« 「らーめん 餃子 ウエダ」「GUINNESS」、そして「<食卓ものがたり> イエローキング」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(6-1)「稚鮎つの字揚げ」 »

2014年6月15日 (日)

「五」、「青森産 帆立のちらし寿司弁当」、そして「ブーブータン金印」

 今日は6月の第3日曜日、「父の日」だ。そして「さくらんぼの日」だ。
 さくらんぼ狩りの最盛期であることから、さくらんぼの産地である山形県寒河江市が1990(平成2)年に6月の第3日曜を「さくらんぼの日」に制定しました。

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「手羽先餃子」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/gt2005-1/?scid=rm_197493

 テレビの「遠くへ行きたい」で「能登半島 うまいもの探し」をやっていた。
http://www.to-ku.com/
・輪島朝市
 「朝市さかば」串刺身 200円
        能登丼 700円
・いしる
 ナスのいしる煮
 いしる干し(いしるを3倍にうすめて、さかなを漬け、一夜干しにする)
・大畑屋
 塩煎餅 600円(13枚入り)
・輪島の夕市
 住吉神社
・白米千枚田
・民宿 深三
・珠洲市
 櫻田酒造 初桜、能登桜
・丸和工業 七輪

  「一泊二日で五運成就!よくばり開運ツアー」をやっていた。
http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=42313/episodeID=760777/
・五運(恋愛運、健康運、金運、仕事運、人気運)
≪箱根神社≫源頼朝と北条政子が愛を育んだ 恋愛運アップ!
 箱根神社(山の神)の境内には九頭龍神社(水の神)がある。
 一の鳥居から五の鳥居までくぐっていく。一の鳥居をくぐる時は、一礼する。
 鈴を鳴らし、お賽銭を入れ、二例二拍手一礼。
・箱根元宮
・九頭流神社 新宮(龍神水)
≪大涌谷≫関東隋一の自然系 開運スポット 健康運アップ?!
 黒玉子
≪深沢銭洗弁財天≫金運
 生卵をお供えする
<福寿院>跨ぎ撫で観音
 跨いで、観音様の自分の体の悪い部分を撫で、そして自分の悪いところをなでる。
<天成園>
・玉簾の滝 延命の水
・玉簾神社 箱根神社の分宮
電話:0460-83-8511
住所:神奈川県足柄下郡箱根湯本682

http://www.tenseien.co.jp/
≪黄金の七福神≫なでしこJAPANを優勝へ!?仕事運アップ 黄金の七福神
 河口湖 ハーブ館で御朱印台紙1枚500円を購入する。
・恵比寿天
・大黒天
・毘沙門天
・弁財天
・布袋尊
・寿老人
・福禄寿
≪富士山≫神が宿る日本一の開運スポット!?人気アップ 富士山
・富士山の御神祭 木花之佐久夜毘売命
・小御嶽神社

 LAWSONに買い物に出かける「郷土のうまい!青森産 帆立のちらし寿司弁当」530円を買う。
 「郷土のうまい!」で「静岡産 しらす」が発売になるらしい・・・↑↑↑
http://www.lawson.co.jp/recommend/static/umai/?ca=rec_umi_001
「五」「青森産 帆立のちらし寿司弁当」、そして「ブーブータン金印」

 杏林堂で「サッポロ黒生」6缶1,078円を買う。
日本のお父さんに乾杯。
・料理を愛するお父さん
 クッキングパパ「荒岩 一味」
・古き良きお父さん
 巨人の星「星 一徹」
・趣味に生きるお父さん
 釣りバカ日誌「浜崎 伝助」

 今日は、休みなので録画しておいたビデオを見る。
 まず「孤独のグルメ Season 2」。今回は「千葉県旭市 飯岡のサンマとなめろうと蛤の酒蒸し」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/
≪民宿 岸壁荘≫
≪Light House≫
・レアチーズケーキ(ケーキセット)620円
≪つちや食堂≫お食事処 貝類直売 温水シャワー
・刺身定食(まぐろ、サンマのなめろう)900円
・赤貝
・蛤の酒蒸し 1000円
☆さんまのなめろう 700円
☆アジフライ 500円
☆ほっき貝の天ぷら 800円(裏メニュー)
☆サーファー定食 600円(豚肉の生姜焼き+目玉焼き+納豆)
千葉県旭市三川5717-102
TEL 0479-57-5781

 「おしかけスピリチュアル」は「CHIEオリジナル沖縄スピリチュアルルート」だった。
http://www.tv-tokyo.co.jp/oshikakesp/
≪斎場御嶽≫(sefa utaki)
・大庫理(うふぐーい)疲れた心がリフレッシュできるという場所
・三庫理(さんぐーい)心身ともに癒してくれるという聖地
≪ユタ 渡具知 綾子さん≫
・琉球料理 名護曲レストラン
・群馬県 榛名神社 CHIEの神社
・日枝神社 東京一の開運スポット
(東京都赤坂山王日枝神社)
≪沖縄 都ホテル≫
・美人の泉 水を額につけると美人になれる
(ホテル駐車場の奥にある)
≪波上宮≫スゴい恋愛運を授けてくれるという聖地
・香炉 神様や祖先の霊を祀るための媒体となる容れ物
・ニライカナイ 沖縄で海の彼方や地底にあるといわれる聖地。神々が来訪してこの世の人々に祝福をもたらすという。
・波の上ビーチ
≪ガンガーラの谷≫
・大主ガジュマル 精霊が宿る木。金運アップ

 「おにぎりあたためますか」は、佐賀の旅。
・有田焼カレー 1500円、2000円
「創ギャラリー おおた」
有田町南原甲444
TEL 0955-4275
・ヘルシー御膳 1575円
 嬉野温泉 湯豆腐
 命の水が使われている。様々な病気が治った。
「板前 東屋」
嬉野市嬉野町下宿乙826
TEL 0954-42-1074

http://www.htb.co.jp/onigiri/

 散歩に出かける。

 「酒&FOOD かとう」で、「五」3,024円を伝票で買い帰宅。ラベルは、漢字の「五」らしいが、「Z」に見えるよ!!!

 夕方は、一杯だね♪♪♪
「五」「青森産 帆立のちらし寿司弁当」、そして「ブーブータン金印」

 お酒は、まず、今日買った「」♪♪♪なかなか美味しいね♪
五 five
純米生原酒
原材料名/米(山田錦)・米こうじ(山口県産米)
精米歩/70%
酒井酒造株式会社
山口県岩国市中津町1丁目1番31号

http://www.gokyo-sake.co.jp/

 ここで、【日本酒 用語解説】の引用♪
《純米酒と特別純米酒》
 純米酒とは、米と米麹、水だけで醸したお酒のこと。ただし、お米の格付けが3等米以上・米麹の割合が15%以上が必要です。精米歩合が60%以下のお米で造った純米酒は、「特別純米酒」と表示することができます。
《純米吟醸酒》
 純米吟醸酒とは、特別純米酒と同様に精米歩合が60%以下のお米を用い、吟醸酒用の特殊な米麹を造り、香り高い酵母を選び、低温で発酵させたお酒で、華やかな香りとキメ細やかな味わいが特徴です。
《山廃純米酒》
 お酒を造りには、大量の酵母菌が必要です。そこで、予め酵母を大量に培養します。現在は、仕込みのときに乳酸を加え雑菌の進入を防ぐ「速醸酵母」が主流ですが、山廃酒母は、乳酸を加えず、天然の乳酸菌の力で乳酸を造り、酵母を賠償します。この手法で造ったお酒は、コシが強く、濃醇。キレのいいお酒になります。 
《日本酒度》
 日本酒の比重を表したものです。糖分が多いお酒ほど、比重が大きくなることから、甘辛の目安になっています。
《酸度》
 この数値が大きいほど、酸味が強く、濃醇で辛く感じます。
《酵母》
 自然界には多様な酵母が生息しています。清酒造りには、求める酒質に応じていろんな清酒酵母が使用されます。
《杜氏》
 蔵元で酒造りに従事する人のことを蔵人といいますが、そのリーダーが杜氏です。かつては杜氏集団が季節労働として従事しましたが、最近は社員や蔵元の当主が杜氏を務めるところも多くなりました。
「日本名門酒会 2013年秋の頒布会」リーフレットより

「五」「青森産 帆立のちらし寿司弁当」、そして「ブーブータン金印」

 おつまみは、まず家庭菜園で作った「ナスの塩もみ」♪
 「ふじっ子」を入れると美味しいジャン!!!

「五」「青森産 帆立のちらし寿司弁当」、そして「ブーブータン金印」

 そして、「郷土のうまい!青森産 帆立のちらし寿司弁当」530円♪
http://www.lawson.co.jp/recommend/static/umai/?ca=rec_umi_001
「五」「青森産 帆立のちらし寿司弁当」、そして「ブーブータン金印」

郷土のうまい!鮨弁
<お品書き>
・青森産 旬の帆立ちらし寿司
・鳥取産さばの醤油麹焼
・人参とこんにゃくの炊き合わせ
・手づくり鶏つくね(ごぼう・人参入り)
・ふっくら金時豆
・青森産旬の帆立ちらし寿司のこだわり
 濃厚な甘みと旨みが特徴の青森産帆立。その旬の味わいを、やさしい甘さに炊き上げました。国産の根菜を使った五目寿司飯は、旬の生姜を添えて、さっぱりと。初夏にぴったりの味わいに仕上げました。
 国産にこだわった美味しさを、どうぞご堪能ください。
※魚の小骨に注意してお召し上がりください。
製造者:日本クッカリー(株)小牧工場
TEL:0120-026-599
愛知県小牧市河内屋新田字上倉杁630

  ここで、今朝の朝刊「全国うまいもん」より、「ブーブータン金印」の引用♪
味わい深い豚タン
 宮崎県南西部に位置する都城は牛、豚、鶏の食肉産出額がいずれも全国一の町。肉は土地の人々にとってなじみ深い食材で、かつては”ずり”と呼ぶ鶏砂肝の味噌漬けが一般的な家庭料理だったほど。いわば肉の漬物だが、その先人の知恵を活用して生まれたのが、ばあちゃん本舗の「ブーブータン金印」。豚タンを、野菜類やユズ、生姜を加えた自社製の味噌に数日間漬け込んだ後、広葉樹のチップで燻製したものだ。
 「ずりを商品化し、加えて新名物を模索。生産者と意見交換する中で、牛タンに比べ知名度は低いものの、素材としては遜色のない豚タンが浮かんだ」と、社長の小園秀和さん。平成19(2007)年に売り出し、同年の東京インターナショナル・ギフト・ショー準グランプリを獲得。当時の東国原秀夫宮崎県知事が美味さに感嘆、命名したという逸品である。
 舌先はしっかりとした歯応え、舌中は弾力がありながらもさっくりとした食感、舌元は脂がのって柔らかく、味噌の旨みがほどよく染み込んでいる。部位によって味わいが異なるのも魅力。
【取り寄せ先】
ばあちゃん本舗
宮崎県都城市高城町桜木1612
TEL 0986-53-2003
FAX 0986-53-2343
2本(300g)入り、税込み2500円(送料別途)
※商品は冷凍便で発送

http://www.bachan-honpo.jp/

 さらに「里山を歩く」より、「クローバー」の引用♪
箱詰め緩衝材が由来
 四枚の小葉のものを見つければ、幸運を獲得できる、との言い伝えがあるのがクローバーだ。クローバともいう。和名はシロツメクサ。漢字で白詰草と書く。かつて少女たちは、四つ葉を探すのに熱中した。
 ヨーロッパ原産のマメ科の多年草で、江戸時代に渡来した。現在、里山近くから市街地まで、草むら、道端などに野生化している。茎は地面を這い、立ち上がった長い柄の先に、白い球形の花を開く。小葉は倒卵形で、普通三枚だ。
 以前、オランダからガラス器を輸入した際、箱に詰めて破損を防いだのが和名の由来である。その和名は、和蘭げんげ、詰草、白詰草と変遷をたどったとされる。和蘭げんげ、は紫雲英に花が似ているからだ。ウマゴヤシの別名もある。
 緑肥や家畜の飼料として植えられるが、野の草としても広く普及している。姿が似ていて、茎が真っすぐ立ち、紅紫の花を開くのが、アカツメクサ。赤詰草と書き、ムラサキツメクサ、レッドクローバーともいう。やはりヨーロッパ原産の帰化植物で、明治維新ごろ渡来し、野生化している。
 稲畑汀子に「少しの間クローバー見えてゐる離陸」の句がある。空港での風景だろう。とても、ハイカラだ。

本日のカウント
本日の歩数:10,055歩
(本日のしっかり歩数:5,080歩)
本日:55.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「らーめん 餃子 ウエダ」「GUINNESS」、そして「<食卓ものがたり> イエローキング」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(6-1)「稚鮎つの字揚げ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/59819788

この記事へのトラックバック一覧です: 「五」、「青森産 帆立のちらし寿司弁当」、そして「ブーブータン金印」:

« 「らーめん 餃子 ウエダ」「GUINNESS」、そして「<食卓ものがたり> イエローキング」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(6-1)「稚鮎つの字揚げ」 »