« 「さつまいも(安納芋)の無農薬海水栽培」、そして「とれたてホップ 一番搾り 2013」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(10-3)「栗と秋野菜のスープ煮」 »

2013年11月 3日 (日)

JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 今日は、11月3日、「サンドイッチの日」らしい。
 手軽に作れて朝食やランチはもちろん、おやつにもなるサンドイッチ。ある調査によると、一番人気の具はたまごだそうです。みなさんは何の具が好きですか。

 昨夜のテレビ「ノブナガ」で、またまた日本酒が登場した!
http://hicbc.com/special/blog/nobunaga_omoide/
 長野の善光寺近くの「長兵衛」というお店。
長野県長野市大字鶴賀権堂町2386
026-235-6745

http://tabelog.com/nagano/A2001/A200101/20009566/
 「臥龍山(がりゅうざん)」という日本酒を飲んでいた。先週も今週も日本酒を飲むよね!
http://www.matsubaya-sake.com/
 ちなみに「おやき」は、「丸ナスと味噌」が基本らしい♪♪

 今朝のテレビ、NHKの「うまいッ!」でさつまいもを取り上げていた。そうか!さつまいもは、取りたては甘くないんだね。含まれているデンプンが糖になるように、寝かせないとだめなんだね。昨日の掘りたてのサツマイモはそんなに甘くなかった理由が分かったよ!!!
 サツマイモに含まれるデンプンは、時間の経過とともに糖に分解されます。そこで行方では、取ったばかりのものは出荷せずに、倉庫で貯蔵。品種によって“甘くなるタイミング”が違うことを利用し、一年中いつでも甘いサツマイモを出荷しています。
http://www.nhk.or.jp/umai/

 今日は、JRさわやかウォーキングに参加する。
 湖西市役所北側駐車場にて、今話題の軽トラ市をメインとした湖西市商工会主催の「わいがやKトラまつり」が開催されます。
http://walking.jr-central.co.jp/

 家を出ようとすると、靴すれが痛い・・・。布がすれて破れて、中からプラスチックが出ているんですよ・・・やっぱり安い靴はだめか・・・。

 電車に乗り、8時頃、鷲津駅に到着。トイカに1,000円チャージ!
 改札口を出ると、受付を待っている人はいない???いつもならこの時間には何人か待っているのに・・・開催日を間違えたかな?と思ったら、駅を出た所に受付ができていた。もうみんなスタートしたのだと思い、受付で聞くとまだ受付はやっていないとのこと。
 駅の中のラックのものでももらって見ようかと駅に戻ると、ラックに今日のマップがあった。なるほど、皆さんこれをもらいスタートしたのですね!
 ということで、ラックからマップをもらいウォーキングスタート!

JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 「古見八幡宮」到着。ゴルフコースみたいのがあるよ。今日は何か行事があるのかな、人が多い。
 元は山口字長峰に鎮座し、現地に移祀したと伝えられています。10月に例祭が行われ、奉納太鼓が行われます。

JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 「豊田佐吉記念館」到着。
 トヨタグループ創業者 豊田佐吉の生誕120年を記念して、生誕の地に1988年10月に開館しました。記念館には佐吉が発明した数々の織機やゆかりの品々が多数展示されています。

 コースは、記念館の中を通過するんだね。
JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 「豊田佐吉生家」到着。
 佐吉翁はもちろん、トヨタ自動車の創業者喜一郎氏もここで産声を上げたといいます。周辺には展望台や記念碑もみることができます。

JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 道端で「みかん」100円を売っている。去年もここで売っていたっけ。買うことにしよう。

JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 「妙立寺」到着。
JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 1568年(永禄11年)に、徳川家康公が入出の宇津山城へ攻撃する際に境内に本陣が置かれたという名刹です。境内からは浜名湖、舘山寺、富士山を眺めることができます。

JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 「わいがやKとらまつり」到着。開催時間が10:00~15:00ということで、まだ準備中だった。安いキャベツを買いたかったがどこも150円・・・値段を合わせてある!?
 今年で6回目を迎えます。当日は、軽トラック市、グルメコーナー、手作り品等の展示販売を行います。

JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 「本興寺」到着。飾ってあるぞ。万灯というのだろうか?「御会式」と書いてあるものもある。
JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 北原白秋が心引かれた寺で有名です。本堂近くに白秋の歌碑があります。国の重要文化財に指定された歴史的に貴重な建築物があり、その他にも貴重な文化財を多く所蔵しています。

 そして、ゴール!約9kmのコースでした。
 電車に乗り帰宅。
 トイカの残額:830円

JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 帰宅途中、ホームセンターに寄り、ヒゲソリを買う。980円なり↑安いな!
IZD-584 回転式シェーバー
8時間充電
爽快! 肌にやさしい回転刃採用
快適! 手にフィットするカーブデザインボディ
簡単! アダプターや充電器のいらずのプラグイン充電
安心! スイッチには誤作動を防ぐロックボタン
手軽! 旅行・出張に便利なコンパクトボディ
便利! 海外対応自動電圧切替100~120V
株式会社 泉精器製作所
長野県松本市大字笹賀3039
TEL:0263-57-1284(サービス窓口)
  0263-86-5311(部品相談窓口)

 スーパーに寄る。売り出しのキャベツ98円は売り切れだった。今、キャベツが高いんだね・・・。

 帰宅して、昨日の続きのイモ掘り。まだ、半分残っている。来週掘ろう!!!収穫したものが多すぎで1回では運べず、2往復する!!!

 夕方は、豚汁で一杯♪
JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 豚肉は、先日買った「国産 豚こま切肉」100g88円のもの。
JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 人参は、昨日買った「北海道他産にんじん」3本入り88円の物。
JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」

 コンニャクも、昨日買った2つで88円の物。安いだけあって、薄い感じがする。
板こんにゃく
おでんに 煮物に 田楽に
素材の味を生かし、丹念につくり上げた逸品です。
きひょうえ株式会社 MJ01
名古屋市東区東桜2丁目9番16号
0120-529-226

 この間買ったばかりの大根、とうがたっちかけているよ!!!

 ここで、今日の朝刊「全国旨いもん」より、「佐久鯉うま煮」の引用♪
生産高日本一の逸品
 上信越道佐久ICと、小海線とつながる長野新幹線佐久平駅のある長野県佐久市。一躍、県北東部の交通の要衝となった感があるが、この町はすでに江戸時代から中山道の四つの宿場町や、小規模ながら二つの藩の城下町を擁し栄えたところ。
 この地でその江戸期以来の名物がコイ。古くからほそぼそと行われていた養殖が、江戸後期に岩村田藩主・内藤正縄が大阪・淀川にコイを土地の豪農に下賜したことを契機に本格化。明治に「佐久鯉」の名で商品生産されるようになり、昭和30年代にはコイの生産量日本一に。
 今では甘露煮などで全国に流通。その甘露煮の元祖、魚甲本店で双葉の人気を誇るのが「佐久鯉うま煮」だ。「清澄な地下水を使いエサにもこだわることで、泥くささが全くない良質のコイを育成。それを昔ながらのあっさりと煮込む製法で仕上げています」と、社長の市川章人さん。甘辛く味付けしたコイは、煮魚風だがしっかりと身が締まり、しっとりして口当たりが良く、こくがある。このほか水田で養殖した小ブナと使う「佐久の小鮒甘露煮」も売れ筋という。
【取り寄せ先】
(株)魚甲本店
長野県佐久市大字原457
TEL:0267-62-0304
1箱3切れ入り、税込み2430円~

http://koinouokou.driven.jp/

 さらに、「里山を歩く」より、「ツワブキ」の引用♪
海辺に咲く花黄金色
 晩秋から初冬に、ツワブキは菊に似た車輪状の花を付ける。鮮やかな黄色で、枯れ野にあっても黄金のように光り輝く。
 漢字で書くと石蕗。艶葉蕗から出た名らしい。短くツワ、とも呼ぶ。
 本州の福島以南から沖縄までの海辺に自生している。藪から林の中に多い。キク科の多年草で葉はフキそっくりだが、厚くて緑が濃く、艶つやしている。花は花びらの間にすき間がある。
 海辺を歩いていて、よく出合う。首都圏なら千葉県の南房総、神奈川県大磯町、静岡県の西伊豆などのツワブキが、すぐに目に浮かぶ。ずっと南なら鹿児島県・屋久島では、島の名物らしい。無尽蔵に思える大群生を見かけた。
 公園や人家の庭などにも植えられている。里山ではないが、東京都文京区の小石川植物園を昨年11月半ばに訪れたら、正門近くのツワブキが花盛りだった。これは植栽されたものだろう。
 春の葉柄を食用にする。民間薬として、魚による食中毒に葉をすりつぶして汁を飲む。また、腫れものに、葉をもんで患部に貼ると、うみを吸い出す効果があるそうだ。

本日のカウント
本日の歩数:19,420歩
(本日のしっかり歩数:12,453歩)
本日:60.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)×

|

« 「さつまいも(安納芋)の無農薬海水栽培」、そして「とれたてホップ 一番搾り 2013」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(10-3)「栗と秋野菜のスープ煮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「湖西の史跡散策とわいがやKトラまつり」、そして「佐久鯉うま煮」:

« 「さつまいも(安納芋)の無農薬海水栽培」、そして「とれたてホップ 一番搾り 2013」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(10-3)「栗と秋野菜のスープ煮」 »