« 「いぶりがっこ」、そして「カンタンおいしい健康レシピVOL.5 レンコンスコーン ヨーグルト風味」 | トップページ | トモセラピーで高精度の治療が実現 »

2014年9月10日 (水)

「ROYCE'」、そして「日曜は料亭気分」(8-2)「鰻白板昆布巻煮と丸茄子オランダ煮」

 「北国からの贈り物」より、楽天メール「山形県産 白桃」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/406642/?scid=rm_190841#406642
 同じく、「じゃが豚」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/103655-r01/?scid=rm_190841

 今日の仕事は、午後は外だったよ。
 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。こちらが一旦停止の道路から出たいんですけど、優先道路の方が、交差点の真ん中まで車を進めていて出られない・・・普通、交差点は開けておくべきでしょう!!!

「ROYCE'」、そして「日曜は料亭気分」(8-2)「鰻白板昆布巻煮と丸茄子オランダ煮」

 帰宅して「ROYCE'」で一杯♪当然、ビールは「CLASSC」だよ!その土地の食べ物にその土地のお酒が合うんですよね♪♪♪
「ROYCE'」、そして「日曜は料亭気分」(8-2)「鰻白板昆布巻煮と丸茄子オランダ煮」

CHOCOLATE AND COOKIES
 By breaking down okd customs and producing consistently original items, we are pursuing a new level in chocolate enjoyment.
 Our artisans make the finest in premium chocolate.
チョコレートの魅力を追い求めて
チョコレートから生まれる笑顔を届けたい
 「チョコレートづくりに適した冷涼な北海道の地で、上質なおいしさのチョコレートをつくりたい」
 1983年の創業以来、私たちは今もなお、チョコレートの無限な可能性に魅せられています。「やわらかなガナッシュだけを食べてみたい」という発想でつくった生チョコレート、「塩味と組み合わせたら意外においしいのでは?」と誕生したポテトチップチョコレート、カカオの産地や種類、配合のバランス、様々な素材との組み合わせ・・・世界中で探し求めた素材から生まれるお菓子のバリエーションは、限定品を含めると年間200種類を越えるまでになりました。豊かな自然に囲まれた北海道当別町の工場で、徹底した品質管理のもと、チョコレートづくりに励んでいます。
 おいしさ・品質をそのままにお届けするために、北海道では直営店を展開、全国のお客さまへは通信販売を通じて、工場からクール便で直送しています。
 チョコレートで、お客様を笑顔にしたいから。「心に残るチョコレート」を、「新しいおいしさを」、これからも追い求めて参ります。
・生チョコレート
・ナッティチョコレート
・ケーク オ ショコラ
・ロイズアールショコラ
・ちょこまん
・バウムクーヘン
・ピュアチョコレート
・ポテトチップチョコレート
ROYCE'
ロイズコンフェクト
札幌市北区あいの里4条9丁目1番1号
TEL 0120-373-612

http://www.royce.com

 8月10日の「日曜は料亭気分」は、「鰻白板昆布巻煮と丸茄子オランダ煮」だった。
『材料』(4人分)
・ウナギ・・・4本
・白板昆布・・・4枚
・丸ナス・・・2個
・ショウガ・・・40グラム
・A(だし720cc、酒60cc、みりん60cc、薄口しょうゆ60cc)
・B(だし540cc、みりん90cc、しょうゆ90cc、砂糖20グラム)
★1人分405キロカロリー、脂質30.0グラム、塩分1.4グラム
<1>ウナギを開いて横半分に切り、素焼きにする。
<2>10センチぐらいに切った白板昆布でウナギをしっかり巻く。
<3>ウナギをAに浸し、軟らかくなるまで弱火で40分ほど煮る。
<4>丸ナスは4等分に切り、170度でさっと揚げる。揚がったら湯をかけて油抜きする。
<5>丸ナスをBに浸し、中火で20分ほど煮る。
<6>(3)と(5)を器に盛る。ショウガをスライスして細かく千切りにした針ショウガをのせる。
【冬瓜海老そぼろ掛け】
『材料』(4人分)
・トウガン・・・1/4個
・車エビ・・・8本(1本20グラム)
・ショウガ・・・40グラム
・かたくり粉・・・20グラム
・八方だし(だし汁320cc、みりん40cc、薄口しょうゆ40cc)
・A(酒120cc、みりん20cc、薄口しょうゆ20cc)
・重曹・・・少々
・塩・・・少々
★1人分115キロカロリー、脂質0.3グラム、塩分1.4グラム
<1>トウガンは皮をこそげ取り、皮目に切れ目を入れ、重曹と塩をすり込む。
<2>20分ほどおき、竹串が通るまで10~15分、中火でゆでる。
<3>冷水に取り、八方だしに漬けておく。熱くする場合は、だしを沸騰させてトウガンを入れる。
<4>車エビの皮をむき、1本を10切れぐらいに粗めに切る。
<5>エビをAで、赤くなるまでさっと酒煎(い)りする。
<6>(5)に水溶きかたくり粉を加えてとろみをつけ、トウガンにかける。針ショウガをのせる。
≪匠のひと手間≫
 鰻白板昆布巻煮は、金田中のおはこ料理です。夏場のウナギの季節によく出していました。昆布で巻くことでまろやかさが出てきます。煮すぎに気をつけて。
 ウナギはスーパーで買える素焼き(白焼き)でもよいです。照り焼きの場合は、一度水洗いして、味見をしながら薄めの味付けをしてください。
 白板昆布はとろろ昆布を取った残りです。サバずしの上にのっています。10枚1500円前後です。
 煮物の火加減の基本は、弱火と中火の間です。強火では煮詰まってしまいます。
 ナスを油で揚げて煮るのをオランダ煮といいます。長芋もきつね色になるまで揚げて煮るとおいしいです。
 トウガンは重曹と塩をすり込むことで軟らかく、色目もよくなります。エビそぼろは、エビを粗めに切るのがポイントです。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20140812ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数:14,794歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「いぶりがっこ」、そして「カンタンおいしい健康レシピVOL.5 レンコンスコーン ヨーグルト風味」 | トップページ | トモセラピーで高精度の治療が実現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ROYCE'」、そして「日曜は料亭気分」(8-2)「鰻白板昆布巻煮と丸茄子オランダ煮」:

« 「いぶりがっこ」、そして「カンタンおいしい健康レシピVOL.5 レンコンスコーン ヨーグルト風味」 | トップページ | トモセラピーで高精度の治療が実現 »