« 世界のスープ | トップページ | 「白桃」、「青葉牛」、そして「漁師さんのつくった地魚の生ハム」 »

2014年2月 8日 (土)

「LG21ヨーグルト アロエ」、「一ノ蔵 特別純米素濾過生原酒」、そして「奥深いロシアの食 ソチ五輪開幕」

 今日は雨・・・、今日の仕事が中止なんです・・・。
http://ensyuhai.blogspot.jp/

「LG21ヨーグルト アロエ」、「一ノ蔵 特別純米素濾過生原酒」、そして「奥深いロシアの食 ソチ五輪開幕」

 今朝の朝食は、「LG21ヨーグルト アロエ」。アロエ入りで歯応えがあり、おいしい♪
リスクと戦う乳酸菌
maiji 明治プロビオ ヨーグルト アロエ
脂肪0ゼロ
LG21乳酸菌
 プロビオとはプロバイオィクス(=体に好影響を与える生菌や生菌を含む食品等)の造語です。本商品には当社の乳酸菌研究の成果が生かされています。
《特許第3046303号》
LG21乳酸菌は、おなかの健康を考え、選び抜いた乳酸菌です。
Meiji Probio Yogurt Since 2000
0120-598-369

http://www.meiji.co.jp/

 それにつけても寒いよね・・・!日本中、雪か・・・!朝、ゆっくりとしてから買い物に出かける。
「LG21ヨーグルト アロエ」、「一ノ蔵 特別純米素濾過生原酒」、そして「奥深いロシアの食 ソチ五輪開幕」

 「杏林堂」に行き、売り出しの「パブロン ゴールドA顆粒」999円を買う。「パブロン」って、いろいろな種類が出ているから、どれがいいのか分からないや!
かぜの諸症状の緩和に<総合かぜ薬>
第2医薬品
大正製薬株式会社
0120-149-931

http://www.taisho.co.jp/
「LG21ヨーグルト アロエ」、「一ノ蔵 特別純米素濾過生原酒」、そして「奥深いロシアの食 ソチ五輪開幕」

 それに「白元 ぬくりんこ」449円・・・探したが、どこにあるのか分からなかったので、サービスカウンターで聞く・・・分かるところに置いておいてよ!!!
衣類に貼るカイロ
ポッカリンコー~
株式会社 白元
東京都台東区東上野2-21-14
03-5681-7691

 それに「信州のチカラ ぶなしめじ」68円を買う。」

 それから銀行に行き、「スキー訓練」の参加費をおろす。引率でも、お金を払わないといけないんです・・・持ち出しで赤字です↓↓↓

 今日は、寒いからだろう、ネコがやたらにくっついてくる♪

 雨の中、「酒&FOOD かとう」1升瓶を返に行く。かとうさんは、漏電で大変だったようだ。
 「一ノ蔵」3200円を伝票で買い帰宅。

「LG21ヨーグルト アロエ」、「一ノ蔵 特別純米素濾過生原酒」、そして「奥深いロシアの食 ソチ五輪開幕」

 夕方は、昨日100g98円で買った「炭焼き たたき」で一杯♪鰹は、太っている方が美味しいな・・・。
美味しさは「鮮度」と「焼き」にあり。
「LG21ヨーグルト アロエ」、「一ノ蔵 特別純米素濾過生原酒」、そして「奥深いロシアの食 ソチ五輪開幕」

 薬味は、「新たま」・・・「新たま」の季節になりましたね・・・「新たまねぎ」は、美味しいよね♪
「LG21ヨーグルト アロエ」、「一ノ蔵 特別純米素濾過生原酒」、そして「奥深いロシアの食 ソチ五輪開幕」

 お酒は、今日買った「一ノ蔵 特別純米素濾過生原酒」・・・フルーティーで美味しいよね♪これは、当りだ↑↑↑
一ノ蔵 特別純米素濾過生原酒
人 一ノ蔵型六次産業
白幡普 栽培ササニシキ
特別純米素濾過生原酒
 本品の原料米には、宮城県涌谷町在住の篤農家・白幡 普さんが丹精込めて栽培した「JAS認定 有機栽培米 ササニシキ米」を使用いたしました。
 白幡さんは自然を尊重し、強い信念と強い情熱をもって、20年以上にわたり有機栽培に取り組んでおります。これまでも経験に基づく独自の栽培理論に従い、毎年、粒が揃った高品質の米を栽培しています。
 本品は清酒の香味調整を目的とする活性炭素濾過を施さず、除菌の為の濾過「素濾過」を施した生原酒です。米の旨味とお酒本来の味わいをお楽しみください。
生産者 宮城県涌谷町 白幡 普
原料米 JAS認定 有機栽培米 ササニシキ100%
伝統の技と心-手作りの酒
株式会社 一ノ蔵
宮城県大崎市松山千石字大欅十四
0229-55-3322(代)

http://www.ichinokura.co.jp/

 冬季オリンピックの開会式がありましたね。2014年2月3日の朝刊に、「奥深いロシアの食 ソチ五輪もうすぐ開幕」という記事が載っていたね。一口にロシア料理といっても広いから、地方によってもいろいろなものがあるよね。(日本でも北から南までいろいろな料理があって、郷土色豊かですよね。これが日本料理!と言えるものは何なんでしょうかね?懐石料理なんでしょうか?)
 もうすぐソチ五輪が開幕する。開催国ロシアといえば、ボルシチやピロシキが思い浮かぶが、そこは民族が入り交じり、複雑な歴史を持つ国。日本人にはなじみのない料理も広く食されている。温暖な保養地として知られるソチは、隣国グルジアの食文化の影響も色濃いとか。五輪観戦とともにロシアの食文化も探索してみては?
 「『ロシア料理』の定義はあいまいで、ひとくくりにできない歴史的な背景があります」と話すのは、ロシア料理研究家の中川亜紀さん。例えばボルシチは、もとはといえばウクライナの料理。ビーフストロガノフなど伝統的なロシア料理とされるものも、実はフランス料理の影響が強いという。
 旧ソ連時代に食文化の融合が進み、「旧ソ連圏であれば、ボルシチなどの典型的な料理はどこでも食べられている」と中川さん。国境や民族の壁を越え、さまざまな料理が共存するのが今のロシアの状況だ。
 グルジア料理もその一例。定番のロシア料理にはない、香辛料をふんだんに使ったスパイシーな味付けが特徴だ。地理的条件が近いソチでも、グルジア系の料理がよく食べられるという。中川さんに日本にもグルジア料理を味わえる店があると聞き、一緒に訪ねた。
 お目当ての店は東京都武蔵野市の「カフェロシア」。グルジアで修業経験のあるシェフが腕をふるい、ボルシチなどの定番料理とともにグルジアの家庭料理が楽しめる。「代表的なグルジア料理を」とオーダーし、出てきたのは次の四品。
http://caferussia.web.fc2.com/
 まずは「ハチャプリ」。グルジア語で「チーズのパン」の名の通り、パン生地をのばした中にチーズを入れたもの。香草を加えたり、半熟卵をのせたり、と種類は豊富。今回作ってもらったのはパイに近い食感の生地に、モッツァレラチーズに似たチーズ「スルグニ」を包んで焼いたもの。サクサクの生地に溶けたチーズが絶妙の味わいだ。「モスクワでもハチャプリを売っている売店やカフェがあり、気軽に味わえます」と中川さん。
 「バストゥルマ」は牛肉にコリアンダーやトウガラシ、ニンニクなどの香辛料をまぶして干したもの。薄切りにし、そのまま食べるのが一般的だが、保存がきくので、スープのだしとして使うこともできるという。ピリリと辛みが効いて、ワインにぴったりだ。
 「バドゥラジャーニ」は香辛料を混ぜ込んだクルミのペーストを、焼いたナスで巻いたもの。グルジアはクルミの産地。中川さんは「温暖な黒海沿岸では、冷涼なモスクワなどの都市に比べ、トマトやナスなどの野菜が豊富に取れる。ナスとクルミはグルジア料理の特徴的な食材」と話す。
 最後はグルジア風ローストチキン「タバカ」。ハーブや香辛料に漬け込んだひな鳥のおなかを開き、オーブンで焼く。皮はパリパリで肉はジューシー。肉のうま味を堪能できる。
 中川さんは「五輪をきっかけに、ロシアで食される多種多様な料理にも目を向けてくれるとうれしいですね」と話していた。
 (宮本直子)

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2014020302000007.html

本日のカウント
本日の歩数:4,081歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(土)×

|

« 世界のスープ | トップページ | 「白桃」、「青葉牛」、そして「漁師さんのつくった地魚の生ハム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/59093127

この記事へのトラックバック一覧です: 「LG21ヨーグルト アロエ」、「一ノ蔵 特別純米素濾過生原酒」、そして「奥深いロシアの食 ソチ五輪開幕」:

« 世界のスープ | トップページ | 「白桃」、「青葉牛」、そして「漁師さんのつくった地魚の生ハム」 »