« ひと手間かけるだけ!かんたんおいしい 山ごはん | トップページ | 「富士見園」、そして「静岡産 桜海老としらすのうまいもんで弁当」 »

2014年6月27日 (金)

フルーツブランデーの季節

 「北国からの贈り物」より、楽天メール。「山形県産 尾花沢スイカ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/304933/?scid=rm_190841
 「海鮮工房 礼文島の四季」より、楽天メール。
http://item.rakuten.co.jp/rebun/umi_tamatebako/?scid=rm_198862#umi_tamatebako

 石油切れのため、「コロナ石油小形給湯器 ACIENA G UIB-G4020HTR」がよくない・・・。
 取扱説明書をダウンロードする。
http://www.corona.co.jp/
http://www.corona.co.jp/question/index_qdown.html
http://www.corona.co.jp/question/setsumei_dl/setsumei_dl.html

 今日の昼食のデザートは「姫まくら」というスイカなり♪
http://www.e-taneya.com/item/1826.html

 仕事を終え、帰宅途中、「ビッグ富士」に寄る。「生しらす」321円のところ半額の160円、「カラフトししゃも」2パック324円、「黒豚ギョーザ」2パック324円、「冷たいラーメン」213円、「かつお土佐造り」100g105円、「もやし」18円を買い、帰宅。
 外税とか、内税とか統一してほしいよね!!!

 ボイラーが「UIB-AG47XP」に・・・。

フルーツブランデーの季節

 夕方は、今日買った「静岡県産生しらす」298円のところ半額で一杯♪♪♪「ポン酢」で食べると案外美味しいよ♪♪♪
お刺身、酢みそ、梅酢、ポン酢、かき揚げ等で召し上がれます。

 2014年6月2日の朝刊に「フルーツブランデーの季節」という記事が載っていた。
 梅やビワなど夏の果物が出回る季節になった。今年はブランデーを使って漬け込み、コクのあるまろやかな風味を楽しもう。
 料理研究家の平野由希子さんは、「フルーツのいっときしか味わえない季節感が、ブランデーに漬ければ長く楽しめる」と、フルーツブランデーづくりをすすめる。
 ブランデーを使うと、砂糖を入れなくても、果物の甘さだけで十分に甘く飲みやすくなる。冷凍梅なら漬け込みから一週間で、他の果物なら翌日には飲める。高級なイメージのブランデーだがサントリー「V・O」(希望小売価格千七十四円)などお手ごろなものもある。
 オレンジの下処理では、苦味が出る白い皮をきちんと取り除くのがポイント。ビワや桃の種は香りが出るので一緒に漬け込む。
 飲み方はロックやストレート以外に、ブランデーの三倍のトニックウオーターで割ったスプリッツァーを。アイスティーなどの香り付けにもなる。
 名古屋市の栄中日文化センターで人気の梅酒づくり講座の講師で、梅酒ソムリエの金谷優さん(38)も、ここ数年のブランデー梅酒の人気に注目。「ブランデーの香りと、梅の風味や香味が、それぞれ際立つ味わいが魅力」と言う。
 梅をブランデーに漬ける場合、実がしっかりしており、触ってみてはりやつやのあるものを選ぶのが基本。緑色の梅を使うと酸味を特徴とした味わいに、熟した黄色の梅なら香りがより楽しめるので、使い分けるとより幅が広がりそうだ。
 フルーツブランデーは料理にも使え、和食や中華にも合う。平野さんは「臭みが消え、果物の香りで洗練された和食になる。日本酒や紹興酒の代わりに使って」とアドバイスする。
 (安食美智子、福沢英里)
◆フルーツブランデーの作り方
 ●用意するもの
▽ブランデー 1/2本(320ミリリットル)
▽密閉びん (パッキンのついたガラス製のもの。500ミリリットル用)
▽果物
 ●果物の量と下処理
▽梅 6個~ 洗って水気を十分に切り、竹ぐしでへたを取り除く。この後一晩冷凍するとよい
▽オレンジ 1/2個~ 皮をゴシゴシよく洗い、ピーラーなどで皮をむき、白い皮の部分は取り除き、果肉を3、4枚にスライス
▽桃 1/2個~  皮をむかず、種はそのままで半分に
▽ビワ 2個~ 皮をむき半分に
 ●作り方
<1>密閉びんに下処理したフルーツを入れ、ブランデーを静かに注ぎ入れる。
<2>密閉し、高温を避け、直射日光の当たらない場所で保管し、梅は3カ月(冷凍なら1週間)、ほかのフルーツは1日でできあがり。梅以外は1週間で取り除く。
◆鶏の梅ブランデー煮
・鶏肉の手羽元 8本
・梅ブランデー 1/2カップ
・水 1カップ
・しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ1
・塩 少々
・玉ネギ 1個
・サラダ油 大さじ1
・さやいんげん 16本
<1>手羽元は水気をふき、塩をふる。玉ネギはくし形に切る。いんげんはへたを切り、塩ゆでし、半分の長さに切る。
<2>フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を中強火で焼く。焼き色がついたら、玉ネギを加えて炒める。
<3>梅ブランデーを入れて水、しょうゆ、みりんを入れてふたをして15~20分煮込む。いんげんとともに盛り合わせる。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2014060202000006.html

本日のカウント
本日の歩数:9,086歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)○

|

« ひと手間かけるだけ!かんたんおいしい 山ごはん | トップページ | 「富士見園」、そして「静岡産 桜海老としらすのうまいもんで弁当」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/59885748

この記事へのトラックバック一覧です: フルーツブランデーの季節:

« ひと手間かけるだけ!かんたんおいしい 山ごはん | トップページ | 「富士見園」、そして「静岡産 桜海老としらすのうまいもんで弁当」 »