« 認知症を予防するために⑤「料理のレパートリーを増やそう」 | トップページ | 「イカリソース」、そして「9月の旬「秋鮭」「栗」「きのこ」」 »

2013年9月26日 (木)

「日曜日は料亭気分」(9-2)「鶏肉の土佐酢漬け」

 昨夜のテレビ「ナカイの窓」で、日本人の平均年収は332万円と言っていた。ボーナスも考えると、月収20万円といったところか・・・。
http://www.ntv.co.jp/nakainomado/

 楽天より、メール。RAKUTEN EAGLESが優勝したら、セールをするらしい↑↑↑
http://event.rakuten.co.jp/campaign/eagles/?scid=rm_191968
 「まぐろのみやこ」より、楽天メール。「大間 生マグロ」の販売♪
http://item.rakuten.co.jp/miyako/c/0000000486/?scid=rm_192045

 「明治ブルガリアヨーグルト」の中蓋に「ヨーグルトサンド」の作り方が載っていた。
【ヨーグルトサンド】
『材料』(2人分)
・明治ブルガリアヨーグルトLB81450g(水切りしたもの)・・・150g
・白食パン・・・2枚
・黒食パン・・・2枚
・バター・・・大さじ1.5
・マスタード・・・小さじ1
・ハム(薄切り)・・・2枚
・ケッパー・・・7~8粒
・ピクルス・・・2枚
・白ワイン・・・大さじ3
・スモークサーモン・・・2枚
・塩・こしょう・・・少々
[付け合わせのハーブ]
・ディル・・・少々
・セルフィーユ・・・少々
『作り方』
①ボウルにバターとマスタードを入れ、泡立て器でマヨネーズ状になるまで混ぜ合わせ、耳を落とした食パンに塗る。
②ハムとスモークサーモンは大さじ1.5ずつの白ワインで個々に5分間ほど漬けてから、水気をとる。
③水切りしたプレーンヨーグルトに塩・こしょうをふり、食パンに塗る。
④白食パンにはハムとスライスしたピクルスをはさみ、黒食パンにはスモークサーモンとケッパーを散らしてはさむ。
⑤④をラップに包み、一旦冷蔵庫で冷やす。
⑥食べやすい大きさに切り、皿に盛り付け、ハーブのディルやセルフィーユを飾る。
≪水切りヨーグルトのつくりかた≫
①キッチンペーパーをひいたザルに明治ブルガリアヨーグルトを流し入れる。
②ザルよりやや小さめで深めのボウルをセットし、冷蔵庫へ。
③ヨーグルトの量が半量くらいホエイ(乳清)がでたら完成。
※水の切り方で文陽が若干異なりますが、300gのヨーグルトを半日ほど水切りすると約150gになります。

 仕事をちょっと遅く終え帰宅。
 先日買ったリンゴと能登旅行のとき買った「金ちゃんヌードル」を食べる。
「日曜日は料亭気分」(9-2)「鶏肉の土佐酢漬け」

KINCHAN NOODLE
徳島製粉株式会社
徳島市二軒屋町3丁目1-8
TEL:088-622-9186

 ここで9月8日の朝刊「日曜日は料亭気分」より、「鶏肉の土佐酢漬け」の引用♪
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
・鶏もも肉・・・2枚
・タマネギ・・・1/2個
・白髪ネギ・・・適量
・アサツキ・・・適量
・ミョウガ・・・3本
・A(酢300cc、みりん150cc、だし汁220cc、薄口しょうゆ100cc、塩小さじ1/2、砂糖大さじ1と1/2)
★1人分397キロカロリー、脂質25.1グラム、塩分2.2グラム(鶏肉の土佐酢漬け)
<1>鶏もも肉の皮目をフライパンで焼き、焼き目を付ける。170~180度の油で素揚げする。
<2>スライスしたタマネギをフライパンで炒める。
<3>(1)と(2)を一煮立ちさせたAに1~2時間漬け込む。
<4>鶏肉の皮目を上にして、食べやすい大きさに切って器に盛り、タマネギを脇に添える。白髪ネギ、アサツキ、ミョウガを細切りにしてまぜ、鶏肉の上に盛る。
【鶏肉の香味蒸し】
『材料』(4人分)
・鶏胸肉・・・2枚
・中華クラゲ・・・120グラム
・キュウリ・・・2本
・ナス・・・2本
・A(牛乳400cc、酒200cc、みりん100cc)
・タマネギ・・・1/4個
・セロリ・・・30グラム
・サラダ油・・・大さじ1と1/2
・B(しょうゆ40cc、酢40cc、だし汁40cc、ごま油 適量、砂糖 小さじ1/2)
<1>鶏胸肉の表面に薄く塩(分量外)を振る。
<2>Aを鍋で温め、スライスしたタマネギと刻んだセロリ、サラダ油を加える。
<3>(2)を72度に保ちながら、(1)を入れて30分間弱火でゆでる。火を切り、鍋のまま冷ます。
<4>ナスは半分に切り、ラップをして電子レンジで5~8分加熱する。
<5>鶏肉を取り出し、食べやすい大きさに切り、器に盛る。(4)と5センチの長さで千切りにしたキュウリ、中華クラゲを添え、まぜ合わせたBをかける。
★1人分303キロカロリー、脂質16.1グラム、塩分3.6グラム(鶏肉の香味蒸し)
≪匠のひと手間≫
 鶏肉と酢の相性は抜群。鶏はひと手間になりますが揚げてください。土佐酢に漬けると、焼いた鶏よりも、軟らかく、味も染み込みやすいです。皮目の香ばしさも揚げた方が際立ちます。漬け込む時間は少なくとも1時間以上。一晩漬け込んでもおいしく食べられます。
 土佐酢はアジの空揚げを漬け込んだら、南蛮漬けになります。タマネギやパプリカなど野菜を漬けてもおいしくいただけますが、生のままより、焼くか素揚げにしてから漬けた方が味が染み込みます。
 鶏胸肉を牛乳で煮るのは臭みを取るため。72度はタンパク質がかたまり始める温度。これ以上の温度では、肉がかたくなってしまいます。72度を保つことでしっとり軟らかい肉がゆであがります。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20130910ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数:6,679歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:62.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 認知症を予防するために⑤「料理のレパートリーを増やそう」 | トップページ | 「イカリソース」、そして「9月の旬「秋鮭」「栗」「きのこ」」 »

コメント

中国では「速成鶏」の存在が社会問題になっている。
わずか40日~45日で3.5kgまで成長させて出荷するのだが、過剰にホルモン剤を与えて丸々と太らせるのだという。
日本では51日~55日程度で2.5kgほどになったら出荷するのが通常なので、中国の鶏がどれだけ大量のホルモン剤を与えられているのか想像がつく。
さらに、中国では身動きできないほど狭い不衛生なスペースで飼育されるため、鶏はすぐに病気になる。
そのため中国の養鶏家は平均して18種類もの抗生物質を与えているという。
そんな中国から加熱処理された鶏肉が、日本に21万5千トン(2012年)も輸入されている。
中国から輸入された鶏肉は、鶏肉として飲食店、弁当店、惣菜店などで使われる他、焼鳥、空揚、ハンバーガー、ハンバーグ、フライドチキン、ローストチキン、レトルト食品及び冷凍食品などに加工される。

投稿: うなぎ | 2013年9月26日 (木) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/58270198

この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜日は料亭気分」(9-2)「鶏肉の土佐酢漬け」:

« 認知症を予防するために⑤「料理のレパートリーを増やそう」 | トップページ | 「イカリソース」、そして「9月の旬「秋鮭」「栗」「きのこ」」 »