« 「佐野家の寄せ鍋」、そして「海鮮ちらし寿司の具」 | トップページ | 七福コンロ »

2014年3月 3日 (月)

「朝食 Bifix ヨーグルト」、そして「日曜日は料亭気分」(3-1)「蛤の寿司」

 今朝は、「朝食 Bifix ヨーグルト」を食べる。
「朝食 Bifix ヨーグルト」、そして「日曜日は料亭気分」(3-1)「蛤の寿司」

glico 朝食 Bifix ビフィックス プロバイオテクス ヨーグルト
おなかで増えるビフィズス菌(Bifix)
そのままおいしくマイルドプレーン
 [Bifix]は、生きて腸まで届きおなかで増えるビフィズス菌。グリコ独自の[Bifix]が、健康な生活をサポート。
岐阜グリコ乳業株式会社
岐阜県安八郡安八町南條1201
TEL:0120-141-369

http://www.glico-dairy.co.jp/

 「飯田市」より、メール。「ワーキングホリデー飯田」の案内♪
http://www.city.iida.lg.jp/site/waki/entry.html

 ふと思い、「青春18きっぷ」について調べてみた。
・11,500円(5日分)
http://railway.jr-central.co.jp/tickets/nationwide/youth18-ticket/
 「青空フリーパス」は、「名古屋地区」が2,500円、「静岡地区」が2,600円。
http://railway.jr-central.co.jp/tickets/topics/convenience/aozora-free-holiday/

 高速料金は、片道3,850円か・・・TEC割引で1,950円!???
 距離は、片道190km位か・・・!???
 「アイシス」も「ウィッシュ」も燃費はリッター10km程度か!???

 今日は、3月3日、「ひなまつり」だ。
 ひなまつりは、女の子の成長や幸福を願う行事で、、「桃の節句」ともいわれます。平安時代、身のけがれや災いを人形に移し、川に流して厄払いしたという古代中国の風習が伝わった「流し雛」と、女の子の人形遊び「ひいな遊び」が結び付き、現在の習わしになったといわれます。
 ひな祭りといえば、はまぐりのお吸い物ですね。はまぐりの貝は対(つい)になっている貝殻でないとぴったりと合わさりません。このことから、仲の良い夫婦を表し「一生一人の人と添え遂げるように」という願いが込められた縁起物なのだそうです。はまぐりのお吸い物は具のお出汁がたっぷりと出て、心からほっと温まる味がしますね。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用♪
 桃の節句である。「桃栗(くり)三年柿八年」は植えてから実を結ぶまでの期間を教えてくれるが、続きがある。大林宣彦監督作品の映画「時をかける少女」(一九八三年)の一場面を思い出す人もいるか
▼おひなさま飾りの前で子どもが歌っている。<桃栗三年柿八年 ユズは九年でなり下がる 梨のばかめは十八年>。異なる言い方もある。「二十四の瞳」などの作家壺井栄さんは求められると「桃栗」を好んで書いた。出身地小豆島の碑には「桃栗三年柿八年 柚(ゆず)の大馬鹿十八年」と、刻まれている
▼「梅は酸いとて十三年」「リンゴはニコニコ二十五年」ともいう。西洋リンゴが日本にやって来たのは明治期というから時間の経過の中、いろいろな植物が加わったのだろう
▼もちろんいずれも教えているのは栽培の知識に加えて努力やがまんの大切さであり、短慮への戒めである。成果を出すには一定の時間がかかる
▼逆に不吉な影は苦もなく大きくなっていくものだ。ウクライナ情勢が一気に緊迫している。数週間前の政争はあっという間にロシアが軍事介入の準備を進めるというところにまで進んでしまった。対立の種の成長は早く、憎悪の醜い花を咲かせ戦の実を結ぶのか
▼早期の沈静化を祈る。七日には、ソチでパラリンピックが開幕する。選手たちの辛抱を重ねた「桃栗」の歳月が吹き飛ぶような最悪の事態を心配する。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2014030302000120.html

 3月2日の朝刊「日曜日は料亭気分」は、「蛤の寿司」だった。
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
女の子の幸せ願う寿司
『材料』(4人分)
・ハマグリ・・・8個
・ショウガ・・・100g
・卵・・・1個
・菜の花・・・1/2束
・白飯・・・300g
・A
 だし汁・・・140cc
 酒・・・20cc
 しょうゆ・・・20cc
 みりん・・・20cc
 砂糖・・・小さじ1
・B
 酢・・・90cc
 水・・・250cc
 砂糖・・・50g
 塩・・・5g
・C
 酢・・・20cc
 砂糖・・・15g
 塩・・・5g
・木の芽
★1人分273kcal
①ハマグリは身を半分に切り、わたを取り出して水洗いする。Aを鍋に入れ加熱し、ハマグリを入れ、一煮立ちさせる。ざるに上げ、煮汁が冷めたら再び漬け込む。殻は一度ゆで、水気を取る。
②ショウガは皮をむき、薄切りにして熱湯をかけ、Bに漬ける。いり卵を作る。菜の花を3cmに切り1分ほどゆでて冷水に取り、ざるに上げ、塩を軽くふる。
③Cを鍋に入れ、砂糖と塩が溶けるまで加熱し、冷ましておく。
④炊きたての白飯に③を合わせる。半量にいり卵を混ぜる。
⑤①を煮汁から上げ、水分を切り、さらに身を半分に切る。
【蛤の木の芽あえ】
『材料』(4人分)
・ハマグリ・・・8個
・タケノコ(水煮)・・・2本(計250gほど)
・ウド・・・1/2本
・木の芽・・・10g
・A
 酒・・・180cc
 薄口しょうゆ・・・20cc
 みりん・・・20cc
・B
 だし汁・・・360cc
 薄口しょうゆ・・・35cc
 みりん・・・35cc
・C
 白みそ・・・250g
 酒・・・135cc
 卵黄・・・2個分
※作りやすい分量。残りは冷蔵庫で1カ月ほど保存可。
★1人分173kcal
①鍋にAと水洗いしたハマグリを入れ、1分ほど煮る。冷めたら包丁で半分に切る。
②タケノコは食べやすい大きさに切る。ウドは皮をむいて乱切りにし、酢を少量入れた湯で2分ほどゆでる。ボウルなどにBを入れ、タケノコとウドを2、3時間漬ける。
③鍋にCの白みそと酒を入れて弱火にかけ、20~30分ほど練る。溶いた卵黄をまぜ、2~3分練り込み、玉みそをつくる。
④木の芽をすり鉢ですり、③を大さじ3を加え、まぜる。水分をよく切った②とハマグリをあえる。
≪匠のひと手間≫
 ひな祭りに合う寿司を作りました。寿司酢は、お好みで砂糖や塩の分量を調整してください。
 ショウガはサクラの花びらに見立てるときれい。薄く切る前に、断面が花びらの形になるように皮をむくか、花びら型で抜きます。最後に薄くそぎ取るように切ると一枚一枚が花びらになります。

 仕事を終え、帰宅して、「さば味付」のスパゲティで一杯♪
「朝食 Bifix ヨーグルト」、そして「日曜日は料亭気分」(3-1)「蛤の寿司」

さばのチカラ
株式会社マルハニチロ食品
東京都江東区豊洲3-2-20
TEL:0120-040826

http://www.food.maruha-nichiro.co.jp/

本日のカウント
本日の歩数:9,067歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« 「佐野家の寄せ鍋」、そして「海鮮ちらし寿司の具」 | トップページ | 七福コンロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/59231508

この記事へのトラックバック一覧です: 「朝食 Bifix ヨーグルト」、そして「日曜日は料亭気分」(3-1)「蛤の寿司」:

« 「佐野家の寄せ鍋」、そして「海鮮ちらし寿司の具」 | トップページ | 七福コンロ »