« 「イワシ」と「モロヘイヤ」で若々しく!【老化にサヨナラしたいあなたのそばにイワシそば】 | トップページ | 「目の健康を守りましょう!④緑内障治療について」、そして「鹿児島産 桜島どりの寿司弁当」 »

2014年7月18日 (金)

嗅ぐ

 今日の朝刊のコラム。
 「貧」の字は「分」と「貝」から成る。この貝は、古代には貨幣として用いられた子安貝のことで、財産の象徴。財を分けて乏しくなることを「貧」というのだと、白川静博士の『常用字解』に教わった
▼限りある財をどう分けるか。富の偏在が過ぎれば、貧に苛(さいな)まれる人が増える。絶望や不満が極端に広まれば、社会が歪(ゆが)み、暴発すら起きかねぬ。歴史は繰り返し、そう教えてきた。政治とは、国の富をうまく分け、貧を抑える術(すべ)ともいえる
▼厚生労働省が先日公表した統計によると、わが国の子どもの貧困率が16・3%と、一九八五年以降で最悪になった。六人に一人の子どもが、貧に陥っていることになる。ひとり親世帯に限れば、貧困率は54・6%と先進国でも最悪の水準だという
▼本来は、政府が税金を取り、それを社会保障などの形で分け直すことで貧困世帯を少なくするのだが、他の先進国と違い、日本では再分配後の方がかえって、子どもの貧困率が高くなる傾向があるという。何とも不可思議な政府である
▼安倍首相は今年の一月、国会でこんなことを言っていた。「立憲主義と平和主義を軽んじ、格差と貧困を放置する人が、私も含めてこの会場に一人として存在するでしょうか。存在するわけはありません」
▼まことに立派な言葉だが、今のままでは「子を安心させる貝」は、乏しくなるばかりではないか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2014071802000104.html

 「サッポロビール」より、メール。「ヱビス 夏のコク」のプレゼント↑↑↑
http://www.sapporobeer.jp/yebisu/campaign/page_09.html
 「クラブツーリズム」より、メール。「ウォーキング・ハイキング・登山の旅」の案内♪
http://www.club-t.com/theme/sports/aruku/tokai.htm?waad=YWwKKEmW

 「完璧」は、「土」ではなくて「玉」だよ。
 「璧(へき)」は平らで中央に孔のあいた宝玉のことで、完璧は「傷のない玉」が本来の意味となる。
 現在使われる意味となったのは、中国の故事に由来する。
 中国の戦国時代、趙の国にあった「和氏の璧(かしのへき)」と呼ばれる立派な璧を、秦の国王 昭王(しょうおう)が欲しくなって、「秦の15の城と交換したい」と申し出た。『藺相如(りんしょうじょ)』が秦の国へ使いに行ったが、城と交換する気配がなかったため、藺相如は璧を命懸けで持ち帰った「完璧而帰(璧をまっとうして帰る)」という故事から、大事なことを成し遂げることや、欠点のないさまを表すようになった。

http://gogen-allguide.com/ka/kanpeki.html

 今日も昨日に引き続いて暑かったね・・・でも、午後は外で仕事だよ・・・蚊がいるから蚊取り線香を焚いたよ・・・。

 蚊取り線香というと思いだすのが『啄木鳥通信』2014年夏号の「嗅ぐ」♪
もっとも根源的な感覚-嗅覚
 テレビやパソコンなどが発達した現代では、五感のなかでも視覚と聴覚に頼ることが中心となり、ともすると嗅覚は存在感が薄くなりがちです。しかし嗅覚は、五感のなかでは唯一大脳と直結している感覚です。臭いは鼻腔の上のほうでキャッチされると、ダイレクトに大脳辺縁系という古い皮質につながるのです。
 嗅覚中枢のある辺縁系は原始的な部位で、太古の昔から動物に備わっていたもの。哺乳類の脳の発達は、嗅覚で得た情報を処理することから始まったと言われています。動物が生き残ってゆくためには、なによりもまず臭いで快・不快や安全・危険などを瞬時に判断することが必要だったのです。
 嗅覚は、視覚や味覚のように後天的に身につけるものではなく、母親を匂いで判断するように、生まれたての赤ちゃんにも備わっているもの。人間の根源的、本能的な感覚なのです。
日本の風土が、豊かな香りを生みだす。
 世界各地のそれぞれの匂い、香りに比べると、日本は香りの個性が乏しいように思われがちですが、じつは世界に類を見ない多様な香りの国なのです。
 亜寒帯から亜熱帯までタテに長い国土、四季がはっきりした気候、そこで多種多彩に分布する植物相・・・。日本では香りを発する植物が身近なものでも1000種を超えると言われています。そして、山の香り、海の香り、里の香り・・・。自然がもたらす香りはじつに豊かです。
 さらに人間の嗅覚は湿度があったほうが香りを感じやすく、高温多湿な日本は香りを嗅ぐのに適した条件を備えています。香りが生まれる環境とそれを味わう環境に恵まれている日本。私たち日本人の嗅覚の敏感さは、このような環境が育んだものといえるでしょう。
 木々や草花が匂う森の中、海辺の磯の香りなど、夏は香りも豊富な季節。自然の中で大きく息を吸いこんでみませんか。
匂いが昔の記憶を呼び覚ます。
 ブールのカルキ臭が小学生の時の水泳を思い出させたり、花火の火薬の臭いが幼い頃の夏を蘇らせたり、インクの匂いが昔の父親の記憶を呼び起こしたり・・・。そんな経験、ないでしょうか?
 じつはこれ、「プルースト現象」というのです。フランスの文豪、マルセル・プルーストの名前がついたこの心理現象は、プルーストの代表作『失われた時を求めて』の冒頭で、主人公がマドレーヌを紅茶に浸し、その香りをきっかけにして幼少期のことを思い出すというエピソードから名づけられたものです。
 嗅覚中枢と記憶をつかさどる部位が近くにあるため、嗅覚で一度覚えた情報は大脳に記憶され、生涯薄れないのだそうです。匂いによって、記憶は消えることがないのです。
いい匂いといやな臭いは紙一重?
 ノーベル賞のパロディともいわれるイグノーベル賞。一見馬鹿馬鹿しいことを真面目に研究し、「いかに人々を笑わせ、そして考えさせてくれたか」が受賞基準となるこの賞。その栄誉に浴した研究に、「牛の排泄物から抽出したバニラの香り」というものがありました。
 悪臭がいい香りに大変身する、意外性に富んだこの研究でわかるように、匂いの良し悪しの境界は案外あいまいなものらしい。
 じつはこの匂いのあいまいさ、私たちはよく経験しています。晴れた日に干した布団やタオルに顔を埋めた時、なんとも心地よく、心安らぐことって、よくありますね。それは太陽がもたらした匂いだと思われがちですが、洗濯後に残った汗や脂肪などの成分が、太陽の光や熱で分解されて発生した揮発物質なんだそうです。薄まった自分の匂いを本能的に感知して、心が安らぐのかもしれません。
香りの文化は、木を燃やして始まった。
 香りを意味する「perfume」は、ラテン語の「Per Fumum」(through smoke=煙によって)が語源で、火を木にくべた時に発生した芳香が語源といわれています。
 面白いことに日本でも同じようなことから香りの文化が始まりました。推古三年(595年)、淡路島に漂着した流木を燃やしたところ、素晴らしい香りが立ち昇り、この木が推古天皇に献上されたという記録が『日本書紀』にあるのです。聖徳太子がこれを「沈香(じんこう)」という名だたる香木だと教えたとされ、この香木は仏像になったとも、ご神体として祀られているとも言い伝えられています。
 仏教とともに伝来した香は、この香木の発見を機に香りの文化として独自の発展を遂げてゆきます。香料、香水などのヨーロッパの香り文化とは異なる日本独自の香り文化をつくりあげたのです。
キツツキの季寄せ 蚊取り線香と、夏の記憶
 夏の夕暮れ時、どこからともなく蚊取り線香の香りが流れてくると、「これぞ日本の夏の香り」と感じるものです。
 この蚊取り線香が生まれたのは、今から約110年前。現在の「金鳥」の創業者が粉末状にした除虫菊におがくずをまぜて燃やす方法を考えたのが始まりです。しかし、夏に火鉢が必要だったこともあり、広くは普及しませんでした。次に線香に除虫菊を練りこむことを考案。当初は棒状で1本は40分ほどで燃え尽きてしまい、しかも線香が倒れて火事が起こることもあったのだといいます。
 渦巻き形になったのは、1895年から。解きほぐすと全長が75cmにもなり一度の点火で7時間使用できます。
 これは、人の睡眠時間に合わせた長さだといわれています。一度点けて眠れば、朝までぐっすり眠れるというわけ。
 す~っと一筋立ち上る煙そのものには、実は蚊を殺す力はありません。実際には線香が燃焼する少し手前、250度ほどになった時、気化して放出される成分に殺虫効果があり、煙はその拡散を助ける運び役です。
 蚊取り線香は、窓を開け放ち、風の流れの中で使う道具です。冷房設備が完備した昨今では、使われることが少なくなり、シートやリキッドなどの蚊取り器が主流に。でも、時には窓を開けて、風の通り道に蚊取り線香を置き、夏らしく過ごしてみてはいかがでしょう。
夏に熱いお茶を
 夏に暑い日が続くと、つい冷たい飲み物ばかり飲んでしまいがち。でも、ふと気づくと身体がだるく、夏バテをしやすい体質に陥ってしまいます。そんな時におすすめなのが、熱い緑茶を飲むこと。東洋医学では、昔から食材には五気五性があるとされています。「寒、涼、温、熱、平」という性質があり、緑茶はこの中の「寒性」を持つ食材。つまり、熱いお茶を飲むと、発汗とともに体の中から熱を取り去ってくれるというわけです。また緑茶の成分カテキンには抗菌作用があり食中毒防止になるので食後に1~2杯飲むのがおすすめ。
 新茶の季節は、立春から数えて八十八夜にあたる5月初旬で、春から夏へと変わる節目の時期です。この時期に摘みとられた一番茶は、冬の間に養分を蓄えて春に芽を出すので香り高く旨味が凝縮されています。不老長寿の縁起物としても重宝されるそう。
 太陽の下で育てる煎茶は、新鮮で瑞々しい芳香。対して玉露の茶葉は覆い被せて育てます。日陰で育てた結果、独特の甘い香りがするだとか。夏以降に収穫した三番、四番茶を使って作るのが番茶。この番茶を煎ったほうじ茶や、茎を使った茎茶など、収穫時期や加工方法によって、香りの違いを楽しむことができます。
 「朝茶はその日の難のがれ」ということわざがあります。昔の人は朝にお茶を飲むことで、災いが去って福来る、健康になって長生きすると言い伝えられてきたそうです。夏の清々しい朝に、熱めに入れたほうじ茶のきりっと芳ばしい香りや、ややぬるめのお湯でゆっくり引きだした煎茶のまろやかな香りを味わうのもいいものです。

本日のカウント
本日の歩数12,26歩
(本日のしっかり歩数:1,408歩)
本日:54.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)○

|

« 「イワシ」と「モロヘイヤ」で若々しく!【老化にサヨナラしたいあなたのそばにイワシそば】 | トップページ | 「目の健康を守りましょう!④緑内障治療について」、そして「鹿児島産 桜島どりの寿司弁当」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嗅ぐ:

« 「イワシ」と「モロヘイヤ」で若々しく!【老化にサヨナラしたいあなたのそばにイワシそば】 | トップページ | 「目の健康を守りましょう!④緑内障治療について」、そして「鹿児島産 桜島どりの寿司弁当」 »