« 「ビックリマンチョコ」「サッポロ CLASSIC」、そして「北海道産 さんまお造り」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(9-1)「秋の盛り合わせ 十五夜献立」 »

2014年9月 7日 (日)

「フェフモ」「茹で豚キムチ」「一ノ蔵 ひやおろし」、そして「にんにこちゃん」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用♪
 「お月さまへ連れてってよ。お星さまの間で遊ばせてよ」。ジャズのスタンダード曲「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」は一九五四年の発表でちょうど六十年になる。大勢の演奏家たちが録音しているが、最も人気があるのは、軽快で男っぽいフランク・シナトラのバージョン(六四年)だろう
▼この曲といえば、シナトラとなったのには、ちょっとした歴史的背景がある。シナトラの歌が月の軌道上で初めてかかった曲ということになっているためである
▼六九年五月、アポロ10号の船内で宇宙飛行士たちが、この曲をカセットテープで流して聞いたという。一種の洒落(しゃれ)による選曲だろうが、以来、月といえば、シナトラのこの曲で日本でいえば、童謡「うさぎ」を連想させるのに似ている
▼八日は「中秋の名月」だが、今年は特別なのだそうだ。第一にお出ましが早い。例年は九月中旬から十月初旬だが、暦の関係で三十八年ぶりの早さという
▼しかも十一月五日に「後の十三夜」が出現し、八日の「十五夜」、十月六日の「十三夜」と合わせて三たびも「名月」がある。前回の「後の十三夜」は百七十一年前というから、今の世の人には初めて見る月となる
▼忙しく、気鬱(きうつ)な世の中に心が痛くなる出来事。人類を憐(あわ)れんで誰かが特別な月をあつらえてくれたか。月光に嫌なことを忘れ、「お月さまへ連れてって」もらえたら。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2014090702000101.html

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「ゆで落花生「郷の香」」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/rakka/?scid=rm_197493
 「名代 釜庄」より、楽天メール。「いか一夜干し・塩味」が、400円のところ198円♪
http://item.rakuten.co.jp/kamasho/762904/?scid=rm_192960

 今朝も早起き!録画しておいたビデオを見る。
 まず「ノブナガ」の「西木ファビアン勇貫の思い出かけっこ」。広島の西条といえば、日本酒の酒蔵が多いことで有名ですよね♪♪♪
http://hicbc.com/special/blog/nobunaga_omoide/
≪居酒屋 井ゆき≫東広島市 西条駅前
・賀茂鶴(オバマ大統領が来日した時に飲んだお酒)
・亀齢(きれい)
・白牡丹
・サツマ揚 500円
≪プラムガーデン オカハタ≫紀伊田辺駅近く
・梅干し

 それから「孤独のグルメ Season4」。「第九話 渋谷区 神宮前の毛沢東スペアリブと黒チャーハン」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume4/
≪家庭料理 鉄板中華 シャンウェイ≫
東京都渋谷区神宮前3-7-5 大鉄ビル2F
・蒸し鶏のネギ醤油(もも)
・天使の海老ロンジン茶炒め
・毛沢東スペアリブ
・黒チャーハン
・麻湯(マーラータン)
☆生ビール(グラス) 480円
☆和牛イチボ山椒ステーキ 2,480円
☆かめ出し紹興酒(グラス) 580円
☆白はまぐりとニラの炒め物 580円
☆ホンコン焼きそば 880円
「吉見Pの孤独のロケハン LOCATION HUNTING」お店探しの奔走記。

http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/diary/index.html

 NHKテレビ「うまいッ!」で「鳥取 ケンサキイカ(白イカ)」を取り上げていた。
 鳥取では、イカの刺身の下には大根のツマではなくて、千切りキャベツを敷くと言う。さらに、ショウガ醤油をつけて食べるらしい。うちの地方にはない食べ方だ。今度、やってみたいものだ↑↑↑
http://www2.nhk.or.jp/umai/

 パソコンの速度がぐ~~~~~んと遅くなったと思っていたら、パソコンの右下にメールが表示されている!!!そんな設定をした覚えはないぞ!!!ウイルスか・・・???

 古紙の駅に出かける。段ボールとアルミ缶を出す。ここはいつも混んでいるねぇ~!
 ホームセンターに寄り、「フライビンズ」98円を買う。
 TOTO 7を買う。
 スーパーに寄り、「肉巻き餃子」を探すがなかった。でも、知っている顔に会った。
「フェフモ」
 全国のスーパーの特売チラシ情報がご覧いただけるサービスです。
http://shuf.jp/

 帰宅して、テレビを見る。
 「だけど食堂」で「前の夜飲み過ぎて、胃もたれになったとき」の「胃もたれ解消法」をやった。
 飲み過ぎた翌朝、コップ1cmほどのぬるま湯に胡椒を一つまみいれ、かき混ぜて飲む。
http://asahi.co.jp/dakedo/

 「スタイルプラス」で池波正太郎『食卓の情景』に載ったお店が紹介された。
≪鯉料理 大黒屋≫多度大社参道
三重県桑名市多度町柚井1799
0594-48-2018
・ランチ 2080円
・会席料理 4622円

http://tokai-tv.com/styleplus/index.php

 散歩に出かける。スーパーで「御前崎産 かつお あら」108円、「1杯でごぼう1/3本分のちから」100円、「たまねぎのちから」100円、「国産豚モモ切り落とし」100g105円359gで379円のものを買い帰宅。

 「酒&FOOD かとう」に出かける。「一ノ蔵 ひやおろし」2786円、「瑞泉 43度」3240円、「いぶりがっこ」615円を伝票で買い帰宅。

「フェフモ」「茹で豚キムチ」「一ノ�i ひやおろし」、そして「にんにこちゃん」

 夕方は、「一ノ蔵 ひやおろし」で一杯♪
一ノ蔵特別純米酒 ひやおろし
 昔、清酒は適度に熟成された酒質が良いとされ、なかでも適温でひと夏を越し、火入れをせずに生詰めのまま出荷する”ひやおろし”が最上とされていました。
 一ノ蔵のひやおろしは、春先に搾った特別純米酒を熟成に適した品温でひと夏越させ、最も味乗りしたお酒を選抜しました。
 熟成により酒にまるみやなめらかさを増した本品は、食を引き立たせる食中酒として最適です。この季節ならではの旬の味をお楽しみください。
「お召し上がり方」
 本品は生詰酒のため、軽く冷して(10℃前後)お飲み下さい。秋ナスの天ぷらや秋刀魚の塩焼きなど季節の料理と合わせてお召し上がりください。
株式会社 一ノ蔵
 伝統の技と心-手づくりの酒
宮城県大崎市松山千石字大欅14
TEL 0229-55-3322(代)
FAX 0229-55-4513

http://www.ichinokura.co.jp/

「フェフモ」「茹で豚キムチ」「一ノ�i ひやおろし」、そして「にんにこちゃん」

 おつまみは、「茹で豚キムチ」♪本当は、「豚バラブロック」の塊を茹でて、スライスしてから「キムチ」と一緒に食べるのだが、今回は、今日買った「国産豚モモ切り落とし肉」を茹でて、それといっしょに先日買った「キムチ」で頂く。(豚しゃぶのちょと厚い肉のキムチ版みたいな感じ・・・。)
 「豚キムチ」だと、油で炒めるが、これは油で炒めていないので、ヘルシーだね♪しかも、美味しい↑↑↑

「フェフモ」「茹で豚キムチ」「一ノ�i ひやおろし」、そして「にんにこちゃん」

 さらに「御前崎産 かつお あら」の煮付け♪

 ここで今日の朝刊「全国旨いもん」より、「にんにこちゃん」の引用♪
田子産使った一品
 夏の疲れが抜けない、食欲がない方のなかには「スタミナ増進のためならニンニクだね」という信奉者は少なくないと思う。そのニンニク、国内生産量の7~8割を占めるのが青森県。特に県南の田子町は、優良種の福地ホワイトを栽培する名産地。今や田子産はブランドと呼ばれるほどである。
 町では、ニンニクが縁で結ばれた世界の都市との交流やニンニク産業の振興を目的に、田子町にんにく国際交流協会を設立。「メーン施設のガーリックセンターではPRと情報発信のほか、魅力的な商品開発も」と販売管理課係長の本木智子さん。ロングセラー商品が「にんにこちゃん」だ。
 ニンニクを半年間酢漬けにした後、各種の調味料にさらに約半年かけて漬け込んだもので、しょうゆ漬け、甘酢漬け、味噌漬け、梅漬けの4種類がある。漬け込むことで独特なにおいを抑え、かつシャキシャキした爽やかな噛み応えを残しているのが特徴。単品でも販売するが、それぞれの調味料が染み込み、変化に富んだ味わいを楽しめる4種セットがお勧めだ。
【取り寄せ先】
ガーリックセンター
青森県三戸郡田子町田子字11
TEL 0120-195229
各1袋(100g)648円、4種(しょうゆ漬け、甘酢漬け、味噌漬け、梅漬け)セット 2592円(いずれも税込み)ほか(発送料別途)

http://www.garlicenter.com/

 さらに「里山を歩く」より、「ツリガネニンジン」の引用♪
花摘み遊ぶ子どもら
 夏の終わりの晴れた日、群馬県西部に、吾妻線で小さな旅をした。列車は吾妻川に沿って上流を目指す。川原湯温泉駅で降り、川のほとりを歩くと、ツリガネニンジンの花が出迎えてくれた。淡い青紫の小さな花だ。群れをなしている。
 漢字で釣鐘人参。名前の通り釣り鐘形の花が多数、下向きに付き、風に揺れていた。雄しべが一本、すうっと突き出している。秋はすぐそこまで、と告げているようだった。
 北海道から九州にまで、山の草地に生えるキキョウ科の多年草で、茎は60cmから1mに育つ。
 葉は長い楕円形で、茎の一カ所ごとに3~5枚、輪生するのが特徴だ。葉や茎をちぎると、白い乳汁が出る。
 地下には朝鮮ニンジンのような、太くて白い根があり、この根を干したものを漢方では沙参(しゃじん)と呼び、去痰や健胃に用いる。
 トトキという別名を持つ。春の若芽、若葉は山菜として食用にされる。私は秋の花を眺めたい気持ちのほうが強く、摘まない。
 昔、子どもたちは、この花を手に「ちょうちんだ!」と叫びながら遊んだ。ちょうちん花、の別名も。「山の子に釣鐘人参花盛り」は佐土井智津子の句。子どもたちに親しまれる、愛らしいニンジンだ。

本日のカウント
本日の歩数:11,102歩
(本日のしっかり歩数:4,955歩)
本日:54.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「ビックリマンチョコ」「サッポロ CLASSIC」、そして「北海道産 さんまお造り」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(9-1)「秋の盛り合わせ 十五夜献立」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/60276032

この記事へのトラックバック一覧です: 「フェフモ」「茹で豚キムチ」「一ノ蔵 ひやおろし」、そして「にんにこちゃん」:

« 「ビックリマンチョコ」「サッポロ CLASSIC」、そして「北海道産 さんまお造り」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(9-1)「秋の盛り合わせ 十五夜献立」 »