« 「小籠包 天下」、そして「かぼちゃのアーモンドがらめ」「キャベツとチンゲンサイのごまあえ」「ブロッコリーの豚しゃぶサラダ」「アスパラガスとあさりの蒸し煮」 | トップページ | 夏のシミ対策 »

2014年8月 5日 (火)

秋の入り口・・・おすきなふくは!?

 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「国内産アウトレット干物」が18切れ入って、2,980円↑しかも送料無料♪
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/1469589/?scid=rm_206625

秋の入り口・・・おすきなふくは!?

 今朝の朝食は、「しそ海苔 納豆」。
納豆のにおい少なめ
しそ海苔たれ付
しその風味香る粒の小さいやわらかい納豆
販売者:タカノフーズ株式会社
 茨城県小美玉市野田1542
0120-030710

http://www.takanofoods.co.jp/

 台風11号の進路と速度が気になる・・・。

 今日の午前中の仕事は外なり・・・。

秋の入り口・・・おすきなふくは!?

 午前中の仕事を終え、午後は、協働センターの仕事なり・・・。「ホワイトコピー用紙」を使う。
フルカラーを鮮やかに再現する高白色タイプ
坪量:68g/㎡
白色度:93%
地球にやさしい緑のサイクル
100%植林木パルプ使用
A4
210×297mm
500sheets
ITEM CODE:AIK901

 帰宅して、「焼きナス」で一杯♪
 さらに「冷たいラーメン」(城北麺工株式会社)・・・これ、おいしいですよ↑↑↑絶対お薦め♪♪♪

 ここで、『パコマ』2014年8月号の「柳生真吾・流 わくわくガーデン75」は、「秋の入り口・・・おすきなふくは!?秋の七草、あなたはスラスラ言えますか!?」の引用♪
平地はまだ夏でも、八ヶ岳は早々と秋の七草が咲きます
 春は遅く来て、秋が早くやってくる標高1,3500mの八ヶ岳倶楽部。5月中旬に桜が咲き、10月に入るともう秋が終わってしまうので、平地の気候を追い越そうと、夏には秋の七草が咲きそろいます。8月の八ヶ岳倶楽部の森は、初夏の花タマアジサイがまだ咲いているかと思えば、盆花のミソハギが咲いていたり、そのかたわらにはオミナエシが咲き、ススキの穂が出始めています。真夏の避暑のつもりでやって来た八ヶ岳近辺のお花畑では、早くも秋の七草にお目にかかれるというわけです。さて、ここで問題です!あなたは秋の七草を全部言えますか?スラスラと言えたらカッコイイですね!これには覚え方があるんですよ。
「おすきなふくは」と覚えておきましょう!
 1月7日に七草粥でいただく”春の七草”(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)は、新年の風習や食生活ととながっていて、その時期になるとデパートやスーパーで売られたりしているので、まだ身近に感じます。が、秋の七草は、食べ物ではないし、かなり花好きの人でないとスラスラと出てこないかもしれませんね。その覚え方は「おすきなふくは」です。「お」はオミナエシ、「す」はススキ、「き」はキキョウ、「な」はナデシコ、「ふ」はフジバカマ、「く」はクズ、「は」はハギ、です。青葉を食べる春の七草に比べ、秋の七草は秋の野の風情を愛でる草花があげられていますね。
万葉集に詠まれた山上憶良の歌から
 秋の七草は、はるかな昔、万葉集に詠まれた山上憶良の歌に出てきます。
           およびおり    ななくさ
◎秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七草の花(万葉集・巻八 1537)
 はぎ おばな くずばな なでしこ をみなえし ふじばかま あさがお
◎萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 姫部志また藤袴 朝貌の花(万葉集・巻八 1538)
 「朝貌(あさがお)の花」には諸説ありますが、キキョウという説が有力です。伊勢神宮を初め神社仏閣などでは仲秋の観月会に供花として秋の七草をいける風習もありますが、一般家庭では特別の行事をすることもなく、ただ眺めて秋の風情を楽しむだけ。今は知る人ぞ知る秋の七草ですが、千年以上も昔から現代まで伝えられ残っていることに、日本人の感性の繊細さと四季を愛でる情緒の豊かさを感じますね。秋の野に花が咲き乱れる花野を散策して歌を詠んで遊んだ先人たちのDNAは、まぎれもなく僕たちの感性にも入っているのがわかります。春の七草は、寒い時期の緑の少ないときに、体を元気にして春からの農作業に備えるため大地のエネルギーをいただくという”知恵”に対し、秋の七草は、純粋に花を愛で観賞して楽しむというロマンを感じます。この秋は、あなたもそんな目で”花野”を歩いてみませんか。
・おみなえし
 八ヶ岳では真夏に咲く花。なので個人的にはあまり秋を感じません(笑)。
・すすき
 写真を撮るコツは逆光です。シルバーに輝くススキを狙ってください。
・ききょう
 つぼみも好きです。
・なでしこ
 ヤマトナデシコ・・・日本女性の美しさをこの花にたとえた先人に敬意を表します。
・ふじばかま
 とても地味な花ですが七草にランクイン。いかにも日本人の繊細な感性です。
・くず
 伸び放題でちょっと困りものですが花はなかなかのもの。
・はぎ
 この花が咲いたら残暑も和らぎます。秋の園芸作業スタートです!
園芸家 柳生真吾
 NHKTV「趣味の園芸」キャスターで8年間活躍し人気を博す。1968年生まれ、小学生時代から八ヶ岳に通い、父親の俳優・柳生博氏とともに雑木林をつくり、89年に林を開放してレストランやギャラリーを併設した「八ヶ岳倶楽部」をスタート。園芸著書も多数。
「柳生真吾の八ヶ岳だより」

http://www.yatsugatake-club.com/

「二十四節気」
http://koyomigyouji.com/24-risshuu.htm

本日のカウント
本日の歩数:10,236歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« 「小籠包 天下」、そして「かぼちゃのアーモンドがらめ」「キャベツとチンゲンサイのごまあえ」「ブロッコリーの豚しゃぶサラダ」「アスパラガスとあさりの蒸し煮」 | トップページ | 夏のシミ対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/60102841

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の入り口・・・おすきなふくは!?:

« 「小籠包 天下」、そして「かぼちゃのアーモンドがらめ」「キャベツとチンゲンサイのごまあえ」「ブロッコリーの豚しゃぶサラダ」「アスパラガスとあさりの蒸し煮」 | トップページ | 夏のシミ対策 »