« 「日曜日は料亭気分」(10-2)「鰆松茸芝むし」 | トップページ | おいしいもの探索!ご当地グルメ 埼玉「ゼリーフライ」 »

2014年10月28日 (火)

「日曜日は料亭気分」(10-3)「牡蠣生海苔琥珀和え」

 急に冷えてきたね・・・。

 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「紅法華スティック」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/c/0000000760/?scid=rm_198862
 さらに、「北海道産イカの一夜干し」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/10008513/?scid=rm_198862#10008513

 仕事を終え帰宅途中、スーパーに寄る。「キャベツ」105円、「絹こし豆腐」31円、「もやし」19円、それに売り出しの「玉ねぎ」3個83円を買う。

 ガソリンスタンドに寄る。前に行っていたガソリンスタンドが潰れたので、そこで紹介された今までと同じカードが使えるガソリンスタンドだ。セルフだった・・・使い方が今一分からない・・・店員さんに聞きながらやって、やっと入れることができた。306.8km走って、22.84L入る。リッター13.4kmか・・・今、1Lが153円なんですね!!

「日曜日は料亭気分」(10-3)「牡蠣生海苔琥珀和え」

 帰宅して「ヨシカワ 絹こし にがり仕込み とうふ」で一杯♪賞味期限が14.11.09となっている・・・なぜこんなに長持ちするんだ・・・防腐剤か???
有限会社 浜松吉川屋
浜松市東区笠井新田町1482番地1
0120-73-5561

 さらに、「あじ糀」!!
脂がのってます
株式会社 ヤマノ
静岡県御前崎市上朝比奈773-6
(0537)87-2723

 2014年10月26日の朝刊に、「ビール類 税額一本化の方針」というのが載っていたね。。。
各社、戦略見直しへ
「日曜日は料亭気分」(10-3)「牡蠣生海苔琥珀和え」

 政府、与党は25日、麦芽比率などに応じて異なるビール類の酒税を段階的に見直し、将来的に税額の一本化を目指す方針を明らかにした。税額が高いビールを減税する一方、発泡酒や「第三のビール」は増税する方向で検討し、ビール類全体の税収は変わらないように制度設計する。
 ただ、第三のビールや発泡酒は価格の安さが人気だけに、増税で値上がりすれば消費者の反発を招きそうだ。ビール各社も商品開発や販売戦略の見直しを余儀なくされる可能性がある。
 自民党税制調査会は、税率の差がビール類の販売に大きな影響を及ぼしている点を疑問視している。12月に決める2015年度の与党税制改正大綱に酒類の見直し案を盛り込むことを目指しており、ビール業界と調整に入る。15年10月に消費税再増税が予定されているため、消費者の負担に配慮し、ビール類の税額見直しは16年以降に段階的に実施するとみられる。
 現行制度は、麦芽比率三分の二以上をビール、25%未満を発泡酒、発泡酒に蒸留酒を混ぜたものなどを第三のビールとしている。350ml缶の小売価格に含まれる税額はビールが77円、発泡酒は47円、第三のビールは28円で、税額を一本化すると55円程度となる見通しだ。ビールは20円程度下がるが、第三のビールは倍増することになる。
 発泡酒の増税をにらみ、各社は人気の健康志向商品を強化し売り上げ維持を狙うとみられる。一方、第三のビールは原材料など製造上の制約が多く、開発意欲が後退する可能性がある。

 10月19日の「日曜日は料亭気分」は、「牡蠣生海苔琥珀和え」だった。
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
・カキ(殻付き生食用)・・・8個
・生のり・・・1/3パック
・ワサビ・・・少々
・レモン・・・1/4個
・琥珀(だし汁160cc、みりん20cc、薄口しょうゆ20cc、粉ゼラチン4グラム)
★1人分46キロカロリー、脂質0.6グラム、塩分1.5グラム
<1>生のりはガーゼに包んで1時間ほど水につけ、塩抜きする。
<2>粉ゼラチンがふやける程度の水(分量外)を加える。やわらかくなったら、だし、みりん、薄口しょうゆとよくまぜ、80度ぐらいまであたためて琥珀を作る。
<3>生のりの水分をよく絞り、琥珀と合わせる。ワサビ少々とレモン汁少々を入れて味を調える。
<4>カキはよく洗い、大きい場合は二つか三つに切って琥珀とまぜ、器に入れる。
【牡蠣丼】
『材料』(4人分)
・白米・・・360グラム
・カキ・・・8個
・シイタケ・・・4個
・ゴボウ・・・40グラム
・九条ネギ・・・2本
・卵・・・4個
・A(だし汁180cc、みりん40cc、濃口しょうゆ40cc、砂糖小さじ1)
★1人分474キロカロリー、脂質5.9グラム、塩分2.4グラム
<1>白米を炊く。
<2>カキを大根おろし(分量外)で軽くもみ洗いし、最後に水で洗う。
<3>ゴボウは皮をこそげ取り、ささがきにする。シイタケは食べやすい大きさに切り、九条ネギは斜め切りにする。
<4>鍋にAを入れ、ゴボウとシイタケを加える。弱火で1~2分煮る。
<5>カキを入れて、鍋肌がふつふつとしたら九条ネギを加える。溶き卵を回しながら入れ、さっと火が通ったら鍋のふたをして火を止める。
<6>丼にご飯を盛って、(5)をのせる。
≪匠のひと手間≫
 カキは10月に水揚げが解禁となります。季節を感じながら、海の味覚を堪能できる料理の品を考えました。
 むいたカキは、大根おろしで洗うことをおすすめします。汚れがよくとれ、カキの旨(うま)みが引き立ちます。
 琥珀和えは、ガラスの器に盛ると美しく映えます。今回はワイングラスを使いました。生のりが余ったら、冷凍保存できますので、お吸い物などの料理に使ってください。
 牡蠣丼の作り方は、親子丼と同じ要領です。気軽に挑戦してみてください。どんぶりに使うカキは、1人前で2個もあれば十分でしょう。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20141021ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数:9,395歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« 「日曜日は料亭気分」(10-2)「鰆松茸芝むし」 | トップページ | おいしいもの探索!ご当地グルメ 埼玉「ゼリーフライ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜日は料亭気分」(10-3)「牡蠣生海苔琥珀和え」:

« 「日曜日は料亭気分」(10-2)「鰆松茸芝むし」 | トップページ | おいしいもの探索!ご当地グルメ 埼玉「ゼリーフライ」 »