« 食べることの原点感じて 「聖者たちの食卓」監督に聞く | トップページ | 「いか刺し」、そして「<食卓ものがたり> こめ油」 »

2014年9月19日 (金)

「おにぎり弁当」、そして「日曜日は料亭気分」(8-5)「冷やし煮物」

 「北国からの贈り物」より、楽天メール。「クレオパトラが愛した果物のう女王 一粒で甘い香りの虜」・・・「マスカット・オブ・アレキサンドリア」。
http://item.rakuten.co.jp/snowland/306738/?scid=rm_190841
 「喰てみ亭」より、楽天メール。「さば寿司」「焼さば寿司」「海老箱寿司」「穴子箱寿司」「かに箱寿司」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/junjun/saba-1000yen/?scid=rm_193917#saba-1000yen
 「クラブツーリズム」より、メール。「ウォーキング・ハイキング・登山の旅」の案内♪
http://www.club-t.com/theme/sports/aruku/tokai.htm?waad=ISlc4SJ8

 「地震緊急速報」なんていう迷惑メールが来た。何なんですか!!!こういうのを取り締まる法律はないのですか?
bousai@chance-repair.com
地震緊急速報です。
 近隣地域で地震の注意勧告がされています。下記よりご確認下さい。

http://toezc.necessary-extraordinary.biz/xMR/FMR/Cl9/Z4ezSRAVRDOCDOSCRA

  今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 <秋の空露をためたる青さかな>は、正岡子規の句。秋の空には、喜びと悲しみを一緒に溶かし込んでしまったような色合いがある
▼<柿食えば遥(はる)か遠くの子規思う>は、昨年出版された『ランドセル俳人の五・七・五』がベストセラーになった小林凜(りん)君の句だ。きょうは糸瓜(へちま)忌。子規の命日に、凜君の新しい句集が出る。『冬の薔薇(ばら)立ち向かうこと恐れずに』(ブックマン社)である
▼小学校に入った時からいじめに苛(さいな)まれ続けた凜君を支えてきたのは、俳句だ。そうして詠み続けた句を編んだ『ランドセル俳人の…』は多くの人の心に響いたが、学校でのいじめは続いた。<いじめられどんぐりぽとり落ちにけり>
▼それでも、うれしい出会いがあった。三重県松阪市の小野江小学校の六年生は凜君の俳句を読み、昨年の秋に教室に招いた。一緒に給食を食べていたら、凜君の目から涙が止まらなくなった
▼みんな楽しく笑顔で食べる。そういう当たり前の時間が凜君には奇跡のようなひとときとなり、小野江小の子どもたちには「当たり前の生活のかけがえのなさ」を教えてくれる出来事となった。凜君は<コスモスに囲まれし我涙かな>と詠んだ
▼十三歳、中学生になった凜君はぐんぐん背が伸び、元気に学校に通っているそうだ。<とんぼうの体の青は空の青>。その目に映る秋の空が喜びの青に染まっていれば、と思う。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2014091902000115.html

 今日の仕事はずっと外なんです・・・!でも、涼しかったので過ごしやすかったです。例年、雨のこともあるのですが、過ごしやすくてよかってですよね!!!
 「僥倖種目」って、静岡県西部しか使われていないの?・・・体力ではなくて、ラッキーで順位が決まることがあるから、こういう名にしたのでしょうか?誰が、いつ命名したのでしょう?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3398101.html
http://okwave.jp/qa/q3398101.html
 「僥倖」
1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「―を頼むしかない」「―にめぐりあう」
2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉

http://kotobank.jp/word/%E5%83%A5%E5%80%96

「おにぎり弁当」、そして「日曜日は料亭気分」(8-5)「冷やし煮物」

 今日の昼食は、「天神屋のお弁当」♪
http://www.tenjinya.com/
 お茶が付いているぞ!
清らかに香る緑茶
静岡茶
株式会社 エルビー東海工場
愛知県東海市加木屋町白拍子69-2
0120-01-3171

http://www.elbee.co.jp
 でも、昼は、忙しすぎて昼食を摂る暇もなかった・・・。バナナ1本で済ます・・・↓↓↓係の仕事を考えて、配置してよ・・・!!!
http://www.city.hamamatsu-szo.ed.jp/irino-j/
http://ameblo.jp/momota-sd/
http://shizu.0000.jp/read.php/hamamatsu/1339580125/33-132

 午後も忙しかったです。アップするには1時間程度かかるんですよ・・・。飲み会は、パス!

 仕事を終え、帰宅途中、スーパーに寄る。「刺身用はまち」398円、「もやし」17円、「納豆」50円、「木綿豆腐」40円、「油屋大粒煎豆」158円を買い、帰宅。
 ここは、内税なので分かりやすいね♪

「おにぎり弁当」、そして「日曜日は料亭気分」(8-5)「冷やし煮物」

 帰宅して、今日買った「鳥取産 刺身用はまち」で一杯♪
 「おろし生わさび」が付いていたぞ!
三和食品株式会社
群馬県太田市清原町1-7

「おにぎり弁当」、そして「日曜日は料亭気分」(8-5)「冷やし煮物」

 そして、今日、昼食べるはずだった「お弁当」♪
(株)天神屋
焼津市越後島470
054(626)2428

 さらに「豆腐キムチ」♪
「おにぎり弁当」、そして「日曜日は料亭気分」(8-5)「冷やし煮物」

「うみゃ~でキムチ」
かどやの純正 ごま油使用
小夜子×角
香り豊かなごま油とキムチの絶妙なコラボレーション
250g
株式会社 香味小夜子
名古屋市天白区道明町71番地
0120-866054

http://www.koumisayoko.co.jp

「おにぎり弁当」、そして「日曜日は料亭気分」(8-5)「冷やし煮物」

にがり造り 木綿
株式会社 CPフーズE
愛知県小牧市郷西88
0120-249-185

 8月31日の朝刊「日曜日は料亭気分」は、「冷やし煮物」だった。
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
茄子オランダ煮、南瓜含め煮、石川小芋、隠元、車海老芝煮
『材料』(4人分)
・千両ナス・・・4個
・坊ちゃんカボチャ・・・1個
・石川小芋・・・12個
・インゲン・・・1袋
・車エビ・・・4本
・ユズ・・・1個
・木の芽・・・適量
・A(だし汁540cc、みりん90cc、しょうゆ90cc、たかのつめ1本)
・B(酒120cc、みりん20cc、薄口しょうゆ20cc)
・八方だし700cc(だし汁560cc、みりん70cc、薄口しょうゆ70cc)
★1人分307キロカロリー、脂質9.6グラム、塩分2.5グラム
<1>ナスの両端を切り落とし、170度の油で3分ほど揚げる。さっと水につけて油を抜き、すぐにざるにあげる。沸騰させたAで5分ほど煮る。
<2>インゲンは塩(分量外)で板ずりしてから軽くゆでる。冷水に取ってから八方だしに漬ける。
<3>カボチャは8分の1に切り、皮を少し残して種をとる。竹串が通るぐらいまで下ゆでする。八方だし360ccで20分ほど弱火で煮る。
<4>石川小芋は皮をむき、米のとぎ汁で7~8分ゆでる。八方だし270ccで20分ほど煮る。
<5>車エビの背わたを取り、皮のついたままBで3~4分煮る(中火の弱)。冷めたら皮をむく。
<6>すべての食材を冷蔵庫で冷やす。器に盛り、ユズの皮をおろし金で削って散らす。木の芽をそえる。
【南瓜豆腐】
『材料』(4人分)
・栗カボチャ・・・1個(200グラム)
・板ゼラチン・・・1枚(10グラム)
・キュウリ・・・1/2本
・わさび・・・適量
・だし汁・・・270cc
・A(だし汁120cc、みりん10cc、薄口しょうゆ5cc)
・塩・・・少々
★1人分66キロカロリー、脂質0.2グラム、塩分0.8グラム
<1>栗カボチャを一口大に切り、種をとり皮を全部むく。蒸して裏ごしする。
<2>板ゼラチンを水でもどす。
<4>カボチャ、ゼラチンをだし汁とまぜ、塩少々を加える。
<5>流し缶に入れて、氷水で冷やして固める。
<6>器に盛り、周りにAを張る。キュウリのかつらむき、わさびを添える。
≪匠のひと手間≫
 料理のさまざまな場面で活躍する米のとぎ汁。今回は石川小芋の下ゆでに使いました。あくがとれ、煮崩れも防げます。とぎ汁がない場合は、米を数粒入れても同様の効果が得られます。
 エビの芝煮は皮をつけたまま煮ます。エビが小さくなりません。
 冷やし煮物は一度つくれば、温め直す手間がなく、冷蔵庫で保存できるので重宝します。
 カボチャのかわりに、枝豆やトウモロコシといった旬の夏野菜を使った豆腐も良いでしょう。美しい色合いと、冷たい食感が食欲をそそります。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20140902ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数:11,531歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)×

|

« 食べることの原点感じて 「聖者たちの食卓」監督に聞く | トップページ | 「いか刺し」、そして「<食卓ものがたり> こめ油」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おにぎり弁当」、そして「日曜日は料亭気分」(8-5)「冷やし煮物」:

« 食べることの原点感じて 「聖者たちの食卓」監督に聞く | トップページ | 「いか刺し」、そして「<食卓ものがたり> こめ油」 »