« 「田舎きんざんじ」、そして「浜名湖花博2014 〜花と緑の祭典〜」 | トップページ | 「ラグビー観戦」、そして「12月の旬「かに」「長ねぎ」「いよかん」」 »

2013年12月13日 (金)

すす払いのしきたり 12月13日は正月事始めの日

 今日の仕事・・・朝早くから大量に印刷だよ。
 「宅ふぁいる便」というファイルを送る無料システムがあるのですね↑↑↑
http://www.filesend.to/
 今日も午後は、半日外で仕事・・・雪雲も出て寒かったよぉ・・・仕事をちょっと遅く終える。
 帰宅途中、「ビッグ富士」に寄り、「おかめ納豆」55円、「明治ブルガリアヨーグルト」128円、「バターピーナッツ」500g399円、「するめ足」85g315円、「KAGOME醸造ソース中濃」99円、「お徳用おろし生しょうが」298円を買い帰宅。

 ここで、「すす払いのしきたり 12月13日は正月事始めの日」の引用♪♪♪
すっきりした気持ちでゆったり過ごす大晦日
 12月に入ると気になってくるのが大掃除。日ごろため込んでしまっていた汚れをなんとかしなくちゃとは思うものの、掃除の仕方が分からなかったり、いざやり始めてもなかなか汚れが落ちなくて嫌になってしまったりと、壁にぶつかることも多いのでは。面倒な大掃除をテキパキ手際よく片付けて、きれいなお家でゆったり新年を迎えたいものですね。
すす払いのしきたり 12月13日は正月事始めの日
 12月13日を正月事始めの日と呼びます。一年を締めくくり新しい年を迎える準備を始める日とされています。すす払いはその行事のひとつで、江戸城で行われていた慣例が一般庶民にも定着していきました。忙しい現代では徐々に行事の意味合いが薄れ、28日ごろに大掃除が行われますが、寺社では今もすす払いは年末の伝統行事となっています。厄を取りはらい、身も心も、そして住まいも、できる限り清潔にして新年の神様を迎えようという習わしです。
慌ただしい年末に効率よく掃除を済ませる「時短のコツ」
 気がつけばあっという間に12月。1年の汚れを落とす時期になりました。今年こそは計画立てて上手に大掃除を乗り切りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
 大掃除と聞くと、家じゅうをきれいにしなきゃと思ってしまいがち。でもただでさえ忙しい年末に一体それが現実的かどうか考えてみて。時間を取れたとしてもせいぜい丸1日、家の中を隅から隅まではとても無理、というのが実際ではないでしょうか。
 ここはひとつ、日頃の掃除では汚れが落としきれない場所、知らず知らずのうちに汚れがついてしまう場所に絞り込みましょう。その重点個所とはズバリ、キッチン、浴室、トイレ。いつもより一歩踏み込んだ掃除をすることで「キレイになって気持ち良し」と達成感が得られる場所でもあります。屋外での作業になる窓や網戸は、温かくなる春先に回すなどスッパリと割り切りも大切です。
 ターゲットを定めたら、あとは実行あるのみ!意識すべきは効率です。お湯へのつけ置き、洗剤湿布法などで省力化を徹底しましょう。合理的な方法で無駄な動きがなくなると、時間が短縮され、疲れも少なくてすみます。モチベーションが上がるお気に入りのエプロンもあるといいですね。場所によっては防水スプレーをして、次の掃除に備えて汚れを落としやすくしておくのも有効です。
 きちんとお掃除することで、家の汚れだけでなく、気持ちまですっきり。気がつけば心の曇りまで取り払われていくみたい。気分が沈んだときでも、掃除をしているうちに前向きな気持ちに変わっている。そんな素敵なお掃除ができるといいですね。
無理なく、無駄なく、スムーズな大掃除法
①汚れの種類を見極める
 ひと言で汚れといってもその種類はさまざま。油汚れ、水アカ、手アカ、ほこり、カビなど、それぞれの汚れに合わせて洗剤をチョイス。
②汚れのついたところの材質を見極める
 吸水性か、耐水性か、素材によっては洗剤が使えないものもあるので注意。
③汚れの落とし方を見極める
 拭く、掃く、磨く、洗う・・・。汚れの種類と掃除場所の材質を見極めれば、汚れの落とし方はおのずと決まってきます。
・キッチン 油汚れはお湯でゆるめる
 換気扇まわりの油汚れは酸性。これを落とすには酸を中和・分解するアルカリ性洗剤がおすすめ。普段キッチンで使用している食器用洗剤(中性洗剤)では、この効果はあまり期待できません。しばらくお湯につけ置けば、汚れが緩んでスルスルと落ちます。
・浴室 カビ汚れに洗剤湿布
 ゴムパッキンに付着した黒いカビ。いきなりブラシでこするとカビの菌が飛び散ってしまいます。まずは菌の退治が先決。浴室汚れの大半はアルカリ性なので酸性洗剤を使用しましょう。キッチンペーパーを使った洗剤湿布なら液だれしなくて壁にも有効です。
・トイレ 温水洗浄便座は取り外せる
 誤動作の原因はセンサー周辺の汚れの場合が多数。便座は便器から取り外して拭き掃除ができます。乾いたタオルで拭くと静電気が起こってかえってほこりを吸い寄せてしまうので、布を水でぬらし、固く絞ったうえで中性洗剤をつけて拭いてください。
デリケートな皮製品のメインテナンスのポイント 大事に使えば一生もの 皮製品のお手入れ方法
 お気に入りのバッグはいつまでも美しく使い続けたいですね。そのためには日頃のケアがとても大切。とはいえ、素材、加工方法、仕上げの仕方などによって革のお手入れ方法はさまざま。ここでは一般的なメインテナンス法をお伝えします。
・雨は禁物
 水分は型崩れの原因。水に濡れたときは乾いたタオルでたたくように拭き取り、形を整えて陰干ししてください。雨の日に限らずときどき防水スプレーをかけることもおすすめです。
・カビに注意
 カビの繁殖の条件は、汚れ、湿度、温度。しまうときは汚れを落とし、クリームなどで手入れした後、陰干しして涼しい場所に保管してください。
・頑固な汚れは?
 汚れや油性クリームのムラなどがたまってきたら、革専用のサドルソープで落としましょう。洗い終わったら布で拭き取るだけでOKです。
・油分でケア
 皮革にとって油は栄養分。かさついてきたらクリームでケアを。革の色つやが良くなり老化を防ぎます。手でなでるのも適度な油脂の補給になって効果的です。
・キズがついたら
 うっかり引っかけてついてしまったキズ。乳化性のクリームを塗り込むと目立たなくなります。
・ときどき休ませる
 毎日使い続けていると革への負担が大きくなり、痛みも早まります。他のものとローテーションさせながら使いましょう。長期間保管するときは型崩れ防止の詰め物を。

【フランスパンのかきグラタン】
『材料』(4人分)
・ほうれん草・・・1束
・かき・・・16コ
・バゲット(1cm幅に切ったもの)・・・8枚
・塩・こしょう・・・各少々
・とろけるチーズ・・・少々
・A
 ホワイトソース・・・大さじ6
 牛乳・・・大さじ4
・カレー粉・・・少々
・薄力粉・・・50g
・バター・・・50g
『作り方』
①ほうれん草はゆでて冷水にとり、3cm長さに切り、バター10gでソテーし塩・こしょうする。Aを混ぜ合わせておく。
②洗って水をきったかきに塩・こしょうをしてカレー粉を混ぜた薄力粉をまぶす。フライパンにバター20gを溶かし、かきの表面を焼く。
③バゲット1枚の表面にバターを塗り、①のほうれん草、かき2コ、Aのホワイトソース大さじ1、とろけるチーズの順にのせる。
④180℃に温めておいたオーブンにいれ、焼き色がつくまで7~8分焼く。
※ほうれん草とかきを一度ソテーすることで旨味を閉じ込めます。

本日のカウント
本日の歩数:14,190歩
(本日のしっかり歩数:3,945歩)
本日:58.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)○なのかな?

|

« 「田舎きんざんじ」、そして「浜名湖花博2014 〜花と緑の祭典〜」 | トップページ | 「ラグビー観戦」、そして「12月の旬「かに」「長ねぎ」「いよかん」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/58749396

この記事へのトラックバック一覧です: すす払いのしきたり 12月13日は正月事始めの日:

« 「田舎きんざんじ」、そして「浜名湖花博2014 〜花と緑の祭典〜」 | トップページ | 「ラグビー観戦」、そして「12月の旬「かに」「長ねぎ」「いよかん」」 »