« うめ500gでつくる3つの漬け方レシピ | トップページ | 「彩未監修 冷し味噌ら〜めん」「焼魚(天然いさき)」、そして「カンタンおいしい健康レシピVOL.2 タルタルチキン」 »

2014年6月 6日 (金)

「八丁蔵 田町店」「やきとり ジロー」、そして「日曜日は料亭気分」(5-4)「茄子鶏胡麻酢あえ」

 今日は、10年前の仕事の関係で、北海道長沼町役場農政課に電話をかける。「10周年記念事業」を7月20日に行うんだそうだ。
http://www.maoi-net.jp/
http://www.maoi-net.jp/nougyou/gttop.htm

 家の襖と畳の張り替え完了!

 今日は、飲み会というか、この間の打ち上げ。仕事をほぼ定時に終わり、帰宅し、身支度をしてバス停に向かう。
 やがてバスが来てバスに乗り込む・・・あれっ!?ICカードの残額が220円しかない!!!チャージしようにも財布にお札がない。バス代な何とかセーフ。210円でした。
 銀行に寄り、飲み会のお金を下ろす。それにこの間(月)~(水)まで仕事で行った金5,690円を下ろす。仕事で行ったのに、どうして自腹でお金を払わないといけないんだ!!!そんな仕事、行きたくないな!!!

「八丁蔵 田町店」「やきとり ジロー」、そして「日曜日は料亭気分」(5-4)「茄子鶏胡麻酢あえ」

 会場の「八丁蔵」には、ちょっと早く着き過ぎちゃったかな。でも、時間の7時になっても人が集まらずに、開始時間がちょっと遅れた。
 居酒屋なんだけど、まあ普通の値段か・・・。
「八丁蔵 田町店」「やきとり ジロー」、そして「日曜日は料亭気分」(5-4)「茄子鶏胡麻酢あえ」

「八丁蔵 田町店」
中区田町330-3
TEL 053-458-7480

http://dan-group.com/modules/information/index.php?cid=1
http://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22001594/

「八丁蔵 田町店」「やきとり ジロー」、そして「日曜日は料亭気分」(5-4)「茄子鶏胡麻酢あえ」

 2次会に「やきとり ジロー」に行こうと思っていたのだが、1次会が終わったのが10時を回っていたので、そのままバスに乗って帰ることにする。バスまで時間があったので、ちょっと歩くことにした。
静岡県浜松市中区田町322-5
TEL 053-454-7918

http://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22005492/

 バスの中で1,000円チャージ。

 帰宅途中、セブンイレブンに寄る。nanacoに1,000円チャージし、「バニラもなかジャンボ コクうまミルク」130円を買い、食べながら帰宅。
 今日は、だいぶ遅くなっちゃったよ・・・。

 5月25日の朝刊「日曜日は料亭気分」は、「茄子鶏胡麻酢あえ」だった。
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
・丸ナス・・・1個
・鶏もも肉・・・1枚(約260グラム)
・A(しょうゆ40cc、酒40cc)
・インゲン・・・8本
・ゴマ酢(ゴマペースト70グラム、砂糖20グラム、塩3グラム、酢20cc、薄口しょうゆ20cc、だし汁20cc)
・八方だし(だし汁80cc、みりん8cc、薄口しょうゆ8cc)
・かたくり粉・・・適量
★1人分409キロカロリー、脂質27.6グラム、塩分4.2グラム
<1>丸ナスはへたを取り、縦に六等分に切った後、横半分に切る。皮は「虎むき」にする(イラスト参照)。
「八丁蔵 田町店」「やきとり ジロー」、そして「日曜日は料亭気分」(5-4)「茄子鶏胡麻酢あえ」

<2>鶏肉を一口大に切り、まぜたAに漬けておく。
<3>インゲンは3センチほどに切り、軽くゆでて冷水で冷ました後、八方だしに漬けておく。
<4>ゴマ酢の材料をまぜ合わせておく。
<5>丸ナスにかたくり粉を付け、170度に熱した油で1分ほど揚げる。
<6>鶏肉もかたくり粉をつけて揚げ、水分を拭き取ったインゲンとナス、ゴマ酢とあえ、器に盛る。
【アスパラと車エビの白酢掛け】
『材料』(4人分)
・アスパラ・・・8本
・車エビ(約25グラム)・・・4本
・絹ごし豆腐・・・200グラム
・A(ゴマペースト25グラム、砂糖15グラム、薄口しょうゆ小さじ1、塩2グラム、酢20cc)
・八方だし(だし汁240cc、みりん30cc、薄口しょうゆ30cc)
★1人分106キロカロリー、脂質5.3グラム、塩分1.3グラム
<1>アスパラは穂先以外の皮をむき、ゆでて冷水に取った後、八方だしに漬ける。
<2>エビはから付きのまま背わたを取り、身が真っすぐになるように中心に竹串を刺し、塩少々(分量外)を入れた湯で3分ほどゆでる。
<3>エビが冷めたら竹串を抜き、からを取って縦半分に切る。
<4>豆腐は湯通しし、ざるにとって水を切り、すり鉢でなめらかになるまでする。Aを加えてよくまぜ、裏ごしする。
<5>エビの長さに合わせてアスパラを切り、器に盛って(4)を掛ける。
≪匠のひと手間≫
 ゴマと酢の組み合わせは、なめらかでコクがあるのにさっぱりしていて、初夏にぴったりの味です。丸ナスの揚げ過ぎは禁物。1分くらいでいいでしょう。「虎むき」とは、むいた後のナスの皮が虎のしま模様に似ていることからそう呼びます。車エビをゆでるときは、湯にほんのちょっとの酒を入れると赤みが増します。僕の隠し技です。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20140527ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数:24,531歩
(本日のしっかり歩数:16,178歩)
本日:55.2kg
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« うめ500gでつくる3つの漬け方レシピ | トップページ | 「彩未監修 冷し味噌ら〜めん」「焼魚(天然いさき)」、そして「カンタンおいしい健康レシピVOL.2 タルタルチキン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/59775161

この記事へのトラックバック一覧です: 「八丁蔵 田町店」「やきとり ジロー」、そして「日曜日は料亭気分」(5-4)「茄子鶏胡麻酢あえ」:

« うめ500gでつくる3つの漬け方レシピ | トップページ | 「彩未監修 冷し味噌ら〜めん」「焼魚(天然いさき)」、そして「カンタンおいしい健康レシピVOL.2 タルタルチキン」 »