« 「オノマトペ」、そして「<食卓ものがたり> 深層水あわび」 | トップページ | 「サーディンのペペロンチーノ」、そして「ハスカップ生ジャム」 »

2013年8月17日 (土)

「スター・トレック イントゥ・ダークネス(STAR TREK INTO DARKNESS)先行上映」、そして「日本人は魚だ うおたか」

 昨夜のテレビ「未来シアター」で「賢くなるパズル」(宮本哲也」をやっていた。興味深かった。
http://www.ntv.co.jp/mirai-theater/

 今朝の朝刊に、「「ケベックの森」別荘見学会」の広告が出ていた。
8/17・18・24・25
第2の故郷に、避暑地の別荘はいかがですか、
 爽やかに吹く風は、心地よい森の香り。荘川高原別荘地「ケベックの森」は、うっとりする涼しさでご家族を包み、こころから寛ぐことができる豊かな時間で満たしてくれます。
 あなたもご家族と大切な想い出づくりに、もうひとつの故郷を手に入れませんか。
株式会社 荘川
120-21-6637

http://www.shokawa.jp

 今朝のテレビ「大人の山歩き」では、宿坊に入って食べていたので、「山ごはん」はなかった・・・。
 この間見たばかりだと思っていたが、もう1週間経つんですね!!!月日の経つのは速いものです!!!!!
http://www.tv-asahi.co.jp/yama/

 今日は、映画に出かける。「スター・トレック」の先行上映♪♪♪
 TOHOシネマズに行き、チケットを買う。(6回見ると1回無料というやつを使う。))字幕版だったので、空いているようだ。3D代、300円なり。
http://www.lawson.co.jp/recommend/static/osusume/furusato/index.html?param=05&id=05#productさらに、「CineMILEAGE」更新。300円なり。最近の更新は機械でもできるのですね!
http://www.tohotheater.jp/

 時間があったので、スポーツ屋に行く。
「スター・トレック イントゥ・ダークネス(STAR TREK INTO DARKNESS)」、そして「日本人は魚だ うおたか」

 「ふとっぱら」なる飲み屋の前を通過。なかなかいいお店らしい。一度、行ってみたいものだ。
静岡県浜松市中区鍛冶町320-16
053-451-3012

http://futo-para.com/
http://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22012707/

「スター・トレック イントゥ・ダークネス(STAR TREK INTO DARKNESS)」、そして「日本人は魚だ うおたか」

 それから、「横浜・中華街展」に行く。試食はあるようだが、あまり勧められなかった。
 「王府井(わん ふう ちん)」の「焼き小籠包(ショウロンポウ):正宗生煎包(マサムネチェンパオ)」に行列が出来ていた・
 地下では、「北海道グルメフェア」をやっていた。

 映画館の戻り、座って待つ。ちょっと冷房が効き過ぎか・・・。
 やがて開場。出入り口に近い所を取ったつもりだったが、この部屋は出入り口が2つあった。その1つは閉鎖されていたので、結局、出入り口から遠い所となってしまった!
 3Dと2Dの字幕、3Dの日本語吹き替えの上映があったが、3Dの字幕を見る。(日本語吹き替えなんて観る気にもならないね!!!)
 懐かしい名前と、昔と似たような顔の登場人物だった。(イメージがあるから、そう簡単に顔を変えられないよね!)
 なかなか面白かったよ♪♪♪
 ところで、スタートレックのバルカン人とウルトラマンのバルタン星人は、名前が似ているが何か関係があるのだろうか???
スター・トレック イントゥ・ダークネス
「スター・トレック イントゥ・ダークネス(STAR TREK INTO DARKNESS)」、そして「日本人は魚だ うおたか」

人類最大の弱点は、愛だ。
これは、私の復讐だ。
 2259年、地球を襲う史上最大の危機-。愛する者を守るため、人類は何を犠牲にするのか?
謎の男ハリソンの仕掛けた冷酷な罠。人類の絆は引き裂かれ、愛は試される-。
 西暦2259年、平和を謳歌する地球に、突如訪れた史上最大の危機。それは、USSエンタープライズのクルーとして乗船していたジョン・ハリソン司令官(ベネディクト・カンバーバッチ)によってもたらされたものだった。復讐を誓い、たった一人で戦争を仕掛けてきたハリソン。敵が潜む宇宙の戦闘地帯へと旅立つ。地球から宇宙へ、壮大なスケールで繰り広げられる生死を賭けた闘い。仲間との絆は引き裂かれ、愛は試される。ハリソンの過去と復讐の真の目的とは-?地球の存亡と引き換えに、カークが、エンタープライズのクルーが払わなければならない犠牲とは-?
・ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)
 USSエンタープライズ艦長。直観的ではあるが優れた判断力を持つ若きリーダー。
・スポック(サッカリー・クイント)
 USSエンタープライズ副長。バルカン人と地球人のハーフで論理性と合理性を優先させる。
・ウフーラ(ゾーイ・サルダナ)
 USSエンタープライズ通信士。多星語を操る才媛。スポックと心を惹かれ合っている。
・スコッティ(サイモン・ペグ)
 USSエンタープライズ機関士。ムードメーカーで、どんな窮地にも活路を見いだす才能の持ち主。
・ジョン・ハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)
 宇宙艦隊司令官。年齢、素性は謎。冷酷な策略によって地球を危機に陥れる。
いま世界が最も注目する超ヒットメーカー、鬼才J.J.エイブラムス監督が映画史の未来を切り拓く!!
全世界待望のSFアクション超大作が、遂にベールを脱ぐ!
 超人気TVシリーズ『LOST』、世界的興行収入記録を打ち立てた『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』、『SUPER8/スーパーエイト』などたて続けに大ヒットを飛ばし、いま世界が最も注目するクリエーター、J.J.エイブラムス。2009年の『スター・トレック』で、人気シリーズを全く新しいSFアクションに塗り替えた実力を評価され、先頃『新・スターウォーズ」の監督就任が決まったばかりだ。2大SFシリーズをどう描くのか。映画ファンの注目が集まる中、いよいよその第一弾ともいえる超大作『スター・トレック/イントゥ・ダークネス』がそのベールを脱ぐ。今作でJ.J.が目指したのは、前作を上回るスケールや映像美、そしてエモーションに満ちた人間ドラマだ。SFにありがちな遠い世界の出来事ではなく、今を生きる人間の物語として、「愛する者のために、何を犠牲にできるか」という究極の問いを、観る者に突きつける。この夏、J.J.の描く未来が映画史の新たな1ページを切り拓く!
冷酷でミステリアスな悪役に、爆発的人気を誇るベネディクト・カンバーバッチ!
 英BBC傑作のTVシリーズ『SHERLOCK』で爆発的な人気を博した新鋭、ベネディクト・カンバーバッチ。『戦火の馬』『裏切りのサーカス』など、話題作に次々と出演。実力とカリスマ性を備えたいま最も旬な俳優だ。その彼が今作で演じるのが、宇宙艦隊に潜入し、エンタープライズのクルーを、そして地球を、かつてない危機に陥れる悪役、ジョン・ハリソン司令官。復讐の鬼と化したその冷酷かつミステリアスな横顔に、さらなるファンを獲得することは間違いない。
USSエンタープライズを率いる若きリーダー、カークをクリス・パインが熱演!
 前作、『スター・トレック』で、情熱と才気溢れる若きリーダー、キャプテン・カークうぃ演じ、作品を世界的大ヒットへと導いたクリス・パイン。『アンストッパブル』や『Black&White/ブラック&ホワイト』などで主演を果たすなど、順調にキャリアを重ね、その実力と人気はますます高まりを見せている。今作でカークは、自身の直感を信じる余り、クルーを危険に晒してしまうなど、リーダーとしての資質を問われることになる。葛藤するカークを、クリスがいかに演じるかに注目が集まっている。
「スター・トレック イントゥ・ダークネス(STAR TREK INTO DARKNESS)」、そして「日本人は魚だ うおたか」

スター・トレック イントゥ・ダークネス 8/23(金)3D/2D同時公開
全米の批評家大絶賛!87%フレッシュ!
・今年の夏映画、大本命はコレだ!-ロサンゼルス・タイムズ紙
・目を張る3D映像に身体ごと引き込まれた!-USAトゥディ紙
・完全なキャスティング。クルーの危機に、手に汗握る!-ニューヨーク・デイリー・ニュース紙
・<世紀の悪役>の登場だ!キャラクター、脚本、映像、全てが見事でクレイジーなまでに素晴らしい!-ローリング・ストーン誌
・ぶったまげた!まさかスター・トレックで自分が泣いてしまうとは!-マイアミ・ヘラルド紙
映像に興奮し、ドラマに泣く、かつてないSF映画が誕生!
 2009年、ハリウッドの寵児J.J.エイブラムスが放った新生「スター・トレック」は、壮大なスペクタクルと豊潤なドラマによって世界的な成功を収め、SF映画の歴史を変えた。そして2013年、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」は、その先の到達点へ!
 血の気盛んなキャプテン・カークをはじめとする、エンタープライズ号のクルーたちが直面した脅威。美しくも恐ろしい敵。凄まじくも絶望的の破壊。”愛”という人間の弱点を突いた地球滅亡の危機を前にして、カークらは究極の選択を迫られる!
 3Dという強力な武器を得たスペクタクルは観客のハートを鷲づかみにして、ジェットコースターのように振り回す。宇宙空間で見舞われる絶体絶命の危機、自信や信念に裏打ちされた難敵の陰謀、そして圧倒的な都市破壊。スリリングという言葉がピッタリくるそんなエピソードの一方で、愛と友情、葛藤のドラマが心を揺さぶらずにおかない。大切な誰かのために、人は何ができるのか?そこの浮き彫りにされた”犠牲”というテーマは、深い感動を呼び起こすに違いない。
 エイブラムス監督の下で、豪華キャストの再結集も嬉しいが、何よりも注目すべきは、TVシリーズ「SHERLOCK/シャーロック」で人気上昇中のベネディクト・カンバーバッチによる悪役の怪演だ。”英国の至宝”と評される男が体現した、悪の魅力から目が離せない。
 ”シリーズを初めて観る人にも楽しめるものを”-エイブラムス監督の方針が反映された新たなドラマは、あらゆる観客を虜にするだろう。SFの枠を超えて、鮮烈な印象を観客の胸に刻み込む本作。大作がそろうサマー・シーズンのなかでも絶対に見逃せない一本だ。
愛のために人類は何を犠牲にできるのか?
・支え合う仲間との絆
 ハリソンの脅威を前に、最大のピンチに立たされるエンタープライズ号のクルーたち。容赦ない攻撃にさらされ、苦渋の決断を迫られる彼らの、信頼関係が試される。葛藤しながらも支え合い、さらなる絆を深めていくチームワークにも注目。
・人類を守るための自己犠牲
 ロンドンの艦隊基地やサンフランシスコの艦隊本部が爆破されるなど、恐ろしい攻撃に見舞われる地球。カークらクルーたちは、人類を救うために自ら危険地帯へと身を投じる。戦いのなか、さらなる究極の選択を迫られる彼らの決断が感動の嵐を呼ぶ!
・父を慕う師との別れ
 無鉄砲なカークを何かと気にかけるパイク提督は、カークがキャプテンを目指すきっかけになった恩師。だが、ジョン・ハリソンの魔の手はパイク提督にも襲いかかる。父のように慕う存在を失ったカークが、戦いを通して成長していく姿からも目が離せない。
・謎に満ちた復讐
 たった一人で人類に戦いを挑む正体不明の男ハリソン。超人的な能力を持ち、並々ならぬ憎悪と狂気をたたえて策略を実行していく彼の目的とは、一体何なのか?謎に包まれた復讐の裏側にある複雑なストーリーが、緊迫したドラマをさらに盛り上げている。
・固く結ばれた男同士の友情
 宇宙艦隊の規則を犯してでも、スポックの命を救おうとするカーク。彼の行動にあきれながらも、しだいにスポックは友情の尊さを理解していく。固い絆を育む男同士の友情のドラマが、観る者の胸を熱くさせる。
・互いを想い合う恋人たちの祈り
 感情を表さないスポックと、そんな彼に苛立ちを隠せない恋人のウフーラ。任務のため、スポックが自ら灼熱の火口に飛び込んだり、ウフーラが未知の惑星に乗り込むなど危険な状況が続くなか、二人は互いの存在の大切さに気づいていく。恋人たちは無事、帰還できるのか?
まさに劇場体験のために作られた娯楽映画だ!(樋口真嗣さん:映画監督、特撮監督を経て、映画監督として「ローレライ」(05)、「日本沈没」(06)、「のぼうのしろ」(12)など大ヒット作を手掛ける。)
 CGだから何でも作れる・・・そんなイマドキの野放図に対する回答として的確な”映画としての立ち位置”を揺るぎなく再定義した、一切の無意味、無目的、無駄も排除したストイックなキャメラワーク、ショットの構成が素晴らしい。そして魅力的な登場人物たちの葛藤の帰結として繰り広げられるアクションも、必然に裏付けされているので魂が揺さぶられることこの上ない。とはいえそんな小難しい理屈を超えたレベルで文句なしに楽しい。次々に繰り出される仕掛けがひたすら楽しい。ラージフォーマット撮影と3D変換の長所が存分に活かされた、劇場体験のために作られた娯楽映画だから映画館で観ないともったいない。とりわけ敵役として登場する、メッチャクチャデカくて黒くて強い宇宙戦艦のカッコよさ!まさしく”ブラック・エンタープライズ”または”エンタープライズ・ダークネス”だ!勝手に名付けただけだが。
ベネディクトの魅力と男たちのドラマに感涙!(渡辺麻紀さん:映画ライター、某SFヴィジュアル誌の編集を経てフリーライターに。現在は「TV Bros.」「S-Fマガジン」などの執筆中)
 「J.J. ありがとう!」。「スター・トレック イントゥ・ダークネス」を観終わって最初に浮かんだのこの言葉だった。なぜって、ベネディクト・カンバーバッチが思った以上に、いや、信じられないくらいにかっこよかったからだ。ベネディクト=ジョン・ハリソンのたたずまいからにじみ出る悲しみと怒りが強烈な存在感を生み、彼が蛮行の理由を語る重要なシーンでは、ファンを夢中にしている”声”が200%活かされ、(ほぼ)初になるハードなアクションは、いまだかつてないくらいの男っぽさ。そう、彼の新旧の魅力が詰まりまくっている!
 そんなベネディクトに突き動かされたかのように、クリス・パインやザッカリー・クイントらレギュラーメンバーも魅力全開。彼らもまた、いまだかつてない”顔”を見せて、そのドラマにあろうことか感涙?この男たちの熱すぎるエモーション、女子も惚れまくりです。
「スター・トレック」から学ぶ”リーダーとは何か?”(宇野維正さん:映画ジャーナリスト、「クイック・ジャパン」「MUSICA」「装苑」「GLOW」「HUGE」「ナタリー」など、各種メディアでレギュラー執筆中。
 超人気シリーズを新しく生まれ変わらせるということで、公開前には一部ファンからは不安視もされていた前作「スター・トレック」。しかし、フタを開けてみれば、その素晴らしい出来映えとJ.J.エイブラムス監督の手腕に、誰もが喝采を送ることとなった。アクションのスケール、ストーリーの完成度、個々のキャラクターの魅力、驚愕の新展開、全てが確実に前作のレベルを超えてきた本作。興味深いのは、今回の物語には大きなテーマがあること。キャプテン・カーク、スポック副長、そして想像を絶する新たな敵。全員が自身の”リーダーの資質”と真摯に向き合い、その答えを行動で示さなければいけなくなるのだ。「スター・ウォーズ」新シリーズの舵取りを任され、名実ともに21世紀の映画界のリーダーとなったJ.J.エイブラムス。本作は同時に、彼のその”リーダーの資質”があることを見事に証明する傑作となっている。
日本にも”バッチ様”ブーム到来!
世界が注目する英国人俳優が”世紀の悪役”を熱演!
 本作で世界各国から賞賛を浴びるベネディクト・カンバーバッチ。演じたジョン・ハリソン役について、「物語が進むにつれて僕が演じた役の目的が明かされる。複雑な面のある素晴らしい悪役だ」と語るように、スクリーンでひと際カリスマ性うぃ放つ”世紀の悪役”だ!
ベネディクト・カンバーバッチ(ジョン・ハリソン役)
 1976年生まれ、英国出身。代表作に「裏切りのサーカス」「戦火の馬」(共に11)など。TVシリーズ「SHERLOCK/シャーロック」のシーズン3が待機中。
ハリウッドNo.1クリエーター
J.J.エイブラムスがSF映画の歴史を変える!
 監督は「スター・ウォーズ」の新シリーズの監督に抜擢された才気あふれるトップクリエイター、J.J.エイブラムス。「アクションはキャラクターを置き去りにしてはいけない。人物の物語がきちんと捉えられていてこそ、効果を発揮する」という哲学は本作にも脈づいている。エモーショナルな人間ドラマに震えよ!!
J.J.エイブラムス(監督・製作)
 TVシリーズ「LOST」をヒントに導き、「M:i:Ⅲ」(06)で映画監督デビュー。
映画のプロたちも大絶賛!TOHOシネマズ支配人から満足度88%のお墨付き!
・シリーズを観ていなくても楽しめる極上のエンタテインメント作に仕上げた天才J.J.の手腕に脱帽!今夏、洋画は何を見るの?「スター・トレック」でしょ!(TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ/清水支配人)
・全編を通じて見応えのあるシーンが多く、ぜひ3Dで観ていただきたい!”愛”がテーマになっているので、女性にもオススメしたい作品です!(TOHOシネマズ ららぽーと横浜/大出支配人)
・想像以上におもしろく、期待以上の満足度。キャラクター、一人一人がそれぞれの信念を貫く姿に心を動かされました!(TOHOシネマズ 光の森/今井支配人)
・ハラハラドキドキのシーンはこれでもかというくらいあり、久しぶりに3Dでこそ観るべき作品!(TOHOシネマズ 西宮OS/横田支配人)
・「スター・ウォーズ」と並ぶSF映画の代表作になる!2時間12分が短く感じた!(TOHOシネマズ 宇都宮/岡山支配人)
・スケール、アクション、ストーリー、キャラクター、全てが破格!奇跡のSF映画だ!(TOHOシネマズ サンストリート浜北/山下支配人)
・「スター・ウォーズ」でアナキンがダークサイドに堕ちたように、悪役ハリソンにも復讐する理由があった。SFの枠にとらわれない深いドラマを観た気分です。(TOHOシネマズ 東浦/今村支配人)
・「スター・トレック」をよく知らないから・・・と観ない方はもったいない!損をしていますよ!興奮と感動、間違いなしです。実は・・・泣けます!(TOHOシネマズ 福津/岡田支配人)

http://www.startrek-movie.jp/index.php

 帰宅途中、LAWSONに寄り、「日本中のうまい!を、お弁当で。」の「阿波尾鶏のうんまいじょ弁当」を買おうとしたが売り切れ↓
http://www.lawson.co.jp/recommend/static/osusume/furusato/index.html?param=05&id=05#product

「スター・トレック イントゥ・ダークネス(STAR TREK INTO DARKNESS)」、そして「日本人は魚だ うおたか」

 どうしようかな・・・と思ってたら、ふと思いついたのが「うおたか」↑↑↑(2階で宴会もできるよ↑↑↑)
 「生しらす丼」(500円)を持ち帰りで頼む。待っている間、アイスコーヒーを飲んでいいとのこと♪♪♪
・鉄火丼 500円
・ネギトロ丼 500円
・生しらす丼 500円
・ズワイガニ丼 500円
・スペシャル丼 950円
・イカおくら丼 500円
・貝柱丼 500円

「スター・トレック イントゥ・ダークネス(STAR TREK INTO DARKNESS)」、そして「日本人は魚だ うおたか」

 帰宅して、さっそく「生しらす丼」をいただく。(もっとシラスが多いといいのにね!!!)
 「甘酢生姜」と「海鮮丼のたれ」が、ついてる。どちらも「日本食研株式会社」のものだ。
愛媛県今治市富田新港1丁目3番地
<お召し上がり方>
●材料:刺身(約100g)、ご飯(約200g)、本品1袋
 丼に盛り付けたご飯の上にお好みの刺身を盛り付け、本品1袋をそのままかけてお召し上がりください。
*お好みで、ねぎや刻み海苔を加えるとより美味しくなります。

「日本人は魚だ うおたか」
小さいからできるサービス うおたかは変わります。
 私達は、創業45年の、先代・二代目と、地元に育てられてきた小さな魚屋ですが、この時代、私たちに何ができるか、何でお役にたてるか、をもう一度問い直し、新しいお店づくりに挑戦します。
 地元のお役にたつ魚屋として、小回りの利く、ていねいで温かいサービス、小さいからできるたくさんの良さと一生懸命をお届けします。
お店のこだわり
 魚の顔が見える魚屋として、うおたかでは、お魚の新鮮さがわかるように、切り身状態ではなく、一匹一匹丸のままを見ていただいています。
 下処理のご希望や料理法等も遠慮せずお申し付けください。
 お刺身も出来る限り、ご注文いただいてから、おろしたてをお届けいたしております。
ご家庭で、プロの煮付けの味を!!
『うおたか 持ち帰りブランド 煮魚百珍』湯煎で10分

 獲れたての鯖、カレイ、ちょうか、金目鯛、カキ、マグロ、太刀魚等の旬材を真空調理法で手軽なパックに!!
 1パック180円~
でこいることで地元のお役に立ちたい
 ご高齢の方、お体が不自由な方、また共働きや仕事で忙しく食事の支度にお困りの方など、地元の、そんなご家庭の昼食・夕食をサポートします。
『ほっこり昼・夕食』一食〈税込〉525円
宅配
・献立は毎日替わります。
・栄養士監修による、健康安心メニューです。
席料なし、送迎無料のご宴会、法事。宴会40名様まで。JAとぴあ浜松指定店
宴会・法事プラン『おシャレな季節の料理』
 旬の魚介類をふんだんに、美味しい、ヘルシーな献立です。
会席料理 3,500円より
・お食事は、お寿司又はごはん、味噌汁、ソフトドリンク(ウーロン茶)付き
 4,000円より
・紅茶又はコーヒー、デザート付き
●歓送迎会、女子会、パーティ等のお得なプランもあります!!
●お子様の成長を祝う”お食い初め”の焼き鯛も承ります!!!
◎仕出しもお気軽にご利用ください。
◎季節のおたのしみ弁当も承ります。
「てづくり割烹 うおたか」
・宴会料理
・仕出し
・手づくり弁当
・旬のお刺身
●業務用卸売
●老人食宅配
静岡県浜松市中区富塚町3071-1(弥生通り)
TEL&FAX 472-2936
定休日:毎週火曜と第四火・水曜
 日曜・祭日のご予約も承ります。

http://navishizu.com/053-472-2936/
 今どき
 何かと
 便利で
 役に立つ
 昔ながらの魚屋さん
うおたか二代目 内藤清文

本日のカウント
本日の歩数:11,636
(本日のしっかり歩数:1,234歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(土)×

|

« 「オノマトペ」、そして「<食卓ものがたり> 深層水あわび」 | トップページ | 「サーディンのペペロンチーノ」、そして「ハスカップ生ジャム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・トレック イントゥ・ダークネス(STAR TREK INTO DARKNESS)先行上映」、そして「日本人は魚だ うおたか」:

« 「オノマトペ」、そして「<食卓ものがたり> 深層水あわび」 | トップページ | 「サーディンのペペロンチーノ」、そして「ハスカップ生ジャム」 »