« 「五」、「青森産 帆立のちらし寿司弁当」、そして「ブーブータン金印」 | トップページ | <食卓ものがたり> ハモ(京都市) »

2014年6月16日 (月)

「日曜日は料亭気分」(6-1)「稚鮎つの字揚げ」

 「北国からの贈り物」より、楽天メール。「白桃」が2kgで2,230円。2kgを2セット買うと、5kgになる。しかも送料無料♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/406642/?scid=rm_190841#406642
 「サッポロビール」より、メール。「ヱビス 夏のコク」の案内♪
http://www.sapporobeer.jp/yebisu/gallery/
 「アサヒビール」より、メール。「おつまみレシピ」が「から揚げ特集」♪
http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/recipe/special-recipe/special1406/

 しまった!!!USBメモリーを持ってくるのを忘れた!!!

 斉藤一人さんの今日のカード。
 何か問題が起きたとき、「これで良くなる」と思える人は幸せ。
 どんなささいなことにも感謝できる人は幸せ。
 結局、何があっても幸せと思う人を、誰も不幸にすることはできない。
 悪魔が1000人集まっても、そういう人を不幸にすることはできない。
 なぜなら、もうその人が幸せをつくりだす神様だから!

http://saitouhitori.jp/ass4/88.html

 ICレコーダーを買わなくても、WINDOWSのアクセサリに入っている「サウンドレコーダー」と「Sound Organizer」で仕事できたジャン!!!
http://www.sony.ip/support/ic-recorder/

 今日は仕事を遅く終え帰宅する事になる・・・。おかげで、ビッグフジで売り出しの「かつお」100g88円を買うことが出来なかった↓↓↓「ビック富士」は、エブリディになったので行ってみたかったんだよね・・・。
 勤務時間終了後に会議なんて計画するなよ!!!しかも残業手当はつかないんだよ・・・勤務時間後に仕事をさせるなら、残業手当をつけろよ!!!
 仕方がないので、杏林堂に寄る。女子高生が4人、入口でブロックしていて入りづらい・・・他のお客のことを考えてよ!とりあえず「森永
ビヒダスヨーグルト」108円、「味付落花生」204円を買い帰宅。

 だいぶ前に買った「烏賊」を茹でて、生姜醤油で一杯かな・・・♪

 6月1日の「日曜日は料亭気分」は、「稚鮎つの字揚げ」だった。鮎が美味しい季節ですよね♪♪♪
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
・稚アユ・・・12本
・レンコン・・・1節
・タデ・・・1束
・A(老酒(ラオチュウ)40cc、しょうゆ40cc)
・B(小麦粉40グラム、水80cc)
・かたくり粉・・・適量
・サラダ油・・・適量
★1人分224キロカロリー、脂質12.2グラム、塩分2.1グラム
<1>稚アユはAに20分ほど漬けておく。
<2>(1)のアユを「つ」の字になるよう、目と尾の付け根の部分をつまようじで留める。かたくり粉を付け、170度の油で5分ほど揚げる。揚げている途中でつまようじを外すと、身が崩れない。
<3>レンコンは皮をむき、薄い輪切りにして水にさらし、あくを抜く。水分をよく拭き取り、160~170度の油で素揚げにする。
<4>タデは食べやすい大きさに切り、Bの衣を付けて揚げる。
<5>皿に盛り、軽く塩(分量外)を振る。
【鮎飯】
『材料』(4人分) 米・・・2合
・アユ・・・4本
・タデ・・・1束
・A(だし汁360cc、みりん40cc、薄口しょうゆ40cc)
★1人分358キロカロリー、脂質2.0グラム、塩分2.1グラム
<1>米をとぎ、Aを入れて20~30分ほどおく。
<2>アユを丸のまま焼く。
<3>(1)の上に焼いたアユをのせ、普通に炊く。
<4>炊き上がったらアユの頭と骨を取り出し、身を食べやすい大きさにほぐしてご飯とまぜ合わせる。タデを食べやすい大きさに切って散らす。
≪匠のひと手間≫
 稚鮎つの字揚げは、金田中で出す料理。稚鮎が川からピッと飛び出した姿を表しています。盛り付けでも立体的になるように工夫すると、さらに躍動感が出ます。タデは鮎に欠かせない食材。そのまま食べると苦味があり、食べ続けていると、どんどん辛くなっていきます。今は少ないですが、川魚の鮎には寄生虫の心配があるため、解毒効果のあるタデを一緒に食べるようになったのでしょう。先人の知恵ですね。すりつぶして酢とまぜたのが、鮎の塩焼きに付ける「タデ酢」です。揚げたタデを稚鮎と盛り付けるときは、タデの緑がいろいろな場所に顔を出すようにすると、初夏らしさが出ます。鮎飯では、わたの苦味もごちそうです。黒っぽくなりますが、そのままご飯とまぜてください。コケを食べる天然の鮎は「スイカの香りがする」といわれます。機会があれば、天然の良さも知ってほしいですね。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20140603ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数:9,714歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« 「五」、「青森産 帆立のちらし寿司弁当」、そして「ブーブータン金印」 | トップページ | <食卓ものがたり> ハモ(京都市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/59826485

この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜日は料亭気分」(6-1)「稚鮎つの字揚げ」:

« 「五」、「青森産 帆立のちらし寿司弁当」、そして「ブーブータン金印」 | トップページ | <食卓ものがたり> ハモ(京都市) »