« 飛ぶ”鶏”を落とす勢い 今、唐揚げがアツい! | トップページ | JRさわやかウォーキング「舞阪の潮風と旧東海道の歴史を訪ねて」、そして「林農園の五一ブランデー」 »

2014年5月16日 (金)

「知床産 鮭のちらし寿司弁当」「Budweiser」、そして「和食の基本は家庭料理」

 斎藤一人さんの今日のカード。
 「魅力」って何ですか?
 ズバリ、あなたのその笑顔です。
 そして、あなたがしゃべる思いやりのある言葉です。
 それさえ心掛けていれば、世界中の神様たちがあなたの味方をしてくれます。
 すべてうまくいくから不思議です。

http://saitouhitori.jp/ass4/6.html

 今日は、仕事をダッシュで終える。LAWSONに寄り、「知床産 鮭のちらし寿司弁当」530円を買い帰宅。

「知床産 鮭のちらし寿司弁当」「Budweiser」、そして「和食の基本は家庭料理」

 帰宅して、まず「Budweiser」で一杯♪
RISE AS ONE
KING OF BEERS
東京都中野区中野4-10-2
麒麟麦酒株式会社
0120-111-560

http://www.budweiser.jp

「知床産 鮭のちらし寿司弁当」「Budweiser」、そして「和食の基本は家庭料理」

 おつまみは、今日買った「郷土のうまい! 鮨弁 知床産 鮭のちらし寿司弁当」♪
「知床産 鮭のちらし寿司弁当」「Budweiser」、そして「和食の基本は家庭料理」

お品書き
・北海道知床産 秋鮭のちらし寿司
・北海道知床産 秋鮭の味噌焼
・野菜と昆布の炊き合わせ
・徳島産鶏のつくね
・北海道産黒豆のやわらか煮
北海道知床産秋鮭のこだわり
 昔ながらの「山漬け」で旨みを閉じ込めた秋鮭を丁寧に手でほぐし、白だしで和えてちらし寿司に盛り付けました。切り身は味噌焼きにし香ばしくまろやかに仕上げました。
 国産にこだわった美味しさを、どうぞご堪能ください。
※魚の小骨に注意してお召し上がりください。
※温めずにお召し上がりください。
製造者:日本クッカリー(株)小牧工場
0120-026-599
愛知県小牧市大字河内屋新田字上岩倉杁630

http://www.lawson.co.jp/recommend/static/umai/?ca=rec_umi_001

 ここで、2014年3月19日の朝刊、「第175回中日レディースサロン 熊倉 功夫さん(静岡文化芸術大学長)」の「和食の基本は家庭料理」の引用♪
 第175回中日レディーズサロン(中日新聞東海本社主催)は18日、浜松市中区のホテルコンコルド浜松で開かれ、静岡文化芸術大の熊倉功夫学長が「ユネスコ無形文化遺産に登録された和食」をテーマに講演した。登録に向けた国の検討会で会長を務めた熊倉学長は、自然の恵みを生かした魅力を紹介し、「和食の根底は家庭の料理」と述べた。
 ユネスコの無形文化遺産は、芸術や祭り、伝統技術などを対象にしてきた。2010年に突然、フランスの美食術などが登録された。国は食を文化として認めていない。文化財保護法に食は入っておらず、どれだけ素晴らしい料理人がいても人間国宝にならない。世界が先に食を文化として認めた。
 11年に検討を始めた。無形文化遺産になって日本全体が良かったという登録にしたかった。ほっておいたら無くなってしまうものが登録される。商業主義的なものは却下される。それで日本料理や懐石ではなく、和食を提案した。家庭や地域をつないでいく社会習慣としての和食だ。
 和食とは何か。ひと言で言うと、ご飯をおいしく食べること。ある料理店では、土鍋でご飯を炊き、まだ蒸れていないご飯を一口食べさせる。その後に、イワシの丸干しと炊きあがったご飯。さらに鍋の底をすくっておこげを出す。
 走り、旬、名残、という日本にしかない季節の繊細な楽しみ方を表現している。自然の尊重が和食文化の基本で、水も食文化の大事な要素。水でさらし、しめる。自然の恵みをどう生かすか。これが和食だ。
 日本の食料自給率は40%を切っている。氏素性の分かっているものを食べるのが和食の原点だ。四里四方のもの、身の回りのものを食べなくなっている。これは危機だ。
 料理をする家が少なくなり、家族がばらばらなものを、ばらばらの時間、場所で食べているのが現実。一方でグルメブームがあり、外食に大変な時間とお金をかけている。家庭の食を大事にすることが和食のポイントだ。
 和食給食を進めたい。子どもの味覚、食体験が変われば、継承になる。どんな料亭で食べる料理より、家で食べるのが一番おいしい。原点に返って家族が食卓を囲む食習慣を作っていかないといけない。
くらくら・いさお
 1943(昭和18)年東京生まれ。東京教育大卒。筑波大教授、国立民族学博物館教授、林原美術館館長などを歴任。2010年から現職。「和食」文化の保護・継承国民会議会長。著書に「日本料理の歴史」「茶の湯といけばなの歴史 日本の生活文化」など。専門は日本文化史。

本日のカウント
本日の歩数:7,691歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)○だったのね

|

« 飛ぶ”鶏”を落とす勢い 今、唐揚げがアツい! | トップページ | JRさわやかウォーキング「舞阪の潮風と旧東海道の歴史を訪ねて」、そして「林農園の五一ブランデー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/59653360

この記事へのトラックバック一覧です: 「知床産 鮭のちらし寿司弁当」「Budweiser」、そして「和食の基本は家庭料理」:

« 飛ぶ”鶏”を落とす勢い 今、唐揚げがアツい! | トップページ | JRさわやかウォーキング「舞阪の潮風と旧東海道の歴史を訪ねて」、そして「林農園の五一ブランデー」 »