« 「七冠馬 純米酒」、そして「雲南山椒 ジャコのり 頼むからごはんください。」 | トップページ | 甘いの?しょぱいの?どっちなの?”仰天”ご当地アイス »

2014年7月 2日 (水)

「日曜日は料亭気分」(6-4)「鶏塩蒸し 焼き茄子 粒マスタード」

 今日は、7月2日、「半夏生」だ。
 半夏生は、夏至から数えて約11日目。関西地方では半夏生の日に、稲がたこの足の吸盤のように大地にしっかり根付き、豊作になることを願ってこの時期の旬であるたこを食べる習慣があるそうです。

 斉藤一人さんの今日のカード。
 神様は、「あなたが乗り越えられない問題」は絶対に出しません。
 だから、どんな問題も乗り越えられるようになっているんです。
 安心して、「乗り越える方法」を考えてください。すぐわかりますよ。
 もし、すぐ思い浮かばなかったら、ほっとけばいいんです。時間が勝手に解決してくれますから。
 結局、解決できない問題なんてないんですよね。

 今日の夜は、会合があったのだがもう疲れた・・・帰らせて戴く・・・。

 帰宅して、「冷しトマト」で一杯♪♪♪更に、「カラフトししゃも」♪♪♪先週、1パック250円だが、2パックで300円で買ったもの。

 6月22日の「日曜日は料亭気分」は、「鶏塩蒸し 焼き茄子 粒マスタード」だった。
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
・ 鶏胸肉・・・2枚
・玉ネギ・・・1/4個
・ナス・・・4本
・キュウリ・・・1本
・大根・・・1/4本
・ニンジン・・・1/2本
・A(粒マスタード大さじ2、マヨネーズ大さじ2、しょうゆ小さじ1)
・塩・・・適量
★1人分210キロカロリー、脂質7.5グラム、塩分1.3グラム
<1>鶏胸肉は皮を取る。鍋に水と水の量の0.5%程度の塩を入れ、65~70度に熱する。スライスした玉ネギと鶏を鍋に入れ、温度を保ちながら弱火で50分ほどゆでる。火を止めたらそのまま置き、完全に冷めたらゆで汁ごと冷蔵庫に入れ、2~3日置く。
<2>ナスは焼いて皮をむき、みじん切りしてAとまぜる。
<3>キュウリと大根、ニンジンは千切りにする。
<4>(1)の鶏を食べやすい大きさに切り、(2)と(3)と一緒に器に盛る。鶏と野菜は(2)を付けて食べる。
【茄子チーズ焼き】
『材料』(4人分)
・ナス(太め)・・・4本
・トマト(小)・・・1個
・レモン・・・1/2個
・塩・・・適量
・こしょう・・・適量
・溶けるチーズ・・・適量
・しょうゆ・・・適量
・パセリ・・・適量
・サラダ油・・・適量
★1人分162キロカロリー、脂質12.9グラム、塩分1.1グラム
<1>ナスは1本を2つに輪切りし、約160度の油で2分ほど素揚げする。
<2>(1)に軽く塩、こしょうを振り、上にトマトの薄切りをのせてレモン汁を2~3滴搾り、チーズをのせてオーブンでチーズが溶けるまで焼く。
<3>器に盛ってしょうゆを2~3滴垂らし、刻んだパセリをのせる。
≪匠のひと手間≫
 蒸し鶏は、超高温の水蒸気で食品を焼く「ウオーターオーブン」があれば簡単にできます。オーブンの設定温度と時間はレシピと同じです。
 ウオーターオーブンがなくても家庭でおいしくできるよう、今回はゆでました。鶏をゆで汁に入れたまま3日ほど置くと、しっとりとした口当たりにもなります。ゆでた後の湯でスープも作れます。玉ネギはそのまま残して、シイタケと溶き卵を入れ、ミツバを散らすと香りと彩りが良くなります。
 粒マスタードは、タルタルソースのように鶏や野菜と一緒に食べます。焼きナスの香りがいいでしょう?ほかの料理に添えてもおいしいです。蒸したりバターで焼いたりした白身魚やゆでた車エビなどが合います。
 チーズ焼きでは、皮を軟らかくし、コクを出すためにナスを素揚げします。レモン汁はさわやかな香り付けのためです。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20140624ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数:7,473歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「七冠馬 純米酒」、そして「雲南山椒 ジャコのり 頼むからごはんください。」 | トップページ | 甘いの?しょぱいの?どっちなの?”仰天”ご当地アイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜日は料亭気分」(6-4)「鶏塩蒸し 焼き茄子 粒マスタード」:

« 「七冠馬 純米酒」、そして「雲南山椒 ジャコのり 頼むからごはんください。」 | トップページ | 甘いの?しょぱいの?どっちなの?”仰天”ご当地アイス »