« 「サントリー クラフトマンズ ビア 貴富の薫り」、そして「<食卓ものがたり> 生ふ」 | トップページ | 「いかり豆」、そして「やっぱり木はいいなぁ」 »

2014年4月17日 (木)

「四日市とんてき」、そして「認知症を予防するために⑩「旅行に出かけよう」」

 「うなぎ屋かわすい 川口水産」より、楽天メール。「紀州灰干しさんま」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/kawasui/10001810/?scid=rm_206971

 親子2代で教わる子がいるんですね・・・もう、そんな歳になったんですね・・・。
 眠い・・・昨日の仕事の後遺症だ・・・仕事を定時に終えようと思ったが、ダメだった・・・仕事をちょっと遅く終え、帰宅。

「四日市とんてき」、そして「認知症を予防するために⑩「旅行に出かけよう」」

 帰宅して、「四日市とんてき スティックタイプ」で一杯♪ケチャップ味かな・・・。ポークチョップとどう違うのだろう???
ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリ B-1 GRAND PRIX LOCAL GOURMET
四日市とんてき協会認定
 とんてきキャラクター【テキブ~】
四日市とんてきとは?
 豚のロースや肩ロースの分厚い肉をにんにくとラードで焼き上げて、濃い目のたれでソテーし、たっぷりのキャベツの千切りを添えた、三重県四日市市に根ざしたご当地グルメです。ひとくちに「四日市とんてき」といっても、一般的には、肉の部位やカットの仕方によって実にいろいろな種類があります。一般的には一枚肉に野菜のグローブ状の切れ目を入れた形で調理し、提供されることが多いですが、サイコロ状やスティック状にカットした「こま焼き」「こま切れ」と呼ばれる形で出されることもあります。お店によって異なる、様々なバリエーションを楽しめるのが「四日市とんてき」の特長です。
四日市ってどんなとこ?
 工業都市のイメージが強いかもしれませんが、農業や小売業など様々な産業がさかんな土地柄です。また環境問題に積極的に取り組み、1987年には環境庁から『星空の街』に選ばれています。
B-1グランプリとは?
 安くて旨くて地元の人に愛されている地元の名物料理や郷土料理を「ご当地グルメ」と定義し、その料理を通じてまちおこしを目指す団体が、年に一度、一堂に会してまちおこしの活動をお披露目する場が、B-1グランプリです。みんなで地方を元気にし、地方から日本を元気にを合言葉に日本全国で様々な活動をしています。
四日市に行こう!
・名古屋から車で約30分
 「とんてき」のお店がいっぱいの三重県四日市市は、三重県北部に位置し、名古屋からも近い地方都市です。
 近鉄四日市駅周辺などには、宿泊施設なども充実しています。近くには鈴鹿サーキット(鈴鹿市)、湯の山温泉(菰野町)などがあります。また、足を伸ばすと、三重県には伊勢神宮(伊勢市)、鳥羽水族館・ミキモト真珠島(鳥羽市)、松尾芭蕉の生誕地(伊賀市)といった名所がたくさんあります。
 是非、四日市にお立ちよりください。
とんてき情報満載!
「四日市とんてき協会」

http://tonteki.com/
おいしい作り方
①熱したフライパンにラードまたはサラダ油をひきます。
②中身を全てフライパンに入れ、弱火から中火で肉全体に火が通るまで焼きます(おおむね10分を目安)。お好みでにんにくを加えて下さい。
③千切りキャベツをたっぷりのせたお皿に肉を盛り付け、フライパンに残ったたれを全てかけて出来上がりです。
ONE POINT
・千切りキャベツはたっぷりと!
・フライパンに残ったたれを全部かける!
日本ピュアフード株式会社 西宮プラント
兵庫県西宮市鳴尾浜1-3-25
TEL:0120-298316

http://www.purefood.co.jp/

 ここで、『JAF Mate』2014年4月号「認知症を予防するために⑩」より、「旅行に出かけよう」(浦上克哉氏)の引用。
日常生活の中で、認知症の発症や進行を予防するヒントを紹介します。
 旅行に出ると、刺激や感動を受ける機会がたくさんあります。たとえば、美しい風景を眺める、土地の名物を味わう、珍しい特産品を見つける、地元の人々と会話する。こうした旅行の醍醐味は、脳の神経細胞を刺激し、認知症予防に効果的です。
 また、自然に親しんだり、温泉に浸かったり、ホテルで快適なサービスを受けるなどで、疲れた脳が癒せます。こうしたリフレッシュも認知症の予防につながります。
 同じ旅行でも、誰かに連れて行ってもらうより、計画段階から積極的に参加したり、自分で計画を立てるほうが、脳の神経細胞を鍛えられます。その際、同行する家族や友人の意見や要望を聞きながら考えましょう。2つ以上のことを同時に適切に行うのは、脳の注意分割機能のトレーニングにもなります。また、目的地の気候に合わせて衣類や荷物を選び、それを旅行に鞄にコンパクトに収納することは、思考力や判断力を高めます。
 さらに、同行の人たちと感動や体験を共有することで、帰宅後の会話も盛り上がります。いつもとは異なる内容のおしゃべりを楽しむことも、効果的な認知症予防のひとつです。
 旅先での過ごし方も工夫しましょう。たとえば、伝統工芸や郷土料理づくり、野菜や果物の収穫、自然を満喫するエコツアーなど、さまざまな体験プログラムへの挑戦をおすすめします。
 体調に問題がなければ、海外旅行もおすすめです。旅先では、カタコトでも英語や現地の言葉を積極的に使いましょう。外国語を覚えることは、日本語とは異なる脳の言語野を使うため、より多くの神経細胞を活性化させる効果があります。
Self Care for Dementia by Katsuya Urakami
旅行の認知症予防効果をさらに高めるヒント

・なるべく、ふだんとは違う環境に身を置いてみる。
・目的地や費用、交通手段などさまざまな要素を組み合わせて、プランを立て、実行する。
・衣類や荷物の選択・収納を人任せにしない。
・積極的に話しかけて、地元の人ともコミュニケーションをとる。
・いつもと違う服を着たり化粧をするなど、おしゃれを楽しむ。
・旅先の出来事や感じたことを絵葉書やメールに書いて、頭を使い指先を動かす。

http://brain-mate.com

本日のカウント
本日の歩数:9,574歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 「サントリー クラフトマンズ ビア 貴富の薫り」、そして「<食卓ものがたり> 生ふ」 | トップページ | 「いかり豆」、そして「やっぱり木はいいなぁ」 »

コメント

 たけのこ掘りについて、先日mailの方で連絡させて頂いたのですが、読んで頂けましたか?
 返信が来ないのですが、送られてますか??(汗)

投稿: M | 2014年4月17日 (木) 20時24分

 スミマセン!コメントもメールも見逃していました!(2年間も・・・)
 これに、懲りずに来年、タケノコ掘りをお願いします!!!

投稿: SANO | 2016年6月17日 (金) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/59484964

この記事へのトラックバック一覧です: 「四日市とんてき」、そして「認知症を予防するために⑩「旅行に出かけよう」」:

« 「サントリー クラフトマンズ ビア 貴富の薫り」、そして「<食卓ものがたり> 生ふ」 | トップページ | 「いかり豆」、そして「やっぱり木はいいなぁ」 »