« 「日曜日は料亭気分」(10-3)「栗と秋野菜のスープ煮」 | トップページ | 「シェフモ」、「つけけんちんそば」、そして「そば打ち体験」 »

2013年11月 5日 (火)

「しめさば」、そして「おいしいもの探索!ご当地グルメ 香川「ぴっぴ飯」」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用♪やっぱり、コロッケはB級グルメじゃあないだろうか↑↑↑
 晩秋の夕方、精肉店前。野球帰りの子どもたちが自転車にまたがったままで熱いコロッケをほおばっている。温かく安価な庶民の味はだれをも懐かしい気持ちにさせる。藤子不二雄さんも「まんが道」で苦労の新人時代に食べたコロッケサンドの記憶を描いている
▼コロッケは明治・大正期に大衆的な西洋料理として急速に広まった。小沢昭一さんのお母さんが昭和初めの思い出にコロッケを語っている
▼「肉なんか買えないからコロッケばっかり。肉屋も知っててね。あたしが入ってゆくとあの人はコロッケだよって。あの唄のとおり」
▼浅草オペラの「コロッケの唄」のことだ。一九一七(大正六)年に大流行した。<いつも出てくるおかずはコロッケ きょうもコロッケ 明日もコロッケ>。毎日毎日、コロッケと嘆く歌詞に庶民の味というイメージができていった
▼おもしろいことに貧しい人の歌ではない。七番までの歌詞を読むと、あの時代に英語を習ったとか、自動車を運転したと出てくる。自慢げなのである。コロッケもまだ自慢の食べ物だったが、歌い継がれる間、安くなって、庶民の味を歌っているという解釈に変化したのだろう
▼三日、全国初のコロッケ大会で富山県高岡市の「高岡コロッケ」が一位になった。イカスミ入りという。懐かしい味とは違うが高岡育ちの二人の藤子さんもうれしいだろう。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2013110502000086.html

 今朝食べたヨーグルトの中蓋に載っていた【にんじんと水切りヨーグルトのサラダ】の作り方↑
『材料』(4人分)
・明治ブルガリアヨーグルトLB81 450g(水切りしたもの)・・・100g
・にんじん・・・2本
・塩・・・小さじ1/3
・レモン汁・・・大さじ1/2
・おろしにんにく・・・2g
・卵黄・・・2個分
・砂糖・・・小さじ1
・塩・・・少々
・こしょう・・・少々
・セルフィーユ・・・適量
『作り方』
①にんじんは太めのせん切りにし、塩(小さじ1/3)を入れて混ぜ、にんじんから水分が出たら、水気をしぼる。
②ボウルに水切りしたプレーンヨーグルト、レモン汁、卵黄、砂糖、おろしにんにくを入れて混ぜる。
③②のボウルに①を入れ混ぜ合わせ、塩、こしょうをふる。
④皿に③を盛りつけ、セルフィーユを飾る。
≪水切りヨーグルトの作り方≫
①キッチンペーパーをひいたザルに明治ブルガリアヨーグルトを流し入れる。
②ザルよりやや小さめで深めのボウルをセットし、冷蔵庫へ。
③ヨーグルトの半量くらいホエイ(乳清)がでたら完成。
※水の切り方で分量が若干変わりますが、200gのヨーグルトを半日ほど水切りすると約100gになります。

 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」からの楽天メール。「インカのめざめ」というじゃがいもの案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/105035/?scid=rm_190841
 NIKKAウイスキーより、メール。「ジャック ダニエル テネシーハニー」2,509円の案内♪
http://beer.asahishop.net/whisky/jd_honey/index.php?sc_cid=ca_own_ht_16457

 今朝の通勤、一般道で、オートバイが法定時速以上で道路の左側というか路肩を追い抜いて行った・・・こちらは左折しようと思っていたんだけど、危ないよね。追い越すなら右側だよね・・・!!!

 今日は、夕方久しぶりに外に出たぞ!
 仕事を終え、帰宅して、久しぶりにビールを飲む。喉が渇いている時のビールって美味しいねぇ~♪
「しめさば」、そして「おいしいもの探索!ご当地グルメ 香川「ぴっぴ飯」」

 おつまみは、昨日買った「旬味 しめさば」。やっぱり〆鯖って美味しいねぇ~♪♪♪(でも、安いだけあって小さかった・・・↓)
特選の
旬の秋鯖
活きの良さと
旨味をそのまま
しめて仕上げた
極上のしめ鯖。
 三浦商店のしめさばをお買い上げいただき、誠にありがとうございます。当店のしめさばは、水揚げしたて新鮮なさばを使用し、当社独自の味付けを施しております。旬のさばそのままの味をお楽しみ下さい。
●美味しいお召し上がり方●
 調理する際には、半冷凍状態ですと切りやすく、また、お口の中に広がる冷たさがさばの味をよりいっそう引き立てます。
・お刺身に
 お好みの大きさに切り、おろししょうが、わさび等を添えてお召し上がりください。お好みによりレモン、二杯酢でもどうぞ。
・鯖寿司に
 二枚にそぎ落とし、皮のほうを下にしてぬれぶきんの上におきます。すし飯をのせ巻きすで包み2時間程なじませます。
・和え物に
 さっぱりとした酒の肴には、きゅうり、わかめ、ねぎを添えて、酢みそ和え、ごま和え、おろし和えでお召し上がり下さい。
株式会社 三浦商店
岩手県九戸郡洋野町種市1-149-2
TEL:0194-67-2001

 ここで、『ふれ愛交差点』10月号より、「おいしいもの探索!ご当地グルメ 香川「ぴっぴ飯」」の紹介♪
①うどんを2cmくらいに切る。
②油を入れたフライパンで豚バラ肉、細切りのにんじん、もやしを炒める。つづいてごはんを入れて、炒めたら、うどんを入れる。
③仕上げにきざんだたくあんを入れてサッと炒め、麺つゆで味をつけてできあがり。紅しょうがを添えて、ただきまーす!!
※冷蔵庫の残りものでおいしくできます!

本日のカウント
本日の歩数:9,974歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:60.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)○みたい

|

« 「日曜日は料亭気分」(10-3)「栗と秋野菜のスープ煮」 | トップページ | 「シェフモ」、「つけけんちんそば」、そして「そば打ち体験」 »

コメント

三浦商店さんのしめ鯖ものすごく
お美味しかったです。
本当は教えたくないんです・

投稿: ゆうこ | 2013年12月 1日 (日) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/58520287

この記事へのトラックバック一覧です: 「しめさば」、そして「おいしいもの探索!ご当地グルメ 香川「ぴっぴ飯」」:

« 「日曜日は料亭気分」(10-3)「栗と秋野菜のスープ煮」 | トップページ | 「シェフモ」、「つけけんちんそば」、そして「そば打ち体験」 »