« 世界が認めた「西伊豆しおかつお」 味の箱舟に登録 | トップページ | 夏からはじめるGreen Smoothie »

2014年7月10日 (木)

暑さと湿気は油断大敵!室内でも熱中症に要注意

 今日は、7月10日、「納豆の日」だ。7(ナ)10(トウ)ということらしい。

 台風が・・・。

 仕事を終え、帰宅途中、「杏林堂」に寄る。売り出しの「味付落花生」170円、「シーチキンLフレーク」300円を買う。
 「シーチキン」は、「L「きはだまぐろ」、「マイルド」が「かつお」なんだよね。

 帰宅して「冷トマト」で一杯♪
暑さと湿気は油断大敵!室内でも熱中症に要注意

 さらに、先日買った「炭焼き たたき」♪
美味しさは「鮮度」と「焼き」にあり。

 『田舎暮らしの本』2014年8月号に「信州駒ヶ根はあなたをお待ちしています」というものが載っていた。
ふたつのアルプスの絶景や清流-。自然豊かな暮らしやすいまち
 東に南アルプス、西に中央アルプス、山からの清らかな水の恵み、澄んだ空気、肥沃な大地-。駒ヶ根市は、豊かな自然の中に息づくまちです。移住者・民間企業・行政の三者連携により、移住を希望されるみなさまを全力サポート!駒ヶ根で暮らしませんか?
≪三者の連携で移住後もしっかりサポート≫
田舎暮らし駒ヶ根推進協議会
・移住者の知恵
・行政の安心感
・民間企業の活力
 「田舎暮らし駒ヶ根推進協議会」は、移住者・民間企業・行政の三者が連携して、移住者をサポートする組織です。移住についての相談や疑問、家探し、仕事探し、建設業者の紹介、資金の相談、さらに新規就農を目指す人の相談にも応じます。
≪駒ヶ根はこんなところ≫
・2つのアルプスが自慢
 遠くに峻険な山々、裾野にはのどかな里山。春の山菜採り、夏の高原の風、秋の紅葉、冬の駒ケ岳。四季折々の自然を感じられます。
・人にやさしく、暮らしやすい
 将来にわたってよい社会と自然環境を保ち続ける「サステナブル度」で、5万人未満の小都市の総合評価で全国トップに。
(2011年10月「日経グローカル」No.182)
・観光のまち
 中央アルプス駒ケ岳ロープウェイや駒ヶ根高原、早太郎温泉郷などがあり、全国各地から観光客が訪れます。
・国際交流が盛ん
 全国に2つしかない青年海外協力隊の訓練所が置かれる駒ヶ根市は、多くの外国籍の人が住み、国際色豊かです。
≪各地での相談会≫
・名古屋 7月13日(日)
(第1回 信州駒ヶ根田舎暮らし相談会)
吹上ホール
愛知県名古屋市千種区吹上2-6-3
名古屋市中小企業振興会館
・東京 8月22日(金)
(第2回 信州駒ヶ根田舎暮らし相談会)
ふるさと回帰支援センター
東京都千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館6階
◎その他の相談会&今後の予定
・10月18日(土)
信州田舎暮らしセミナーin名古屋【長野県主催】
中日ビル会議室
・10月26日(日)
東京相談会(ふるさと回帰支援センター)
・11月29日(土)
大阪相談会(大阪シティホール)
・2015年1月25日(日) 東京
・3月7日(土) 名古屋
・3月15日(日) 東京【長野県主催】
≪現地体感ツアー≫
 駒ヶ根市内の物件を案内するほか、先輩移住者の体験談、座談会、個別相談も行います。まずは、駒ヶ根を感じてください。ツアー以外にも、希望があれば個別の市内案内も対応可能です。
・「夏」体感プラン
 7月26日(土)
◎今後の予定
・9月21日(日)「初秋」体感プラン
・10月3日(金)~5日(日)お試し滞在
・11月15日(土)「晩秋」体感プラン
・2015年2月7日(土)~8日(日)「冬」体感プラン
『分譲地を販売中』
 駒ヶ根市土地開発公社では、3つの分譲地を販売しています。
・赤須ヶ丘タウン(29区画)524万~657万円
・午住ヶ原住宅団地(2区画)554万~595万円
・福岡住宅団地(1区画)1075万円
駒ヶ根を「ごま」のまちに!
 国産ごまは、流通のわずか0.1%程度と、とても希少!駒ヶ根市では、希少なごまを栽培し、農業・商業・工業が連携した「ごま」の地域ブランド化を推進しています。駒ヶ根産ごまは、農薬不使用で栽培され、安心安全なうえ、色よく、艶よく、香り高く、風味豊かで、食べてみればほかとの違いがきっとわかります。
【お申込み・お問い合わせ】
駒ヶ根市 産業部 商工観光課
TEL 0265-83-2111 (内)436
長野県駒ケ根市赤須町20番地1号

http://www.city.komagane.nagano.jp/

 『ここ住も!』2013年7月号の「暮らしに役立つマメ知識」は、「暑さと湿気は油断大敵!室内でも熱中症に要注意」だった。
 ムシムシとした暑い日が続き、出かける家族を見送る時も熱中症が心配になるシーズンがやってきました。いえいえ、外出先だけではありません。実は家の中にいても熱中症の危険があることをご存じですか?どこにいても油断せず、熱中症のことをよく知って、しっかりとした対策を心がけましょう。
梅雨明けは特にご用心!熱中症ってどんな病気?
 「熱中症」とは、気温が高いことなどが原因で体内の水分や塩分のバランスがくずれ、体の機能が正常に働かなくなることによって起こる障害です。人の体は常に熱を作り出す働きする一方で、汗をかいて皮膚から熱を逃がすことによって体温の上昇を抑えています。熱中症になるとこうした体温調整ができなくなり、体の中に熱がこもって体温が異常に上昇します。その結果、様々な症状を引き起こし、重症化すると死に至ることもあります。
 熱中症は、急に気温が高くなる梅雨明けなどの時期に多く発症します。ただし、気温が低くても湿度が高いと汗が蒸発しにくくなり体に熱がこもるので発症の危険が高まります。また、真夏の直射日光や地面の照り返しが危険度をさらに高めます。風の無い日も汗が蒸発しにくくなるので充分に注意しましょう。
 熱中症は炎天下にいる時と同様に、窓を閉めきった無風で高温の室内にいる時にも発症します。発症件数自体は屋内よりも屋外のほうが多いのですが、重症患者数は意外にも室内の方が多いという統計が出ています。つまり、家の中にいるからといって決して安心できないのです。特に、蒸し暑い部屋で片づけものをするときなどは注意が必要です。真夏日の午前10時前後または午後13~14時の間はエアコンや扇風機を使用したり窓を開けたりして室内環境を調整しましょう。また、夜間にエアコンや扇風機を使わず窓を閉め切って寝るのも危険です。水分をよく摂り、換気や温度調節を心がけましょう。
 熱中症にかかるリスクは誰にでもありますが、特にお年寄りや子どもは要注意!お年寄りは暑さを感じにくくなるため暑さ対策が遅れてしまい、気づかぬうちに室内で熱中症になってしまう場合があります。また、子どもは背が小さいので地面の照り返しの影響を受けやすいことや、体温調節機能が未成熟なため熱中症にかかりやすくなります。自分ではなかなかケアできないので、周りの家族が常に声をかけて気づかってあげるようにしましょう。もちろんペットも同様です。室外飼いの場合は風通しのよい日陰の場所を選び、室内飼いの場合は家族が留守になる日中の室内環境に充分配慮してあげましょう。
注:次のような症状が出たら要注意
 熱中症には4種類あり、それらの総称として熱中症と呼びます。また症状としては重症度が3種類に分けられます。
【Ⅰ度(軽症)】
 現場での処置で対応できます
・熱失神
 症状・・・めまいや失神
 原因・・・直射日光や高温多湿の下で長時間行動をしていた事により、血管が広がって血圧が下がった為
・熱けいれん
 症状・・・痛みが伴う(お腹やふくらはぎの)筋肉のけいれん
 原因・・・水分を取らないで行動したた為、または水分は取っていたが塩分やミネラルが不足した為
【Ⅱ度(中等症)】
 病院にかかる必要があります
・熱疲労
 症状・・・大量の汗をかく、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、体がだるい。体温が39℃くらいまであがる。
 原因・・・大量の汗をかいた分の水分・塩分の補給が足らず、脱水症状が起こった為
【Ⅲ度(重症)】
 入院して集中治療を受ける必要があります
・熱射病
 症状・・・汗が出ない、意識障害(反応がおかしい、意識混濁など)、皮膚が赤く日照った状態、体温が40℃以上上がる
 原因・・・体温調整機能がうまくいかず、体温が上昇した為
熱中症を予防しよう!
 火を使うキッチンや空気のこもった納戸など、家の中にも熱中症の危険スポットがあちこちに存在します。そこで、熱中症を予防するポイントをご紹介!家族みんなで実践して夏を元気に過ごしましょう。
部屋の温度をこまめにチェック
 室内の温度と湿度をこまめにチェック!室温は28℃を超えないように、湿度は50%~60%以下を保つように、換気や温度調整を心がけることが肝心です。
体をしめつけない涼しい服装
 皮膚からの熱の出入りは衣服が大きく関係します。通気性や吸湿性の優れた素材を選び、体をあまりしめつけないように涼しい服装で過ごしましょう。
水分・塩分をバランスよく補給
 喉がかわかなくても水分をよく摂ると同時に、塩分もバランスよく補給!スポーツドリンクは特におすすめです。夜は枕元に飲料水を用意して寝ましょう。
バランスの良い食事
 旬の野菜を中心にバランスの良い食事をとり、熱中症にかかりにくい元気な体をつくりましょう。1日3食の規則的な食事とビタミン補給を忘れずに!
無理をせず、適度に休憩を
 家の中で掃除や片づけものをするときにはあまり無理をせず、適度に休憩を入れましょう。特に風通しの悪い場所で長時間作業するのは控えましょう。
充分な睡眠
 寝不足や疲れがとれない日が続いている時、風邪をひいているときなどは要注意!風通しが良く涼しい環境を整えて睡眠をしっかりとることが大切です。
熱中症の応急処置を知っておこう!
 万が一熱中症のような症状が出たら、様子を観察し、必要なら総合病院へ早急に連れて行く必要があります。いかに早く体温を下げるかが肝心なので、応急処置をしっかり知っておきましょう。
・涼しい場所に運び足を高くして寝かせる
 まず、涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせます。脳に血が行きやすいように足は高くして、手足を末梢から中心部に向けてマッサージしましょう。吐き気やおう吐などで水分が補給できない場合には速やかに病院に連れて行き、点滴を受ける必要があります。
・水分を飲ませる
 冷えた水を自分で飲ませてみること。きちんと自分で飲むことができれば軽傷で、適切な応急処置を施せばそのまま回復すると思われます。上手に飲めない場合は意識障害が考えられるので医療機関の受診が必要です。また、塩分の補給も必要です。
・霧吹きで体に水を吹きかけ風をあてる
 霧吹きで体中に水を吹きかけ、うちわや扇風機で風を送って、水の気化熱によって身体を冷やすのが効果的です。一気に水をかけるのはショックが激しいのでNG。氷や冷却材などを使うときも体に直接当てないようにタオルで巻いて使いましょう。
・ぬれタオルを首筋や脇の下にあてる
 左右の首筋やの下、足の付け根など、動脈が流れている部分にぬれタオルをあてて冷やすのも効果的。また、腋の下や足の付け根、首の前の部分には体の表面近くに太い動脈も流れているので、体の中心部に戻っていく血液を冷やすことで体の内側から効果的に冷せます。

本日のカウント
本日の歩数:7,862歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 世界が認めた「西伊豆しおかつお」 味の箱舟に登録 | トップページ | 夏からはじめるGreen Smoothie »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/59959803

この記事へのトラックバック一覧です: 暑さと湿気は油断大敵!室内でも熱中症に要注意:

« 世界が認めた「西伊豆しおかつお」 味の箱舟に登録 | トップページ | 夏からはじめるGreen Smoothie »