« 「日曜日は料亭気分」(8-3)「里芋と鶏肉の田舎煮」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(8-4)「無花果のふろふき」 »

2013年9月 4日 (水)

<食卓ものがたり> コマツナ

 今日の仕事は、外だった・・・暑いな・・・。
 夕方雨が降ってきた。天気予報の通りだった!
 仕事を遅く終え帰宅。
 一旦停止のT字路が出られない・・・左から車が来た・・・普通に行ってくれたら出られたのに、急に速度を落とし止まりそうな雰囲気・・・こっちを入れてくれるのかなと思ったらこっちを見ながら何かを食べているか、携帯電話を使っている・・・そしてスピードを上げそのまま行ってしまった。おかげで遠くにいた右側がT字路に入ってきて、こちらが出られなくなっった・・・!左側の車が普通に走っていたら、こちらは出られたはずだ。。。その後、左からも車が繋がって来てなかなかT字路を出られない状況!!!他の車を気遣った運転をしてほしいものだ!!!

 帰宅途中、スーパーに寄る。納豆を買うためだ。6時半を回っているのにお弁当は2割引きだった。「納豆」48円を買い物かごに入れてお弁当コーナーに戻ってみると、お弁当が半額になっていた。
「ミックスのり弁当」380円のところ半額の190円も買うことにする。(箸をくれなかった。半額だったからなのだろうか???)ちなみに、半額で売るということはどういうことなのだろうか?半額が仕入れ値?それとも、赤字でもちょっとでも売りたい???

 帰宅しようとしたら、パトカーが交差点内で止まっている。何か事故があったのかなと思ったらやがてゆっくりと動き出した・・・!!!そして、何事もなかったかのように行ってしまった!!!???なぜ交差点内で止まっていたのだろう???車の渋滞の原因になっているだろうに!!???

 帰宅して、晩ご飯かと思ったら、晩ご飯はなかった!!!なんで自分だけないんだよ!???ネコでも御飯があるのに、猫以下かよ!!!
 お弁当を買っておいてよかった!!!
<食卓ものがたり> コマツナ

 ということで「ミックスのり弁当」で一杯。
(株)いずみ食品
浜松市西区馬郡町3762番地の6
TEL:(053)449-1106

 これじゃあ足りないので、「卵かけご飯」と「バタピー」!

 ここで、2013年8月10日の朝刊より、「<食卓ものがたり> コマツナ(東京都江戸川区)」の引用♪
 コマツナ(小松菜)は鎌倉時代に、今の東京都江戸川区小松川付近で栽培が始まったといわれている。江戸時代の一七一九年、将軍徳川吉宗がタカ狩りで香取神社(同区中央)を訪れた際に献上され、地名から「小松菜」と名が付いた。今も江戸川区では年間二千五百九十トン(二〇一〇年度)のコマツナが生産され、国内有数の生産地だ。昔も今も花のお江戸を代表する葉もの野菜といえるだろう。
 五棟のビニールハウスでコマツナを生産している同区上篠崎の石井誠一さん(73)を訪ねた。住宅街でハウスが存在感を示している。
 ちょうど収穫していたところで、コマツナをまとめては「江戸川野菜」と書かれたテープで束ねていた。「今、収穫しているのは二十三日前に種まきをしたもの。明日には小学校の給食に出されていますよ」とほほ笑む。
 石井家は誠一さんで七代目、江戸時代からこの地でコマツナを作ってきた。一九六四年ごろに、ハウスで栽培するようにした。
 「うちのコマツナの良さは、葉もの野菜特有のえぐみが薄く、甘みが強い。風味もよいことかな」
 コマツナは気温の高い夏場は生育が早く、気温の低い冬場は遅い。安定して出荷ができるように計算し、ハウスごとに順番に種まきをしていく。一つのハウスで年に七、八回収穫する。今の時期はほぼ一週間に二回種まきする。「昨年は一年で七十五回、種まきしました」
 収穫したコマツナは、自宅の保冷庫に入れ、翌日早朝、自分で東京都中央卸売市場の淀橋市場(新宿区)に出荷する。午前中に競り落とされる。コマツナは新鮮さが味を左右するからだ。
 「ハウスで作業をしていたら、通りかかった女性が、一束売ってと言うので、売ってあげました。ところが二時間もすると、その女性がまた来て、おいしかったのでもう一束…。とてもうれしかったですね」と石井さん。
 江戸川区はブランド化をめざして、同区農業経営者クラブや弘前大と協力し、生食できる「サラダ小松菜」を打ち出した。石井さんも栽培に取り組んでいる。栽培法を工夫することで、茎がやや細身で食感がシャキシャキ、甘みも増してサラダ向きになった。期待の星だ。
◆味わう
 コマツナといえば、おひたし、みそ汁などが定番だが、石井さんの妻和子さん(72)のお薦めはキムチ漬け、辛しあえ、煮浸しなど。レシピは江戸川区のホームページ(「江戸川区 小松菜お料理レシピ」で検索)に紹介されている。
 石井家ではジューサーにかけ、青汁にして愛飲しているという。700~800グラムほどのコマツナから約1リットルの青汁ができる。
 江戸川区篠崎町の「篠崎文化プラザ」内の伝統工芸カフェ・アルティザン=電03(3676)9083=では、地元産のサラダ小松菜、コマツナを使ったシーザーサラダやジュース、クリームスムージーなどが楽しめる

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2013081002000002.html

本日のカウント
本日の歩数:9,753
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)○みたいだったのに、×

|

« 「日曜日は料亭気分」(8-3)「里芋と鶏肉の田舎煮」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(8-4)「無花果のふろふき」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <食卓ものがたり> コマツナ:

« 「日曜日は料亭気分」(8-3)「里芋と鶏肉の田舎煮」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(8-4)「無花果のふろふき」 »