« 「虚空蔵大尊大祭」、そして「雪見鍋」 | トップページ | 「ありがとう マドレーヌ」、そして「日曜日は料亭気分」(1-4)「鰤のみぞれ掛け」 »

2014年2月12日 (水)

「つばす」、「麦とホップ The gold」、そして「日曜日は料亭気分」(1-3)「金目鯛の蕪蒸し」

 昨夜のテレビ「おしかけ スピリチュアル」で「居酒屋 四万十」が紹介されていた。おかみさんが、「占い?」「霊能力者?」で有名らしい。
http://www.tv-tokyo.co.jp/oshikakesp/
 番組内ランキングにて、今話題のスポットとして紹介されました。
東京都品川区南品川2-7-17
050-5869-9039 (予約専用番号)
03-5461-1019 (お問い合わせ専用番号)

http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13028795/
http://r.gnavi.co.jp/a198800/

 昨日のコラム欄より、引用♪
 病を得て…。この言い方が何か納得いかなかった、と美術家にして作家の赤瀬川原平さんが書いていた。病気は嫌なもの、避けたいものなのに、まるで得をしたような言い方をするのは、どういうことかとの疑問である
▼中国語で病気になることを「得病」とも言うそうだから、漢文を通じ広まった言い方かもしれぬが、日本語の「病を得る」という表現には、病さえ天与の試練として受け入れようというような哲学的な妙味が漂う
▼いや実際、病毒そのもののようなウイルスを得ずに、私たちは生きてこられなかったらしい。そもそも胎児は父親の特徴も受け継いでおり、母親にとっては「異物」という側面がある。本来なら母親の免疫反応で拒絶されるはずなのに、そうはならない
▼考えてみれば不思議なこの仕組みこそ、ウイルスの仕業だと言う。二千五百万年前に霊長類の染色体に組み込まれたある種のウイルスが、胎児を守る膜を作るのに決定的な役割を果たしていると分かったそうだ(山内一也著『ウイルスと人間』『ウイルスと地球生命』岩波書店)
▼驚くべきことに、私たち人類の遺伝情報のうち半分ほどはウイルスが関連するものだという。感染したウイルスの遺伝子をも取り込み、自らの生命の設計図を広げて、進化してきた生物
▼「病を得る」という表現は、現代科学の謎解きで、妙味を深めているようだ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2014021102000093.html

 今日は、2月12日。「レトルトカレーの日」らしい・・・なぜだろう???

 「アサヒビール」より、メール。「アサヒレッドアイ」の案内♪2月4日に発売されたらしい・・・。
http://www.asahibeer.co.jp/redeye/

 今日は、仕事をほぼ定時に終え、ダッシュで帰宅・・・一旦停止から出る道が危なかったぞ・・・右から来ている車が思ったより、スピードが出ていた・・・↓
 帰宅途中、ベイシアに向かう。
 「宝くじや」さんで、LOTO7を買う。
 スーパーで、「刺身用つばす」298円、「国内産 にぼし」398円、「beisia にぼし」398円、「鯨」398円のところ半額の199円、「カニクリームコロッケ」157円を買い帰宅。

「つばす」、「麦とホップ The gold」、そして「日曜日は料亭気分」(1-3)「金目鯛の蕪蒸し」

 帰宅して、「麦とホップ The gold」で一杯♪「ビールと間違えちゃいそう」な美味しさです♪
さらに輝くコクでDebut!
Rich taste is produced by carefully-selected high quality bareley amd hopes.
協働契約栽培100%
長期熟製法
※麦とホップだけでつくった、輝くコク。
リッチゴールド麦芽×ゴールデンアロマホップ
※麦芽・大麦・麦スピリッツを使用。
サッポロビール株式会社
TEL:0120-207800

http://www.sapporo.jp
「麦とホップ gold」
http://www.sapporobeer.jp/mugitohop/?xtor=ES-10206-%5b-140206-%5d

「つばす」、「麦とホップ The gold」、そして「日曜日は料亭気分」(1-3)「金目鯛の蕪蒸し」

 つまみは、今日買った「富山県産 刺身用つばす」♪「つばす」というと、夏に石川県に行った時に、刺身で食べたよね♪そういえば、北陸は「ブリ」でえ有名ですよね♪
 ぶりは、温帯性の回遊魚で、春夏はいわしを追って北上し、冬になると南下する魚です。ぶりは、出世魚として有名で、はまち、めじ、ぶり、またはつばす、はまち、めじろ、ぶりと成長に伴って名前が変わっていきます。ちなみに、関西では、15センチぐらいまでをつばす、40センチぐらいまでがはまち、60センチぐらいまでをめじろ、それ以上がぶりと呼ばれています。ぶりは近海で獲れる最も大きなの魚で、気温の下がった冬に、産卵のため南下してきたぶりは、「寒ぶり」と呼ばれ、脂がのり、珍重されます。
「おさかな図鑑」
http://www.jf-ymg.or.jp/zukan/buri.htm
 「おろし本わさび」が付いている。
三和食品株式会社
群馬県太田市清原1-7

「つばす」、「麦とホップ The gold」、そして「日曜日は料亭気分」(1-3)「金目鯛の蕪蒸し」

 そして、「国内産 にぼし」♪
ご安心ください
セシウム・ヨウ素 放射能検査済
ゲルマニウム半導体機器使用
270g
2月14日はにぼしの日
にぼしで元気
食品はおいしさと安全が第一
ECO EE(エコ イーイー)
 明日のエコでは間に合わない。
 水で取るだしはエコでおいしい。CO2削減に私も協力できます。
ペットボトルで簡単・便利においしいだしが取れます
<作り方>
 水500cc入ったペットボトルの中へ、3~5匹ぐらいのにぼし(7cm~10cmを目安に)を入れて冷蔵庫で一晩保存して下さい。朝にはおいしい「だし」が出ています。
(尚、沢山作って保存する場合は中のにぼしを取り出し加熱し保存して適宜に御使用下さい。)
お急ぎの場合
 にぼしの頭と腹わたを取り、4~5分間水から沸騰させ静かに煮出します。にぼしのだしがらと表面の<アク>は取り除いて下さい。
製造者:株式会社 エスミック
名古屋市守山区喜多山二丁目28番6号
TEL:052(794)4141

「つばす」、「麦とホップ The gold」、そして「日曜日は料亭気分」(1-3)「金目鯛の蕪蒸し」

 それから、職場でいただいた「東京 とろ~りしょこら」を食べる。
ショコラクッキーの中にとろとろショコラ
TOKYO BISCUT au CHOCOLAT: TORORI
株式会社 東京玉子本舗3
東京都中央区銀座7-14-14
TEL:0800-800-4405

「つばす」、「麦とホップ The gold」、そして「日曜日は料亭気分」(1-3)「金目鯛の蕪蒸し」

 それに「White」。
Happy Memories of Tokyo Disney Reort

 1月19日の「日曜日は料亭気分」は、「金目鯛の蕪蒸し」だった。
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
・キンメダイの切り身(40グラム)・・・4枚
・クルマエビ・・・4尾
・ユリネ・・・1個
・大きめのカブ・・・4個
・卵白・・・1個分
・塩・・・小さじ1/3
・コンブ(5センチ角)・・・4枚
・ワサビ・・・適量
・A(だし汁150cc、みりん大さじ1、薄口しょうゆ大さじ1)
・かたくり粉・・・大さじ3
★1人分170キロカロリー、脂質3.9グラム、塩分1.4グラム
<1>キンメダイの切り身に薄く塩(分量外)を振り、熱湯を入れた鍋にさっとくぐらせる。
<2>クルマエビは殻の間に竹ぐしを入れて背わたを取り、2、3分ゆで、冷めたら殻をむく。ユリネは1枚ずつはがし、弱火で2分ほどゆでておく。
<3>卵白は七分立てに泡立て、メレンゲを作る。
<4>カブは皮をむき、できるだけ細かいおろし金ですりおろし、ざるにあげ、水分を切る。(3)のメレンゲと合わせ、塩も入れ、ゴムべらでさっくりまぜる。
<5>器を4つ用意し、コンブを敷いてキンメダイを置き、7分ほど蒸し器で蒸す。
<6>(4)にクルマエビとユリネをまぜ、4等分してキンメダイの上に盛り、蒸し器で3分ほど蒸し上げる。
<7>鍋にAを入れて沸騰させ、水溶きかたくり粉を入れてあんを作り、(6)にかける。わさびとゆでたカブの茎を上にのせる。
≪匠のひと手間≫
 寒い冬場は蕪(かぶ)や大根など根菜類が甘みを増す時期。蕪蒸しは蕪の甘さを最大限に引き出してくれる食べ方です。
 蕪蒸しを作るときは、料亭では天王寺蕪を使うのが一般的です。大阪の天王寺が発祥の関西の野菜で、スーパーなどで売られている小蕪の5倍ほどの大きさ。天王寺蕪なら、4人分作るのに一つで十分です。
 手に入らない場合は大きめの蕪を選び、4、5個あれば足りるでしょう。すりおろした蕪だけではまとまらないので、卵白で作ったメレンゲとまぜ、しっとり感を出します。まぜる時はケーキの生地を作る時のように、さっくりとゴムべらでまぜ合わせます。
 キンメダイは先に蒸して火が通っているので、蕪を蒸し上げるのは3分ほどで十分です。蒸す前に、クルマエビが見えるように盛り付けると色合いがよくなります。
 蕪蒸しの具材の味付けは塩のみ。あんかけと一緒に食べることで具材そのもののおいしさが際立ちます。具はキクラゲやシメジなどを入れてもいいですね。
 蕪の茎が残ったら、油揚げと鶏のもも肉を小さく切って一緒に煮るとおいしいです。だし汁とみりんと薄口しょうゆでさっと煮るだけで、すぐに作れる一品です。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20140121ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数:8,972歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「虚空蔵大尊大祭」、そして「雪見鍋」 | トップページ | 「ありがとう マドレーヌ」、そして「日曜日は料亭気分」(1-4)「鰤のみぞれ掛け」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/59125422

この記事へのトラックバック一覧です: 「つばす」、「麦とホップ The gold」、そして「日曜日は料亭気分」(1-3)「金目鯛の蕪蒸し」:

« 「虚空蔵大尊大祭」、そして「雪見鍋」 | トップページ | 「ありがとう マドレーヌ」、そして「日曜日は料亭気分」(1-4)「鰤のみぞれ掛け」 »