« 「いか刺し」、そして「<食卓ものがたり> こめ油」 | トップページ | 「三ツ星マート」、そして「居酒屋メニュー選手権 ポテトフライくださーい!」 »

2014年9月21日 (日)

「お彼岸」「たまねぎのちから」、そして「薩摩の黒酢炊き」

 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「秋鮭カマ」が500gで500円・・しかも、送料無料!!!
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/akisake-kama1kg/?scid=rm_206625

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用♪
 何かが人の顔に見える。ネコの毛の柄や、空の雲。人面魚というのも昔あった。怪談の時季はとうに過ぎたが、そんな話を時々耳にする
▼落語「崇徳院(すとくいん)」で、若旦那はたまたま出会ったお嬢さんに一目ぼれする。もう一度会いたいが、名も所も分からない。恋煩いに寝込む。「鉄瓶がお嬢さんに見える。床の間の掛け軸の達磨(だるま)さんが、お嬢さんに見える…」。何を見てもお嬢さんの顔が見えてくる
▼一風変わった研究に贈られるイグ・ノーベル賞。今年の研究では日本人研究者の「バナナの皮を踏むとなぜ滑る」も面白いが、「トーストに出現するキリストの顔」も興味深い
▼食パンをトースターで焼いた時の焦げ目にキリストの顔が見えるという現象は日本ではあまり聞かないが、欧米ではよく話題になる。トーストに限らぬ。牡蠣(かき)の貝殻、アイロンの焼け焦げ。いろいろなところでキリストの顔を見つけてはちょっとした騒ぎになる
▼研究によると、この現象はもちろん、奇蹟(きせき)ではない。人間の脳には顔を認識する部分があって、例えば二つの黒い点など、わずかでも顔に見える要素があると無意識に顔と認識してしまうそうだ。正常な脳の活動で、これがトーストの顔の正体という
▼その顔がなぜキリストか。説明はないが、若旦那と同じで愛(いと)しく、会いたいお方の顔であろう。政治家の顔が見えたという報告はあまり聞かぬ。
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2014092102000121.html

「お彼岸」「たまねぎのちから」、そして「薩摩の黒酢炊き」

 歯磨き粉は、この間買った「つぶ塩」。
歯グキをキュッとひきしめる
薬用ハミガキ
歯周予防に塩が効く!
・大粒の球状塩 配合。
・塩が歯ぐきをキュッとひきしめて歯周病によるハレ、出血を防ぎ、口臭も防ぎます。
・殺菌剤BTCのはたらきで歯肉炎や口臭を予防します。
・フッ素配合で、むし歯を予防します。
*歯肉炎・歯槽膿漏の総称を歯周病といいます。
販売名 ガードハローLS
花王株式会社
東京都中央区日本橋茅場町1-14-10
0120-165-696

 録画しておいた「ノブナガ」を見る。
≪居酒屋 万作≫和歌山県日高郡みなべ町
・地元産 刺身の盛り合わせ 2,000円、1,000円
・紅南高(梅酒)

 マグロが美味しいらしい。(マグロ造り 1,500円)
 「ネバい」→ネットリしている
http://hicbc.com/special/blog/nobunaga_omoide/

「お彼岸」「たまねぎのちから」、そして「薩摩の黒酢炊き」

 お彼岸に、鴨江寺に出かける。出店が少ないな・・・。

 お墓参りのための箱菓子を買いに「烏骨鶏本舗(UKOKKEI HONPO)」に行く。
 あれっ!?「中区板屋町541」には、お店がないぞ・・・空き店舗になっていた・・・潰れたのか!?
http://www.ukokkeihonpo.com/
 どこか箱菓子を買うお店がないか探しながら帰宅。・・・見つからなかったので、お墓参りはお中日にしよう!!!

「お彼岸」「たまねぎのちから」、そして「薩摩の黒酢炊き」

 今日の昼食は「たまねぎのちから」。
サラサラたまねぎスープ
1杯でたまねぎ1/2個分相当のケルセチン21mg含有
「ケルセチンとは?」
 ケルセチンはポリフェノールの一種で、若々しさをサポートする植物由来の成分です。たまねぎに多く含まれることで知られています。
・生活習慣病が気になる人に
・毎日の食事を楽しみたい人に
・若々しく過ごしたい人に
「作り方」
 スープの素を器にあけ、熱湯(160ml)を注いで、よくかきまぜてください。
株式会社 永谷園
東京都港区西新橋2丁目36番1号
0120-919-454

 散歩に出かける。スーパーで「フライビンズ」181円を買う。
「お彼岸」「たまねぎのちから」、そして「薩摩の黒酢炊き」

 畑の隅に彼岸花が咲いていた。普通、彼岸花って赤だよね。これは栽培用の品種なのか?
「お彼岸」「たまねぎのちから」、そして「薩摩の黒酢炊き」

 川沿いに、赤い彼岸花が咲いていたよ!彼岸花というと幼稚園の時のことを思い出す。その頃はまだ彼岸花を知らなかった。帰宅途中、川岸に赤い花が咲いていて、とてもきれいだったので採って帰ろうとした。そうしたら、一緒に帰っていた友達が「それ、毒だよ。石けんで2回洗わないと取れないよ」と言っていたっけ。
 本当は毒は根にあるんだけど、小さい子供は何でも口に入れちゃうから、花を折っただけなのに、「2回石けんで洗わないと取れないよ」なんて教えられたんでしょうね。

「お彼岸」「たまねぎのちから」、そして「薩摩の黒酢炊き」

 山の脇に栗が落ちていた。これは「柴栗」(?)「山栗」(?)・・・子どものころは「シバグリ」と言っていたな。
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/kuri-shiba.htm

「お彼岸」「たまねぎのちから」、そして「薩摩の黒酢炊き」

 夕方は、「Hagoromo シーチキンL フレーク」のスパゲティーで一杯♪
あけやすい アルミトップ!!
はごろもフーズ株式会社
静岡市清水区島崎町151
0120-123620

 ここで今日の朝刊「全国旨いもん」より、「薩摩の黒酢炊き」の引用♪
キビナゴ名物土産
 鹿児島県阿久根市。東シナ海に面したこの町は魚介豊富。なかでもキビナゴの漁獲高を誇る。体長10cmほどと小ぶりだが、刺し身やすねネタ、天ぷら、空揚げなどさまざまな食べ方を楽しめる魚だ。それを名物土産品にしたのがキビナゴの黒酢炊き。発売は、明治36(1903)年創業の、つけあげ(さつま揚げ)の名店で知られる野村物産平塚屋である。
 「創業以来、地元の素材を生かし、添加物を使わず手作りで、をモットーに製品を開発してきました。キビナゴもそんな社の伝統から生まれた商品」と、営業部長の猿楽克之さん。
 水揚げされたキビナゴを、炭火と桜島の溶岩でふっくらと焼き、二百年間伝承されてきた霧島市福山産の黒酢に、自社製の黒糖、金ゴマを加えたたれで、じっくりと甘辛く炊き上げたもの。身は口当たりはしっとり、歯応えはさっくり。十分にたれが染み込んで上質の甘露煮を彷彿させる。通常タイプのほか、唐辛子が効いたピリ辛仕立て、快く鼻孔をくすぐる山椒仕立てもあり、この三種を揃えた「薩摩の黒酢炊きセット」が好評だ。
【取り寄せ先】
野村物産(有)平塚屋
鹿児島県阿久根市赤瀬川3028の1
0996(73)1525
薩摩の黒酢炊きセット(キビナゴ黒酢炊き、黒酢炊きピリ辛、黒酢炊き山椒各1袋=各100g)、税込み1620円(発送料込み)

http://hiratsukaya.com/?pid=59240798

 さらに「里山を歩く」より、「ゲンノショウコ」の引用♪
東の花は白で、西は赤
 薬草として知られるゲンノショウコは、花の咲く期間が夏から秋と長く、梅に似た五弁のかわいい花が、十分に楽しめる。里山歩きの草地で、探さなくても出合える野草だ。
 下痢止めに煎じて飲むと効果に優れ、すぐに効く「現の証拠」だというのが名の由来である。タチマチグサ、医者要らず、の別名を持つ。
 小児のひきつけの応急手当てとして生の葉を絞り、その汁を飲ませるとよい、ともいわれる。同じ用法は、便秘に有効と説かれる。
 フウロソウ科の多年草で、茎は細く、地上をはい、長さ50cmくらい。
 手のひら状に裂けた葉が、向かい合って付く。茎、葉とも毛深い。根ぎわの葉には紫黒色の斑点がある。
 花の色は東日本には白、西日本には赤が多く、東西で分かれている点が面白い。
 花の後、実を結び、はじけると、おみこしの屋根のような形になるため、神輿草の名も備えている。
 草の姿が毒草のトリカブトにやや似ているので採取する場合は注意したい。花の季節を選べば、梅の花に似ているかどうかが分かるし、間違わずにすむ。
 森澄雄は「しじみ蝶とまりてげんのしょうこかな」の句を詠んだ。蝶もゲンノショウコの花も、ともに可憐だ。

本日のカウント
本日の歩数:13,152歩
(本日のしっかり歩数:4,490歩)
本日:53.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「いか刺し」、そして「<食卓ものがたり> こめ油」 | トップページ | 「三ツ星マート」、そして「居酒屋メニュー選手権 ポテトフライくださーい!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お彼岸」「たまねぎのちから」、そして「薩摩の黒酢炊き」:

« 「いか刺し」、そして「<食卓ものがたり> こめ油」 | トップページ | 「三ツ星マート」、そして「居酒屋メニュー選手権 ポテトフライくださーい!」 »