« 「日曜日は料亭気分」(10-4)「海老まんじゅう」 | トップページ | 「エチゴビール プレミアム レッドエール」、そして「小松菜と油揚げの煮びたし」、「おでん」 »

2013年11月 8日 (金)

ご当地グルメでまちおこし

 今日は、「いい歯並びの日」らしい。

 「サッポロビール」より、メール。アンケートに答えて、Amazonのギフト券がもらえるらしい↑「ECサイト」って、何だ!???
http://www.sapporobeer.jp/sapporo_enq/0102/index.html?xtor=ES-10171-%5b-131107-%5d

 『孤独のグルメ』久住昌之/原作 谷口ジロー/作画(扶桑社)630円の本が「リクエスト」から、注文できるようになった。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101654575/subno/1
 早速注文するが、「7&I」の注文の仕方が昔とちょっと違うようだ・・・。
http://www.7netshopping.jp/all/

 今日は明日のイベントの準備で、帰宅が遅くなった。
 今日は、スーパーに寄りたかったのだが、遅くなったのでやめる。でも、帰宅途中、杏林堂に寄り、「明治ブルガリアヨーグルト」128円と、「サッポロ 冬物語」198円を買う。仕事が長引いた日は、ビールが飲みたい気がするんだよね♪
 帰宅して「冬物語」で一杯かな・・・自分的には、ビールは冷たい方が好きなんだけどね・・・。

 明日から豊川で「B-1グランプリ」が開催される。
http://b-1grandprix.com/
http://toyokawa.b-1grandprix.com/

 先月号の『いなか暮らしの本」に、「柿の葉寿司」と「かしわのすき焼き」について載っていたっけ♪やっぱり、地元の食べ物がおいしいんだろうね↑↑↑
「柿の葉寿司」
 柿の葉で、ひとくち大のさば寿司を包んで押した寿司。江戸時代の中ごろ、紀州(和歌山県)の漁師が熊野灘で獲れた夏サバを塩で締め、吉野川筋の村へ売りに出たところ、夏祭りと重なり、以来、夏祭りのごちそうとして、ふるまわれたと言われる。
「かしわのすき焼き」
 10月中旬、天神様(菅原道真公)の冥福を祈る秋祭りが行われる。天神様の守護物がウシのため、代わりにかしわ(鶏肉)のすき焼きを親戚などに振る舞った。奈良では、お祝いなどハレのときには、かしわのすき焼きが食卓にのぼる。

 今月号は、「味噌煮込みうどん」と「手羽先」だったね♪
 愛知県は古くは尾張、三河と呼ばれ、戦国時代には、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などの武将が活躍した歴史ある土地だ。
 現代では、自動車関連企業や航空機産業などが盛ん。独自に食文化が発展し、小倉トーストやあんかけスパなど、さまざまな”名古屋めし”が生まれている。
「味噌煮込みうどん」
 尾張地方の農家で昔から食べられてきた郷土の味。味噌汁にすいとんやうどん、野菜を入れたごった煮がルーツとされる。濃厚な赤味噌ベースのつゆに、極めてコシの強いうどんが特徴。
「手羽先」
 鶏手羽をから揚げにして、たれをつけ、ゴマなどを振りかけたもの。名古屋の鶏料理店が客に出したのが始まりで、軽くておいしくて安いことが人気となり、現在では市内各地に専門店がある。
「イチジク、大葉」
 愛知県は全国有数の農業県。日本一の生産量のものとして、イチジク、大葉、フキ、ウズラの卵などがある。
「えびせんべい」
 全国シェアの65%を占める。明治の中ごろに、練り製品製造者が中国のものをまねてつくったのが始まりとされる。

 以前の『ふれ愛交差点』に、「どんどん焼き」&「和風モヒート」の作り方が載っていた。
 「どんどん焼き」は、水で溶いた小麦粉を薄く焼いて、ソースなどで味付けした料理です。山形県ではお祭りの屋台などで親しまれています。
『材料』(2人分)
・おさなかソーセージ・・・1/4本
・紅しょうが・・・20g
・焼きのり(5cm角)・・・2枚
・青のり・・・少々
・お好み焼きソース(市販)・・・適量
・揚げ玉・・・大さじ1
・A
 小麦粉・・・100g
 水・・・1カップ
・サラダ油・・・適量
『作り方』
①おさなかソーセージは輪切りにする。
②熱したホットプレートに油を入れ、合わせたAを半量ずつ円形にのばし、紅しょうが、揚げ玉、①、のりの順にそれぞれ半量をのせて焼く。こんがり焼けたら裏返して1分ほど焼き、割りばしを芯にしてぐるぐると巻き、お好み焼きソースを塗って青のりをかける。

 モヒートは本来はミントの葉、ラム、ライムで作るキューバのハバナ発祥のカクテルです。
『材料』(2人分)
・青じそ・・・2枚
・すだち(絞り汁)・・・1個分
・砂糖・・・小さじ1
・焼酎・・・90ml
・炭酸水・・・1カップ
・氷・・・適量
・すたち(飾り用)・・・適量
『作り方』
①グラスにちぎった青じそ、すたち汁、砂糖を入れ、青じそを軽く押しつぶしながら混ぜる。
②氷を加え、焼酎、炭酸水を注いで混ぜ、すだちを添える。

 B級グルメというと、他にも有名なのがありますね。食べてみたいですね♪
【奥美濃カレーひっちゃく棒】
 ひと言で表すと「串焼きカレー棒」。トマトご飯を串に練りつけ、そのまわりを岐阜県のヘルシーポークで巻き、こんがりと焼き目をつけた後に、郡上地味噌を隠し味に使った奥美濃カレーをかけて完成。
郡上発!奥美濃カレーファミリー事務局
TEL 0575-82-3-36
【亀山みそ焼きうどん】
 高温に熱した鉄板の上で、肉と野菜を炒め、うどんを投入し、特製の味噌ダレであえた焼きうどん。国道1号線で鈴鹿峠を越えるトラックドライバーたちの腹を満たした、みそ味の鉄板焼き。
亀山みそ焼きうどん本舗
TEL 090-8550-8318
【各務原キムチ鍋】
 各務原キムチは、岐阜県各務原市が韓国の春川(チュンチョン)市と姉妹都市提携を結んだ縁から生まれた、まちおこしの一品。各務原市特産のニンニクと、春川市特産の松の実が入っているのが特徴。
キムチ日本一の都市研究会事務局
TEL 058-383-9925

 ここで「遠鉄ストア チャチャッとクッキング」より、「チキンパエリア」の紹介♪
【チキンパエリア】
『材料』(4人分)
・米・・・2カップ
・鶏手羽元・・・8本
・玉ねぎ(みじん切り)・・・1コ
・にんにく(みじん切り)・・・1かけ
・ピーマン・・・2コ
・とろけるチーズ・・・50g
・オリーブ油・・・大さじ2
・A
 カゴメ基本のトマトソース・・・1缶
 水・・・1カップ
 コンソメ・・・小さじ2
『作り方』
①米は洗って30分ぬるま湯につけ、水気をきる。
②ピーマンは薄い輪切りにする。
③フライパンにオリーブ油を熱し、玉ねぎ、にんにく、鶏肉を入れて炒める。①を加え、油がなじむまで炒める。
④炊飯器に③とAを加えてよく混ぜ合わせて炊く。
⑤炊き上がったら、とろけるチーズとピーマンを加えて少し蒸らして盛り付ける。
※お米は洗ってからぬるま湯につけておくと、芯ができにくくなります。

本日のカウント
本日の歩数:14,811歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:61.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)○

|

« 「日曜日は料亭気分」(10-4)「海老まんじゅう」 | トップページ | 「エチゴビール プレミアム レッドエール」、そして「小松菜と油揚げの煮びたし」、「おでん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご当地グルメでまちおこし:

« 「日曜日は料亭気分」(10-4)「海老まんじゅう」 | トップページ | 「エチゴビール プレミアム レッドエール」、そして「小松菜と油揚げの煮びたし」、「おでん」 »