« トモセラピーで高精度の治療が実現 | トップページ | 「郷土のうまい!三陸産鮭のちらし寿司弁当」、そして「9月の旬「秋鮭」「きのこ類」「なし」」 »

2014年9月12日 (金)

「日曜日は料亭気分」(8-3)「鯵の唐揚げ中華風スープ仕立て」

 今朝の朝刊に「秋の味 戻りガツオ次々」という記事が出ていた。戻りカツオで、もちガツオはいないのかな?それにしても、カツオを食べたいな♪
脂が乗った秋の味
 秋に日本近海を南下する「戻りガツオ」。脂が乗った深い味が人気で、静岡県でも旬を迎えつつある。
 県内屈指のカツオの一本釣りの拠点・御前崎港(御前崎市)では11日昼すぎ、漁を終えた漁船五隻が到着。漁師らが船のそばに置かれたベルトコンベヤーを使ってカツオを次々と運び込まれると、集まった仲買業者らが「身につやがあり、しま模様がくっきり出ている」と品定めした。
 この日の昼競りでは重さ3kg級を中心に、計2tが競りにかけられた。高値は1kg当たり1500円と、平年よりもやや高めだ。朝競りは前日に揚がったカツオが並ぶ一方、昼は当日に捕れたものが運ばれる。
 魚市場で朝に加えて昼も競りをするのは、まとまった数が揚がったときだけ。南駿河湾漁協御前崎本所によると、今年は水揚げのピークの春季が不漁だったため、昼競りを始めたのは1日数トンが揚がるようになった今月に入ってからだ。
 県水産技術研究所によると、御前崎港の1~8月の水揚げは930tで過去五年平均の56%どまり。回遊ルートの海水温が平年より低めだったことが不漁の一因との指摘もある。カツオは温かい水温を好む魚。春から太平洋側を北上し、三陸沖周辺まで泳いだ後、秋から南下する。漁師の谷口令一さん(42)は「今月は沿岸で釣れるようになttが。まだ多くはいないので、これから増えてほしい」と期待を込めた。

 今日は、仕事を定時に終え、帰宅・・・(「エアロスミス」の「ドロー・ザ・ライン」って、知らないんだ!!!)今日の午後も外にいたから疲れたな・・・今日の帰路もやっぱり道が混んでいた・・・なぜだ????帰宅途中、スーパーに寄り、「もやし」19円、「明治ブルガリアヨーグルト138円、「納豆」59円、「フライビンズ」181円、「豚肉味付ホルモン」334円のところ40%引きで200円を買い帰宅。

 帰宅して、「いぶりがっこ」にマヨネーズを付けて、一杯♪これ、いけるぞ!!!

 8月17日の朝刊「日曜日は料亭気分」は、「鯵の唐揚げ中華風スープ仕立て」だった。
『材料』(4人分)
・真アジ(中くらい)・・・4尾
・小麦粉・・・適量
・ナス・・・2本
・絹さや・・・20枚
・長ネギ・・・1本
・乾燥キクラゲ・・・3グラム
・松の実・・・大さじ2
・中華スープ(水400cc、牛コンソメスープのもと1個、中華料理用調味料ごく少々、しょうゆ少々)
・かたくり粉・・・大さじ2
・サラダ油・・・適量
★1人分251キロカロリー、脂質16.0グラム、塩分1.4グラム
<1>アジを水洗いして三枚におろし、中骨を切り離して縦半分に切る。塩(分量外)を薄く振り、小麦粉をまぶしてカラっと揚げる。
<2>ナスは4等分して薄く切り、素揚げにする。
<3>絹さやを太めの千切りにし、水で洗って種を落とし、軽くゆでる。
<4>松の実をサラダ油を少し入れたフライパンで煎(い)る。キクラゲは水に戻し、粗めのみじん切りにする。長ネギを白髪ネギにする。
<5>中華スープに水溶きかたくり粉を入れてとろみをつける。
<6>揚げたてのアジを皿に盛り、熱くしたスープを半分ほどかける。残りのスープにナスとキクラゲ、絹さや、松の実をまぜてからアジにかけ、白髪ネギをのせる。
【鶏笹身と夏野菜の胡麻醤油】
『材料』(4人分)
・鶏ささ身・・・大きめ2本
・新玉ネギ・・・1個
・レタス・・・半分
・セロリ・・・半分
・ニンジン・・・小さめ1本
・水ナス・・・1個
・練りゴマ・・・20cc
・ドレッシング(ワインビネガー80cc、サラダ油40cc、薄口しょうゆ40cc、砂糖少々)
★1人分140キロカロリー、脂質6.8グラム、塩分1.5グラム
<1>新玉ネギ、セロリ、ニンジンを千切りにする。レタスは手でちぎる。
<2>縦半分に切った水ナスを縦に3等分し、横1センチ幅に切る。
<3>鶏ささ身は観音開きにする。塩とこしょう(分量外)を薄く振り、蒸す。オーブンの蒸す機能を使うと100度で5分くらい。冷めてから手で細く裂く。
<4>練りゴマと、作ったドレッシングのうち60ccを合わせる。
<5>切った野菜を(4)であえ、ささ身を盛りつける。
≪匠のひと手間≫
 アジは刺し身にしてもよい新鮮なのを使い、揚げすぎないで。フライパンで焼いても良いです。
 冷たいスープをかけてもおいしいです。最初からスープに野菜をまぜず、途中でまぜてかけると見た目が美しくなります。絹さやの種は丁寧に取ってください。
 ささ身はフライパンで焼いても構いません。水ナスは大きめのままで。見た目と味のアクセントになります。私は市販(ミツカン)のドレッシングビネガーを使います。多めに作ってサラダにでも。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20140819ryoute.html

本日のカウント
本日の歩数:10,760歩
(本日のしっかり歩数:1,308歩)
本日:54.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)○

|

« トモセラピーで高精度の治療が実現 | トップページ | 「郷土のうまい!三陸産鮭のちらし寿司弁当」、そして「9月の旬「秋鮭」「きのこ類」「なし」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/60303620

この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜日は料亭気分」(8-3)「鯵の唐揚げ中華風スープ仕立て」:

« トモセラピーで高精度の治療が実現 | トップページ | 「郷土のうまい!三陸産鮭のちらし寿司弁当」、そして「9月の旬「秋鮭」「きのこ類」「なし」」 »