« 「酒粕の凄い特効」(滝澤 行雄)、「秋鮭の味噌バター鍋」、そして「飛騨牛しぐれ煮」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(1-1)「七草粥」 »

2014年1月 6日 (月)

「星降る森のカリー」、「こはだ粟漬け」、そして「おいしい食材1月 大根」

 迷惑メールがたくさん届く。「LINE検索」で、「通知No.」が違うものがいくつも届くよ・・・。こういった迷惑メールを取り締まる法律って無いんでしょうか???
 【LINE-ID掲示板】からお知らせが届いています。 通知No.3558875598
 【LINE-KAKAO-SKYPE掲示板】から新しいお知らせが届いております。 No.1990507508809
 【LINE】からユーザー様へご報告があります。 通知番号:0926368238077 


 「NIKKA倶楽部」より、メール「フロム・ザ・バレル」が、1,995円♪
http://beer.asahishop.net/whisky/fromthebarrel/index.php?sc_cid=ca_own_ht_17083

 今朝の朝刊のコラム欄より引用♪
 年末年始の長い長い連休も終わって、きょうが仕事始め。職場に行けば、早速、打ち合わせや会議がめじろ押し…。やれやれとため息をつきつつ、出勤する人も多いかもしれない
▼会議は組織を動かすのに欠かせないが、それは人間に限らないらしい。長い生物の進化の歴史の中で人類よりもずっと昔から会議を続けてきた達人がいるそうだ。ミツバチである
▼働きバチが8の字ダンスを使い蜜のありかを仲間に正確に伝えることは有名だが、米国の生物学者T・シーリー博士の『ミツバチの会議』(築地書館)が明らかにする集団的な意思決定のありようには、目を見開かされる。何しろ慎重かつ公平に議論と投票を重ね、合意に至るというのだ
▼ミツバチたちの議題は、新たな巣をどこに作るかだ。日当たりが良く、適度な広さがあり、天敵に襲われにくい。そんな新居を求め数十匹以上のハチが飛び回る
▼候補地を見つけたハチは仲間に、そのありかと評価をダンスで伝える。他のハチもそこに出かけて確かめ、賛否をダンスで表明する。これを繰り返し候補地を絞り込み、みんなが納得するまで時に数日間も会議を続けるという
▼多様な視点を持つ人が自分自身の尺度で問題を調べて、判断すること。自由に意見を表明できるようにし、異論を抑圧せぬこと-これがミツバチ流会議の極意だと、シーリー博士は指摘している。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2014010602000088.html

 「初荷」と「仕事始め」の違いはなんだろう?
 商家の仕事始め。正月2日に行われる儀礼的な初商いで,江戸時代からはじまった。新調したはっぴや手拭を着用し,卸商人は小売店へ,小売商人は有力な得意先へそれぞれ商品を送り込むのであるが,祝歌を歌ったりしてにぎやかに行われ,祝酒なども用意された。この日,野菜の初出荷をする農家もあった。車には初荷の幟(のぼり)旗が立てられるが,かつて馬を用いていたころには,馬を美しい鞍や綱で飾りたて,華やかな気分を盛りあげた。
「kotobank」
http://kotobank.jp/word/%E5%88%9D%E8%8D%B7

「星降る森のカリー」、「こはだ粟漬け」、そして「おいしい食材1月 大根」

 今日の昼食は、年末のスキー訓練の下見の時買った「星降る森のカリー 森の太陽」♪3種類の中では、一番甘口とはいえ、スパイシーだった。でも、美味しかったよ♪♪♪630円は、納得!!!
阿智村産鹿肉使用 カレー専門店「大原屋」監修
森の太陽
 味は本格派!クリーミーでコクのあるイエローカレー
星の降る里認定 MINAMI-SHINSYU
長野県<阿智村>は 環境省認定平成18年度「星が最も輝いて観える場所」全国一位に選出されました
~スター★ビレッジ阿智のジビエカレー~
 信州下伊那地方で、昔から食されてきた「鹿肉」はジビエの中でも近年注目されている、味わい深い高級食材です。淡白でヘルシーは鹿肉の旨味を、カレー専門店「大原屋」監修の厳選スパイスとヨーグルトや牛乳を使ったクリーミーなカレーはお子様にも人気の甘さとスッキリした後味が自慢!おおらかな「森の太陽」を思わせる本格カレーです。
*鹿肉と野菜がハーブソースに溶け込んだペースト状カレーです。ご飯やパスタ、ゆで野菜のソースとしてもご賞味ください。
 「星の降る里」は、空気が澄んでいて、森も大地も輝いています。
 見上げると 漆黒の空に 満天の星。・・・そんな美しい夜空と、祖先から受け継いできた尊い森林を 守り抜くために 我々は「星の降る里グループ」を立ち上げました。
 森林破壊を食い止め、生態系を守るため、鹿肉もまた森の産物として取り入れます。より多くの皆様の、ご理解と賛同をよろしくお願い申し上げます。
●「星降る森のカリー」公式サイト

http://www.hoshifurumori.com/
販売者:株式会社ちさと東 AM
〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里556-1
TEL:0265-43-3938

 以下の3つのシリーズがある。上から「甘口」「中辛」「辛口」になっているようだ。
・森の太陽 
 味は本格派!クリーミーでコクのあるイエローカレー
・森の静寂
 味は本格派!竹炭パウダー入りまろやかブラックカレー
・森の夕陽
 味は本格派!トマトペースのスパイシーな旨辛カレー

https://ja-jp.facebook.com/curryooharaya

 今日は、 1月26日の「協働センターまつり」のために、「ごんど」を集める。
「あかつちの会」
http://blogs.yahoo.co.jp/akatsuchi06

 仕事を終え、帰宅途中、「杏林堂」に寄り、「森永ビヒダスヨーグルト」108円を買う。
 さらに、「遠鉄ストア」に寄り、「こはだ粟漬」480円のところ40%引きを買い帰宅

「星降る森のカリー」、「こはだ粟漬け」、そして「おいしい食材1月 大根」

 帰宅して「こはだ粟漬」で一杯♪
日本のおせち こはだ粟漬
こはだ粟漬の由来
 小肌は、このしろという魚の成魚になるまえの名称。つまり出世魚なので縁起の良い食べ物とされている訳です。
 こはだ粟漬は、小肌の切り身を炊いた粟と一緒に酢漬けにしたもので、粟は鮮やかな黄色に染められています。
 粟は五穀豊穣を願ったものですが、防腐効果もあるという知恵も隠されていいます。
合資会社 丸二商店
愛知県碧南市錦町1丁目23番地

 ここで「おいしい食材1月 大根」の引用♪
【ぶり大根】
『作り方』
①ぶりは熱湯にサッとくぐらせ、水にとって洗い、水けをきる。しょうがは皮つきのまません切りにする。大根は皮をむいて2cm厚さの半月切りにする。
②鍋に「ほんだし」、水、①の大根を入れて煮立て、弱火にして20分煮る。
③酒・しょうゆ・砂糖を加えて煮立て、①のぶり・しょうがを加え、落としぶたをして、中火で15分煮る。
※煮るときは落とし蓋をして、仕上げにみりんを一匙入れてテリを出しましょう。
【豚肉と水菜のみぞれ鍋】
『作り方』
①豆腐と水菜、えのきは食べやすい大きさに切る。
②土鍋に「ほんだし」、水、みりん、酒を入れて火にかける。
③豚肉・豆腐・えのきだけを加えて煮、水菜を加えてサッと煮る。
④大根おろしを中央に盛り、お好みで七味唐がらしをふる。
※豚肉が煮立ったら、アクをとりましょう。水菜は、煮すぎないようにします。
「COOKPAD」

http://cookpad.com/

本日のカウント
本日の歩数:11,314歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:57.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« 「酒粕の凄い特効」(滝澤 行雄)、「秋鮭の味噌バター鍋」、そして「飛騨牛しぐれ煮」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(1-1)「七草粥」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「星降る森のカリー」、「こはだ粟漬け」、そして「おいしい食材1月 大根」:

« 「酒粕の凄い特効」(滝澤 行雄)、「秋鮭の味噌バター鍋」、そして「飛騨牛しぐれ煮」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(1-1)「七草粥」 »