« 「すきやき弁当」、「みかん」、そして「日曜日は料亭気分」(12-3)「祝肴」 | トップページ | 「叙々苑監修 牛焼肉弁当」、そして「おせち料理で迎えるお正月」 »

2013年12月29日 (日)

「丹波の黒豆」、「海鮮漬物セット」、そして「日曜日は料亭気分」(12-4)「煮しめ」

 パソコンに、「パフォーマンス警告 ディスク使用率の高い項目:Microsoft Windows Sercher Indexer」が出る!警告の項目内容は、日によって違う・・・もうvistaって本当に迷惑なんだから!!!
 「Norton Internet Securityでエラーガありました。エラー:3048、3」なんてエラーも出た・・・!

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用♪
 昨日は門松を飾る人をよく見かけた。門松を立てるのは十三日から二十八日までの間が望ましく、二十九日は、「苦を待つ」「苦立て」につながるので、見合わせた方がいいという
▼三十一日も一夜飾りで望ましくない。三十日も二十九日と三十一日の間で良くないそうで、となると、二十八日が門松を立てるのに適した最後の日ということになる
▼縁起が良いに越したことはないが、忙しい中、本寸法にはいかぬ。<門松を三十日(みそか)の夜に立てしかな>。高浜虚子の句もある。「私の家では、正月の設けというものも、とかく大三十日の晩ぐらいにする…」(『俳句の作りよう』)
▼「紙の門松」。門松の絵を印刷した紙を玄関先に張る。岐阜出身の筆者は子どもの時、門松といえばあれだったが、全国共通ではない。東京では見かけぬ。名古屋、大阪出身者も知らぬという。逆に千葉では「今もある」。高知や岡山では紙の方が一般的と聞く。不思議な分布である
▼高知のある印刷所は昭和二十九年から紙の門松を製作している。松林の保護が目的と説明するが、あの頃、本物はぜいたくだったのか。紙の門松に豊かになりたいと願う、かつての日本人の前向きな熱を思う。しかもあの時の方が幸せだったような気さえする
▼破れやすい紙。気にしない。二十九日でも「苦を絶つ」と読めば、それほど後ろめたくないだろう。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2013122902000084.html

 ドラッグストアーに買い物に出かける。「キリン 一番搾り」6缶1、050円、「富永 さば水煮」150g100円を買い帰宅。本当は「さばしょうゆ煮」を買いたかったのだが、なかった。

 寒いので帰宅してじっとしている。
「丹波の黒豆」、「海鮮漬物セット」、そして「日曜日は料亭気分」(12-4)「煮しめ」

 そして「丹波の黒豆」の収穫をする。昨日の続きだよ・・・。たくさんあって採りきれない・・・1時間かかっても5株程度しか収穫できないんですよ・・・M君、皆さん、よろしければ、採りに来てよ!収穫したものはすべてお持ち帰りして下さいな↑↑↑
 明日も続きの収穫をする予定・・・このペースだと1週間はかかるぞ・・・明日から、収穫方法を変えないと大変だよな。農家のように、ムシロ(筵、蓆、莚・・・どの漢字でしょう?)の上において、棒でたたくか・・・でもムシロは無いしな・・・ブルーシートでも買ってこようかな。
 ラジオを聞きながら収穫していた。「ジャパモン」(小山薫堂/柴田玲)
http://www.tfm.co.jp/japamon/
 うやまくんどう氏の本がプレゼントされる。興味ある本だ。
・『きょうの料理 七十二候』(講談社)小山薫堂監修
・『小山薫堂が90歳のおばあちゃんに学んだ大切なこと』(PHP出版)小山薫堂監修

 「山下達郎  サンデー・ソングブック」では、「竹内まりや」の「いのちの歌」を流していた。卒業式にあうようだ!
http://www.tatsuro.co.jp/ssb/
日付を設定して番組名を検索すると、その日のオンエア曲が確認ができる。
http://www.tfm.co.jp/nowonair/search.php

 夕方は、豚汁で一杯♪
「丹波の黒豆」、「海鮮漬物セット」、そして「日曜日は料亭気分」(12-4)「煮しめ」

群馬県産こんにゃく粉使用 群馬のこんにゃく
あく抜きいらず
株式会社 エヌエフフーズ MF
群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
0274-70-4005

 12月22日の「日曜日は料亭気分」は、「煮しめ」だった。
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
★1人分239キロカロリー、脂質0.3グラム、塩分2.4グラム
【松笠慈姑】
『材料』(4人分)
・クワイ・・・8個
・クチナシ・・・2、3個
・A(だし汁360cc、みりん20cc、薄口しょうゆ20cc、砂糖大さじ2)
「丹波の黒豆」、「海鮮漬物セット」、そして「日曜日は料亭気分」(12-4)「煮しめ」

<1>クワイは底を平らに切り取って、芽に向かって皮を六角形にむく。芽の付け根から切り込みを入れ、松かさの模様にむき上げる。
<2>お湯に包丁で砕いたクチナシをガーゼで包んで入れ、20分ほど(1)をゆで、鍋のまま冷めるまで置き、水洗いする。
<3>鍋にAを入れ、(2)を20分ほど煮て冷めるまで置く。再び火にかけ、弱火で20分ほど煮る。
【鶴里芋】
『材料』(4人分)
・サトイモ・・・8個
・A(だし汁600cc、みりん40cc、薄口しょうゆ40cc、砂糖大さじ2)
「丹波の黒豆」、「海鮮漬物セット」、そして「日曜日は料亭気分」(12-4)「煮しめ」

<1>サトイモは水でよく洗い、上下を切り落とし、五角形になるように皮をむく。上面がツルのくちばしに見えるように飾り切りする。中火で15分ほど下ゆでし、水洗いする。
<2>鍋にAと(1)を入れ、中火で30分ほど煮る。あとはクワイと同じ要領で煮る。
【梅人参】
『材料』(4人分)
・京ニンジン・・・1本
・A(だし汁320cc、みりん20cc、薄口しょうゆ20cc、砂糖大さじ1と1/2)
「丹波の黒豆」、「海鮮漬物セット」、そして「日曜日は料亭気分」(12-4)「煮しめ」

<1>ニンジンは幅1センチに切り、ウメ形の型抜きで抜き、花びらを飾り切りする。
<2>中火で10分ほど下ゆでし、クワイと同じ要領で煮る。
【花蓮根】
『材料』(4人分)
・レンコン・・・200グラム
・酢・・・大さじ1
・A(だし汁320cc、みりん20cc、薄口しょうゆ20cc、砂糖大さじ2)
<1>レンコンは穴と穴の間に包丁で切り込みを入れ、切り込みに向かってカーブを描くように皮をむき、花の形に仕立てる。
<2>湯に酢を入れ、(1)を15分ほど下ゆでし、水洗いする。あとはクワイと同じ要領で煮る。
≪匠のひと手間≫
 おいしい煮しめを作るコツは「鍋留め」。火にかけて煮汁で煮た後、鍋のまま冷ますことです。再び火にかけ、煮汁が少なくなるまで二度煮ることで、より味がしみ、より傷みにくくなります。根菜を煮物にする時は必ず下ゆでを。煮汁の味がしみやすく、煮くずれもしにくくなります。里芋は下ゆでの時に米のとぎ汁か、湯に生米を少し入れると煮くずれが防げます。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20131224ryoutei.html

 ここで今日の朝刊「全国旨いもん」より、「海鮮漬物セット」の引用♪
味も多彩は保存食
 魚介や肉、野菜、さらに加工食品と、北海道は食の宝庫だが、漬物にも名品が多い。なかでも魚介と野菜を積み上げたはさみ漬は、北海道の幸ふんだんの味覚だ。戦後に誕生したと伝わるが、今や冬の保存食として家庭には欠かせないという。
 白菜やキャベツの浅漬けに米麹を振って重ね、間にベニザケの切り身を挟むのが定番だが、今ではカニやニシンなども使用。味の多彩さは漬物の範疇を越え、食卓の主菜のひとつにもなりそうな勢いである。さらに、見た目もみごとな一品に仕上げたのが香貴。「約半世紀前、弊社の創業者・酒井啓治が、彩り鮮やかなショートケーキをヒントに試行錯誤の末、製品化。今では北海道を代表する漬物に成長」と、生産部長の川口敦弘さん。
 お勧めは「海鮮漬物セット」。ベニザケ、カニの二つのはさみ漬と、数の子入りニシン漬を詰め合わせたもので、サケは白菜と絶妙なコンビネーション、カニは白菜に挟まれたほぐし身が隠し味的存在、ニシンはキャベツの甘さと数の子の食感がマッチ。いずれも個性的な味わいである。
【取り寄せ先】
(株)香貴 札幌営業本部
札幌市西区八軒7条11の456
海鮮漬物セット(紅鮭はさみ漬、カニはさみ漬、数の子入りニシン漬 各250g×1)、税込み3000円ほか
販売期間 11~3月
※商品は冷蔵(クール)便で発送

http://www.t-kouki.co.jp/

 さらに「里山を歩く」より、「ユズリハ」の引用♪
代替わりを尊ぶ飾り
 常緑で厚く滑らかな葉が美しく、正月の飾り物に使われるユズリハ。漢字で譲葉と書く。葉先に集まって付く楕円形の葉は、春から初夏、新しい若葉が伸びると、古い葉は下になって落ちる。譲葉の名は「牧野新日本植物図鑑」に、葉の新旧入れ替わりが著しく目立つためにいう-、と解説されている。
 入れ替わりがはっきりしているのは親子を思わせ、めでたいことでもあるようだ。
 福島以西、沖縄までの暖かい山地に生える。ユズリハ科の木で、高さ4~10m。公園や人家の庭にも植えられる。雌雄異株。初夏、黄緑の小さな花が咲く。秋に、楕円形で長さ約1cmの実が、黒っぽい藍色に熟す。葉柄は赤みを帯びている場合が多い。
 河井酔茗の詩「ゆづり葉」から、真ん中に近い一節を紹介させていただく。
 「子供たちよ/お前たちは何を欲しがらないでも/凡てのものがお前たちに譲られるのです/太陽の廻るかぎり/譲られるものは絶えません。」
 この詩もユズリハの葉の交代を、親から子へ譲る行為、ととらえている。
 本欄11月の「コナラとクヌギ」で取り上げた、相模原市緑区下九沢の相模原北公園には、ユズリハの木が多数あり、観察には好都合だ。

本日のカウント
本日の歩数:3,887歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:58.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「すきやき弁当」、「みかん」、そして「日曜日は料亭気分」(12-3)「祝肴」 | トップページ | 「叙々苑監修 牛焼肉弁当」、そして「おせち料理で迎えるお正月」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/58841600

この記事へのトラックバック一覧です: 「丹波の黒豆」、「海鮮漬物セット」、そして「日曜日は料亭気分」(12-4)「煮しめ」:

« 「すきやき弁当」、「みかん」、そして「日曜日は料亭気分」(12-3)「祝肴」 | トップページ | 「叙々苑監修 牛焼肉弁当」、そして「おせち料理で迎えるお正月」 »