« 「web171」、そして「日曜日は料亭気分」(9-1)「射込み南瓜」 | トップページ | <食卓ものがたり> ピオーネ »

2013年9月18日 (水)

「ゆるキャラグランプリ2013」、そして「<食卓ものがたり> イワシの削り節」

 「ゆるキャラグランプリ2013」が昨日から始まった!11月8日までだ。今年はどのゆるキャラが1位になるのだろう!?
http://www.yurugp.jp/

 今日は9月18日、カップヌードルbirthdayらしい。1971年誕生なのですね!

 今日は、仕事を速攻で終え、病院に向かう。(昨日の通院の続きなんです。)大きな病院は午前中しかやっていないから不便だよね!
 だいぶ前に来た時と、駐車場から中の様子から全然違っている。(駐車場に入る時から、迷ってしまったぞ!!!)
 総合受付で、紹介状を出し受付をする。だいぶ待たされた・・・!
 肝胆膵外科に行くように言われた。始めて聞く科だ。いろいろな科があるものなんだね。
 診察を済ませ、血液検査をし、○○の案内を聞いて、診察代を払いに行く。最近は便利になったもので、支払いは機械だった。現金で3,630円支払う・・・そして、トイレに寄り帰ろうとすると、受付で名前を読んでいる・・・診察券を取り忘れたようだ・・・↓

 コンビニで、TOTO BIGを買う。
「ゆるキャラグランプリ2013」、そして「<食卓ものがたり> イワシの削り節」

 スーパーで、売り出しのキャベツ98円を買う。
「ゆるキャラグランプリ2013」、そして「<食卓ものがたり> イワシの削り節」

 さらに、魚肉ソーセージ4本158円もね↑

 NTTから電話が来た。光通信がだいぶ安くなっているという。NTTは、毎回、「前回よりも安くなった」と言って前回と同じプランを出してくる。何て会社だ!!!

 夕方は、昨日の残りの「かつおあら煮付け」で一杯♪なるべく「カルニチン」を摂らないとね↑↑

 ここで、2013年9月7日の朝刊より「<食卓ものがたり> イワシの削り節(静岡市清水区蒲原)」の引用♪
 一口頬張ると、「ああ、あの懐かしい味」というぼんやりとした記憶がよみがえってくる。魚食文化をはぐくんできた日本人の遺伝子には、この風味を感知する能力が特別に刷り込まれているのではないか、とさえ思える。
 B級ご当地グルメの祭典B-1グランプリの第一、二回大会で連覇を果たし、全国的にブレークした富士宮やきそば(静岡県富士宮市)。その味わいを下支えしているのが、イワシの削り節を作る際に副産物として出る「だし粉」と呼ばれる魚粉だと知った。地味だけど、すごく納得。
 その削り節の生産業者が集まっているのが、駿河湾に面する静岡市・蒲原。広重の東海道五十三次にも描かれた十五番目の宿場だが、不覚にも「かんばら」と読めなかった。一つ後の宿場、由比が桜エビで有名なだけに、これもまた地味。
 この地でイワシを削り節の材料として扱うようになったのは、大正初期だという。栄養価が高く安価だったので、特に関東大震災で食料品が不足した時期には飛ぶように売れた。それでも生産業者が大規模に広がらなかったのは「極薄の削り節を作るには、手間ひまと技術がいるから」と、創業五十八年を迎えるエイシンフーズの杉浦英昭社長(62)は説明する。
 九州で水揚げされた良質なイワシの煮干しを削る前に、丁寧に下処理を施す。頭や異物を取り除き、水洗いしたり、蒸気で熱処理したりして、天日で干す。地味で愚直な作業が品質を左右する。
 そして、それまでの努力を生かすも殺すも、最後の削りにかかっている。大工のかんなのような刃が十六枚埋め込まれた金属の円盤を回し、そこにイワシの身を当てる。身が大きく堅さが均一なカツオを削るのに比べ、大きさがバラバラで骨なども含むイワシの身は、刃先に大きな負荷をかけてしまう。厚さ百分の五ミリを保つには、刃の微妙な出し入れをする職人の技が欠かせない。削りの状態を指先の感覚で確認し、金づちで調整。コツコツを、地道にコツコツと-。
 「香りマツタケ、味シメジというけど、削り節の場合は香りカツオ、味イワシなんですよ」と杉浦さん。ああ、地味ほど尊い味はない。
◆味わう
 カルシウム豊富でうま味が強いイワシの削り節の使い方は無限大。ごはん、納豆、冷ややっこ、漬物、サラダなど、かつお節の代わりにかけるだけでなく、食材と一緒に煮込むことで味にこくが加わる。カレーやシチューに加えて煮込めば、味に一段深みが増す=写真。
 蒲原の家庭では、削り節の天ぷらが人気。小麦25グラムを水100ccで緩めにとき、削り節25グラム、刻みネギとしょうゆを少々加えて味を調え、一口分を油で揚げる。酒のつまみにもよく合う。
 エイシンフーズの「蒲原いわし削りぶし」は、100グラム365円、170グラム525円。問い合わせは同社=電054(385)2248、ファクス054(385)3446=へ。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2013090702000001.html

本日のカウント
本日の歩数:11,675歩
(本日のしっかり歩数:3,939歩)
本日の体重:62.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「web171」、そして「日曜日は料亭気分」(9-1)「射込み南瓜」 | トップページ | <食卓ものがたり> ピオーネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆるキャラグランプリ2013」、そして「<食卓ものがたり> イワシの削り節」:

« 「web171」、そして「日曜日は料亭気分」(9-1)「射込み南瓜」 | トップページ | <食卓ものがたり> ピオーネ »