月には「十三夜」のお月見があります。十五夜に次いで美しい月とされ、旧暦の9月13日の夜を「十三夜」といって、古くから月を観賞していました。新暦では、今年は10月6日が十三夜。十五夜の月を「芋名月」というのに対し、十三夜は栗や枝豆をお供えするので「栗名月」「豆名月」ともいわれます。
 十五夜、十三夜のどちらか一方だけお月見をするのは「片見月」といって縁起が悪いといわれていますから、今年は栗ごはんで月を愛でて、秋の味覚を楽しみましょう。
『材料』(3~4人分)
・栗・・・8~10個
・米・・・1と3/4合
・もち米・・・1/4合
・A
 酒・・・大さじ1と1/2
 水・・・栗・米・もち米・酒と合わせて炊飯器の2合の目盛りまで
・塩・・・小さじ1弱
・昆布(10cm角)・・・1枚
『作り方』
①米ともち米は合わせて水洗いし、ざるに上げて1時間おく。
②栗は鬼皮、渋皮とも、きれいにむく。ひと口大に切り、水に浸す。
ポイント
 栗は熱湯で1分間くらいゆでると、皮がむきやすくなります。
③炊飯器に①と②を入れ、さらにAと塩、昆布を加えて白米と同様に炊く。
④炊き上がったら蒸らし、昆布を取り出してさっくりと混ぜる。器に盛ってでき上がり。
≪後藤先生の”もっとおいしく”≫
 栗の色がアクで黒くならないように水に浸して、きれいな色に仕上げましょう。

http://kazuki-sansyo.com

本日のカウント
本日の歩数:6,909歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« <食卓ものがたり> 碁石茶、そして「信玄小梅ぼし昆布漬」 | トップページ | サケでシャケッとシャッキリ!脳健やクルミパン粉焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「さばの味噌煮」「栗ごはん」:

« <食卓ものがたり> 碁石茶、そして「信玄小梅ぼし昆布漬」 | トップページ | サケでシャケッとシャッキリ!脳健やクルミパン粉焼き »